<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

年の瀬に思うこと

a0129711_1438795.jpg
クリスマスムードで華やぐ12月14日の夕方、母が自宅の側で転倒し、救急車で運ばれた。診断の結果は左右のあごの付け根の骨折と右肘の骨折。他に前歯を3本損傷。顎と唇の内側を3針も縫う怪我。
右肘の骨折は手術しても、しなくともまっすぐに腕が伸びることはもうない。それよりも高齢のため麻酔のリスクが大きいのでそのまま骨がつくのを待った方がいいとのこと。顎の付け根の骨折は処置のしようがなく安静にして骨がつくのを待って、1ヶ月後から口を開けるリハビリをするそうだ。
当日は肘にあて木をされ自宅に帰った。翌日朝の8時半から夕方8時まで病院で診察をうけ、入院を希望したが、部屋のあきがなく、たとえ空いていても、腕の骨折は入院しても安静にしているだけで処置はいっさい必要ないとのこと。高い入院費用を払うのより、どこか受け入れてくれる介護つきのホームを見つけたほうがいいとのアドバイスをうけた。
ちなみに肘と顎の骨折ではリハビリ施設での受け入れも不可能とのこと。足などの骨折がないと国の指導で入所ができないのだ。
a0129711_14384181.jpg
母は5年前に大たい骨の手術をしてからオムツを使用している。今回の怪我で右手が使えないので脱ぐことさえできない。トイレの世話を初めてした。
身寄りのない老人はこんな時どうするのだろう。
食事も歯が折れたために流動食しか食べれらない。食事の介助、トイレの世話の合間に介護つき老人ホームを6件ほど見た。どこも入居金がおおよそ1000万円以上、毎月25万円ほどの費用がかかる。入居金を入れない場合は毎月の費用はおおよそ40万円から50万円ほど。廉価なものでも30万円ほどはかかる。
それでも近くの施設は入居希望者が4人ほど待っていてすぐには入居が難しい。
施設長が30歳ほどのホームもあり、施設長みずからが、介護の仕事をしているところさえあった。
オリンピックを1兆円以上もの費用をかけて行うのなら、その税金をこのような福祉施設の充実に回すべきと思う。
たった数週間の感動でホームにいる方や入居を待つ人や介護に忙殺される家族は癒されるのだろうか。
今こうしている間にもトイレの世話や食事の介護で疲れ果ててる人が大勢いる。
豊かさとはなんだろうかと年末の華やかな街並みをみながら考えてしまった。

人はいずれ老いる。今あたりまえにできることが出来なくなる日が必ずやってくる。

これから介護を必要とする人は確実に増えていく。その受け皿の施設は足りず、介護士も不足する。病院のベッドもオリンピックまでにはかなりの数が足りなくなる。低所得者に一律3万円を払うのもよいかもしれないが、トイレも自分で行けない人たちや本当に介護の必要な人たちに手を差し伸べるのが急務ではないのだろうか。
オリンピックが悪いとはいわないが、他にするべきことがもっとあるのではと思う。ラグビーのように他の国で行ってもスポーツは感動を与えてくれる。

介護を苦にして、妻や両親とともに命をたつニュースを見るたびに今、何が本当に必要なのかを考えさせられる。華やかな街の裏側では大変な現実と向き合っている人たちが大勢いる。
介護の大変さは実際に経験してみないとわからない。
自分とは無縁と思っていても、突然その日はやってくる。

来年がいい年になるように心から思う。

  by cavallino-cars | 2015-12-31 23:38 | Comments(2)

モデナから宮崎に

a0129711_223797.jpg
今年の2月にモデナから譲り受けたDino208gt4 がやっとオーナーの待つ宮崎に今日キャリアで運ばれた。
車を見ないでご契約いただいてから9ヶ月。先にクラシケを申請してからの納車をご希望されたために今日まで時間がかかってしまった。大変お待たせいたしました。納車予定は25日のクリスマス当日。
a0129711_2234333.jpg
オーナーは弊社からすでに2台のクラシックフェラーリをご購入しただいており、今回が3台目。
マラネロをでてから39年間をイタリアで過ごしてきたこの208gt4が40年目に日本での新たな時を刻み始めます。宮崎で快音を響かせて走るこのgt4の姿を思うだけで胸が高鳴ります。
このようなコンディションのgt4はイタリアでもなかなか出会うことはありません。
九州ではおそらくこの1台だけでしょう。
a0129711_2241266.jpg
自分だけの特別な1台になるはずです。オーナーのK様、お楽しみに!!
エンジン始動はアクセルを床まで踏み込むのは厳禁です。セルを長めにまわして軽く肩を手でたたくように右足をアクセルペダルをポンポンとたたくように踏むだけでエンジンはかかります。
是非、走り慣れたワインディングロードをフルスロットルで楽しんでみて下さい。
インプレッションをお聞きするのが楽しみです。

  by cavallino-cars | 2015-12-23 22:06 | Comments(0)

308のもうひとつの魅力

a0129711_1225986.jpg
gt4がデビューした75年、そしてGTBが発表された76年はフェラーリF1にとっては黄金時代の始まりだった。
a0129711_13243927.jpg
75年シーズンのドライバーはニキラウダとクレーレガツォーニ。総合ポイントでコンストラクターチャンピオンを獲得。76年も1位。そして77年にのレガツォーニが去り、ロイテマンとラウダにより3年連続1位となった。
a0129711_12252871.jpg
78年シーズンはラウダがさったものの総合2位。
a0129711_1226729.jpg
79年にはジョディシェクターとビルヌーブで再び1位に返り咲く。まさにフェラーリ最強の時代だった。
その時代のフェラーリのプロダクションモデルがgt4とGTBの2台だ。12気筒モデルのBBも同時に作られてはいたが、ビルヌーブが愛車にしていたのは308GTS。彼はBBよりもスポーツカーとして優れている308を選んだ。今でもこの2台を運転しているとあの時代にワープするような気がする。
F1での当時の快進撃は312Tから始まる。312T シリーズは通算27勝をあげ、4度のコンストラクタータイトルとラウダとシェクターにより3度のドライバータイトルをもたらした。
a0129711_12264060.jpg
レガツォーニやビルヌーブもgt4やGTBに乗ってフィオラノに312Tのテストに行っていたに違いない。
レガツォーニはgt4の開発のため、何度もフィオラノでテストをしていた。
a0129711_15204671.jpg
ラウダも308を6ケ月間テストしていたことは事実で、その開発におおいに関わった。
a0129711_12274816.jpg
そんな時代の車がガレージにある悦びは格別だ。
a0129711_12283660.jpg
308のステアリングを握ると彼らの息吹が感じられる。
a0129711_12292594.jpg
5速全開からフルブレーキングして4速、3速とシフトダウンし、フロント荷重のままコーナーを抜ける。クリップでアクセルコントロールでノーズを脱出先のストレートに向け、一気に加速する。
a0129711_12312244.jpg
一歩間違えばクラッシュするような限界まで攻めるようなことは公道ではしないが、
a0129711_1234695.jpg
軽くカウンターをあてれば簡単にテールスライドをおさえられる操縦性の良さはレーシングカーに通ずるものがある。
a0129711_1247564.jpg
新車で納車された当時のオーナーはラウダやビルヌーブの勝利に歓喜し、308のドライブフィールにフェラーリの素晴らしさを感じたに違いない。当時のF1は今のF1に比べ速さでは劣るがその美しさでは比べられないほど優っている。
a0129711_1233412.jpg
それと同様、308はモダンカーにはない美しさに溢れている。
a0129711_12471118.jpg
しかも美しいだけではない。ひとたびステアリングを握れば、レーシングカーのようなハンドリングやコントロール性のよさには驚くばかりだ。今のモダンフェラーリとは異なる、車をコントロールするというスポーツカー本来の楽しさがある。
a0129711_15211975.jpg
この40年前にラインオフされたV8Ferrari は当時のF1のスピリットを感じる。

  by cavallino-cars | 2015-12-11 12:50 | Comments(5)

ferrari のどのモデルが買い?なんて車選びはつまらない

今月のEdge のフェラーリ特集を読んだ。
a0129711_1237633.jpg
ここ数年のフェラーリの高騰で512TR よりも512M がよいとか、限定モデルが買い得とか、599や612スカリエッティ が価格が比較的安いので買いとか、まるで株式の銘柄を勧める証券会社の営業マンのようなコメントばかり。

a0129711_123739100.jpg
F430 は即買い銘柄!なんて記事はあまりの見識の違いに驚くばかりだ。
私が初めてフェラーリを購入した時は価格が下がらないとか、どのモデルが買いだとかいうことはいっさい考えもしなかった。欲しくて欲しくて、好きで、好きでたまらなくて、購入したものだ。
a0129711_12384841.jpg
gt4を初めて買った時は契約書にサインする前にカーグラフィックの記事を何度も何度も読み返したのを覚えている。
a0129711_12391851.jpg
そこには今のようなこれが買いなどのような記事はいっさいなく、そのハンドリングや官能的なエンジン音、ドライビングインプレッションが書かれていた。

a0129711_12592412.jpg
デイトナはあの官能的ななフェラーリサウンドに魅せられても、プアなブレーキと重いステアリングが、購入する気持ちを抑えてしまう。
512TRや512M は12気筒ならではのどこまでも加速していくようなGTとしての楽しさはあるが、スポーツカーとしては大きすぎで、ヘビーなために応答性が劣る。もちろん先代のテスタロッサから比べればそのエンジンレスポンスや、ブレーキ性能も格段によくなってはいるが、ワインディングを楽しむような車ではない。
599と612を同列に並べ2台とも今が買いというのもどうだろう。599はスポーツカーとしては素晴らしい。個人的にはF12 よりもスポーツカーらしいと思う。しかし612は重く、スポーツカーとはいえない。612もその気になればスポーツカーそのものという方もいらっしゃるが、コーナリングスピードや応答性は599に比べ格段に劣る。その用途がまったく異なるのだ。

a0129711_12555177.jpg
損をしないからフェラーリを買うというのは間違ってはいない。10年前のベンツのSクラスの査定価格は今や100万円にも満たないのに対しフェラーリの価格はそこまでは下落しない。それはあくまで2次的要因。スポーツカーならどれもセダンに比べ、査定は高くなる。それよりジャーナリストはその車のもつ楽しさや、他のモデルに比べての問題点などを指摘して欲しい。もっともフェラーリを悪くいうことは昔からタブーなので難しいのだろうが、あえて誰かが勇気をもって言って欲しい。456はエレガントで購入しやすい価格のフェラーリだが、ATは壊れるものが多く、そうなった場合は300万円ほどの費用を覚悟しなければならない。初期のテスタロッサはブレーキに問題があり、箱年のターンパイクではブレーキを酷使するとフェードしてブレーキペダルが床に落ちてしまう。ディーラーでは常識だが、ユーザーは知らない人が多い。

a0129711_12561495.jpg
デザインでもドライブフィールでも何でもいい。自分の本当に気に入った1台を購入するべきだと思う。
もちろん損をしないから、価格が上がるかもしれないからという理由でかう方も否定はしない。
a0129711_12413486.jpg
ここ5年で1500万ほどだったDino は5000万円にも高騰したのも事実。3000万円ほどならすぐにでも買いたい人がいるにちがいない。これほどいい投資はない。

a0129711_1243299.jpg
BBは美しい車ではあるが、重い上に、エンジンの搭載位置が高いため重心が上になり、一度テールがスライドするとその修復にはレーシングドライバーでも簡単ではないだろう。アクセルレスポンスも308のようにシャープではない。コーナリングGをかけすぎるとドライブシャフトを破損することもある。
a0129711_12443956.jpg
BBはコーナーを攻めるような車ではなく、休日に別荘にでもいくためのグランドツアラーとしての車なのだ。何台ものフェラーリを所有できるような恵まれた方なら使い分けもできるが、ほとんどのオーナーは1台のフェラーリを所有するのみだろう。ならばコックピットに座っただけで胸躍る、好きなモデルを選ぶべきだろう。
a0129711_12571170.jpg
私が308を選ぶのはデザイン、音、インテリアの素晴らしさに加え、そのスポーツカーとしての運転する楽しさだ。
a0129711_1246103.jpg
カチ、カチとゲートに沿って入るシフトやコーナリング中にアクセルコントロールでノーズの向きをコントロールできるハンドリングの素晴らしさ、初めて魅せられてからもう7年にもなるが、いまだにコックピットに座り、ステアリングを握るたびにワクワクする。
ガレージに納めるフェラーリは恋する1台であって欲しい。

  by cavallino-cars | 2015-12-08 13:47 | Comments(4)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE