<   2015年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

魅惑の一台

a0129711_1738337.jpg
この仕事をしているおかげで何台もの魅力的なフェラーリに乗ってきた。左の246gtは私の元の愛車。右はフランス人から譲り受けたキャブレターの308。
a0129711_1843678.jpg
奥のDino208gt4はマントバから持ち帰った初めての208gt4。どれも魅力にあふれた1台だ。
a0129711_1843572.jpg
今やDinoは30万ユーロ、日本円にして4000万円に価格が高騰した。
a0129711_1844126.jpg
Dino の魅力は何といってもその美しいフォルムと軽いボディゆえのハンドリングの素晴らしさだ。エンジンも素晴らしい管楽器のような音を奏でる。しかし4000万円という代価の価値があるかと聞かれたら考えてしまう。
a0129711_1845532.jpg
a0129711_1848442.jpg
三角窓のストッパーは完全に閉めてしまうとガラスについたシルバーのノブが接着剤ごとポロリと落ちてしまうし、gts にいたっては室内から屋根をつけていても空が見えるほど隙間があいている。初めて購入したDino はgtsの欧州仕様だった。突然の雨でシャツのカフス部分がビショビショになったのを覚えている。
2台目のDinoはクーペの246gt。
ハンドリングは素晴らしく、ノーズの軽さも手伝ってひらひらとコーナーを抜けていく。
a0129711_18504753.jpg
その快感はDino ならではだが、日本では秋と冬のほんの数ヶ月しか楽しむことができず、結局手放してしまう。
a0129711_18512084.jpg
Dino308gt4は英国から譲り受けたものを2年ほど所有。
a0129711_18515777.jpg
トルクフルで実に楽しい車だ。Dino に装備されていないエアコンがつくのも大きな魅力で気軽にどこにでも乗っていくことができる。
a0129711_1852286.jpg
ひとたびワインディングにでればアクセルワークでノーズの向きを変えることもできるほどその性能はレーシングカーのようだ。4シーターとは思えないほどそのドライブフィールはスポーツカーそのもので、今乗っても十分に速く、楽しめるのだ。今ではこちらも1600万円以上に高騰してしまった。
a0129711_1932469.jpg
308 ほどのトルクはないがDino208gt4はスポーツカー好きにとってはFun to drive な一台。今や最もリーズナブルなDino 。そのハンドリングやコーナリングはフェラーリの名に恥じないほど素晴らしい。
a0129711_18553286.jpg
208gt4で4速全開でぬけるコーナーの気持ちよさは格別だ。
a0129711_18564235.jpg
Dino246やDino206 の後継車と誰もが認める308GTBは大きさやスタイリング、コックピットの雰囲気などどれをとってもこれぞスポーツカーという雰囲気に溢れている。
a0129711_18572837.jpg
キャブレターの独特な加速性能は言うに及ばず、コーナーでのコントロール性も秀逸で間違いなく12気筒フェラーリよりも運転していて楽しいのだ。
a0129711_1858321.jpg
個人的な見解だが、308GTBは美しさでは246Dinoにはかなわないかもしれないが、そのドライビングの楽しさは246や206にも劣らないばかりか、上回るほど素晴らしい。246のヌメっと入っていくシフト感覚とは一線をきす、カチと入るギヤも心地いいし、60馬力のパワーアップの差は歴然でその加速性能は圧倒的に6気筒のDinoを凌ぐ。
今どちらか一台を選べと言われれば、間違いなく308と答えるだろう。
a0129711_18583195.jpg
基本的にはgt4と同じユニットながらその着座位置の低さゆえか、よりスポーツカーとしての魅力に溢れている。ただしそれはヨーロッパ仕様に限られたもので、しかもエンジンの調子がよいものだけだ。
8気筒の内の1本でもプラグがミスファイアしていたらそのイメージは一変する。
a0129711_1903518.jpg
それほどキャブレターの308は208gt4も含め繊細なのです。この写真の3台が自宅のガレージにあったらどれを乗るだろうか。
a0129711_1905457.jpg
ちょっとした荷物やジャケットがおけるスペースのあるgt4が一番実用的だろう。308GTB は箱根の強羅あたりの温泉に行くには丁度いい。Dino は首都高をとばすぐらいか、せいぜい11月頃に別荘にでも乗っていくくらいだろう。実際にDino を所有していた頃は年に15日ほどしか乗ることはなかった。
a0129711_1925645.jpg
今やファイバーボディのGTBはイタリアで20万ユーロ、2760万円。スチールボディのものでも1500万円以上もする。それでも良いものに巡り合う機会は少ないのだ。
a0129711_1924794.jpg
人生は一度だけ。その時間も限られている。所有する悦びだけで満足する方は別だが、買うからには是非、出来るだけ乗っていただきたい。
a0129711_1934864.jpg
これらの素晴らしい車と過ごす時間を刻みながら年を重ねていくことがその人の美しい人生をかたち作っていく。

  by cavallino-cars | 2015-08-25 19:43 | Comments(0)

激走1500km

弊社でエンジンをオーバーホールしたGTBターボのオーナーから先週1500キロを酷暑の中、走破したとの連絡があった。
a0129711_1731931.jpg
こちらはオーナーからメールで送られてきた写真。水温、油温とも90度と安定しており、エアコンも効き、あっという間に慣らしが終了したという。
512TRから乗り換えて、少々物足りないのではと思っていたが、そのインプレッションは予想に反していた。512よりはるかにスポーツカーとしてのポテンシャルが高いので、これほど乗っていて楽しい車はないとのこと。
やはり、スポーツドライビングが好きな人にはTRの大きさと重さは手に余るものがあるのだ。トルクの塊のような12気筒エンジンはフェラーリならではの豪快さはあるが、ワインディングを走る楽しさはコンパクトなV8がまさる。それに3500回転から一気にブラックホールに吸い込まれるような加速をするGTBturbo のエンジンが加わるのだからいうことはない。パワーバンドをうまく使えば、TRよりも速く前の車をパスすることさえ可能に思えるほどだ。
この時期に室内を快適に保つエアコンが装備されるのも非常に魅力的だ。
総生産台数わずか308台のこの美しいベルリネッタは残念ながらコンディションのよいものが少ない。
a0129711_17305198.jpg
実際に乗ってみないとその判断は出来ない。写真だけで購入すると外観はきれいでも思わぬしっぺ返しをくうことになる。本来の加速をしない車が多くあるからだ。86年から89年までに生産されて、早くも30年近くが経過している。
a0129711_17312169.jpg
高性能ゆえにウエストゲートバルブが破損したり、ピストンリングが劣化しているものが非常に多い。ピストンは328に比べ、一回りほども小さいものが組み込まれている。
a0129711_17315863.jpg
ベニスからのオファーがあった1オーナーのGTBターボも写真では申し分なさそうだが、実際に乗ってみるまではわからない。明日にでもイタリアに試乗に行きたくなってきた。

  by cavallino-cars | 2015-08-11 19:49 | Comments(0)

アクセル全開でいこう

a0129711_20304556.jpg
208gt4のドライブフィールはフェラーリのライトウェイトスポーツ。
308に比べアンダーパワーはいなめないが、アクセルをフルスロットルにできるという点ではまさにライトウェイトスポーツそのもの。コーナーを4速全開で入っていく痛快感はこの車ならではだ。
a0129711_2094955.jpg
ハンドリングはフェラーリの名にふさわしく、ステアリングからは路面状況が手にとるように伝わってくる。
a0129711_20102260.jpg
アクセルを少しクリップで緩めれば、ノーズは即座にタックインし、アングルを決めたところでドライバーは右足のアクセルペダルを床まで踏み込む。あの素晴らしいフェラーリサウンドとともにコーナーを抜けていく気持ちよさは格別で、
a0129711_20195337.jpg
とても40年前に作られた車とはにわかに信じられないほどだ。
さすがに真夏のドライブはきびしいが、今日くらいの東京の気温ではエアコンも十分に機能する。
デビュー当時、酷評されたベルトーネデザインのエクステリアは今見るとコンパクトでどこから見てもはっとするような美しさを放つ。
a0129711_20103554.jpg
4人乗りのスポーツクーぺでこれほど美しい車は他にあるだろうか。
a0129711_20112836.jpg
あのピニンファリーナのデザインしたモンディアルに比べても比較にならないほど洗練されている。
今ではけっして出来ない造形美にあふれたこのgt4はまさにイタリアンスーパースポーツそのもの。
a0129711_20202646.jpg
コンディションのよいgt4を思いっきりとばした時にいつも感じるのは当時新車でこの車をドライブした時のオーナーの息吹だ。1stオーナーが40年前に握った同じハンドルを自分が握るという高揚感はクラシックならではだろう。
a0129711_20332857.jpg
コーナーをタイヤをきしませ、車の挙動をコントロールしながら走らせる楽しさは格別で、思わず叫びたくなる衝動にかられる。古くても美しく、素晴らしいものを大切にするイタリアやヨーロッパの文化をこの車のステアリングをにぎるたびに実感する。
a0129711_20164038.jpg
私にとってはその車がオリジナルでなければ意味がないのです。出来る限り、当時、新車でデリバリされた時のままの状態で維持することに意味がある。
a0129711_20153173.jpg
もちろんタイヤやホースなどメカニカル的なものは新しいものに交換し、走れる状態にする必要はありますが、インテリアや外装に関してはオリジナルにこだわりたい。
a0129711_20251817.jpg
a0129711_20264865.jpg
美しいローマの遺跡や街並みも当時のままだからこそ価値があるのです。
a0129711_20104948.jpg
イタリアの街を走ってきたクラシックカーが自分のガレージにある生活は実にエキサイティングで、エレガントだ。それがフェラーリならもう何も言うことはない。

  by cavallino-cars | 2015-08-10 20:50 | Comments(0)

Dino208gt4 is now on loading

a0129711_19111299.jpg
前回の出張で譲り受けたDino208gt4 が昨日、現地で、無事に積み込みが完了。弊社が輸入する初のイタリアンレッドの208gt4だ。
a0129711_19113711.jpg
英国の港にこのまま陸送される。その後コンテナに載せかえられ、東京行きの船に乗り、日本にやってくる。
a0129711_19115535.jpg
シングルパイプのマフラーの装着されるオリジナルコンディションの素晴らしい1台。1975年10月29日にフィレンツェのディーラーからデリバリされてから40年すごしてきたイタリアの地をあとにし、いよいよ日本にやってくる。昨日のイタリアの天気はご覧のような雲ひとつない快晴。

東京到着予定は9月末。
今秋には真紅のgt4が東京の空の下を走る!!

Grazie Sig. Antonio!!

  by cavallino-cars | 2015-08-10 19:35 | Comments(0)

vennis の1オーナーのGTBturbo

a0129711_10463791.jpg
先月、Dino208gt4 を譲り受けたベネチアに住む個人のコレクターから1987年のGTBターボのオファーをいただいた。走行は46000km。1オーナーの車。GTBの生産台数はわずか308台。その加速フィールは328をも上回る、実にエキサイティングなもの。
a0129711_10481181.jpg
イタリアも夏休みのようで今月末であればお見せできるとのこと。
前回のGTSturbo は実にがっかりするものだったので今回は事前に写真を送っていただいた。
a0129711_1047681.jpg
今では欠品になっているフロントのシグナルレンズにも割れもなく、えくぼなどもないという。
a0129711_10473631.jpg
GTBターボは実際に乗ってみないと購入することは出来ない車だ。当初328と同じような感覚で安易に考えていたが、このターボエンジンは個体差がある。ウエストゲートが壊れているものや、コンプレッションが落ちて本来のパワーのでていないもの、エンジンをかけるとバルブステムシールやピストンリングからオイルが漏れ、白煙がとまらないものもある。
a0129711_10482621.jpg
a0129711_10592330.jpg
コンディションがよいことを願って、次回の出張では是非見に行きたい。

  by cavallino-cars | 2015-08-06 10:59 | Comments(0)

1日だけのランデヴー

a0129711_19433053.jpg
モデナから譲り受けた白のgt4とマントバから日本にやってきたシルバーのgt4が2台弊社のショールームにならんだ。どちらも75年にモデナのフェラーリ工場から出荷された初期モデルだ。
a0129711_19435425.jpg
白のgt4はホィールのレストアが済んだばかりで、先週ニュータイヤを組み込んだ。ホィールキャップは最後に取り付ける予定。
どちらも見れば見るほど魅力的で、時間のたつのを忘れてしまう。白のgt4は明日、出庫予定なので1日だけのランデヴー。
a0129711_19443810.jpg
特に白のgt4はモデナで見た時にあったボディの細かい傷を日本に輸入した後すべて補修したために見ちがえるように美しくなっている。
a0129711_19481937.jpg
エンジン調整を終えたこの2台のgt4はこの夏の暑さでも水温は85度、油温も90度を超えることもない。
首都高のコーナーも4速と5速で十分にクリアできるほどで、ライトウエイトスポーツのようにエンジンをフルスケールで回して楽しめる。キーンというジェット機のようなフェラーリサウンドもドライバーを魅了する。
フェラーリミュージックといわれる素晴らしい旋律。
a0129711_19451865.jpg
イタリアの美しい建物や街並みを思い起させるそのボディデザインや室内の独特な雰囲気は言葉にできないほど洗練されている。
アルジェントのgt4はすでに納車整備とクリーニングも完了、ビアンコのgt4も整備は終了ずみでこれからイタリアでの40年間の汚れをきれいに落として、2台とも今月末には新たな日本でのオーナーのガレージに納まる。
a0129711_1945484.jpg
今ではイタリアでも出会うことの少なくなったこのようなミントコンディションのgt4が2台も同時に並ぶ機会はほとんどない。
本物だけのもつ美しさがこの2台には溢れている。

  by cavallino-cars | 2015-08-04 20:04 | Comments(0)

今日も暑い!!

a0129711_12494124.jpg
昨日、モデナから譲り受けたDino208gt4 のテストランをした。
外気温32度という炎天下で、会社を11時に出発。水温は70度、油温は60度ほど。
a0129711_12421777.jpg
ガレージからだしたばかりでウインドウもまだ熱をもっていないため、エアコンの冷気で曇るほどだ。
a0129711_12424297.jpg
15分経過した頃に入谷から首都高に。
a0129711_1243585.jpg
いつもながらDinoのハンドリングはスポーツカーそのものでついついアクセルを開きたくなってしまう。
a0129711_12523065.jpg
水温油温はともに70度ほど。
a0129711_1244914.jpg
30分を経過した代々木ランプを通過するころには
a0129711_12445363.jpg
水温は90度、
a0129711_12534957.jpg
油温は80度とまだ少々低め。排気量の大きい308gt4はおそらく30分後には油温は100度になっているだろう。
その意味でも208は日本の気候にあっているのかもしれない。
初期型のこのgt4はエアコンの噴出し口がダッシュボードの三箇所のみのため、さすがにコックピットを十分に冷やすことは不可能。ダッシュボードが熱くなり、その放射熱のほうがエアコンの能力より上回っているためだ。現代の車のように快適とはいかないが、装備されていないものに比べればはるかにいい。
モケット製のシートにはビニールのカバーをかけていたので背中はじんわりと汗が滲む。
a0129711_1246384.jpg
渋滞時でもアイドルは安定しており、ドライバーさえ我慢できればそのまま避暑地まで行くことも可能と思えるほどだ。
もちろんこの暑さはエンジンによいわけがないのでレブリミットぎりぎりまで回すようなことはせずに、4000回転をめどにシフトアップしていきます。
それにしても今年の夏は暑い。9月頃までは出来れば乗らない方がよい。オーナーのみなさんは涼しくなった夜のドライブでとうぶん我慢ですね。

  by cavallino-cars | 2015-08-01 13:06 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE