<   2017年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

chassis#14500

a0129711_13183332.jpg

英国から4年前に譲り受けたChassis #14500 の Dino308gt4は3年間、静岡のコレクターのもとで過ごした後に昨年末、弊社にもどってきた。
油圧クラッチを装備したこの車はノーマルに比べその踏力は半分ほどで、当時の重いクラッチとは比べものにならないほど軽い。


a0129711_13234994.jpg
前のオーナーの希望でヘッドライトもキセノンに変更され、できるだけ普段の足に乗れるような仕様に変更された。

a0129711_13194214.jpg

そのgt4が昨日正式に契約となり、新たなオーナーのガレージに4月に移り住むことになった。

a0129711_13200305.jpg

新オーナーはポルシェにも造詣が深く、本日、73年のカレラが納車されるとのこと、ガレージに70年代のフェラーリとポルシェが2台並ぶのはなんとも羨ましい。
さらに12気筒のモダンフェラーリも所有されている。

a0129711_13191870.jpg

ゴールデンウィークにはgt4とカレラのそれぞれの良さをお聞かせいただけると思う。
今からインプレッションをお聞きするのが待ちどうしい。




  by cavallino-cars | 2017-03-30 13:29 | Comments(0)

長かった1年点検


a0129711_12305657.jpg
昨年末に二コルに入庫した308GTS の1年点検がやっと終わりそうだ。今回はラジエターからの水漏れやホース類の交換の他、タイミングベルト、やガスケットの交換、オイルパンのクラックによる修理と交換など作業が多く時間が予想外にかかってしまった。

a0129711_12161811.jpg
今週やっとエンジンに火が入り、メカニックにより試乗が行えた。メカニックによるとエンジンは今までの308でもベストの部類に入るほど調子がいいという。

a0129711_12220216.jpg

完成検査をしていたらオイルクーラーの下側のホースのクランプから少量ではあるがオイルが漏れているのが発覚。
すぐに英国のディーラーにパーツを発注。パーツ届き次第、納車できそうです。


  by cavallino-cars | 2017-03-29 12:33 | Comments(0)

イタリア本国仕様とドイツ仕様とのスリットの違い

a0129711_1954373.jpg
a0129711_1955555.jpg
a0129711_19553519.jpg
a0129711_1956215.jpg
以前クワトロバルボーレからエンジンフードのスリットの形状が異なるとのブログに対し、ドイツ仕様のみがキャブの頃から違うフラットのスリットになっているとのご指摘を受けました。調べた結果イタリアにあるQVのエンジンフードのスリットはキャブと同じものでした。
今まで私が取り扱ったQVがすべてドイツ仕様だったために勘違いをしていたようです。
間違った情報をブログに載せたことをお詫びするとともに、ご指摘いただいたF さんにお礼を申し上げます。
a0129711_1957468.jpg
それにしてもドイツのものだけがなぜこのような仕様になったのか、興味深い。
ファクトリーで装着されたのか、ドイツのディーラーにて変更されたかは不明。
どなたかご存知の方いらっしゃいましたらお知らせ下さい。
a0129711_2085092.jpg

  by cavallino-cars | 2017-03-29 11:47 | Comments(3)

dino208gt4 納車前点検整備

a0129711_18532394.jpg
イタリアのPietrasanta から日本に来たシルバーの208gt4が来週にはやっと整備が完了する。

a0129711_18534392.jpg
今回はタイミングベルト、テンショナーベアリング、ACベルト、ALTベルトの交換の他、
a0129711_18533441.jpg
オイル漏れがあったためガスケット類の交換、
硬化したブレーキホースの交換、ウォーターホースの交換など作業は多く、
パーツの手配や熟練のメカニックにしかまかせられないために時間がかかってしまった。

ステアリングギヤボックスもガタがあるため、新しいものに交換する。
写真はガスケット交換のためにカムカバーをはずしているところ。すでにタイミングベルトは新しいのものに交換済み。

プラグは当時のオリジナルのchampion が装着されていたが、いつものようにスパーク力の強いNGKに交換する。

ご契約いただいたY様、大変お待たせしてしまいましたが、来週末には最終の磨きの作業に入ります。

  by cavallino-cars | 2017-03-28 19:00 | Comments(0)

ドイツのDino308gt4の初期モデルとイタリアの308GTB



a0129711_09512630.jpg
現在、初期型のDino308gt4 を所有するドイツに住むオーナーと交渉中。
a0129711_09514960.jpg

走行距離は50,000km。タイミングベルトなども交換済み。

a0129711_09521947.jpg

足回りもすべてオーバーホールがされている。
a0129711_09513927.jpg

紺のメタリックにクリームの内装のコントラストもいい。
a0129711_09520532.jpg
トランクルームの生地もオリジナル。75年の初期型の最終モデルと思われる。
しばらくよい車がなく渡欧する機会がなかった。

a0129711_10064155.jpg
イタリアの個人オーナーからも308GTBのオファーをいただいている。こちらは78年モデルの走行29000km


a0129711_10071860.jpg

a0129711_10080334.jpg


よい個体が非常にすくなくなってきている今、素晴らしいコンディションであれば是非日本に持ち帰りたい。



  by cavallino-cars | 2017-03-26 10:13 | Comments(0)

Alfa is back


a0129711_16164900.jpg

2013年9月にイタリアのアンコナから譲り受けた1982年製のアルファロメオスパイダーが弊社にかえってきます。
イタリアでのオーナーはFerrari 308GTB, Dino246gt, Fiat Dino spider, Maseratti Ghibli などを所有していた企業オーナー。


a0129711_16172451.jpg

このスパイダーは2014年3月に日本で登録し、1stオーナーは別荘のガレージに保管され夏のバカンスにだけ楽しまれた。
コンディションはイタリアで試乗した時のまま。
30年間雨にうたれたこともなければ、炎天下に駐車したこともないため、内外装は素晴らしいコンディション。
ウッドのステアリングやメーターパネルは当時のアルファロメオならではの雰囲気をかもしだす。
もちろんエンジンはアルファ伝統の4気筒ツインカム。キャブレターならではのサウンドは格別だ。


a0129711_16181998.jpg

この車のようにすべてオリジナルの固体を探すのは本国でも大変なこと。
桜の咲く季節に素晴らしい1台がマーケットにでます。

a0129711_16175053.jpg

オープンにしてアルファサウンドを聴けば、気分はイタリアです。
ご興味ある方はご連絡下さい。

  by cavallino-cars | 2017-03-21 16:28 | Comments(0)

イタリア人の古い物と暮らすライフスタイル

a0129711_13385077.jpg
a0129711_13323962.jpg
フェラーリを譲り受ける時にイタリア人の家庭に伺うと、どの家にも数百年前に作られた木製のクラシックな家具がある。

a0129711_13344444.jpg
14世紀の建てられた家にすみ、クラシックな家具を使い、生活する豊かさは古き良きものを大切に守り続けることの素晴らしさを教えてくれる。

a0129711_13365087.jpg
ローマやフィレンツェを訪れると古き良き美しい建物や美術品のような噴水などが街のいたるところにある。



a0129711_13382272.jpg

a0129711_13372055.jpg
日本では新築のモダンなマンションが主流ですが、イタリアではむしろ中世に建てられたようなマンションに住むことがステータスにもなっています。ルネッサンスの時期の出来るだけ美しく、かつ機能的であらねばならないという考えが彼らには引き継がれているのでしょう。


a0129711_13354406.jpg

彼らの美しいものに対するこだわりは単にドンナ(女性)だけではないことがイタリアを訪れれば、訪れるほど理解できます。

a0129711_13352434.jpg

古くとも美しいものを手をかけても守り続け、出来るだけともに暮らしていることのなんとエレガントなことか。

古くても良いものと暮らすと不思議と新しいものに目がいかなくなります。新しいもののチープなデザインが気になってくるのです。
a0129711_13361109.jpg
車の進化は日進月歩で、安全性、スピード、すべての面で70年代の車を凌ぐものがでてきています。
a0129711_13452253.jpg
しかし私の愛してやまない308には機能を追及しながら、デザインされた美しいフォルムがあります。今の機械によって作られたラインとは異なる熟練された職人にしかできない美しさです。
a0129711_13464337.jpg
そんな美術品のような車がガレージにある生活は実にエレガントで、人生を豊かにしてくれます。
a0129711_13541819.jpg

新しいフェラーリはそれはそれで魅力的ですが、5年もするとドアのインナーハンドルやスイッチ類がベタベタしてくるようなもの作りをしている今のフェラーリと70年代のものとは根本的にその姿勢が異なるような気がしてなりません。

a0129711_13474826.jpg
すでに308はデビューから40年以上が経過しています。アンティーク家具のように100年先でもこの車の美しさは変わらないでしょう。なぜなら70年代のフェラーリにはエンツオのそしてイタリア人のフェラーリは美しく、速くならなければならないというスピリットが溢れているからにちがいありません。
私が308にひかれる理由はそんなところにもあるのです。

  by cavallino-cars | 2017-03-14 14:05 | Comments(0)

308GTSの英国でのマーケットプライス

英国で売られているコンディションのよさそうなGTSは3台。いずれも私の知り合いのところの車。
a0129711_12244901.jpg
1台は1980年、21000マイル、33600kmのシルバーのGTS。
a0129711_12252220.jpg
シングルパイプのオリジナルマフラーがつく。オプションは16インチのアルミホィール。
a0129711_12255416.jpg
価格は99990ポンド。1400万円。日本に輸入した場合は登録まで含め1800万円ほど。
a0129711_12262353.jpg
もう一台は79年の4万マイル、64000kmの赤のGTS。
a0129711_12274807.jpg
マフラーはオリジナルではなく、デュアルタイプのものがつく。オプションは14インチの7.5Jのワイドホィールにフォグライト。価格は89990ポンド。1260万円。輸入して登録まで含めた価格は1600万円。
a0129711_16475988.jpg
もう一台は81年に英国で初めて登録された51000マイル、81600kmのGTS。
a0129711_16483385.jpg
a0129711_16490740.jpg
こちらは現地で108850ポンド、日本円で1523万円。日本に輸入して登録までの総額で1900万円。3台ともエアコンは装備される。
一時期の天井知らずの高騰はとまったが、よい状態の308の価格はいまだに高額を維持している。初めて輸入したGTSも英国からのものだった。

これからはオープントップで走るには最高の季節。フェラーリサウンドに包まれてのドライブは気持ちいいことこの上ない。
コンディションのよいキャブレターのGTSは今乗っても、というか今だからこそより魅力的なのかもしれない。

  by cavallino-cars | 2017-03-13 12:35 | Comments(0)

208gt4 初のロードインプレッション

a0129711_19193598.jpg
某雑誌社からDino208gt4 を取材したいとの連絡があり、3月3日にクネオから譲り受けた固体の撮影を行った。
以前,1991年7月号のカーマガジンで1度だけアメリカから輸入された208gt4のインプレッションが書かれている。それは私の知っている208gt4とはまったく異なるものだった。

記事にはクラッチをゆっくりミートさせるとストールしそうになるが、ブリッピングすれば問題ない。
4000回転以下では急加速をしようとアクセルを踏み込むと咳き込むだけで前にすすもうとしない。と書かれている。
a0129711_19223001.jpg
本当の208gt4はゆっくりミートさせればするすると動きだし、さすがに1stギアで、いっきにアクセルを踏み込めば咳き込むが、4000回転も回っていれば、あっという間にタコメーターはレッドゾーンに跳ね上がるほど、そのレスポンスはいい。
a0129711_19454344.jpg
さらに記事では当時の取材車はオリジナルのシングルパイプから4本出しのマフラーに交換されているため、甲高いフォーンというフェラーリミュージックは聴かれず、野太いサウンド。
オリジナルの1本出しのマフラーはもっと味気ない音だったと思える。と続く。
a0129711_19241884.jpg
実際のシングルパイプのサウンドは246ディノよりも乾いた心地よいサウンドをかなで、コックピットはあの独特のフェラーリサウンドで満たされるのだ。

記事は最後にこう締めくくっている。4000回転を超えてからエンジンは劇的にトルクフルとなり、がぜんフェラーリらしくなる。エンジンフィールは308に比べ、確実に208の方が楽しく勝っている。

a0129711_19300189.jpg
これも本来の208gt4のインプレッションとは異なる。4000回転をこえてからは一気にレッドゾーンめがけて吹け上がるエンジンは軽快そのもので、フェラーリがライトウエイトスポーツを作ったならまさにこうなるであろうというインプレッションだ。タコメーターを注意してみていないとオーバーレブしてしまいそうなくらいそのレスポンスは素晴らしい。
エンジンの軽快さはあのDino246 をも上回る。
a0129711_19313592.jpg
エンジンフィールは308に比べ、トルク感は劣るが、その軽快さは208独特のもので、その印象はまったく別といっていい。
308のトルクフルな力強い加速か、208の一気にレブリミットまで回転する軽快な加速か、どちらもフェラーリの名に恥じないもので、それぞれ魅力的なのだ。
a0129711_19333805.jpg
弊社の顧客でDino308gt4 と208gt4の2台を所有されている方がいる。
一度、どちらが好みですかとお聞きしたところ、2台とも非常に気に入っているとのこと。
特に208gt4はフェラーリのライトウエイトスポーツのようなところがいいんですとおっしゃっていたことが印象的だった。

今回、初めて本来のDino208gt4 のロードインプレッションが日本の読者に紹介される。
どのような記事になるか、今から楽しみだ。
発売日が決まりましたらご紹介させていただきます。

Buona fine settimana!!

  by cavallino-cars | 2017-03-10 19:35 | Comments(3)

GTBturbo のアキュムレーター

a0129711_16134726.jpg
GTBターボはK-jetro のインジェクションを採用。
ガソリンを燃焼室にアキュムレーターにより一定の圧力を加えて、ヘアスプレーのように噴射している。
以前、89年モデルのアキュムレーターからたまたまガソリンが滲んでいたため、交換したら、驚くほどレスポンスがよくなった。
その後、他の2台のターボもお客さんからのリクエストで交換したが、2台ともエンジン音も軽くなり、低速のレスポンスはもちろん、ターボが効き始めてからの加速も一段とよくなった。

a0129711_16151487.jpg
2台とも直接オーナーからお聞きした話なので間違いない。
特に3台めに交換したオーナーはまだ変えてない方は絶対交換したほうがいい!
と絶賛です。


  by cavallino-cars | 2017-03-09 16:20 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE