<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

アルファから見る初桜 

a0129711_18144852.jpg
来月山中湖に納車になる82年アルファロメオ1600スパイダーベローチェのキャブ調整を含む整備が終了し、最終チェックのために土曜に首都高に持ち出した。東京は今年で最も春らしい日。
a0129711_18162444.jpg
春の日差しをあびてのフルオープンでのドライビングはそれだけで心が弾む。
左肘を窓を降ろした運転席のドアにかけてのドライビングはクラシックならでは。
現代の車は安全基準の変更によりドアは肩がすっかりかくれるまで高くなってしまったからだ。
a0129711_1817991.jpg
この緩い感じのドライビングポジションが都内やリゾート地を運転するには実に心地いい。
レイパーカーJrやEagles などの80年代の曲の入ったカセットテープをこの車のラジオにセットすれば当時にワープするようだ。
乗り降りは普通のセダンに乗るのと同じくらい簡単だし、コックピットスペースも充分に広い。
この1600スパイダーの後部座席には小さなボストンバッグなら2個置けるほどのスペースもある。
さらにリヤにはキャディバッグを2個つめるほどの大容量のトランクさえ備えている。
a0129711_1818050.jpg
アルファ伝統のツインカム4気筒のエンジンは高速に入ると俄然本来のスポーツカーとしての本領を発揮する。
乾いたアルファサウンドは風の音をかきわけてドライバーを刺激する。
a0129711_18184388.jpg
3速や4速で回る高速コーナーはフェラーリ308ほどのソリッドさこそないが、初期型の1300スパイダーのボートを操縦しているようなふわふわとした感覚はなく、スポーツカーそのもの。

基本的にアンダーステアのハンドリングはアクセルでノーズをコントロールすることさえ出来るほど安定している。

4輪ディスクブレーキの効きも実に信頼性があり、安心して飛ばせる大きな一因。
古いオープンカー特有のコーナーでボディがねじれ、ダッシュボードがミシミシ軋むようなこともない。
a0129711_18223480.jpg
軽くトップエンドまで吹け上がるエンジンはこれぞアルファ!! と叫びたくなるほど気持ちいい。
a0129711_18385137.jpg
ドライバーの正面左右のメッキ枠のスピードメーターとタコメーターは視認性も良く、今の液晶で数字が浮き出るものとは一線をきす、かっこよさだ。
ガソリンメーター、水温計、油温計などの小さなメーターがドライバーシート側にオフセトされているのもドライバーをその気にさせる。
a0129711_18192711.jpg
ウッドのステアリングや斜めにつきでたシフトノブもこの美しいスパイダーをより魅力的にしている。
a0129711_1820832.jpg
フロントマスクはDino246を髣髴とさせる可愛らしさ。
a0129711_18325292.jpg
サイドのボディラインはピニンファリーナらしい美しさとエレガントさだ。
a0129711_18204210.jpg
このスパイダーはイタリアの資産家お二人に乗り継がれて来た。当時は日本では伊藤忠オートが輸入元で国内には右ハンドルの2000CCのみが輸入された。この1600スパイダーはその意味でも貴重な1台といえる。
a0129711_18211944.jpg
日本でのこの車の3人目となるオーナーにも34年間過ごしてきたイタリアと同じように美しい景色と素敵な思い出を数多くもたらしてくれることだろう。
個人的に今、オープンカーで何が欲しいと聞かれたなら、アルファスパイダーと即答する。
それほどイタリアからやってきたこのアルファとのランデブーは胸が震えるほど感動的だった。
出来る事ならこのキーは自宅においておきたい。

Viva Alfa !!

平成26年3月29日
桜の咲く頃に。

  by cavallino-cars | 2014-03-30 18:41 | Comments(0)

自分だけの1台をお届けするために

a0129711_17214039.jpg
いつも海外から車を購入する時の判断基準は万一売れなくとも自分で乗ろうと思えるかどうかだ。
308に関しては4年前に初めてスコットランドで魅せられて以来、何十台もの車を見てきた。
まさに玉石混淆で、素晴らしい状態のものから、一目見て帰ってきたものまでそのコンディションは様々だ。
そんななかで私が輸入するのはオリジナル度が高く、磨けば必ず光ると確信したものだけ。
今回の208gt4も同じ。
a0129711_17252213.jpg
日本に来てイタリアで見た時にテープで隠された傷を板金。
a0129711_17251535.jpg
ボディサイドのBERTONEのエンブレムを新しいものにつけかえ、ホィールをレストアしたものに交換。
a0129711_1729848.jpg
購入時には欠損していたマフラーカバーはローマでたまたま見つけ、手荷物で持ち帰り、装着した。
a0129711_17294472.jpg
これだけでリヤビューはきりっと引き締る。ローマに従姉妹がいなければ決して手に入らなかったパーツだ。
世界中にネットで検索してもなかったもの。
a0129711_172550100.jpg
メッキの左ドアハンドルの根元のリングは購入時にはなかった。本来はプラスティック製だが、ボルボ製のドアライトのラバー製リングを加工して取り付けた。良く見なければ違いがわからない。
a0129711_17262391.jpg
こちらがプラスティック製のオリジナル。
a0129711_1727347.jpg
割れていたナンバー灯のレンズカバーもご覧のようにレストア。
a0129711_1728277.jpg
本来はオリジナルに変えたいところだが、オリジナルがないのでレストアしたのだ。あの状態ではフェラーリと呼ぶにはあまりに寂しい。
a0129711_17373991.jpg
タイミングベルト交換をすませ、キャブ調整をしたこの2リッターのgt4は本国にあった時とは比べられないほどのコンディションに蘇った。
40年前にラインオフされたこの美しいgt4が元気に日本の道を走ることが奇跡のようにも思える。
これからも多くの方に胸踊る様な一台をお届けしていきたい。

  by cavallino-cars | 2014-03-28 17:38 | Comments(0)

エンジン調整

a0129711_21501173.jpg
キャブレターの308ほどエンジン調整がきちんとされているものとそうでないものの差が歴然とするものはないだろう。今回関西に納車されるこのブルーのgt4のキャブ調整をベテランメカニックにきてもらい行った。
ご予約いただいたM氏が来店された時もそこそこ調子はよかったのだが、やはり本当のこの車の気持ちよさを知っていただくためにはきちんと整備したものを乗るしかない。
a0129711_0523098.jpg
プラグを外すとなんとNGKの新しいものがついていた。点検した結果、点火時期も左右のバンクはばらばらで、キャブのセッティングも完璧とはいえない状態だった。
a0129711_0532391.jpg
友人の中谷明彦氏がF1に行くかどうかの時にヨーロッパに同行したコックススピード出身のメカニックO氏のセッティングは完璧で中速、高速でのレスポンスが飛躍的に向上した。
やはりフェラーリはエンジンが命。完璧にセットアップされたエンジンの気持ちよさを一度でも味わってしまったら、魅せられずにはいられない。これほど気持ち良く回るエンジンを私は他に知らない。
a0129711_054274.jpg
US仕様や日本仕様のエンジンとは比べられないほどのレスポンスのよさが欧州仕様の最大の魅力だ。
それにしても208gt4の小ぶりのファンネルの可愛らしさは別格で、美しくもある。

a0129711_21522913.jpg
エンジンの気持ちよさがフェラーリの真髄。私見であるが、アクセル全開で叫びたくなる衝動にかられるのはフェラーリだけだ。

  by cavallino-cars | 2014-03-26 01:03 | Comments(0)

76y Dino208gt4

a0129711_23541052.jpg
イタリアから輸入した76年の208gt4が今日マテックスのクリーニング作業が完了した。
a0129711_2354506.jpg
10月初旬に現車をイタリアで確認後、15日にオーナーに送金。
a0129711_23552345.jpg
現地から英国に陸送し、日本に到着したのが1月、その後タイミングベルト交換を含むフル整備を行い、板金工場で補修をし、予備検を2月に受けるが、オリジナルの現地での登録書類がそろわず、最終的に予備検がとれたのが今月初旬となった。
a0129711_23555957.jpg
本来の美しさを取り戻したgt4を見ると日本に持ち帰ってきたことを本当に嬉しく思う。
今回は新しいオーナーの希望によりショックを交換し、クラッチペダルが格段に軽くなる油圧クラッチを取り付けてからの納車となる。すべての作業が完了するのは4月初旬になるだろう。
a0129711_23563334.jpg
黒とのツートンのgt4は今回が初めて。塗装の補修をして分かったが、黒い部分はラインにいたるまでカッティングシートではなく、塗装なのだ。このブルーのgt4ほど黒とのツートンが似合う車もないのではなかろうか。
何時間みていても飽きることがない美しさだ。
a0129711_2357471.jpg
日本での新たなオーナーは関西にお住まいのエンスージアストで、他にもランチアのモンテカルロを所有。ブログで紹介させていただいた昨年の10月末には予約金をお振込みいただいた。今月初旬に現車を確認いただき正式に契約。
同じコンディションのクラシックフェラーリはない。日本に、いや世界に1台だけのgt4を持つ喜びは格別だ。

  by cavallino-cars | 2014-03-25 00:02 | Comments(0)

DINOF106AL08532

a0129711_17262389.jpg
先月ドイツのEmmendingenから譲り受けた初期型308gt4が先週の金曜に無事にトラックに積み込まれた。来週には船に乗せるためにコンテナに入れられる。
a0129711_17271272.jpg
約束どうり、16インチのホィールは14インチのものに交換されより当時の車ならではのいい雰囲気をかもしだす。
a0129711_17273988.jpg
ホィールセンターのキャップは跳ね馬ではなく、Dino のものをつけたいので年式を証明する登録書類とともに送ってもらうことにした。初期型のgt4のオーナーなら何としてもつけたいはずだ。
a0129711_17281789.jpg
その書類とトラック積み込み時に間に合わなかった
a0129711_17284985.jpg
オリジナルのホィールボルトとあわせて本日発送してくれたとのメールが来た。
16インチのホィールの装着ボルトと異なるため、数本が見つからずに新たに取り寄せてくれたとのこと。
a0129711_1729146.jpg
4月末には東京港に入港することだろう。
1年ほど前から初期型をお探しのお客様からこのgt4はすでにご予約済み。

英国の大洪水と天候不良により、船の予定が大幅に遅れ、1月に購入したシルバーのgt4とGTBターボの入港も4月にずれこんでしまった。

桜の咲く頃には3台の美しいV8フェラーリがやってくる。

  by cavallino-cars | 2014-03-13 17:33 | Comments(0)

ウインカーが点かない!!

a0129711_2337397.jpg
308を運転していてウインカーが点かなくなったことがあった。
a0129711_2339512.jpg
方向指示器が作動しないと想像以上に他の車に対して自分の行く方向を知らせられないため、危険を感じます。
a0129711_23383510.jpg
その時はまずハザードスイッチをつけてみる。
a0129711_23392835.jpg
きちんと作動する場合はステアリングコラムスイッチの接点不良が考えられる。この作業を行っただけでウインカーが復活する場合もあります。
ウインカーレバーの付け根部分にCRCなどの接点復活剤をスプレーしてみましょう。
a0129711_23395964.jpg
ウインカーとハザードは同じリレーを使用しているためこの方法で確認できます。
上の写真は308GTBの助手席前にある基盤。
左上の黒いボックスがウインカーリレー。リレー裏の端子は左右と下の3つのもの。
a0129711_2349464.jpg
ウインカーとハザードどちらも作動しない場合は16Aのフューズかリレー、ヘッドライトをつけてウインカーをつけるとカチカチカチと作動が速くなる場合はどこかのバルブがきれているか、リレー不良。
覚えておくと、自分で修理することも可能です。
知識があれば、危険を回避できる上、わざわざ工場まで持ち込む時間も省ける。さらに余計な出費もせずにすむ。何より、愛車のメカを知ることでより308との付き合いが楽しくなります。
a0129711_23484362.jpg
こんな些細なこともクラシックの魅力です。

  by cavallino-cars | 2014-03-03 23:53 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE