gt4 の魅力的なコックピット

a0129711_17183566.jpg
Dino308gt4のコックピットはドライバーを囲むような形になっている。
モダンフェラーリとの違いはその圧倒的な質感のよさにつきる。
丁寧に縫い合わされて作られているレザーステアリングは今の日本では出来ないイタリア職人の素晴らしさを感じる。
a0129711_17204428.jpg
さらに今の車のメーターは透明なプラスティックのアクリル板なのに対し、当時のものはスピードメーター、タコメーターはもちろん、小さな時計やオイルプレッシャーゲージや、油温計、水温計にいたるまですべてガラス製。もちろんアナログ。メーターを組み付ける時や修理する時万一、落としてしまえば割れてしまうのでそのぶん、取り扱いには今の車にくらべ、格段の注意がいる。

a0129711_17222802.jpg
gt4のスピードメーターを交換する際には左右のパネルをはずし、センターのパネルをはずす。
その時に注意しないと時計の調整ノブがステアリングコラムにあたって折れてしまう。
実際、私の車も以前、某ディーラーにだして折られてしまったことがあった。
組み付けも同様に知恵の輪のようにいれないとうまく取り付けられない。
経験のないメカニックには任せられない理由がこんなところにもある。
万一、ウインカーやヘッドライトスイッチのステアリングコラムバーを折られてしまったら、今やバーの黒いリプロ品しか入手できない。オリジナルのシルバーのものはよほど運がよくなければ手に入れることは不可能。
a0129711_17202023.jpg
70年代にラインオフされたgt4やGTB,GTSはすべてが当時のデザイナーのこだわりとメカニックたちの繊細な作業によって作られている。美しさの秘密はこんなところにあるのだろう。

  # by cavallino-cars | 2017-03-08 17:25 | Comments(0)

電動ファン

a0129711_13100897.jpg
ラジエター前にすべての308には電動ファンが2基ついている。一つはラジエターの冷却用、もうひとつはエアコン用。どちらもカラカラと少しでも音が出始めたら交換時期。
以前、横浜の工場から出る時にかすかに音がでていたことがあった。2日後にファンが回らなくなった経験がある。
a0129711_13150317.jpg

今では少しでも音が出始めたら、交換することにしている。今回もクネオから譲り受けたDino208gt4 の左のファンから音がでているとの報告を二コルからもらい、すぐに交換した。
そのまま納めても当面は問題ないかもしれないが、1週間後か、1月後かわからないが、必ずトラブルがおきる。弊社では納車前にこのような症状がでた車のファンはすべて交換している。
納車後は、オーナーの責任です。
これからは暖かくなり、ファンが回ることが増える季節。愛車の電動ファンの音をたまには外にでて聴いてみることをお勧めします。

  # by cavallino-cars | 2017-03-08 13:12 | Comments(0)

Ferrari Classiche

a0129711_12193438.jpg
先週の日曜、GTBターボが12ヶ月点検で入庫した。昨年、個人でコーンズでクラシケを申請。
無事に取得されたとのことをうかがいました。モデナから譲り受けたこのGTBターボを含めると弊社で輸入した8台の車両がクラシケを取得したことになります。
今のところ申請した車はすべて取得済み。うれしいニュースです。

  # by cavallino-cars | 2017-03-08 12:20 | Comments(0)

roma からのgt4

a0129711_12085466.jpg
本日、昨年ローマから譲り受けたDino308gt4 が納車となります。
先週クリーニングを終えて、陸運局に登録に行く途中、突然スピードメーターが不動となりました。まずはトリップが動かなくなり、その後、スピードメーターも動かなくなるという状況。考えられるのはスピードメーターの故障か、スピードセンサーの故障のいずれか。今回は後者のセンサー不良。英国よりパーツを取り寄せ、昨日交換。
a0129711_10282875.jpg
本日午前中に再塗装を施したホィールにNew tire をつけ、
a0129711_10315072.jpg
a0129711_10324031.jpg
納車準備は完了。もちろんタイミングベルト交換やオイル交換などの整備も実施済み。
イタリア人のもとのオーナーは有名な投資家で、誰もが知っている大企業のオーナーをしていた。そんな車が日本の道を今日から走る。クラシックの楽しみはこんなところにもあります。


  # by cavallino-cars | 2017-03-08 10:39 | Comments(0)

Cuneo からのDino208gt4完成検査

a0129711_19195864.jpg
昨年Cuneo から譲り受けたDino208gt4 の納車前の整備がやっと完了。ロードテストを行った。
現地で油圧クラッチに改造されていたこの車は日本にきてからシリンダーからオイルが漏れるらしく何キロか走るとクラッチの調子が悪くなり、きれずらくなる。メカと相談の結果、オリジナルにもどすことにした。
a0129711_1919266.jpg
この車もカムプーリーのリムが欠損しており、ご覧のようにまったく残っていない状態だった。もちろん交換済み。エンジンは絶好調で気持ちいいことこの上ない。思わず叫んでしまいたいほど素晴らしい。
咳き込まない程度に急加速をするとカラカラとワッシャーが遊ぶような音がするのが気になり、工場にもどり点検。
遮熱板のワッシャーなどを締めなおしてみても症状はかわらない。助手席側のBピラーをたたくと音がでた。原因は後ろのシートの調整金具。シートをまいてボックスにいれ、布でくるんだら見事に消えた。今回は問題なかったが、機関系やベルト回りからの音がでていたら、大きなトラブルに発展する可能性があるので気をつかいます。
音防止のためにリフトしたらマフラーが左によって遮熱用の網にあたりそうだったなのでこちらも調整してもらった。
もうひとつ運転して気になったのはダッシュボード付近からでるウインカーのようなカチ、カチという音。これはウインカーリレーからしていることが判明。新しいリレーを現在取り寄せ中。
a0129711_19253724.jpg
試乗してみないとわからないトラブルがある。40年も経過している車なのでトラブルは仕方ない。納車後のトラブルはオーナーの責任で負担していただくのが基本です。
しかし必ず1台、1台テストドライブをして、問題は解決してから納車するようにしています。

  # by cavallino-cars | 2017-02-22 19:44 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE