<   2016年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

bella, veloce, Dino208gt4 !!

今月九州に納車したDino208gt4 のオーナーから初ドライブのインプレッションが送られてきた。
以前は308GTBQVを所有されていた方で3リッターから2リッターへのダウンサイジング。
インジェクションからキャブレターの車への乗り換えなので大変興味深く拝読させていただきました。以下はその内容です。

a0129711_13582199.jpg
今日、208gt4の初ドライブに行ってきました。まだ興奮冷めやらぬ状態です。
a0129711_1412596.jpg
私の想像をはるかに超えて楽しい車です。308QVも良い車ですが、208gt4はすべてにおいて軽く、シャープでクイック、そしてダイレクトです。タイヤを新品にしていただいたおかげでもあると思います。
絶対的なパワーこそありませんが、160km/h以下の2~4速を多用するワインディングでは、
本当にfun to drive です。サーキットでは物足りないでしょうが、日本のワインディングでは最高です。

a0129711_142639.jpg
エンジンは3500rpmを超えると一気にトップエンドまで回りたがるので、かなり慎重になりました。
180hp/7700rpm の出力は,リッターあたり90hpになるのですから、1975年当時にNAエンジンとしては超高出力です。軽々と回るエンジンとカチッとしたシフトのおかげで、不要なシフトチェンジを繰り返したくなるという表現がぴったりで、乗りながら「コレだ!コレ、コレ」と意味不明なことを叫んでおりました。
重いといわれるクラッチも、ディスクとプレッシャープレートを新品に換えていただいたせいでしょうか、QVとあまり差がありません。
a0129711_1465594.jpg
あと驚いたのが、車内温度が上がらないことです。この時期QVでしたら、30分も走るとエアコンが欠かせないのですが、208gt4には3時間乗りましたが、結局エアコンは必要ありませんでした。
エンジンの容量が小さい、燃焼が良い、車内の容積が大きい、ドライバーがエンジンから離れている等、いろいろと要因はあるのでしょうが、ロングドライブには助かります。
a0129711_1472026.jpg
税制上の都合で生まれた車ですが、専用のギア比とワンサイズ細いタイヤ、小径のキャブ等、少しでもエキサイティングな車にしようという当時のエンジニアたちの情熱を感じることが出来る車です。

ワインディングを走って、眺める208gt4のなんと美しいことでしょう。ため息がでる優美さです。まさにエレガントです。
この歓びを何とかお伝えしたくてメールしました。


送られてきた写真から新緑の山道に乾いたgt4のサウンドが聞こえてきそうです。
a0129711_1425559.jpg
拝読していてMantovaで私が初めて208gt4を乗った時の感動が蘇ってきた。
スポーツカーの楽しさは絶対的な速さだけではないのがよくわかる車です。
ましてやそれがフェラーリで、イタリアで走っていたとなると別格です。
a0129711_1435686.jpg
いつかオーナーにもあの美しいイタリアの街をお見せしたい。
41年間をイタリアで過ごしてきたDino208gt4が自宅のガレージにあるのは特別なこと。
クラシックフェラーリをつうじて、古いものを愛する文化が確実に日本でもはぐくまれている。

  by cavallino-cars | 2016-04-25 14:13 | Comments(2)

色褪せないベルトーネとピニンファリーナの傑作

a0129711_1211282.jpg
2009年、この2台に魅せられてクラシックな308シリーズの輸入を始めた。
あれから7年。フェラーリのクラシックマーケットの相場はここ2年ほど右肩上がりで推移。
a0129711_1224365.jpg
246Dinoは5000万円から8000万円ほどに高騰。
a0129711_124167.jpg
2003年発売の限定車のEnzo は昨年の初旬までは13000万円ほどだったが、今や2億円前後の価格で売買されている。
a0129711_1252188.jpg
Dinoにくらべ価格が3割から2割ほどの308はDinoと同様、むしろそれ以上の楽しさがある。その意味ではまだ308とgt4の価格はリーズナブルなのかもしれない。
ヨーロッパではそれが理解されてきたのか、308の価格を上回っていたテスタロッサの価格が、最近逆転している。512BBやテスタロッサに比べ、軽く、運動性能の高い308は確実に運転して楽しいからだ。
a0129711_126539.jpg
当時のキャブレターの車の独特なエンジンレスポンスやその素晴らしい音色、そして美しいデザインが308の真骨頂だ。
コンピューターを多用していないため、ガソリンがある限り、修理不能になる心配もない。
40年前のgt4や308がガレージにある生活は実に楽しく、エレガントだ。
骨董品のような車を全開で走らせた時の感動は言葉では言い尽くせないほどで、ラウダやレガツォーニの時代にワープしたかのように気分が高揚する。それほど今でもスポーツカーとして運転して楽しいのだ。
古い車でしか味わえない美しさとスポーツカーとしての機能を合わせ持つ数少ない貴重な2台だ。

  by cavallino-cars | 2016-04-21 12:24 | Comments(0)

九州へ

a0129711_17594049.jpg
昨年7月にべネツアの小さな街アルティノから譲り受けたDino208gt4 がやっと本日、日本での新たなオーナーの元へと運ばれていった。
a0129711_1813987.jpg
昨年10月10日に東京港に到着した時はあいにくの雨だった。工場までそのまま自走で運んだことを懐かしく想いだす。
ペイントの補修やタイミングベルトの交換、ガスケット類の交換、ホィールの補修や新しいタイヤの装着など整備に時間がかかったものの、イタリアで試乗した時よりはるかに素晴らしい車になった。
a0129711_1861710.jpg
この車のオーナーはキャブレターの車に対する思い入れが非常に強く、以前、来店された時に試乗した208gt4の軽く回るエンジンとそのサウンドが忘れられず、ご購入いただいた。
イタリアでもこれほど美しいgt4を見ることはまずないだろう。
a0129711_1801269.jpg
フェラーリのライトウェイトともいうべきこのgt4は246Dino譲りの素晴らしいハンドリングと軽快さを併せ持つ。
a0129711_189494.jpg
ゴールデンウィークには北九州のワインディングにあの乾いたフェラーリサウンドを奏でるにちがいない。
Hさん、大変長らくお待たせしました。インプレッション楽しみにしておりますのでご連絡下さい。

  by cavallino-cars | 2016-04-15 18:38 | Comments(2)

420PSのポルシェと254PSのフェラーリ

a0129711_1315623.jpg
昨日ポルシェの最新のカレラSと87yのGTBターボと乗り比べた。
ポルシェのダウンサイジングターボは420馬力。爆発的な加速を期待して首都高に。その加速はスムーズそのもの。ターボラグもほとんど感じないノーマルアスピレーションのエンジンのようで、まるで高性能セダンを乗っているようだ。コーナー手前でフルブレーキングしても穏やかなダウンシフトをし、F1のようなダウンシフトをするフェラーリとは明らかに異なる。コーナリングは数種類のデバイスを装備しているため、多少のオーバースピードで進入しても素晴らしく安定している。速いが、胸踊るような感激はない。排ガス規制や燃費の向上を求められて作られた現代のターボ車と、F1の技術をフィードバックさせ、速さのみを追求して作られた80年代のターボとはその基本コンセプトが異なる。
a0129711_12593256.jpg
かたやGTBターボはポルシェより166馬力も非力な254馬力だが、3500回転からの加速はまさにターボそのものでドライバーの体はシートにめり込むほどの体感加速だ。この加速を味わってしまうと420馬力のポルシェさえも普通の乗用車に思えてしまう。
現代のターボとはまったく異なる魅力がGTBターボにはある。乾いたF40のようなエキゾーストノートもいい。
a0129711_10375849.jpg
今月末に発売になるカーマガジンに日本で初めてGTBターボのインプレッションが特集される。おそらく世界初の試乗記になるはずだ。ライターは西川氏。GTBターボのオーナーはもちろん、ご興味ある方は是非書店へ。

  by cavallino-cars | 2016-04-14 10:45 | Comments(2)

GTSの16インチホィール

今まで輸入したGTSは3台。
a0129711_12102553.jpg
一台は英国から、
a0129711_1211499.jpg
そして1台はイタリアのFaenzaから、
a0129711_12133649.jpg
そして最後の1台がこのベネチアからの1台だ。
そのすべてが16インチのホィールを装着している。英国とベネチアからの赤のGTSは1980年モデル。黄色のGTSは1979年モデルだ。
a0129711_1214124.jpg
オリジナルの装着タイヤはあのピレリP7。ランボルギーニカウンタックやポルシェターボなどスーパースポーツに採用されていたタイヤでフェラーリに装着されたのはこのGTSが初めてのように思える。
a0129711_12144278.jpg
ベネチアからのGTSのフロントウインドウには当時のメーカーの推奨のタイヤとその指定空気圧が表示されたステッカーが貼られており、間違いなくフェラーリ本社を出荷する時に16インチが装着されていたのがわかる。
キースブルーメル氏の記載によると80年の308のインジェクションモデルから16インチホィールはオプションとして採用されたとあるのでおそらくGTSに関しては308GT のインジェクションモデルと生産ラインが重なり、マラネロで装着したことが考えられる。
当然ミシュランXWXのつく14インチのホィールと比べればコーナーリング中のグリップは増しており、前者のような穏やかに4輪がすべるような感覚とは異なり、よりレーシーな感じがする。
a0129711_1217228.jpg
さすがにルーフをつけたままだとカタカタいうきしみ音が気になるが、ひとたび取り外し、オープントップにすればあの陶酔するような独特なサウンドが直接コックピットに飛び込んでくる。
気分爽快この上ない。フルスロットルで高速をとばしていると70年代にワープするようで、気分はビルヌーブだ。

  by cavallino-cars | 2016-04-07 12:19 | Comments(0)

ミニF40??

a0129711_20493792.jpg
先月カーマガジンの取材で西川さんに乗っていただいたGTBターボを試乗したが、どうも加速がいまひとつ本来のものとは異なる。排気漏れをしているような感じであの爆発的なパワーを感じない。
工場に持ち込み確認すると2番のプラグの電気のとびが弱いことが判明。
a0129711_20511067.jpg
デスキャップを外してみるとご覧のようなクラックが入っていた。早速新しいものに交換すると本来の加速を取り戻した。
a0129711_20501759.jpg
F40 とまではいかないがこの車を初めて運転するドライバーが首都高でアクセル全開にすればあまりのターボの加速に思わず右足のちからを緩めるに違いない。それほど劇的な加速をするのだ。現地イタリアでも同じような加速をするGTBターボは少なく、外観や内装がどんなにきれいでも本来の加速をしない車が多い。GTBターボは本当に固体差が大きく、実際に乗ってみないとエンジンのコンディションはわからない。エンジン不調の原因が今回のようなデスキャップだけのものもあれば、エンジン本体をオーバーホールしなければならないものもある。ウエストゲートはすでに欠品中でオーバーホールをするしかない。以前イタリアでオリジナルのウエストゲートがあるとのことで50万円ほどで購入したことがあった。しかし送られてきたものはオリジナルとは似ても似つかぬ社外品でGTBターボには使用できないものだった。ヨーロッパのパーツショップを巡り、ウエストゲートの内部のパーツを入手してオーバーホールを弊社では行っている。
何台かのウエストゲートを直したが、鉄板は錆で腐っており使用できず、その部分だけを作り直して修理をするのだ。実際に修理をしないとわからないことが多い車だが、完調なGTBターボはF40につぐ面白さがある。
個人的にはドライビングインプレッションとしてはあの288GTOさえも凌ぐように思う。
a0129711_2052422.jpg
一度この加速を味わってしまうと短いストレートでもアクセルを全開にしてフルブーストの快感を何度も味わいたくなってしまう。久しぶりに箱根のターンパイクを走りたくなった。

  by cavallino-cars | 2016-04-05 20:52 | Comments(0)

308QV点検整備

a0129711_20212195.jpg
3年ぶりに九州から戻って再び弊社が販売する308GTBQVが点検整備のため工場に入庫中。
リヤタイヤ後ろについた小さな傷の補修とスカートの補修は板金工場ですでに終えている。
a0129711_20214897.jpg
リヤのブレーキの引きずりが確認されたため、ブレーキキャリパーを左右オーバーホール。写真はキャリパーをとりはずしたところ。
a0129711_20224023.jpg
シフトレバーからつながるチェンジシャフトシールからもオイルが漏れているため、オイルパンとミッションケースの蓋を取り外し、シャフトを抜いて、2つのシールを交換する。
a0129711_2023408.jpg
真ん中のシャフトがシフトからつながるチェンジシャフトで右のミッションケースにつながる。
a0129711_20235521.jpg
a0129711_20241148.jpg
この左右の丸いシールを交換する。
その他カムエンドシールからもオイルが漏れていたためこちらも交換。オイルクーラーホースからもオイル漏れがあり、ここも交換する。
a0129711_20243680.jpg
セルモーターはマレリのオリジナルが装着されているが、一度もオーバーホールした形跡がなくご覧のような状態。朝一番の始動時に何度かセルがとびださないことがあったため、こちらも取り外し、オーバーホールすることにした。
a0129711_20304155.jpg
これはフロントスポイラー下のアンダーカウル。傷などもないきれいな状態だ。中央のパネルが外れている部分はラジエターからエンジンルームへいく水のホースの劣化の確認のために取り外したもの。こちらは問題なかったが、ウォーターリザーブタンクのホースは劣化してカチカチになっていたため新しいものに交換する。もちろん今回の整備で油脂類の交換もすべて行う。
a0129711_20282831.jpg
3年前の納車前整備ではボディの錆びの補修はすませており、その他タイミングベルトを含むベルト類の交換、油脂類の交換、ラジエターオーバーホールや右のウインドウレギュレーターの交換などを実施している。
ホースやガスケットなどのパーツの手配に時間がかかり作業が遅れたが来週末までには整備が終了し、最終の磨きの作業に移る予定。美しく仕上がったビアンコのGTBを見るのが今から待ち遠しい。

  by cavallino-cars | 2016-04-05 20:37 | Comments(0)

美しさへのこだわりとコストダウン

a0129711_2359042.jpg
初期型の308のホーンボタンは写真のようなシルバーのアルミの丸い枠が組み込まれている。
a0129711_003415.jpg
それが後期のものになるとアルミ製の枠がプラスティックに変更される。見た目にも前期のものの方が質感もよく、美しい。こんな細かいところまでもデザイナーのこだわりがあった。
それがメーカーのコストダウンという金科玉条によりプラスティックに変更されたのは間違いない。先日来日されたフィオラバンティ氏もさぞ悔しい思いをされたことだろう。
a0129711_08785.jpg
当時のこんな細かいこだわりを今のモダンフェラーリには見つけることは難しい。308がデビューした70年代から既に40年が経過した。コストダウンの徹底はさらに進んで今やフェラーリはフルオートメーションで作られるようになった。デザイナーのこだわりと手作りの良さに溢れた308には当時の職人のプライドが息ずいている気がする。だからこそ現代、その美しさゆえアートとしてのクラシックフェラーリの価格が高騰しているのかもしれない。
a0129711_073829.jpg
クラシックフェラーリの魅力はこんなところにもある。

  by cavallino-cars | 2016-04-01 00:10 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE