<   2015年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

GTS がやってきた!

a0129711_1651121.jpg
イタリアから11月末に購入した黄色のGTSを載せた船が先週到着し、本日通関がきれた。
いつものように埠頭に向かうとすでにコンテナからだされていた。
a0129711_16513342.jpg
スペアタイヤをはずし、その下のバッテリーのターミナルを取り付け、エンジンを始動する。
1分ほどのクランキングの後、勢いよくV8ユニットは目を覚ます。
a0129711_16515118.jpg
4本出しのエキゾーストからのサウンドはノーマルよりもやや低い音色を奏でる。
初めて日本の道を走り、板金工場にリヤのナンバーの穴埋めのために向かいます。
a0129711_16525044.jpg
低速からのトルクの太さはイタリアで試乗した時のままで、一気にレブリミットまで吹け上がるエンジンは快調そのものだ。
それにしてもこのイエローの美しさは308のグラマラスなラインをひときわ際立たせる。
a0129711_16565047.jpg
たった3ヶ月の間に現地の価格は4万ユーロ近く高騰した。
a0129711_16523344.jpg
これっという車と出会った時は迷わず購入しないとますます手に入り辛い時代になった。
イタリア人のブローカーとも話したが308は今年の末には20万ユーロになるかもしれないとのこと。

昨日、日本の512TRのオーナーから車を売りたいとの相談を受けた。本人の希望をお聞きしたら125000ユーロ。海外での価格を調べてみたら13万から20万ユーロ。

当時新車を何台か輸入し、自分でもしばらく乗っていた時期があった。ブレーキや加速性能、エンジン音などはテスタロッサにくらべ格段によくなり、スポーツカーとしてやっと本来の姿になったが、今もう一度乗りたいという気持ちには残念ながらなれない。

アクセルを踏んだ時のどこまでも伸びていくエキゾーストノートには惹かれるが、車の重さや車幅の広さゆえの足のばたつきなどはもちろん、センターコンソール、アームレストなどのアメリカ車のような作りもしっくりこない。ドアの窓ガラスのフロントよりのコーナーにつく三角形のミラー内側の鉄製のカバーなど、工芸品のような308とは一線をきす、異なる空間となった。
a0129711_17131098.jpg
スポーツカーは美しくならないというエンツォの言葉は今も308には息ずいている。

  by cavallino-cars | 2015-02-24 17:03 | Comments(0)

ready for board

a0129711_12555922.jpg
船積みのためハノーバーで購入したGTBが無事ハンブルグの港に回送された。
a0129711_12562092.jpg
これからコンテナに載せられ、2月22日発のCosco France という船に載って日本に向かう。
a0129711_12564522.jpg
東京港到着は4月3日予定。
a0129711_12565843.jpg

日本の空の下でこの美しいGTBを見る日が楽しみだ。
a0129711_12572110.jpg

  by cavallino-cars | 2015-02-21 12:57 | Comments(0)

modena の Maserati Merak

a0129711_1633115.jpg
ホワイトのgt4を譲り受けたモデナの店に美しいマセラッティ メラクがあった。
a0129711_1635336.jpg
この頃のデザインは何時間みていても飽きのこない美しさがある。
a0129711_1641323.jpg
エンジンはオーバーホール済みとのこと。
a0129711_1643366.jpg
車重は1451kgと208gt4の1305kgに対し146kgも思い。動力性能ではフェラーリにはかなり劣る。
スポーツカーというよりはGTカーに近い。
a0129711_1645483.jpg
自分でステアリングを握り、実際に運転したことはないので何ともいえないが、ドライブフィールはおそらく北米仕様のgt4のような感じだろう。しかしながら当時の車には独特の美しさがある。
この時代のデザインは実に素晴らしい。

  by cavallino-cars | 2015-02-19 16:07 | Comments(0)

人生最後に乗りたい車??

仕事柄、古い車はもちろん、新しい様々な車に乗る機会が多い。
最近、雑誌の一度は乗ってみたいとか、人生最後に乗りたい車の特集を見るたびに、なぜ長く乗り続けたい、生涯ガレージにおきたい車の特集がないのか、不思議に思う。

a0129711_15394789.jpg
ラフェラーリやマクラーレンP1は夢の車には違いないだろうが、限られた一握りの人の1台。
発表と同時に各社こぞって特集をくみ、試乗記などをのせるが、実際にそのステアリングを握る人は日本では20人にも満たないだろう。さらにそのポテンシャルを十分に楽しめる方はそのうちのごく僅かだ。

a0129711_15411947.jpg
新しい車を悪く言うつもりはないが、美しさや車との付き合いの楽しさは個人的には断然、旧車が勝る。
a0129711_15415264.jpg
458やマクラーレンのような新しいスーパースポーツは未体験の加速やコーナリングを楽しめるという点では実に魅力溢れる車だ。
a0129711_15433215.jpg
高速をレーシングカーのようなスピードでとばしているとその速さと安定性に技術の進歩を感じる。
しかも真夏のコックピットでも快適にすごせるのはモダンフェラーリの最大の魅力かもしれない。
a0129711_15442080.jpg
しかし私のような50を過ぎた年齢のライフスタイルにはどうもしっくりこない。
a0129711_15445436.jpg
ガレージからアベンタドールに乗り出かける自分と40年前に作られたクラシックフェラーリを運転する自分を想像した時どちらがエレガントだろうか。
a0129711_15452230.jpg
新しい車を追いかける年齢は私としては40代まで。
さらに最近のスポーツカーはカリフォルニアに代表されるように、免許を取得したばかりの女性でも運転できるようになってしまった。

なぜこれほどまでにステアリングを軽くする必要があるのか、テールがスライドするようなハイスピードでコーナーに進入すると軽すぎて修正するのが怖い。
コーンズの営業にお聞きしたところ、ご婦人が乗っても片手でハンドル操作ができるようにメーカーが考えてのことらしい。

今やフェラーリは女性や高齢者にも運転できるような車を作るようになった。今から40年後、カリフォルニアは308のようにエレガントにみえるだろうか。
a0129711_1744166.jpg
a0129711_17462699.jpg
今回、モデナでオリジナルコンディションのgt4を運よく譲っていただくことができた。
a0129711_154721100.jpg
当時の車は美しいばかりか、レーシングスピードで運転してもワクワクするほど楽しい。
a0129711_1549244.jpg
コックピットに座った時の高揚感、高速コーナリング中にアクセルを少しだけ戻した時のノーズがスッとインに入るバランスの良さ、40年前にタイムスリップした気分で、本気でとばせば、とばすほど、この車の素性が全身で感じられる。
a0129711_15502317.jpg
スポーツカーは美しく、速く、そしてコントロール性が良くなければならない。
ナビゲーターがこの速度でコーナーに入って大丈夫だろうかと思えるようなスピードでも、ドライバーが車の挙動をアクセルとステアリングでコントロール出来る楽しさこそがスポーツカーの醍醐味だ。

a0129711_1551167.jpg
もちろんマラネロの門をでてから40年も経過している車なので修復しなければならないところもあるが、それもこの手の車の楽しいところ。
a0129711_1552267.jpg
良いものさえ買えば、オリジナルのパーツを海外のサイトから探したり、塗装に手を加えたりしながら、何年も所有する悦びは格別だ。
a0129711_15523145.jpg
それがイタリアやヨーロッパの国で何年間も走ってきた車なら言うことはない。
a0129711_15535192.jpg
そんな車が自分のガレージにあるだけでワクワクする。
まさに自分だけの珠玉の1台だ。
そんな車と生涯をすごすライフスタイルが私の理想だ。
a0129711_1559471.jpg
gt4と308は長く付き合いたい1台として今でも私のTop 2 にある。
残念ながら50年後に自分の目で確かめることは出来ないだろうが、この2台はますます輝いているに違いない。

  by cavallino-cars | 2015-02-17 16:00 | Comments(3)

アムステルダムの308GTB

a0129711_12425371.jpg
土曜日の朝の便でアムステルダムにある79yの308GTBを見に行った。
a0129711_12402429.jpg
スキポール国際空港から車で45分。
a0129711_12404590.jpg
a0129711_12411349.jpg
途中には風車や運河沿いに建てられた住宅などオランダならではの景色が続く。春になると一面チューリップが咲き乱れるこの国からは以前モナコブルーの308gt4を譲り受けたことがある。
a0129711_12414517.jpg
お昼すぎに目的のGTB のあるガレージに到着。
a0129711_12421737.jpg
Chassis# 27009 のこのGTB は1979年2月16日、39年前の今日から2日後にスイスのチューリッヒのディーラーからデリバリーされた。
a0129711_12435662.jpg
その後一人のオーナーの元で現在まで過ごしてきた。
a0129711_12433318.jpg
クラシケによると元の色はAzzuro 紺のメタリックとなっている。
a0129711_12442775.jpg
現在はRosso 。赤に塗り替えられた。
a0129711_12445180.jpg
譲り受けたFranc氏によると最初は 紺でオーダーしたのだが、途中でオーナーの気が変わり、フェラーリで赤に塗りなおして納車してもらったらしい。
a0129711_12453077.jpg
オリジナルのカンパニョーロのオプションの7.5Jのコンディションは塗りなおしたように美しいままだ。タイヤはクラシケ取得後の2008年に新しいものに交換されている。
a0129711_1246157.jpg
インテリアはすべてオリジナル。
a0129711_12462933.jpg
タンの内装も運転席でさえ傷みがないのはこの車の31868kmという距離計が間違いないことを証明している。
a0129711_12491370.jpg
ドア内張りのポケットには乗り降りの際に靴で傷をつけないように新車時にはられた保護ビニールがいまだにつく。
a0129711_12494355.jpg
エンジンルームをみると良くメインテナンスされていることがわかる。
a0129711_1250917.jpg
タイミングベルトは昨年交換したばかりで、ウォーターホースや左右ガソリンタンクをつなぐフュエルホースも交換してあることがひと目でわかる。
a0129711_12512823.jpg
エンジンフードに取り付けられたルーバーも雨染みなどはまったくみられない。
a0129711_1252357.jpg
ルーフにはられたレザーの状態もすこぶるよい。
マニュアルケースこそないが、新車時の1stオーナーの氏名とデリバリしたスイスのディーラー名の入った保証書、オリジナルキーなども揃う。
a0129711_12534874.jpg
唯一、デリバリ時と異なるのはマフラーで、オリジナルのシングルパイプのものからANSAの4本だしのものに交換されている。
a0129711_12543668.jpg
それに伴い、リヤバンパー下の部分がマフラーのパイプに合わせて加工されている。この部分が気になるが板金工場に相談したところ、嬉しいことにファイバーで作られているためオリジナルに戻すことは可能とのこと。幸運にもオリジナルのシングルパイプがみつかればいうことはない。ステンレス製のものであれば英国でいつでも入手も可能だ。
a0129711_1321292.jpg
フェラーリの認定書のクラシケを取得済みのGTB は現在売り物は唯一このGTBだけ。
a0129711_1364242.jpg
日本でクラシケを申請しても50万円ほどで問題なければ取得できるが、万一コイルがオリジナルでなかったり、社外パーツを組み込んでいたりしたら、それなりの費用を覚悟しなければならない。
a0129711_1371247.jpg
運悪く取得できない車であることも考えられる。その意味でも魅力ある1台。
価格応談。

  by cavallino-cars | 2015-02-17 13:12 | Comments(0)

リストランテ モンタナ

a0129711_2024897.jpg
ランチは以前フィオラバンテ氏と伺ったフイオラノの隣にあるモンタナに。
a0129711_2024327.jpg
レストランの屋根やエントランスの両サイドは雪でいっぱいです。
a0129711_20245354.jpg
数日前に降った雪で道路以外は真っ白だ。フィオラノから聞こえるF1や最新フェラーリのサウンドもそのせいか、本日はお休みのようで静かです。
a0129711_20251555.jpg
まずはパルミジャーノとサラミ、そして手前にあるのがご当地名産のバルサミコ。
パルミジャーノはしっとりとしていて、甘いバルサミコにつけていただくと実に美味。
お酢とは思えない芳醇な甘みはモデナのバルサミコならではだ。
a0129711_20253677.jpg
メインはタリアータ。子牛のような柔らかさでローズマリーの香りがしてこちらもお勧めです。
a0129711_2026566.jpg
a0129711_20262452.jpg
レストラン内はご覧のようにフェラーリ一色。
a0129711_20264054.jpg
デザートはマスカルポーネにシュークリームのチョコレートがけ。
a0129711_20274539.jpg
a0129711_20281119.jpg
ここに来るたびに、フィオラバンテ氏から308を譲り受けた時の素晴らしい時間を思い出す。

  by cavallino-cars | 2015-02-17 11:22 | Comments(0)

聖地modena のDino208gt4

帰国してすぐにモデナの知り合いのディーラーからオリジナルコンディションの208gt4が売り出された。11日から再びイタリアへ向かう。
a0129711_1941399.jpg
いつものようにBritish Airways でロンドン経由でミラノのリナーテ空港に。最近は毎月のようにイタリアに行くためもう国内出張と変わらない気分です。
a0129711_19421298.jpg
何度この空港に降り立ったことだろう。
a0129711_19432912.jpg
空港内のカフェでカプチーノとクロワッサンの軽い朝食をすませ、モデナに向かいます。
a0129711_19442898.jpg
このgt4は1976年3月18日にローマのディーラーからデリバリーされた1オーナーカー。
chassis#は11376 。
a0129711_2033064.jpg
内装はフルオリジナル。
ダッシュボードやメーター、ハンドルなど、どれを見てもすべてがシャキッとしていて、ひと目見ただけでそのコンディションのよさがわかる。
a0129711_19455117.jpg
走行距離は52000km。
39年間一人の愛好家のガレージで過ごしてきた。
75年から80年にかけて作られた208gt4の総生産台数は840台。
そのうちこのような素晴らしい状態のものはごくわずかに違いない。
a0129711_19463491.jpg
新車時のマニュアルケースはもちろん、マニュアル、保証書、
a0129711_1947138.jpg
スペアキーもすべて当時のものが揃う。
75年の発売初期のモデルは座面と背もたれのすべての部分がモケットとなる。左右のサポートがビニールレザーになったのは76年後期のモデルからだ。

ブラウンのモケットの状態は驚くほどよく、以前マントバで譲り受けたシルバーのものと遜色ないほど素晴らしい。
a0129711_2035590.jpg
クラッチペダルの絨毯部分はほとんどの車が擦り切れているのだが、ご覧のようなコンディション。
a0129711_204346.jpg
リヤのマフラーもオリジナルのシングルパイプなのもいい。
前回の出張で見た何台かのgt4とは雲泥の差だ。
a0129711_2075757.jpg
初期型のホィールキャップのつくCROMODORA製のホィールはリムに多少の傷はあるものの、レストアすれば新品のようになる。ホィールキャップにはすべてDino のオリジナルのエンブレムがつくのもいい。
a0129711_19494744.jpg
なんといってもこの車のハイライトは内装の美しさで、これほど当時のままの状態を保っている車は数年に1度、出会えるかどうかのもの。
a0129711_19513243.jpg
革のシートであれば補修も可能だが、このようなモケットのものは一度穴があいたり、切れてしまったものは完璧な補修は不可能なのだ。
a0129711_1951370.jpg
こちらは助手席のフロアマット。40年も経過しているとはにわかに信じがたい。
a0129711_19534047.jpg
メッキ類も傷はなく、美しい状態。フロントウインドウも交換暦もなく、
a0129711_19551590.jpg
リヤのトランクのカーペットも当時のままだ。
a0129711_19584450.jpg
左右フェンダーのウインカーレンズも、
a0129711_1959234.jpg
フロントスペアタイヤセクションもオリジナルのまま。
a0129711_19595886.jpg
助手席前のヒューズボードも焦げて交換してあったり、改造してあるものがほとんどなのに対し、ご覧のように当時のままのコンディションを維持している。
a0129711_1952880.jpg
その場で購入させていただいたのは言うまでもない。
a0129711_2083555.jpg
後でお聞きしたのだが昨日ドイツからこの車を見に来た人がいて、私が買わなければ購入する旨の契約書を書き、今もモデナに泊まって結果を待っているとのこと。パスポートのコピーのついた契約書を見せてくれた。それほどコンディションの良いgt4は少なくなってきているのだろう。
a0129711_2091158.jpg
良い車との出会いは本当に一期一会。このような素晴らしい固体と出会えたことは本当に運がよかった。また1台素晴らしいgt4が日本にやって来る。

  by cavallino-cars | 2015-02-17 11:03 | Comments(0)

Roma のホテル

a0129711_1138207.jpg
今回ローマに滞在したホテルはオスティアとう地区にある空港から20分ほどの海沿いのホテル。
ローマが海のすぐそばというイメージはあまりないが、夏になると大勢のローマっ子でにぎわうビーチがある。
数年前に公開されたウッディアレンの映画のロケ場所でも有名。
そんな海に面したBarcelo Aran Blu というホテルに従兄弟のすすめで滞在した。
a0129711_11383859.jpg
部屋は鏡を多く使い、実際よりもかなり広く感じる。
a0129711_1139092.jpg
石の床はチェックインの時は素足では冷たく感じたものの、ヒーターをいれれば問題ない。
夏はこの方が気持ちいいだろう。
a0129711_11395385.jpg
仕事で使うには清潔なバスルームと寝心地のよいベッドにWifi があれば十分。
a0129711_11404669.jpg
場所がら車がないとこれないのが難点だが、レンタカーがあればお勧めです。
a0129711_11401667.jpg
好き嫌いはあるでしょうが、海好きの私には朝ベランダから海が見える部屋はごきげんです。
価格も驚くほどリーズナブルなので出張には最適です。
まぁ観光でこられる方はやはりチェントロのホテルが一番でしょうけどね。

  by cavallino-cars | 2015-02-10 11:47 | Comments(0)

racing 308

a0129711_117426.jpg
2台の美しいブルーのGTBのあったショップにもう1台の魅力的な308があった。
a0129711_118470.jpg
こちらはファイバーグラスのものをグループ4仕様に改造した車。エンジンも300馬力を超える。
a0129711_1183548.jpg
ワイパーは中央からでるシングルブレード。残念ながらすでに売約済みで、なんと購入された方は308を他に7台所有されているとうから凄い。別荘のガレージにでもしまっておけたら最高だろう。

  by cavallino-cars | 2015-02-10 11:10 | Comments(1)

77yと78yの2台のGTB

ローマからドイツのハノーバーまでは直行便がなく、2時ローマ発の便でイギリスのヒースロー空港に行き、乗り換えてドイツに到着したのは午後の11時。翌日ショップの方がホテルまで迎えに来てくれた。
a0129711_211572.jpg
空港に隣接するホテルから20分ほどの高級住宅地の端にあるショップに入ると2台の濃紺のメタリックのGTBが並ぶ。
a0129711_1103127.jpg
ロンドンに戻る便の出発時間までは6時間もあるのでゆっくり見ることにした。しかし、ひと目みただけで2台とも欲しくなってしまうほどそのコンディションは素晴らしいものだった。
a0129711_1105587.jpg
一度でも弊社のショールームに並ぶ車をご覧いただいた方ならご理解いただけるかと思うが、弊社で仕上げた車と同じレベルのもの。
a0129711_1115083.jpg
船からおろし、通関して港から直接ショールームに入れられるほどのコンディション。
a0129711_1125527.jpg
ブルーのメタリックとクリームの内装のなんと美しいことか。
写真では実車の美しさはお伝えできないほどだ。
a0129711_1134669.jpg
1台は以前ブログで紹介させていただいたパドバのディーラーであっという間に売れてしまい、私が買い損ねた車そのものだった。
a0129711_114761.jpg
まだ学生の頃、環八にならぶアルファのスパイダーを何度も見に行って欲しいと思った頃を思い出す。欲しくて欲しくてたまらなく、明日になったら他の誰かにかわれてしまうのではないかという不安を毎日いだきながら、現金を工面して買った時と同じ気持ちになっていた。
a0129711_115412.jpg
即決できなかったのはその価格。前日年末にブログで紹介したベルギーのシルバーのファイバーグラスが3200万円で現地で売れた。それを考えると妥当な値段なのだろう。
a0129711_1173029.jpg
何時間みていても飽きない美しさと甘美なまでのドライブフィールは実際にそのステアリングを握ったものでないとわからない。
a0129711_1175984.jpg
この欲しいというどうにもならない衝動こそが価格の高騰につながっているのかもしれない。
今30万ユーロで売られているBBや246Dino の素晴らしいコンディションのものが15万ユーロだったとしても個人的に購入しようとは思わないが、この308は見れば見るほど魅せられてしまう。
a0129711_11843.jpg
それほど魅力的なのだ。
どうしても手元においておきたいという衝動を抑えきれなくなるほどの車に出会えたことは奇跡のようなこと。
a0129711_1461231.jpg
これほどまでに美しいと思える308こそ自分だけの1台にするのにふさわしいものはない。
78年の45000kmの1台を譲ってもらうことにした。

a0129711_1282565.jpg
a0129711_127193.jpg
オーナーの社長室の裏にはオーナー自身のコレクションが並ぶ。
a0129711_127246.jpg
a0129711_1274332.jpg
a0129711_127586.jpg

驚くことにミケロットで製作されたオスカーララウリのドライブした348そのものがあった。
内装はモケットの特別仕様。348チャレンジでレースをしていた私には是非ともサーキットで乗ってみたい1台。
a0129711_1385279.jpg
自分だけの1台という意味では今回のブルーの308GTBもかわらない。
77年から80年までの4年間に作られた総生産台数2185台のスチールボディの308GTBのうち欧州仕様はおおよそ半数ぐらいだろう。前期モデルはその3分の2としてもこの色はほんの僅かな台数にちがいない。
a0129711_1381282.jpg
これだけのコンディションのものは次にマーケットにでてくるのはいつになるかわからない。
入港は4月予定。
a0129711_2102395.jpg
嗜好にもよるだろうが最高の1台にちがいない。

  by cavallino-cars | 2015-02-10 02:07 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE