<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

sold!!

a0129711_18511454.jpg
2011年7月、私はイタリアのPavia の小さな街Mortaraのコレクターからこの美しいベルリネッタを譲り受けた。
a0129711_18530570.jpg
上の写真は大井埠頭でコンテナを開け、日本の道路に初めてタッチダウンした時の画像。

東京に上陸後、正規ディーラーにてクラシケを取得。新たな日本のオーナーのガレージに移り住む。

2017年5月にプライベートレースの資金捻出のために売却を決意され、弊社に戻って来た。

一度でもサーキットでバトルをした者なら愛車までも手放すほどレースには魅力がある。
a0129711_18514742.jpg
日本でのファーストオーナーとお話したところ、この5年間でファイバーの素晴らしさは十分楽しみましたとのこと。

私も過去に246Dinoを売却し、モナコヒストリックレースに参戦したことを思い出した。
a0129711_18505745.jpg
そんなレーシングドライバーのオーナーのもとで過ごしてきたこの308GTBのコンディションは素晴らしく、アクセルを踏めば、蹴飛ばされたような加速をする。

gt4はもとより、スチール製の308とも明らかに異なる。

ボディの軽さゆえのアクセルレスポンスのよさはまさにレーシングカーのようだ。
a0129711_19095248.jpg
マフラーはシングルパイプのオリジナルを装着。

メーターの数字もダブルレターでトリップメーターも細いタイプライターのような数字のものがつく。

そのファイバーグラスの新たなオーナーが昨日正式に決まりました。

昨年Dino308gt4 を購入いただいた方で、この車に試乗されてそのレスポンスのよさにすっかり魅せられてしまったという。

それぞれ違った魅力のある美しい車だが、スポーツカーとしてはファイバーグラスのほうがまさるのは間違いない。

当時でも2台を乗り比べる機会のある方は幸運なジャーナリストくらいだったにちがいない。

40年をすぎた2017年にそんなことの出来るオーナーを実に羨ましく思う。

a0129711_19101408.jpg

1976年から生産されたファイバーボディの総数は712台。そのうち英国にデリバリされた右ハンドルが154台、アメリカ向けが200台、
ヨーロッパ本国仕様のものはわずか358台にみたない。

その358台のうちこのようなコンディションのものは何台残っているのだろう。
その意味でも非常に貴重な1台なのです。

その358台のうち、新車からイタリアにあった1台が我が家にある喜びはそのポテンシャルと同じくらいの歓びをオーナーにもたらしてくれるにちがいない。


a0129711_19174910.jpg

35年間をイタリアの1ファミリーの元で過ごし、5年間を日本のファーストオーナーのガレージで大切にされてきた1台の新たな歴史がつくられていく。

これから整備に入るため納車は8月末の予定。

納車したら是非、gt4との違いなど細かいインプレッションをお聞きしてみたい。

  by cavallino-cars | 2017-07-12 19:10 | Comments(0)

Fiat 500C riva 



a0129711_12182161.jpg
弊社のお客様からFiat 500C rivaの話をお聞きして、調べてみました。リヴァはイタリアの有名なボートメイカー。


a0129711_11482841.jpg
リヴァとのコラボレーションで誕生したこのモデルはボートに使用されている美しいウッドをふんだんに取り入れた限定モデル。
a0129711_11514066.jpg
クーペとカブリオレの2種類でエンジンは5速マニュアル69馬力の1.2リッターと85馬力の0.9リッターツインエアターボ(5速マニュアルとAT)、0.9リッターの6速マニュアル、ツインエア、ターボの105馬力、そして1.3リッター16V ディーゼル95馬力の5速の4種類。

a0129711_11500903.jpg
a0129711_11492082.jpg

モーターボートのメーカーとのコラボモデルということならやはりオープンを選びたい。

a0129711_11505531.jpg
外装が紺のメタリックに内装がホワイトのレザー。ふんだんにマホガニーが使用されているのもいい。
a0129711_16110687.jpg
a0129711_16120481.jpg
a0129711_16113480.jpg
a0129711_16153443.jpg
上の4枚の写真は現地にある1台。日本での価格はこのところのユーロ高で400万円ほどに。
パークセンサーやウッドステアリングなどのオプションも装備。
a0129711_11493602.jpg
ウッドのステアリングは是非とも欲しい装備です。
残念ながら日本にあるほとんどの車にはウッドステアリングはついておらず、現地からのとりよせも難しいらしい。
ステップやリヤのトランクルームのカーペットにもウッドが使用されている。
a0129711_11511054.jpg
シートにはriva の刺繍もつく。
プラスティックにはない木ならではのあたたかさというか、手作り感はどこかクラシックフェラーリにもつうじるものがある。
フィアット500は私には小さすぎるが、アバルトのハイパワーバージョンよりも魅かれる1台だ。

  by cavallino-cars | 2017-07-10 21:22 | Comments(0)

reserved.

a0129711_15242477.jpg
英国から譲り受けたDino308gt4 が正式に契約となりました。日本での最初のオーナーのガレージにはマクラーレン、ランボルギーニウラカン、フェラーリカリフォルニアが納まる。そこに今月末にはgt4が移り住むことになります。
a0129711_15251061.jpg
予備検が今月きれるのでとりあえず昨日弊社名で登録した。
a0129711_15253283.jpg


さすがに昨日の暑さでは陸事までの40分ほどのドライブで水温は100度近くまで上昇。

a0129711_15255921.jpg
ちなみに油温は100度をキープ。ダッシュボードは日差しで熱くてさわれないほど。

a0129711_15263686.jpg
今日のお昼に横浜の二コルまで乗って行った。
クラッチは滑ってはいないがかなり重くなってきており、交換したほうが良いと判断し入庫した。
a0129711_15272269.jpg
高速がすいていた事もあり、水温は90度でそれ以上は上がる気配はない。
コレくらいの天気だとエアコンも効いてコックピットは快適だ。ダッシュボードをさわってもほんのり温かい程度。
今日くらいの天気がgt4には限界だろう。これ以上暑くなると、その時はよくてもエンジンにはかなりの負担になるはず。
a0129711_15350961.jpg
日本の夏はクラシックフェラーリにとってはきびしい季節。夏はもちろん、今日のような曇りでも駐車する時は日陰を選び、エンジンフードを開けて、クールダウンすることをおすすめします。
基本的に7月、8月、9月はガレージに休ませておいたほうがいいだろう。

  by cavallino-cars | 2017-07-04 15:42 | Comments(0)

1オーナーのランチアストラトス

a0129711_10304231.jpg
イタリアから走行27000kmの1オーナーのランチアストラトスのオファーがありました。
a0129711_10314900.jpg
以前1200万円ほどだったストラトスも今や6倍近い価格。
この固体はシートもすべてオリジナル。
a0129711_10310333.jpg
アクセルコントロールで車体の方向を変える容易さは、フェラーリの比ではない。
さすがラリーカーとドライバーをうならせるほど素晴らしく、コーナー手前でハンドルをきり、アクセルオンにしてテールを滑らせれば、アクセルコントロールだけで45度だろうが90度だろうが、180度だろうがコーナーをクリアしていける。
一度そのドライビングを覚えてしまえばこれほど楽しい車はない。

ご興味ある方はご連絡下さい。


  by cavallino-cars | 2017-07-03 10:38 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE