<   2016年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

faenza のGTBターボ

モデナでの収穫は今回はゼロ。Fiorano の裏のリストランテモンタナで美味しいバルサミコのリゾットでも食べて気分転換しようと思ったが、本日ランチはフェラーリのスタッフで貸切。
仕方なくツーリストの多いリストランテキャバリノでランチ。11時50分に入ったが12過ぎにはほぼ満席。12時半にはもう入れない人が外で待っているほどの盛況ぶり。
パスタを食べて早々にエミリアロマーナ州のラベンナ県にあるファエンツアに向かいます。
a0129711_1831397.jpg
ファエンツアは陶器で有名な街。ここはポポロ広場。
a0129711_18314454.jpg
ローマのそれとはずいぶん違いますが、のどかなイタリアのピアッツアという感じで歴史を感じる広場です。目的地には2時半には到着。
a0129711_183291.jpg
ガレージで待っていたのは89年の1オーナーのGTBターボ。
a0129711_18325223.jpg
今回の出張で見た中でもっとも美しいエクステリアで塗装もほとんどオリジナルの溶けるような赤の美しさだ。
a0129711_18332255.jpg
走行距離は7万キロ。
a0129711_18335896.jpg
給油口のラバーもAuto Luce の3万キロのものに比べ新品のような状態。ボディには凹みも傷もまったくない。
a0129711_1834326.jpg
インテリアはダッシュのみが当時のオプションのレザーがはられる。
a0129711_18345725.jpg
もちろんフロントウインドウ、左右の窓、三角窓、リアクォーターの窓には車台番号が打刻されたオリジナルが装着されている。
a0129711_18353375.jpg
スペアタイアのホィールは傷がついているものが多いがこの固体はご覧のようにきれいなままだ。
a0129711_1836569.jpg
リヤクオーターウインドウの中のバルクヘッドには水が染みこんであとや傷はまったくない。
a0129711_1412994.jpg
89年の1月13日にミラノの正規ディーラーのCrepardi Auto から納車されたままの状態だ。
a0129711_14112272.jpg
今年78歳になるオーナーに大切にされてきたからに違いない。
a0129711_18455854.jpg
ちなみにリアパネルのGTBturbo のエンブレムの位置はここがオリジナル。塗りなおしたものは位置が違っていったり、ないものもある。
a0129711_1912388.jpg
以前ボローニャのGTBターボをローマに住む従兄弟に見入ってもらった時に位置が違っていて買うのをやめたことがあった。上の写真はその車のもの。しかもGTBのエンブレムは現在欠品中。入手が難しいという理由もあるが、何があったかわからない車は出来るだけ避けたい。軽い傷の修理にしろ、もとの位置にもどさない板金工場にだしていたというだけで不安は残る。
さらにこの車が安心なのは
a0129711_18363794.jpg
2001年、
a0129711_19201658.jpg
4年、6年、7年、8年、10年、11年、12年、14年の正規ディーラーでの整備記録が残っており、2015年9月にはタイミングベルト交換を含む整備がされていることだ。
a0129711_18431863.jpg
新車時の保証書はもちろん、取り扱い説明書やブックレットまで揃う。純正の工具もすべて揃っている。
a0129711_18415555.jpg
エンジンをかけてバルブシールやピストンリングからオイルを吸って白煙がでていないかを確認。
a0129711_18442997.jpg
5キロほどのランデブーにでかけた。あの蹴飛ばされるような加速、クイックなハンドリング、ギヤのシンクロなどを確認しつつ、20分ほどの試乗を終える頃にはもうこの車を買うことを決めていた。
a0129711_18401663.jpg
それにしてもいいものはパッとみただけでわかるのはなぜだろう。
a0129711_1842133.jpg
オリジナルだけの持つオーラのようなものがあるのだろうか。
a0129711_1413526.jpg
帰国したらクネオとファエンツアへのトラックの手配をしよう。
a0129711_1926860.jpg
イタリアで30年以上過ごしてきたこの2台が日本に来ると思うと今からわくわくしてしまう。また美しい2台のフェラーリがやってくる。

  by cavallino-cars | 2016-05-21 19:21 | Comments(0)

modna の308GTBと9000kmのGTBターボ

Auto Luce からわずか10分ほどのガレージにコレクターの所有する80年の308GTB と9000kmのGTBターボがあるということで見せてもらう。
a0129711_0142049.jpg
308は時計がQVの位置についているので理由を聞いたところ80年になってからミラーは写真のようにかわり、時計の位置も変わったという。もう見た時点で買う気はないのだが、本当にそう信じているのか、騙そうとしているのかは不明だが、面倒なのでそうですかと返答。ひと目見て、308はまったく興味がなくなり、後ろのGTBturboをみることにした。
a0129711_0154816.jpg
リアウインドウを除くすべての窓には車台番号が打刻されている。
a0129711_019923.jpg
内装はタン。うっすらと汚れてはいるが9000kmという走行距離は本当だろう。リヤのナンバーは一度もつけたことがないため、穴はあいていない。
a0129711_0193481.jpg
しかし写真ではわからないが左のドア下にはうっすらと錆がういている。
a0129711_0195346.jpg
リアバンパーにも補修跡があり、一部塗装が厚くなっている。マフラーの右上の熱抜きの穴の右端に塗装がだれているのがわかりますか?価格は12万ユーロ。4月に9600ユーロほどかけて機関系の整備はしてますが、このクオリティでは高すぎです。10分ほどで次の車を見るためにFaenzaに向かいます。

  by cavallino-cars | 2016-05-21 00:29 | Comments(0)

Auto Luce 

モデナのAuto Luce はアウトストラーダをおりると標識がでているほどのフェラーリ専門店。担当はRobertoさん。
a0129711_23553128.jpg
早速GTBターボをみせてもらう。
a0129711_23561482.jpg
a0129711_004948.jpg
フロントウインドウには車台番号が工場出荷時には打刻されているがこの固体にはない。彼に交換しているのはなんでと聞いたところ、このナンバーはオプションで個人でいれたもの。フロントだけはオーナーの希望でいれてないとシャーシャーという。なんていいかげんな!1000万円もする車を販売するのにはあまりにお粗末な知識にあきれるばかり。こういう時は口論しても無駄なのでそうですかと引き下がります。じっくり車をみることにした。
a0129711_23595480.jpg
給油口のキャップ下のラバーもご覧のようにきれている。
a0129711_001218.jpg
3万キロでここまで切れるのだろうかも疑問。メーターを戻している可能性もないとは限らない。
他の窓にはすべて番号が打ち込まれているのでおそらく飛び石かなにかで割れて換えたに違いない。
a0129711_012414.jpg
写真ではわからないが左後ろに板金の跡がある。ちいさなスクラッチを補修したとこのことだが、
a0129711_021165.jpg
助手席側のクオーターの蛇腹部分の下が本来はつるっとした塗装なのに
a0129711_052855.jpg
ベタベタしたアンダーコートのような仕様になっているのも気になった。一応試乗をしてみたが、エンジン、ミッション等は問題ない。ウインドウの件は翌日、過去に交換はしたかもしれないが、事故はおこしていないと担当者からメールが着たが、もう信用できない。嘘は必ずいつかはばれるのです。ということでこれもNG。

  by cavallino-cars | 2016-05-21 00:07 | Comments(0)

calandrino

イタリアのリストランテは8時から。6時にホテルにチェックインし、軽くシャワーを浴びてせっかくパドバまできたのだからイタリアで最年少で星をとったAlajimo氏のお店に行くことにした。今回で2回目。
リストランテのCalandori はジャケット着用の上、一人300ユーロ(ワイン込み)ほどのフルコース。さすがに時差の抜けない私にはヘビー。
a0129711_2315647.jpg
カジュアル版のCalendrino に行きました。
a0129711_2321822.jpg
スプマンテをいただいているとAlajimo 氏が挨拶にきてくれました。
a0129711_2393148.jpg
で今夜の食事は前菜はやわらかいピザ生地にアサリのトマト煮をのせ、その上にブラータという生クリームとモツァレラチーズをあえたプーリア地方のチーズをのせたもの。
a0129711_2310294.jpg
メインはタルタルステーキをいただきました。黄色の飾りはマスタードで赤いのは少しピカンテなトマトペースト。
a0129711_23101723.jpg
どちらもmolto buono!!
明日はモデナに向かいます。

  by cavallino-cars | 2016-05-20 23:13 | Comments(0)

フルレストアの308GTB

朝8時にミラノをでて西に200km、そしてミラノまで200km。そしてそこから東のベネチアの手前のパドバまでおおよそ200km。今日だけでイタリアを東西縦断です。
a0129711_1821691.jpg
パドバの目的地はINECOというイタリアでの巨大フェラーリディーラー。日本のコーンズのようなところ。ショールームには488やF12などが展示してある。
a0129711_182094.jpg
目的のライトブルーの78y308GTBは左奥にあった。
a0129711_1824263.jpg
2オーナーのこの車は今のオーナーがフルレストアを行い、ここに委託で販売しているもの。さすがに外装はイタリアで行っただけあって実に美しい。
a0129711_1835025.jpg
しかしよく見るとセンターの黒のストライプがビニールテープであったのには驚いた。1900万円もするプライスタグにふさわしくない。
a0129711_1845847.jpg
内装は張り替えではなく、補修してある。しかしそのクオリティーの低さは最悪でご覧のように手をつくと皺がバリバリとより、ヒビ割れして中が見えそうになる。
a0129711_20441757.jpg
助手席の後ろのピラーの内装の汚れも気になります。
a0129711_1853353.jpg
マフラーはオリジナル。
a0129711_1855659.jpg
シフトレバーの前のドライバーとパッセンジャーの境の仕切り板はオリジナルなのだろう。かなり傷んでいる様子がわかる。美しく仕立て直されたカーペットはオリジナルカラーではない。ブレーキペダル下に見えるものがオリジナルで少し濃い。
ステアリング下左のヒーターのダクト回りもオリジナルのカーペットのまま。どうせならここも変えて欲しい。
a0129711_1882156.jpg
カーペットは新しく作り直され、新品がはられるが、パッと見の美しさに惹かれて買った後にこのようなことがわかっても遅い。高いからいいとは限らないのです。
a0129711_20492063.jpg
特にレストアした車はその車を仕上げた人のこの車に対するこだわりがでるのです。その意味で非常に残念。ディーラーでもこの程度と考えるべきでしょう。
a0129711_20494658.jpg
とても2000万円の価値を私には見出せませんでした。日本に輸入した場合の価格はさらに高額になります。見ないで購入するリスクは本当に高いので注意です。

  by cavallino-cars | 2016-05-20 20:47 | Comments(0)

ミラノの208gt4

a0129711_17245986.jpg
クネオをでて、次に向かったのはミラノのチェントロ。紺の208gt4をみるためだ。
市内はお昼前という時間帯のせいか、ほとんど渋滞なく到着。
a0129711_17253766.jpg
以前、南イタリアにあった個人所有の車で1日違いでここミラノの車屋に売られてしまった。
a0129711_1726655.jpg
写真でもセンターキャップのDino のマークが欠落していたり、ウインカーライトがオリジナルでなかったり、あまり期待はしていなかったが、予想どうりというか、クネオのgt4を見た後だけによけいにノンオリジナルでないところが目につく。塗装はいたるところ補修してあり、写真ではわかり辛いが、特に右半分は明らかに色が異なる。個人的には好きなカラーなだけに実に残念。
a0129711_13355154.jpg
スピードメーターの回りのシルバーのメッキリングは下でナットで止めてある社外品を使用するというお粗末さも気になります。
a0129711_17264965.jpg
唯一この車がクネオよりまさっていたのはこのホーンボタン。これが当時のオリジナルです。エンジンは一応手が入ってはいるようで安定してアイドルしてはいたが、買う気もないのに乗るのは時間ももったいないし、万一事故にでも巻き込まれたらというリスクを犯したくないので試乗はしないのが私の主義。駆動系も一応出来る範囲でチェック。左右のヒーターファンは回らない。
a0129711_17371558.jpg
フロントの左のウインカーはもう少し外にでていなければならないが、ラバーバンパーの中にめりこんでいる。
a0129711_1741947.jpg
右は正常。わざわざこの車を見にイタリアの最南端にあたるシシリアまで飛行機で行かずによかった。
a0129711_17373910.jpg
リアのトランクフードにつくナンバー灯のカバーもグラグラしている。そうとう安く買わなければ、弊社で売れるような車にするにはとんでもない金額の修理代金がかかるので日本には持ち帰る気にはなれない。それよりもやはり自分でよいと思えないものは売りたくないといったところですかね。
次の目的地はパドバ。

  by cavallino-cars | 2016-05-20 17:43 | Comments(0)

Cuneo の1オーナーの208gt4

a0129711_1664415.jpg
今週の火曜の朝、イタリアのミラノからおおよそ2時間、トリノの南に位置するクネオの街を訪れた。
a0129711_1671971.jpg
目的は1オーナーのDino208gt4。
a0129711_1692949.jpg
1975年から40年、一人のオーナーの元で大切にされてきた車だ。
78歳という高齢のため運転するのが難しくなったために手放すという。この車を新車で購入された時は37歳。裕福な家庭に育ったにちがいない。イタリアでの44900kmの走行距離は素晴らしいメモリーがつまっている。
40年間もオーナーの気持ちをとらえ続けてきたこのgt4の魅力はその美しいスタイリングだけではない。実際にそのハンドルを握ればこれこそスポーツカーそのものという感動がある。308とはまた違った良さがあるのだ。
a0129711_16102231.jpg
内外装はすべてオリジナル。初期のモデルは座面がすべてモケットとなる。張り替えているものや切れているものが多いなか、オリジナルでここまで状態のよいものは本当に少ない。
a0129711_16121939.jpg
内装の美しさは素晴らしい。
a0129711_16125276.jpg
オリジナルでないのはフロントのDino のエンブレムの上につけられた跳ね馬のバッジと
a0129711_16132839.jpg
リアのトランクのDino208gt4 の上のFERRARI のエンブレム。フロントの跳ね馬のバッジは簡単にはずれるし、リアも穴さえあけてなければ、取り外すのは問題ない。万一穴が開けられていた場合はリヤのフードはアルミのため、そのままでもいいだろう。
a0129711_16154438.jpg
後はステアリングコラムセンターのホーンボタンのみ。本来のホーンボタンはDino の文字が入る。銀の縁取りのあるオリジナルのホーンボタンはゆっくり時間をかければ探し出すことは可能だ。
a0129711_16222548.jpg
メッキ類の美しさも秀逸で、イタリアの日差しの下、美しく輝きを放つ。左右のVitaloni のミラーも当時のオリジナルで打刻のしてあるものがつく。
a0129711_1623712.jpg
さらに右リアにつくDisegno bertone のエンブレムもたいていは色褪せて交換しなければならないものばかりだが、ごらんのようなコンディションなのだ。走行44900kmというのも信頼できる数字だ。
a0129711_16233414.jpg
左右につくカレロのウインカーレンズやフロントウインドウなどもすべてオリジナルで41年前にマラネロを出荷した時のものがそのままつく。
a0129711_1624512.jpg
ブラウンメタリックと内装のベージュのコントラストは美しく、たいていの場合、事前に送られてきた写真との落差に落胆するのだが、今回はひと目みただけでいかに大切にされてきたのかがわかる。このままこっそり自宅のガレージに納めてしまいたいほど。
a0129711_1637164.jpg
マラネロをでてから41年の歳月がながれ、その間にどのように扱われてきたかにより、その状態は極端に異なる。それほどコンディションのよいgt4と出会うことは極端に少なくなってきた。だからこそこのようなgt4は貴重でどんなにお金をだしてもタイミングが合わなければ、決して手元には来ないのだ。
a0129711_1633069.jpg
もちろんマフラーはオリジナルのシングルパイプ。
a0129711_1630680.jpg
今ではオークションで数十万円の価格がつくオリジナルのマニュアルケースやマニュアル類もそろう。
a0129711_16304439.jpg
さらにはASIの認定書までつくのだから申し分ない。
内外装のチェックをすませ、クネオの街に試乗にでかける。
a0129711_16265341.jpg
油温が上がるまで2速のシフトが渋いがそれ以外はパーフェクトでアップシフトもダウンシフトも問題なく、ゲートに吸い込まれるようにきまる。水温が90度になる頃には渋かった2速もするっと入るようになった。
a0129711_16281117.jpg
時速70キロくらいからフルブレーキングしてもハンドルを左右にとられることもない。これは試乗の際に必ずすることでステアリングギヤボックスのガタを調べるためのもの。その他スピードメーターやトリップメーターが作動するか、各種スイッチが問題なく動くか、エアコンなどの作動点検なども必ず短い試乗の時間にすべて確認するのだ。自宅にもどり、契約書を作り、正式に譲っていただくことにした。
a0129711_16543869.jpg
東京港に入港したらタイミングベルト類の交換を含む整備をすませ、内外装のクリーニングをすればさらに見ちがえるほど美しくなる。その姿がもう見えるようで今から待ち遠しい。7月末に入港予定。

  by cavallino-cars | 2016-05-20 17:12 | Comments(1)

308GTBQVのルーフの内装のたるみ

a0129711_1739072.jpg
メカ二カルメンテナンスを終えたホワイトのQVがショールームに帰ってきたが、
a0129711_1740181.jpg
ルーフの内張りののりが剥がれ、ご覧のような状態になってしまった。
a0129711_17402354.jpg
日本の湿気と33年間という年月で接着剤が剥がれてしまったのだろう。
a0129711_17404183.jpg
さすがにこのままの状態では納車は無理なので修理をすることにした。
まずはドアのラバーモールをはずし、ルーフのライトユニットもはずして天板を車外にとりだす。
この作業は大変で当日は3人のスタッフで慎重に行う。
a0129711_17444171.jpg
取り外したあとのルーフは内側から見るとこんな様子。
a0129711_17452041.jpg
めったに見ることはないので撮影しておいた。
a0129711_17454873.jpg
はずしたファイバーグラス製の天板から丁寧に布製の内張りをとりはずす。
a0129711_1746918.jpg
天板に糊をスプレーし、内張りを貼りなおし、再び車にとりつける。
最後にモール類をとりつけ、作業完了。
a0129711_17463659.jpg
a0129711_17465356.jpg
ご覧のように美しく蘇りました。
作業時間は午前11時から始めて、5時間。やはりこれでなければフェラーリとはいえません。
本日からボディクリーニングとエンジンルームの最終のクリーニング作業に移ります。
ご契約いただいたOさん、見ちがえるほどきれいになりますのでお楽しみに!

  by cavallino-cars | 2016-05-14 17:50 | Comments(0)

メッキ部分のお手入れ

a0129711_131665.jpg
今車検整備のために入庫中のDino208gt4 のVitaloni 製のドアミラーがご覧のような状態だった。
このまま放置しておけば間違いなく錆が進行して取り返しがつかないことになる。
a0129711_13164125.jpg
メッキ用クリーナーで20分ほど磨きこめばここまできれいになります。
クリーニングの後は軽くワックスをかければ終了。
前後のバンパーも同様。特にバンパーの回りのクロームメッキパーツは値上がりしていて今や40万近い。
gt4のオーナーの方は連休中に一度愛車の状態を確認してはいかがですか?

  by cavallino-cars | 2016-05-03 13:18 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE