<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

Ferrari は美しく、速くなければならない。

a0129711_20421923.jpg
今年の3月末にイタリアで譲り受けた1977年の308GTB が昨日ショールームにやっと入庫した。
いつ見てもその美しさに時間がたつのを忘れてしまうほど見入ってしまう。
イタリアから東京港に到着したのが7月14日。
そのままボディショップに運び、エクステリアの補修を行う。
a0129711_211912100.jpg
リヤのナンバーの穴埋めはもちろん、
a0129711_20425390.jpg
マフラーの左右下側のボディパネルの赤く塗られていたところを
a0129711_21174075.jpg
オリジナルの黒に塗り、
a0129711_2043939.jpg
a0129711_21184454.jpg
左右のフロントの傷の補修や
a0129711_2120285.jpg
前後バンパーをつや消しの黒に塗りなおす。
a0129711_2123672.jpg
a0129711_21232987.jpg
フロントバンパーの上の部分の細かい傷も補修する。
a0129711_2130643.jpg
左上が割れているエンジンフードオープナーも、
a0129711_21304967.jpg
新しいものに交換。これで外装はぐっとひきしまります。
その後、納車前の点検整備のためワークショップに入庫。
a0129711_20502859.jpg
今回は定期点検整備項目に加え、クラッチ交換、
a0129711_21211067.jpg
タイミングベルト交換、オルタネーターベルト交換、エアコンベルト交換、クーラントリークテスト、ウォーターポンプよりリークのため、ポンプ交換、
a0129711_21202861.jpg
クーラントホース交換、クーラント交換、エアコン真空引き、エアコンガスチャージ、各オイル交換。フロントブレーキ引きずりのため、左右フロントキャリパーオーバーホール。ブレーキパッド交換。バッテリー交換。ウインドウォッシャーモーター不良のためモーター交換。キャブレターミクスチャー調整、プラグ交換を行った。
タイヤも新しいものに交換する。
a0129711_20442425.jpg
フロントボンネット裏のラジエターの熱い空気が左右のダクトにきれいに抜けるためのスポンジも新しく貼りなおします。
a0129711_21254486.jpg

その後テスト走行をして、問題なければバルブ交換を含めた徹底したボディクリーニングを行い、初めて商品としてショールームに展示されるのです。
このGTBの購入を決めてから実に5ヶ月が経過。ショールームで初めてこのGTBを見た方はその美しさに魅せられても、ここまで整備していることは想像していないでしょう。
a0129711_20461989.jpg
クラシックフェラーリは現地で試乗していいと思ったものだけを購入している。しかしそれでもこれだけの作業を要します。素晴らしいコンディションの308はひとたびアクセルを全開にすれば、思わず叫びたくなるような衝動にかられるほどの感動がある。
a0129711_212785.jpg
乾いたエキゾーストノートを響かせ、コーナーをスライドさせながらクリアしていく時のあのぞくぞくするような快感はキャブレターの308ならではで、そのドライブフィールはまさにスポーツカーと呼ぶにふさわしい。
ステアリングを握るたびにラウダやレガツォーニの活躍した70年代のイタリアを感じる。
きちんとした整備を行った車だからこそ本来の素晴らしさがわかるのです。サイドが劣化したタイヤやブレーキが片効きしてフルブレーキングをしたら右に1車線もずれるような車は危険で、とばすことは出来ない。
キャブのセッティングが悪く、軽くエンジンが回らない車ではこの楽しさは決して味わえない。事実1本でもプラグがミスファイアしている308ほどストレスフルなものはない。
コンディションのいいキャブレターの308は独特な乾いたサウンドと力強い加速、ステアリングからは路面状況とタイヤの接地感が文字どうり手にとりように伝わってくる。
一人でも多くの方にこの悦びを感じて欲しい。

  by cavallino-cars | 2015-09-26 08:18 | Comments(0)

Dino 308gt4 trouble shooting

a0129711_1639257.jpg
2010年10月にドイツのスイス国境に近いエルフルトから譲り受けた308gt4は日本に来てから早いものでもう5年近くになる。
a0129711_16402530.jpg
今週、フロントのボンネットがレバーで開かなくなったとのことで入庫。ワイヤーが切れていたため、新しいものに交換して、修理は完了。
a0129711_1965068.jpg
念のため試運転したところフードは問題ないが、エンジンを4000回転ほど回してクラッチをきっても3000回転まではすぐに下がるのだが、3000回転で数秒エンジンは回転し続け、その後、ゆっくり下がっていく。
リンケージの引っかかりかもしれないので確認してみるとアクセルワイヤーは問題ない。原因はキャブ下のガスケットだった。バタフライを閉じると、普通は空気が入らないのでキャブに残ったガソリンは燃えないが、ガスケットからエアを吸ってしまうため、キャブ内に残ったガスがなくなるまで燃えてしまうため、数秒3000回転のまま回転が落ちないのだった。
このまま乗り続けるとアイドリングでも3000回転に回転があがる可能性もある。
a0129711_16491431.jpg
国内にWeber のガスケットがないため数日は写真のようにキャブレターははずしたまま。
時間はかかるが、原因がわかったので一安心。
a0129711_1962259.jpg
このgt4は1975年の初期型。生産されて40年が経過している。新しいものに交換すれば今後40年は同じトラブルにあうことはないだろう。

  by cavallino-cars | 2015-09-18 19:12 | Comments(0)

Trapizzino

a0129711_17511099.jpg
日本は大雨で大変なことになっていた水曜日ですが、ローマは快晴。酷いgt4を見た後、気分転換に2008年オープンのTrapizzinoに行きました。
a0129711_17514199.jpg
ピザ生地にミートボールや、トリッパ、鳥肉の煮込みなどを詰めたファーストフード。具は好きなものをチョイスできます。
a0129711_1752854.jpg
1つ3.5ユーロという価格もマックなどと変わらないが、なんといっても手作り。かりかりの生地と煮込んだ具の相性は抜群で、軽いランチをとりたい方にはお勧めです。ローマにお出かけの際は是非!!LUNEDI Chiuso 月曜定休で、お昼から夜中の1時まで営業中。忘れられない味です。日本にもオープンして欲しい。

  by cavallino-cars | 2015-09-14 17:56 | Comments(0)

Bresia の208gt4

a0129711_16305551.jpg
ブレシアのDino208gt4 は個人のコレクターの所有する車。自宅に伺い、早速外にだしていただく。
購入してから20年ほどになるがほとんど乗っていないのとのこと。
a0129711_16312165.jpg
内装はハンドル以外はすべてオリジナルだったが、外装の塗装の状態がよくない。
a0129711_16322191.jpg
フロントフェンダーには細かい気泡のような浮きがあり、
a0129711_163250100.jpg
左ドアパネル、リヤフェンダーには細かいクラックが入っている。
a0129711_16332420.jpg
リヤトランク左のフェンダー部分には浮きもあり、
a0129711_16341462.jpg
リヤタイヤハウス下にはクラックも。
a0129711_1752148.jpg
左後ろには何かにぶつけ、タッチペイントの跡もある。
a0129711_16371928.jpg
ヘッドライトを覆う黒のプラスティッィクカバーもネジの部分が左右とも割れている。価格は58000ユーロ。日本に輸入してからオールペイントをするとなるとざっと200万円以上はかかる。さすがに原価で1200万円となると輸入するのは断念せざるをえない。アッシジでみる予定だった黒の208gt4は残念ながら私が伺う前日に売れてしまった。
a0129711_1638241.jpg
翌日ローマでみた208gt4はフロントのシートはヘッドレストと左右のサポートが切れているため補修中だったが、フロントバンパーは何かにぶつかったのか中に押され、ヘッドライトもポップアップしない状態。
a0129711_16385825.jpg
内張りのポケット上のL字のステーはビス止めされ、
a0129711_16404583.jpg
極めつけはエンジンヘッドが真っ赤に塗られていた。マフラーもシングルパイプでないものがつく。塗装も厚塗りの上に細かい傷だらけでひと目見ただけで買う気が失せてしまった。
コンディションのよいgt4はどこにあるのだろうか。今回はすべてNGのものばかり。大切にされてきた車は壊れたまま放置されていることはほとんどない。どんなに美しくてもオリジナルでないものはクラシックとしての価値が極端に下がると考える。
a0129711_16412379.jpg
こちらはスイスで売られているフルレストアされた74年のdino308gt4。現地での価格は119000スイスフラン。1470万円。
a0129711_17232678.jpg
オリジナルのgt4を知らない人ならその美しさに惑わされて購入してしまうかもしれない。しかし初期型のgt4は角のたった薄いラバーバンパーがつくが、
a0129711_164152100.jpg
この車には後期の肉厚のものがつく。
a0129711_16425850.jpg
ドアの内張りのライトも初期型のメッキフレームの角ばったものでなく、これはメッキフレームでないノンオリジナル。ちなみに初期型のドア内張りのL字のステーはモケットのシートには革ではなくスエード製がオリジナル。
a0129711_16421243.jpg
トランクルームのカーペットもオリジナルではない。ちなみにリアのバンパーは角のたった当時のオリジナルがついている。
a0129711_16432745.jpg
ルーフの内張りもノンオリジナル。
a0129711_16434922.jpg
美しいエンジンルームはよく手が入ってはいるが、イグニッションコイルは他社のものがつく。どんなにきれいでもこのようなものは自分のガレージには納めたくない。40年前にマラネロを出荷した時の状態をできるだけ保っているものにこそ価値があるのです。
a0129711_1653503.jpg
246Dino はほとんどの車がシートは張り替えられ、シートベルトもオリジナルでなく、上のスイスでレストアされているようなものが9割。さらにひどいことにはエンジンがその本来の性能を発揮しているものが少なく、運転してもぼそぼそとしか加速しないものが多い。
a0129711_16521811.jpg
その意味でもDinogt4はまだオリジナルのものが捜せば現存している。よいものがあれば是非とも日本の方にご紹介していきたい。それほどこの車は素晴らしい。テスタロッサやBBに比べてはるかにスポーティで運転する楽しさに溢れている。それにあのクラシカルなボディがついてくるのだから他に何を望もうか。
イタリアでも今や308gt4は10万ユーロ、308GTBのファイバーモデルは20万ユーロもする。しかし以前のようにすぐに売れることはなく、半年ほどその動きはほとんどない。たとえ高価でも本当に良いものであれば、購入する気にもなりますが、これっという1台にめぐり合わない限り、やはり欲しいという気にはなれないのです。状態のよいクラシックフェラーリはオリジナルだけのもつオーラというか、独特な輝きを放つ。

208gt4も308gt4も10年前は廉価だったために荒れているものも多い。しかしオリジナルコンディションで大切にされてきた美しい車も数は少ないが必ずある。いつか良いものと出会えることもあるでしょう。
その日まで私のヨーロッパ詣では続きます。

  by cavallino-cars | 2015-09-14 17:19 | Comments(5)

貴重なオリジナルパーツの宝庫

ミラノから一路、コモ経由でスイスに向かう。下の看板のSVIZZERAとはイタリア語でスイスのこと。
a0129711_1839270.jpg
イタリアからスイスに車で入国するにはEU内での移動のせいか実に簡単。
a0129711_1837537.jpg
国境には写真のようなDOGANAという税関があり、警備の人がいるのみ。
a0129711_1840482.jpg
任意で停められ、検査をされる車もあるようだが、私はすんなり、イタリアからスイスに入国できた。パスポートも何も見せないで入国できたのには少々驚いた。
目的のパーツショップは個人経営のお店で外からは倉庫にしか見えません。
中に入るとgt4やGTBのオーナーにとっては貴重なパーツがいくつもある。
そのいくつかをご紹介します。
a0129711_1828287.jpg
こちらはDino308gt4の新品のリアのテールレンズ。
a0129711_1829186.jpg
フェラーリオリジナルの308用バックミラー、
a0129711_18295631.jpg
308のガソリンキャップ、
a0129711_18304885.jpg
それにカレロ製のワイパーセットなど、いずれも新品なのが凄い。
a0129711_1831163.jpg
以前、ローマのパーツショップで1セットだけ見つけたgt4用のオリジナルのホィールセンターキャップも新品があったのには驚いた。ファイバーの308GTB用のテールライトも新品が1セットのみありました。高価なものもあったが、ある時に購入しないといずれも手に入らないものばかり。もちろんすべて譲っていただいた。
a0129711_18314347.jpg
他のショップで見つけたオリジナルの308GTB用のホィールキャップや
a0129711_18325981.jpg
gt4用のトランクオープナーや、
a0129711_1832362.jpg
当時のオリジナルのホーンボタン、
a0129711_18333716.jpg
電動ファンや
a0129711_18341732.jpg
ヒューズボードなども出来るだけ万一の場合のために出張のたびに集めている。
スイスのオーナーにランチをご馳走になり、再びイタリアに入国する際、税関に停められた。リヤシートにフェラーリのパーツが積んであったのをみられたからかもしれない。別室にスーツケースを持ち込み、荷物検査をされた。バッグは開けられ、財布の中身も検閲されたのには閉口したが、以前日本人が多額の現金をもっていたことがあったそうでそのせいかもしれない。1時間ほど無駄な時間をとられたため、ブレシアに208gt4のオーナーを訪ねたのは午後の3時になってしまった。

  by cavallino-cars | 2015-09-13 22:04 | Comments(0)

green のgt4

a0129711_17273246.jpg
先週の火曜日に先日、ブログでご紹介したグリーンの308gt4を見にミラノまで見に行ってきた。
a0129711_17452018.jpg
ミラノのリナーテ空港から車でおおよそ1時間。Vergiateという小さな街の車のショールームに目的のgt4はあった。塗装は10年ほど前に塗りなおしてあり、状態はまぁまぁとうところ。写真ではきれいに見えたのに残念。
a0129711_17455594.jpg
リヤのトランクのカーペットや内装、ステアリング、フロントスペアタイヤセクションなどはすべてオリジナル。まず気になったのはファンスイッチとフォグライトのスイッチが壊れた状態で、
a0129711_17593651.jpg
写真のように下を向いたままの状態。トランクフードはパテがかなりついているせいか、ストッパーだけでは開いたままの状態を維持できない。エンジンフードはオープナーのステーが壊れており、こちらも手で押さえていないと閉まってしまう。
a0129711_17464512.jpg
エンジンはホース類なども交換され、メンテナンスされていることがわかる。エアコンガスも補充済みとのことで実際にエンジンをかけてみたが、非常によく効く。日本に持ってきた場合の価格は1800万円。

a0129711_17501076.jpg
すべてオリジナルで魅力的ではあるが、今まで販売してきたようなコンディションにするにはかなりの費用がかかる。
a0129711_1757459.jpg
価格が安ければ購入も考えたが、売り物がないせいか、オーナーはいっさい値引きには応じないという強気な姿勢。在庫としてかかえるには少しリスクがあるため残念ながら見合わせることにした。
それにしても既に日本にある白の208gt4や今船に載って日本に向かっている赤のgt4は実に素晴らしいコンディションなのだ。
どうしてもその2台や今まで輸入してきたものと比べてしまう。
a0129711_17545622.jpg
100台以上のgt4をみてきたおかげでオリジナルかどうかはひと目でわかるようになった。私が輸入した車を見れば、日本の皆さんはイタリアに行けば簡単にコンディションの良いものが見つかると思うかもしれませんが、本当にコンディションのよいものに出会う確率は非常に少ないのです。
価格が高騰した今はさらに良いものがマーケットにでることは本当に少ないのです。そうそうに切り上げ、次の目的地のスイスのパーツショップに向かう。

  by cavallino-cars | 2015-09-13 18:51 | Comments(0)

gt4 の魅力

a0129711_1285774.jpg
Dino246の後継車としてデビューしたgt4はフェラリスタに親しまれてきた美しい曲線に代表されるピニンファリーナのものではなく、直線を多用した近未来的なベルトーネのデザインと4人乗りという点から当時の人気はいまひとつかんばしいものではなかった。
a0129711_1292563.jpg
あれから40年。その評価は確実に変わってきている。
4人乗りのスポーツクーペとしてこれほど美しく、エレガントな車は他に私は知らない。
a0129711_1294860.jpg
ひとたびコックピットに納まり、アクセルを踏み込めばリアにプラス2のシートがあることを忘れてしまうほどその操作性はスポーツカーそのものだ。
a0129711_12103027.jpg
タウンユースや日常の足として使用するにもリアのスペースは実に便利で、脱いだジャケットやコートを気軽に置けるし、ちょっとしたバッグや助手席に乗せたご婦人の荷物なども置ける。
a0129711_12165464.jpg
それに比べピュアスポーツのGTBはコートやバッグを置くスペースはほとんどない。
a0129711_12174063.jpg
助手席に乗ったご婦人のバッグは足元におくしかなく、コートなどはシートの後ろのわずかなスペースにたたんで納めるしかない。スポーツカーとしては申し分ない1台だが、そういった状況では非常に使い勝手が悪い。
a0129711_1222239.jpg
コートや荷物などはリヤのエンジンフードを開けてトランクルームに収納するという方法もあるが、エンジンの真後ろということもあり、
a0129711_12234815.jpg
温度はかなり高くなる上に40年前のカーぺットの上に工具と一緒にコートなどをおくのは気がひける。そういった意味でgt4のリヤシートは実に実用的なのだ。
a0129711_12123851.jpg
美しいコックピットも魅力にあふれている。左右のノブスイッチの作動感覚や細いステアリングに巻かれた革の感触も今のスポーツカーとは異なる手作りの感覚が手のひらを通じて伝わってくる。
a0129711_1211423.jpg
458のようなレーシングカーのような排気音とは異なる、キャブ独特のエキゾーストノートやキーンというジェット機のような当時のフェラーリならではの音はドライバーにとってはまさにフェラーリミュージックそのもの。今聞いても実に新鮮だ。その管楽器のような音色を聞きながら何時間でも乗り続けたくなる衝動にかられてしまう。
今では私がgt4の輸入を始めた6年前とは状況が変わり、価格が高騰したばかりか、コンディションの良いものを見つけるのが非常に難しくなっている。
a0129711_121381.jpg
上の写真はすべて昨日イタリアから送られてきた78年308gt4の写真。実際に現地に行って確認しなければわからないが、写真で見る限りはマフラーも当時のオリジナルが装着され、ウインカーや細かいパーツも当時のまま。
a0129711_1213346.jpg
リアのトランクルームのカーペットもマラネロから出荷されたオリジナルがつく。
外装色は濃いグリーンメタリック。内装のクリーム革とのコンビネーションも美しい。
a0129711_12422046.jpg
自分だけの1台として所有するには出来るだけオリジナルのものが欲しい。
色の好みもあるが、これほど素晴らしい一台はないのではなかろうか。
よい車であることを祈って来週にでもイタリアに向かおうと思う。

  by cavallino-cars | 2015-09-02 12:43 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE