<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

資産としての308

a0129711_17582036.jpg
来年1月末にアリゾナで開催されるScottsdale オークションに76年のファイバーグラスが出品される。予想落札価格は20万から30万ドル(2400万から3600万円)。
a0129711_17593083.jpg
同じく来年2月に行われるArtcurial のオークションにもファイバーの308が出品されこちらの落札予想価格は18万ユーロから20万ユーロ、日本円で2300万から2600万円。いくらで落札されるか非常に興味がある。
a0129711_1804855.jpg
今年の5月に開催されたドイツのオンラインオークションでは黒のスチール製のGTBが105,270ユーロで落札(1380万円)された。同じく今年のBonham のオークションでは79yのUSモデルの23000マイルのGTBが126500ドル、1530万円で落札されている。
a0129711_1821134.jpg
今から4年前、フランスで行われたArtcuriel のRetromobile auctionに出品されたシルバーの走行32,200kmのスチールボディのGTBの落札価格はわずか35,382ユーロ、463万円だった。
4年のうちに4倍にも跳ね上がったフェラーリの価格は最初は一時的な投機対象にしかすぎないだろうと思っていたが、どうやら今後10年、20年と経過してもその価格は下がるようなことはなさそうに思える。
一時期のバブルのようなすべての価格が上昇した時とはあきらかに異なるこの現象は今後も続いていくのかもしれない。絵画や宝石のような骨董品としての価値が車にも見出されるような時代になってきたのだろう。
これから、自動運転化がすすみ、自動車の燃料はガソリンから電気に移り、あと10数年で移動手段としての車は革新的にその形態が異なっていくことだろう。そんななかでますます70年代のこれらの車が貴重なものになることは簡単に予想される。モダンフェラーリにはないよさが確実にキャブレターの308にはあるからだ。
単純に海外のオークションの価格が上昇してもその価格で日本国内で取引されることは考えられないが、資産としての価値が上がることは間違いない。今年の2月にパリで開催されたRM auction で250GT Lusso が2億1762万円で落札された。20年ほど前に一度だけコンクールコンディションのルッソを乗ったことがある。当時は3000万円ほどだった。エレガントそのもののこの車はスポーツカーというよりはGTという方があっている。エアコンも装備しないこの12気筒フェラーリはその価格でも当時はなかなかすぐには買い手がつかなかった。
国内で仮に同程度のルッソを今、1億5000万円で売りに出しても日本ではすぐに売れることはないだろう。
多くのクラシックカーはそのために海外に輸出されていった。
a0129711_1834064.jpg
オリジナル度の高いクラシックを所有されているオーナーは一度手放してしまったら2度と手に入れることが難しい時代になってきたといえる。その意味でもよいものを購入する目は必要だ。自分のガレージにいれる1台は出来るだけオリジナルにこだわりたい。
a0129711_1831266.jpg
5000万円のDinoを購入するよりもはるかにリーズナブルで運転して楽しい308は今後、こういう言い方は適切ではないかもしれないが資産としても、十分魅力的な1台となるはずである。

  by cavallino-cars | 2015-11-24 19:10 | Comments(0)

sold!!

a0129711_10334671.jpg
今年の4月にイタリアから譲り受けた77yの308GTB が昨日正式に日本での新しいオーナーが決まった。
オーナーはクラシックカーにも造詣がある。モダンカーはマクラーレン640とフェラーリカリフォルニアを所有。
a0129711_10343152.jpg
私と試乗をされた時にまるでクロードルルーシュのショートムービーのランデブーを見ているようだとおっしゃった。その映像はこちら。
試乗は首都高速なのでこのように危険きわまる運転はしないが、シフトダウンのヒールアンドトウやシフトアップのサウンドは実にこの映像に近いものがある。308には12気筒のBBや512TRにはないスポーツカーとしての楽しさに溢れている。
a0129711_16465287.jpg
12気筒フェラーリはその堂々たる形には魅せられても、
a0129711_16473480.jpg
いざ運転すると大きさや重さがスポーツカーとしての楽しさを半減させてしまうのだ。
a0129711_16492530.jpg
アクセルにリニアに反応する応答性のよさやコーナーでのアクセルコントロールでノーズの向きを簡単に変える楽しさは軽く、バランスのよい308に優るものはない。唯一Dinoがハンドリングという点では同列に並ぶが、その動力性能は圧倒的に308が上をいく。
a0129711_1038813.jpg
以前Dino と308を両方所有されているという方とお話しした時に自分のDinoは308よりも格段に速いとおっしゃっていた。所有されている308が北米仕様か、ヨーロッパ仕様であってもコンディションがあまりよろしくないものに違いない。
a0129711_1039522.jpg
それほどその動力性能は308が優っている。
ヨーロッパ仕様の246gtと246gtsの2台を乗り継いで来た私の経験でもその差は歴然だ。
a0129711_10383384.jpg
特にシフトフィールはDinoのヌメっと入る感覚に対し、308は12気筒フェラーリのようにカチっと入るのもいい。
a0129711_16522770.jpg
さすがに246に比べ車重が重い分だけヘアピンなどの切り替えしのハンドリングでは246に軍配があがるが、圧倒的な立ち上がり加速はくらべようもなく全体としての操縦性は308が格段にリファインされている。
a0129711_1135864.jpg
77年にマラネロを出荷され、その生涯のほとんどをイタリアで過ごしてきたこの固体はマクラーレンのような現代のモダンカーに比べその動力性能は比べようもないが、スポーツカーを運転するというか、コントロールするという意味の楽しさでは一歩も劣らないばかりか優っている。
a0129711_10412131.jpg
自分だけの1台とう意味でこれほど素晴らしいスポーツカーは他にないのではなかろうか。
a0129711_10414179.jpg
今でもクラシックフェラーリの高騰は続いているが、近い将来、12気筒のBBやデイトナなどの評価を308が上回る日が訪れるのではないかと思う。快晴の秋晴れの空の下、アクセル全開でワインディングロードを走らせればこの車のキーを一生返したくなくなるに違いない。それほどこの1台は見て麗しく、乗っても実に楽しい。

  by cavallino-cars | 2015-11-16 10:59 | Comments(2)

11月3日本日は快晴なり

昨日の雨が嘘のように今日の文化の日は快晴。
a0129711_16143295.jpg
1977年製の308GTBをテストドライブのため、ガレージからだす。
走りなれたいつもの入谷線にのる。料金所をこえ、2速、3速、4速とシフトアップし、
a0129711_16152969.jpg
4速全開でアクセルを少しだけもどして右コーナーへはいっていく。
a0129711_16155911.jpg
続く左コーナー手前で5速にシフトアップし、アクセルをワンオフした後、ハンドルをきり、イン側の側壁をなめるように侵入する。
a0129711_16163712.jpg
外にふくらみたがるノーズの向きをアクセルコントロールでインにむけながら、コーナーを抜けたところでクセル全開で立ち上がる。
a0129711_161731.jpg
むせび泣くようなエキゾーストノート、路面とミシュランXWXとのグリップ状況を的確に伝えてくれるステアリング、間髪いれぬアクセルレスポンス、ドアミラーから見える美しいリアフェンダー、やはりキャブレターの308ほど官能的なフェラーリはない。
a0129711_16184397.jpg
当時のキーホルダーの跳ね馬もドライバーを特別な気持ちにさせてくれる。
銀座方面には直進せずに京橋の分岐を右にはいる。
a0129711_161962.jpg
料金所をこえ、2速、3速、4速とシフトアップし、
a0129711_16192956.jpg
コーナー手前でフルブレーキングをしながら3速にシフトダウンして左コーナーを抜ける。アクセルワークで車体をクリップポイントにつけてコーナー出口に車がむけば、後はフルスロットルで加速するだけだ。
これほど痛快な車はない。車をコントロールする楽しさはスポーツカーならではで、それがフェラーリならもう他に何を望もうか。
458や488のモダンカーでは限界が高すぎるためこの楽しさはかなりのリスクを伴わなければ享受できない。
a0129711_1619571.jpg
38年前にマラネロから出荷されたこのGTBは今でも私を魅了し続けてやまない。

  by cavallino-cars | 2015-11-03 16:29 | Comments(0)

2台の turbo

先週末86yGTBturbo と89yF40 が偶然にも整備のために入庫。
a0129711_1445851.jpg
1986年にGTBターボが市販され、その翌年にF40 が市販される。
GTBターボの生産台数はわずか308台だが、40はフェラーリ40周年を記念して当初は400台の限定生産を予定していたが、その人気のためか1311台がラインオフされた。
この2台には当時のF1のターボ技術がフィードバックされている。
a0129711_14453825.jpg
GTBターボはBosch K jetronic injection のシングルターボ。1990ccのエンジンは254馬力。クラッチはシングルプレートでウエットサンプ。総重量は1265kg。最高速は253km。0-400mは14.3秒
87年に市販されたF40 はWeber-Marelli eletric injection のツインターボ。2936ccのエンジンは478馬力。クラッチはツインプレートでドライサンプ。総重量は1100kg。最高速は324km。0-400mは11.9秒と圧倒的なパフォーマンスをほこる。
この2台の排気音は驚くほど似ている。スポーツカーとしてはF40 ほど面白いものはない。個人的には288GTOより格段に楽しい。運転する楽しさだけを追求して作られた1台で、40周年記念モデルにふさわしい車だ。
一方乗りやすさという点ではGTBturbo が優る。リヤにはラゲージルームを備え、乗り降りもF40に比べれば非常に容易だ。この2台のフェラーリのターボカーは今乗っても十分楽しく、魅力的だ。

  by cavallino-cars | 2015-11-02 14:51 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE