<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

308の個体差

a0129711_17535531.jpg
328や308のクアトロバルボーレなどのインジェクションモデルはヨーロッパ仕様と日本仕様(北米仕様)でその性能は異なるが、
a0129711_17542211.jpg
それぞれ、データどうりで固体による大きな差はない。
a0129711_113057.jpg
しかしながらキャブレターの308は欧州仕様でもキャブのセッティングの違いでその性能は大いに異なる。もちろん日本仕様とヨーロッパ仕様の差は埋めようもないほど違うが、同じヨーロッパ仕様でも、本来の加速をしないものが非常に多い。
a0129711_1133712.jpg
以前欧州仕様の78yの308GTBを下取りしたことがあった。エンジンは重く、そのパワーは本来の7割ほど。アクセルを踏んでもキャブならではの蹴飛ばされたようなシャープな加速をしない。塗装の状態も悪く、オリジナル度も低かったためにオークションで売却したことがあった。
a0129711_114689.jpg
キャブレターの308の最大の魅力はその気持ちよくトップエンドまで、一気に回るエンジンにある。その加速感と音こそが今でもキャブレターの308に魅せられる最大の理由だ。
a0129711_1143122.jpg
40年前に作られたこの車が今でもモダンカーと比べても引けを取らない加速性能とハンドリングを楽しめる。それにエレガントなボディと内装がつくのだから他に望むものはない。
a0129711_1145644.jpg
エンジンが重い車はそれだけでこの車の価値を極端に落とすのだ。だからこそヨーロッパ仕様のコンディションのよいものにこだわり続けている。
本来の調子のいい308を一度でも乗ったことのある人なら、アクセルを踏んでもボッボッボと息つぎするようなエンジンほどストレスのたまるものはない。ヨーロッパ仕様ならどれも同じとお考えの方はその認識を改めた方がいい。
a0129711_1152838.jpg
製造されてから、40年近く経過しているキャブレターの308はそのメンテナンスのされ方により、予想以上に個体差がある。
100kg以上も軽いファイバーグラスのGTBよりもgt4のエンジンの方がよく回り、パワフルに感じることも事実あるのです。それだけに購入前に調子のよい308を知ることが重要なのです。
a0129711_1161697.jpg
購入を検討されている方はコンディションの良い308を是非、体感して欲しい。
a0129711_1165850.jpg
右足のアクセルの踏み加減でノーズが上を向くほどの加速をするレスポンスやアクセルの開度でノーズが向きを変える応答性のよさに驚かれるに違いない。
a0129711_1173298.jpg
この甘美なF106 というコードネームで呼ばれるV8ユニットは当時の12気筒フェラーリに優るとも劣らないほど素晴らしい。

  by cavallino-cars | 2015-10-19 11:09 | Comments(0)

208gt4 通関

a0129711_16123930.jpg
本日べネツアから輸入した208gt4が小雨が降る中、無事通関がきれた。
a0129711_1613642.jpg
ほとんど空のガソリンタンクをハイオクで満たす。
Shell のスタンドの従業員の方もその美しさに見入ってしまうほど、この1975年の赤のgt4は雨の中でもひときわ美しく見える。
a0129711_16135984.jpg
前回乗った時は汗ばむほどの快晴のイタリアだったが、今日は肌寒いほどの気候だ。
a0129711_16142259.jpg
エンジンは快調そのものでフェラーリ独特の金属的な音がコックピットに満たされる。
キャブレターのフェラーリはメンテナンスの仕方で加速感はまったく異なる。
この車のようにトップエンドまで気持ちよく吹けきるものは私の経験では日本ではほとんどない。
a0129711_16213210.jpg
308も同様で1本でもプラグが湿っていたり、プラグコードがリークしているものは本来の性能をだせないため、実にストレスフルなのだ。
これからイタリアのナンバーの穴埋めや、細かい板金作業をすませ、その後、駆動系の点検をする予定だ。
あとひと月後にはモデナを出荷した時のような美しさを取り戻し、ショールームに入庫する予定。

  by cavallino-cars | 2015-10-16 16:24 | Comments(0)

Dino 208gt4 from Venezia

a0129711_16132380.jpg
今年の7月ベネチアのアルティノという街から譲り受けた2オーナーのDino208gt4 が10月10日に東京港に到着する。
a0129711_16143994.jpg
1973年パリサロンでデビューしたDino308gt4 の2リッターバージョンとして誕生した208gt4は1975年から1980年までの間に840台が生産された。
そのドライブフィールはフェラーリの名に恥じないもので、キーンというサウンドはまさに246Dinoの後継車であることをうかがわせる。4速アクセル全開で抜けるゆるいコーナーはライトウェイトスポーツのような軽やかな挙動をしめす。タイトコーナーでのアクセルの開度に応じてリニアにノーズの向きを変える応答性のよさはこれぞスポーツカーと呼ぶに相応しい。
a0129711_16152179.jpg
今回輸入したものは1975年10月にフィレンツェの正規ディーラーからデリバリされた初期モデルで、車体のどこにもフェラーリのマークの入らないDinoモデル。
a0129711_16161354.jpg
今月でイタリアで初めて登録されてから40年がたつ。
a0129711_1625557.jpg
マフラーは308のデュアルエキゾーストに対し、シングルパイプのものが装着される。
a0129711_18185383.jpg
内装は246と同じビニールレザーが使用されている。
a0129711_16194791.jpg
黒のスポークハンドルや黒のメーターパネル、Dino のマークの入ったホーンボタンなどすべてが当時のオリジナルの固体は今では非常に貴重だ。
フロントボンネット手前にはDino のエンブレムがつき、
a0129711_16203210.jpg
リアトランクにはDino208gt4の文字が入る。
過去の多くのgt4オーナーがDino のエンブレムを取り外し、Ferrari のバッジや跳ね馬のエンブレムに交換した人が多いなか、今となってはこのDino だけのバッジのつくgt4はより貴重な存在となっている。
湿度が低く、雨の少ないイタリアにあったからこそ、錆びなどによる腐食がみられないのもこの車がこのようなよいコンディションを保ち続けてこられた一つの理由だろう。
a0129711_16211143.jpg
ドアの下をのぞいてみても左右とも腐食のあとはいっさいみられない。
a0129711_16214664.jpg
当時のシートベルトは今のモデルのような巻上げ式のものではなく、長さを自分で調整するタイプがつく。もちろんそれも当時のオリジナルのままだ。
a0129711_16241826.jpg
さらにこの車につくホィールキャップの美しさは特筆に値する。
リヤのナンバーの穴埋めをすませ、磨きをかければ、40年前にモデナを出荷した時の美しさを取り戻すにちがいない。
今からその日が楽しみだ。

  by cavallino-cars | 2015-10-08 16:29 | Comments(2)

Welcome back

a0129711_19321781.jpg
英国から4年前に輸入した80年モデルのchassis #15336 が戻ってきた。
a0129711_19325425.jpg
走行わずか36000マイル、52000km。タイミングベルト交換を含む最後のビッグメンテナンスは英国のフェラーリ専門店DK Engineering で2010年4月に行われており、その明細ものこっている。25年、26年と定期点検整備は日本国内にて行っており、今回、納車前に27年の1年点検ならびにタイミングベルト交換を実施する予定だ。
驚くべきは英国でのすべてのオーナーとその走行距離、ならびにメンテナンス記録が残っていることだ。
a0129711_19343828.jpg
この車は1979年後期に1980年モデルとしてフェラーリにて完成。その後英国の正規ディーラーマラネロコンセッショネアズにトラックで運ばれ、
a0129711_19352244.jpg
1980年7月22日にDHV971Vのナンバーで登録される。その後、8103mile (12,820km)でロンドンのディーラーHR.Owen を通じ、1985年12月11日にMr. Paul Burman氏に売却。1986年にボディカラーはGreen から今の赤に塗り替えられた。
a0129711_1937286.jpg
1988年2月に12,528mile (20,044km)で3番目のオーナー、Mr.Charles Swindell 氏に売却。9年間での走行距離は2,000mile(3,200km)。その間定期的にオイルとフィルターは交換されていた。1997年5月26日に、彼の友人であるMr.John Goodacre 氏に売却される。
a0129711_19382463.jpg
5年半所有した彼は2003年1月26日に18,745 mile(29,992km)で5番目のオーナー、Mr.Robert Vipan 氏に売却。氏はその年の夏のバケーションにのみ使用し、2003年12月6日に20,000mile(32,000km) でカーディーラーのMr. Sidney Belton 氏に売却。氏は自分の楽しみのために5年半所有したが、走行距離はわずか3,200kmのみ。
a0129711_19385279.jpg
英国での最後のオーナーである弁護士のMr. Stephen Fletcher 氏が購入したのは2009年10月15日、走行距離は22,100mile(35,360km)だった。
a0129711_1938360.jpg
その後、氏は香港に転勤になったため、DK Engineering がメンテナンスを担当していたが、
a0129711_19391989.jpg
2011年6月に23,3300mile (37,280km) で弊社が購入。
a0129711_10372134.jpg
a0129711_10375265.jpg
2011年8月30日に東京港に入港した車だ。
その後2012年3月に日本で初めて登録される。
この車の素晴らしさはそのヒストリーがすべて残っていることと内外装の美しさに加え、そのパワフルなエンジンにある。
a0129711_10383160.jpg
走行距離が間違いないことと、きちんとメンテナンスを行ってきた車は36年を経過しても素晴らしい状態を保つということを証明している。
a0129711_19523873.jpg
実際ファイバーボディの308と乗り比べてみても遜色ない動力性能をほこり、そのトルク感は体感では308GTBをも上回るのではと思えるほどだ。
a0129711_19525910.jpg
マフラーは当時のオリジナルの斜めにカットされたものが装着される。排気漏れもなく、あの独特なフェラーリサウンドを奏でる。今、所有するGTBを手放して、このgt4を持とうとかと真剣に悩むほど素晴らしい個体だ。

  by cavallino-cars | 2015-10-07 20:11 | Comments(2)

308GTB fiberglassの購入ポイント

この5年間で輸入したファイバーグラスの308は計7台。その内訳は1台は英国から
a0129711_19591059.jpg
雪の降りしきるジュネーブ空港から30分ほどのスイスから
a0129711_200458.jpg
そしてイタリアのトリノから
a0129711_202351.jpg
これはベローナのコレクターから
a0129711_203536.jpg
こちらはモデナから車で1時間ほどのルッカからの1オーナーカー
a0129711_10493282.jpg
これは同じくイタリアのパビアからの1台で国内に持ち込んでからフェラーリクラシケを取得済み。
a0129711_2094737.jpg
a0129711_10442879.jpg
そして最後の1台はフェラーリ本社から譲り受けた特別な1台。
a0129711_20121516.jpg

その購入ポイントのいくつかをご紹介します。
a0129711_2013515.jpg
まずはフロントのアルミグリルのチェック。
a0129711_20142611.jpg
歪みのあるものや左右のはじがボディからとびだしている写真のようなものは事故をおこしている可能性があるので極力さけます。
エンジンルームをみてドライサンプでないものもNG。
a0129711_20152339.jpg
後ろから見て左側にオイルのリザーブタンクがあるものがオリジナルです。シングルデスビのものだけを選びます。
a0129711_10244755.jpg
リヤのテールライトはSIEM製のものがオリジナル。スチールモデルになってからはCARRERO製のものになります。こちらもオリジナルにこしたことはありません。
a0129711_10263080.jpg
308のエンブレムはプラスティック製ではなくスチールのものがつくのもファイバーモデルの特徴です。
a0129711_1126587.jpg
フロントのスペアタイヤセクションはアルミ板をビニールレザーでくるんだカバーがつきます。
a0129711_11264362.jpg
中にあるスペアタイヤは薄いテンパータイヤがオリジナル。スポーツカーは前後を軽くすることでその操縦性が向上します。そんなこだわりもフェラーリならではでしょう。
a0129711_12122948.jpg
リアのトランクもシボの入ったビニールレザー製のオリジナルを選ぶ。
a0129711_10401083.jpg
マフラーはシングルパイプのものがベストです。
a0129711_10425079.jpg
今ではりプロダクションモデルのシルバーのものもでていますが、オリジナルはこの銅色の鉄製のものです。
a0129711_2032462.jpg
ドアのウエザーストリップはすべて布製のもの。
a0129711_10574262.jpg
ゴムのものがつくのは308のスチールボディの後期のモデルになってからです。ウィンドウフレームは艶消しの塗装がされます。スチールボディになってからは艶のある塗装に変わります。
a0129711_1052548.jpg
エンジンフード裏にはすべて網が一面にはられているのがオリジナルです。
a0129711_10564017.jpg
スチールボディになってからはエア抜きのダクトの部分のみにつけられるようになります。
a0129711_959383.jpg
a0129711_20343994.jpg
a0129711_20353853.jpg
a0129711_1038476.jpg
スピードメーターはすべてダブルレターのものがオリジナルです。
a0129711_20371166.jpg
a0129711_2038086.jpg
距離計の数字もタイプライターのような細い数字が特徴。
a0129711_20392015.jpg
ヘッドライトはファイバーの初期モデルのみが一体型になりますが、
a0129711_20405547.jpg
同じファイバーでも後期モデルはすべてライト上の部分に写真のようなカバーがつきます。
おそらくコストの削減によるための変更でしょう。
a0129711_11124331.jpg
リアのナンバーのつくパネルはフラットなのがファイバーモデルの特徴。ナンバーの形にへこんだものはスチールボディになってからのものなので避けます。
a0129711_104311.jpg
ウインドウウォッシャータンクはスペアタイヤの前に青いビニールバッグタイプのものがつきます。
唯一ことなるのはフィオラバンテ氏のために特別に作られたものだけ。
a0129711_1015445.jpg
後期のスチールボディにつくポリタンク型のものが装着されています。
a0129711_11541768.jpg
エンジンフードを開けるとリアパネルが8つのネジでトランクの後ろでとめられているのもファイバーの特徴。
a0129711_11552830.jpg
エンジンフード裏には左右ともにフックがついており、簡単にエンジンフードを取り外せるようになっています。
ここまでチェックをした後に初めて試乗をします。
a0129711_1025411.jpg
308の一番の楽しさは何といってもV8キャブレターエンジンのレスポンスのよさにつきます。
a0129711_11285812.jpg
何百台もの車を乗ってきた経験から少し走っただけでそのコンディションがわかるようになりました。軽く回るものや重いもの、走らずともレーシングしただけでその違いがわかるものもあります。
a0129711_10241310.jpg
キャブレターのエンジンはよほどのことがない限り調子を取り戻すことは可能です。一番みるのは事故をおこしていないか、どのように治しているか、どのようにメンテナンスをしてきているかなどです。オリジナルと異なるパネルがついていたり、ウエットサンプのエンジンが載っている様なもの、
a0129711_12162199.jpg
ボディコンディションの良くないものはどんなに調子よくても買うことはありません。もっとも今まで見てきたファイバーでそのようなコンディションでエンジンの調子のいいものは一台もありませんでした。
ハンドルも太い、小径のものに変えられているようなものもNGです。
a0129711_1071718.jpg
ボディの多少のクラックなどはあまり気にしませんが、オリジナルでないパーツがついていたり、ダッシュが張り替えられているようなものは買わない方がいいでしょう。
a0129711_1033518.jpg
今やパワーウインドウが壊れた時のエマージェンシー用のレバーを入れる穴のカバーでさえ、見つけることは困難な時代です。
a0129711_1063399.jpg
キャブレターの308は運転する悦びを与えてくれますが、同時にオリジナルであればあるほどその美しさは際立ちます。
a0129711_107436.jpg
自分だけの1台としての価値は今風のハンドルをつけたり、ウイングをつけることではなく、オリジナルの美しさを保っていてこそ、その価値があると考えます。
a0129711_12181713.jpg
その意味で当時のものを知ることは実に重要で、オリジナルでないところを承知で購入するのはいいですが、買ってしまった後で自分の車のおかしいところがわかって後悔するようなことは避けるべきでしょう。当時のままの状態でもキャブレターのセットアップがきちんとされていればその動力性能やハンドリングは素晴らしいの一言につきます。
当時のファイバーの308は12気筒の365BBや512BB は言うに及ばず、275やDaytona さえスポーツカーという意味でそのスポーツ性は突出しています。
信じられないという方は一度弊社のGTBに乗っていただければわかるはずです。
a0129711_10141768.jpg
40年も経過している車なのですべてがマラネロ出荷当時のままの状態であるという固体はないでしょうが、
a0129711_11271917.jpg
自分のガレージには出来るだけオリジナルの状態のものをおきたいものです。

  by cavallino-cars | 2015-10-07 12:21 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE