power window

今ではあたりまえの装備のパワーウィンドウ。
35年前、308が発売された頃は手巻きが主流でした。
学生だったころ乗っていたFIAT X1-9 も巻上げ式だった。

当時のFerrari 308 やDino の後期モデルにはパワーウィンドウは標準装備。

しかし下がるのは下がるが、1秒間に数ミリしか上がらず
両手でガラスをはさんで持ち上げた経験のある方は多いはず。

a0129711_16423168.jpg


いくら古いからといってもFerrari に乗っていてそれはあまりに寂しいかぎり。
古い車だから仕方ないなんてことはありません。

それもまた味のうちなんてことは雨の日に
1度窓を開ければ言ってはいられない。

中古車を買う時は必ずcheck することを忘れずに。
ちなみにうちの車は雨の日でもスイスイ上下しますよ。

  # by cavallino-cars | 2010-01-08 16:52 | Comments(0)

308をガレージにいれるということ

a0129711_12133644.jpg
昨年末308GTBを納車した岡崎のお客さんから新年の挨拶のメールをいただいた。

308と楽しい年始をすごせたと書いてあった。
この寒波の中を数百キロも走られたとのこと。
蜜月の始まりだ。

30年ほど前に初めてFerrari を買った夜、1時間ほど高速を走ったことを思い出した。
独特な排気音、内装の雰囲気、匂い、すべてに圧倒されていた。

それほど素晴らしかった。

きっと同じような気持ちなのだと思う。

12日には自走で東京まで来てくれるという。
古い車なのでトラブルは今後おきるだろう。
しかし出来るだけ完璧な状態で納車することを心がけている。

33年以上前になるが車検が切れているLOTUS Esprit を
車検をとってもらい購入した。

3日後にミッションオイルが入っていなくてミッションが焼きついた。

友人もフルレストアのDino を買い、納車の日にエンジンがブローした。

古い車にトラブルはつきものかもしれないが、事前に点検出来ることは済ませ、
出来るだけ完璧な状態で納め、古い車の良さを楽しんでもらいたい。

当時のあんな思いはしてもらいたくない。

70年代後半から80年代のFerrari にはエアコンもつき、充分今でも普段に乗れる。

お金さえ払えば誰でも買える新車とはちがい、
クラシックFerrari は間違いなく自分だけの1台になる。

今の車にはない美しさや雰囲気がそこにはある。

美しいものに囲まれて暮らしたい欲求は誰にでもあると思う。
家、家具、恋人、妻、お気に入りの洋服、宝石や時計。

人それぞれ価値観は違うだろうが、
そんな中に308がある生活はかっこいい。

お気に入りの1台を見つけ、少しずつ手を加え、大切に何年も所有する。
古い価値のあるものを大切にするヨーロッパの文化を日本にも
広める手伝いができればと思う。

今年もより多くの方に自分だけの1台を見つけていただきたい。

賀正

  # by cavallino-cars | 2010-01-07 12:34 | Comments(0)

ヒールアンドトウ

a0129711_2048764.jpg
スポーツカーを乗っている人なら誰でも知っているヒールアンドトウ。
ブレーキング時のドライビングテクニックだ。

直訳すると踵とつま先。
コーナー手前でつま先でブレーキングをし、かかとでアクセルをあおり
ダウンシフトする。
難しいのはブレーキの踏む力を緩めることなく、アクセルを踵であおることだ。

たいていの人はアクセルをあおる時にブレーキを踏む力がぬけ車のフロントが
浮いてしまう。

ブレーキを踏むとノーズが下がりフロントタイヤに荷重がかかり
そのままの状態で回っていくのが理想的。

ところがブレーキを踏む力がゆるむとせっかくノーズダイブした車台の
ポジションが変わり、フロントの荷重が抜け、グリップ力が弱くなり、アンダー
ステアがでて、外へと膨らんでしまう。

私は足首が硬いのでトウアンドトウ。

右足の左側でブレーキを踏み、右側でアクセルをあおります。
こちらの方がブレーキを踏む力を変えずにアクセルを踏みやすい。

後はせっかくノーズダイブした姿勢を崩さないために
ブレーキはゆっくりはなすことです。

ガツンと踏んでジワーッとはなすのがポイント。

レースを始めた頃はこればかりをかなり練習してました。
どちらかやりやすい方で練習して見て下さい。

より安全に早く走れますよ。

  # by cavallino-cars | 2009-12-07 20:54 | Comments(1)

リモコンロック

a0129711_1743441.jpg
今ではどんな車の鍵にもついているリモコンロック。

30年前の車はドアも片側づつロックしなければならない。
助手席の彼女をおろし、ロックを下げ、自分が降りて、鍵で施錠するといったもの。

当時はこれが普通だった。
しかし現代の車になれているとこれが非常に面倒になる。

オリジナルにこだわってやせ我慢するより、
私は断然文明を古い車にも取りいれたい。
なによりできるだけ普段乗りに使ってほしい。

今回お客さまのgt4に初めて取りつけた。
アクチュエーター(運転席をロックすると助手席も自動でロックさせるための機械)
もついていないため費用は10万円弱になるが、
あるとないでは大違い。
本当に便利。

クラッチも油圧化して軽いし、ヘッドライトもキセノンに交換、
エアコンはオリジナルでも充分効いて快適。

しかもハンドルも328よりかなり軽い。
デザインは申し分ないし、30年前の車だが
充分普段にのれてしまうのがgt4の良いところ。

オーナーの18歳のお嬢さんはそのgt4に乗りたくて、
マニュアルの免許をとるとのこと。
なんともうれしくなってしまいます。

彼女が真っ赤のgt4を運転している姿はイタリア映画の1シーン
のようで今から楽しみです。

日本もかっこいい家族が増えてきてます。

  # by cavallino-cars | 2009-12-05 18:02 | Comments(0)

東京オリンピック招致より大切なこと。

先月12日に母がベッドから落ちて大腿部を骨折した。
骨折したのは明け方、僕が連絡がとれないので心配で駆けつけ
救急車を呼んだのが午後8時をすぎていた。

何でもっと早く電話してこなかったのかと聞いたら、時計をみたら朝の4時半で
起こしたら可愛そうだからと小さな声で言った。

なにも口にしていない母の口びるは乾き切り、かさかさだった。
顔もぶつけたのだろう、右の唇の上も腫れていた。

救急のレントゲン検査のあと担当医から大腿骨が折れていると言われた。
健康な人は杖が必要になり、杖を使っている人は車椅子に、
車椅子の人は寝たきりになると説明をうける。

既往症がある人や肺炎などを併発した場合は余命は1年とも言われた。

突然そんなことを聞かされて、
一瞬さまざまなことがよぎった。

自宅の改装、介護、仕事。
その日は母の病室に付き添った。

付き添い用のベッドもあったが痛がる母のベッドの下に毛布を引いて寝た。

人には必ず年をとり、寿命があるのはわかっているが、
元気なうちはみんな自分の親や兄弟に
そんな日が突然くるとは考えない。

実家で倒れている母親を見て、いろんな思い出がよみがえる。
不覚にも涙が出そうになった。

人の一生なんて自然の営みからくらべれば、
ほんの一瞬の出来事にすぎない。

そんなわずかな時間に笑い、泣き、苦しみ、憎しみ、感激したり、愛しあうのだ。
いつかは必ず老いはくるし、誰もが確実に最後の時も来る。

悲しいことなのであえてみんな口にしない。

今、母は懸命にリハビリ中だ。

元どおりとはいかなくとも、早く元気になって退院してほしい。

母が帰宅するまであと1ケ月。

風呂の改装、手すりの取り付け、数百万円の予想外の出費。

もし同じことが子供のいない老夫婦におきたら、一人暮らしのお年寄りに
起きたらどうなるのだろう。

区から補助される改装費は総額の6分の1にもみたない。
しかも誰もそんな補助があることを助言してはくれない。

当然だが、改装の後で申請しても補助金はでない。
なにより介護をする人がいない人は悲惨だ。

石原都知事は税金を170億円も使ってもなお東京にオリンピックと騒いでいるが、
果たして都民の何パーセントがオリンピックを招致したいのだろう。

僕のまわりでオリンピックをやって欲しいと言ってる人は一人もいない。

もっとケガをした人や介護が必要な本当に困っている人に
その金額を使っていただきたい。

私の父は脳梗塞で12年前に他界したが、自宅で過ごした2年半の
母の介護生活は本当に大変だった。

これは実際に経験した人でなければ決してわからない。

  # by cavallino-cars | 2009-11-21 16:18 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE