<   2012年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

なんとも贅沢な気分転換です。

先週の木曜日、gt4のお客様から午後から船に乗りに来ませんかとお誘いを受けた。
飛行機には年に何度も乗るが、船で海に出るのは何年ぶりだろう。
a0129711_9575167.jpg
マリーナに着くとgt4がすでに停まっている。

3年ほど前は何台もあったコンディションのよいgt4だが、最近はどこにいってもがっかりするものばかりで、このような程度のいいいものに出会う機会がほとんどなくなってしまった。

桟橋をわたるとオーナー夫婦が笑顔で待っていてくれた。
a0129711_9583873.jpg
船はフランス製のFountaine Pajot Highland35 という日本では珍しいカタマランだ。
のんびりクルーズするには最適な船で燃費もよく満タンで1200kmも航行できる。

a0129711_9592429.jpg
日本にもこんなに船を楽しんでいる人がいるのかと驚くほどのヨットやクルーザーが並ぶ。
ランボルギーニミウラや250LMがうじゃうじゃとまっているような光景に日本はまだまだ元気な人がたくさんいるなぁと思いました。

a0129711_10226100.jpg
2時から出航して、海ほたるの風の塔方面に向かう。途中陽が翳ってきたので、陽がさす羽田空港方面に方向転換。
a0129711_1025999.jpg
驚くことに操船はマリーナからずっと奥様が行っていた。

a0129711_104423.jpg
まだ走ったことのないゲートブリッジは橋の下から初体験。
a0129711_1010768.jpg
多少荒れていましたが海好きの私には揺れるくらいがちょうどよいクルージングで久しぶりにのんびりできました。

a0129711_10552.jpg
サンセットは午後の5時。それにあわせてマリーナに戻ります。
a0129711_1054185.jpg
以前フェラーリクラブの方でリーバを買って沖でエンジンがかからなくなった話をおもいだし、トラブルはありませんでしたかとオーナーにお聞きした。

a0129711_1020438.jpg
一度ステアリングがはずれ、スロットルだけで帰港したことがあったとおっしゃってました。船はワイヤーが効かなくなったり、オイルが抜けたり信じられないトラブルがおきるとのこと。

マリンスポーツも優雅にみえてそれなりの経験がないと海にはでれません。

a0129711_1062339.jpg
船から見る夕日の何と美しいことか。
写真では伝えきれないものがあります。
a0129711_1072051.jpg
こうしてみるとマリーナデルレイにいるような錯覚におちいってしまう。

数時間でしたが本当に楽しい時間をすごせました。
まだ船が波をきり、揺れる心地よい感覚が残っています。
海はいいですね。
お誘いいただき、感謝いたします。
ありがとうございました。

Grazie Mille.

  by cavallino-cars | 2012-10-31 19:45 | Comments(0)

308gt4 chassis#14500

a0129711_1020479.jpg
2010年1月28日午後3時。
私はロンドンから車で1時間半ほどのEssex のCoggeshall road, braintreeにある個人宅にいた。

このchassis#14500のgt4を見に来たのだ。

上の写真は2年前のその時のもの。

帰国後2月5日金曜にオーナーの希望額で購入する意思をつたえ送金のため先方の口座の確認をし、月曜に送金する予定だった。

ところが翌土曜日の夕方、本日午後3時に英国にて売却したとのメールが届いた。
その理不尽さに驚いた。どんなに騒いでも売られてしまったものは仕方ない。
次のオーナーが売るときは是非声をかけてほしいので連絡先を渡して下さいとメールした。

a0129711_2131220.jpg
あれから2年半、なんと新しいオーナーから私に譲ってくれるとの連絡があった。

1979年2月に英国の Ferrari Dealer 、Emblem of Blandford から 1st オーナーにデリバリされたこの車は1984年12月、26400mile で 2nd オーナーに譲られる。なんとそれから24年間その方が所有。
a0129711_212264.jpg
その後、2008年に私がお会いした Essex にお住まいの L 氏が購入。

そして2010年2月に現在のオーナーが買われた。

a0129711_10241429.jpg
当時きれていた運転席のサンバイザーもきれいに修復されている。
a0129711_10502175.jpg
こんな細かいところからも今のオーナーのこのgt4に対する愛情を感じることが出来る。

購入してすぐにカムベルトの交換を含む整備をおこなったが、最初の数ヶ月はトラブルが続いたという。
ブレーキを踏むと片効きし、ハンドルがとられ、オイルパンからはオイルが微量だが漏れた。
キャリパーとオイルパンを新しいものに交換して問題は解決したらしい。

a0129711_2141997.jpg
2010年の夏にはフェラーリの純正オプションのquick rack というハイレシオのステアリングギヤをつけた。
パーキング時にはノーマルより少しハンドルは重くなるが、高速での操縦性がはるかによくなったという。
これは私も初耳で東京にきてから実際に乗ってみてインプレッションを皆様にお伝えしようと思う。

a0129711_2144745.jpg
2011年にはリアタイヤを入れ替えた。ミシュランのXWX は英国では日本より高価で、
1本なんと£365。
日本円に換算すると47000円もする。その他デスビキャプとローターアームも新品に交換。

a0129711_2154063.jpg
2012年夏にはスイスまで奥様とドライブに行った。その際、ホィールベアリングから異音がし、ベアリング交換。その他フュエルポンプやドライブシャフトのブーツも交換したらしい。
スイスの山道を駈け抜けているこのgt4を想像するだけでもわくわくしてしまう。

今のオーナーは私がもう少しで2年前に買うはずだったことをご存知で、購入から130万円ほどメンテナンスに費用をかけているので、当時より状態はかなりよくなっているよとおっしゃていた。

a0129711_222533.jpg
私が見た時にはなかったキルスイッチもバッテリーの端子につけられている。

11月の初旬にはこのgt4も日本行きの船に乗るだろう。
a0129711_2164888.jpg
純正のサンルーフの装備されたgt4は初めて輸入することになる。
a0129711_2185135.jpg
トランクルームには美しい状態を維持したオリジナルのカーペットが張られる。
a0129711_2201148.jpg
工具は言うに及ばず、マニュアルやマニュアルケース、
a0129711_2204671.jpg
過去の整備記録など、すべて揃う貴重な1台だ。

本来なら3年前に日本にくるはずだったこのgt4がやっとやってくる。
5人目のオーナーが決まるのは2013年になることだろう。
もちろん日本人としてはファーストオーナーになる。

また英国人に愛されてきた素晴らしいgt4が1台日本の道を走ることになる。

  by cavallino-cars | 2012-10-30 13:01 | Comments(0)

トラブル

a0129711_2035110.jpg
先日納車したファイバーの308だが、250kmほど走ったら左リヤからダンボールをこするような音がし始めたというトラブルがあった。

メカにみせたところ、リヤの左側のハブベアリングから音がでていることが判明。

新しいベアリングに交換したら見事に音がしなくなった。
そのかわり金属がこすれるような小さな音が聞こえ始めた。
シフトギヤをミッションケースにつなぐチェンジシャフトシールの小さなナットのがただ。
3000回転あたりでしか聞こえないが、一度気になりだすとどうにもこうにも我慢ができない。

a0129711_2051419.jpg
本来の胸のすくような加速感とあのフェラーリサウンドが楽しめないのは耐え難い。

早速英国にそのパーツとチェンジシャフトシール、オイルパンのガスケット、ミッションケースのガスケットをオーダーした。明日現地を発送してくれるとのこと。
金曜には手元にくるはずだ。
ちなみに今回のトラブルは弊社の負担で修理します。
基本的に古い車なのでノンクレームですが、ハブベアリングのガタは音が出始めないとわからない。
納車前にでていれば当然修理して納めるため、納車直後のこういったトラブルはクレーム扱いにしています。

a0129711_2054985.jpg
それにしても調子のいいキャブの308のエンジンのスムーズさとパワフルさには驚くばかりだ。
今日メカニックとともに試乗して音の原因を確かめながらその素晴らしさを再認識した。
36年前に作られたF106というコードネームをもつこのV8エンジンは驚くほど軽くトップエンドまで回る。

調整されたキャブレターの308ほど官能的なものはない。
この感覚は乗ってみなければわからない。

  by cavallino-cars | 2012-10-29 20:17 | Comments(0)

208gt4 Southampton に

a0129711_190794.jpg
今月12日に英国から購入した208gt4が昨日の午後、無事トラックに乗せられ、出向地Southampton港まで回送された。

a0129711_1902850.jpg
現在お二人の方からお問合せをいただいているこのgt4は75yの初期モデル。

a0129711_1916424.jpg
東京についたら跳ね馬にかえられたフロントエンブレムと
a0129711_19173698.jpg
ホーンボタンはDinoのオリジナルのものに戻す予定。
a0129711_19183994.jpg
すでにパーツは手元にある。

a0129711_1905117.jpg
12月初旬には他の3台とともに大井埠頭に入港することだろう。

年末が待ち遠しい。

  by cavallino-cars | 2012-10-26 19:20 | Comments(0)

Dino is back!

1998年にミラノからやってきたこの246のオリジナルカラーはライトブルーメタリックだった。
内装はシートにドアパネル、バックパネルともすべてビニール製のオリジナルだった。

a0129711_1612362.jpg
以前個人的に所有していたルーフの外れる246gtsのエンジンも調子良かったが、それをしのぐほどエンジン、ミッションも快調そのもの。その年に行われたラフェスタミレミリアに出場。何の問題もなく1600kmを完走した。

この車は自分で生涯もとうと考え、レストアにかかることにした。
a0129711_16162112.jpg
マフラーは当時はまだ新品のANSAが手に入ったので交換し、内装も革に張り替える。左右のマフラーの中央に見えるバックライトも新品だ。
a0129711_16141761.jpg
ダッシュボードはあえてオリジナルではなく、質感のよいピッグスキンに張り替えた。シートは個人的に座面が低い方が好みのためスポンジは少なめにしてある。
a0129711_1626775.jpg
センターの丸い穴はオリジナルのものを使用。

a0129711_16194151.jpg
ルーフと左右のピラーのみはオリジナルだ。

フロアマットも作り直したが、足をおくビニール部分はオリジナルをカットして再使用している。

a0129711_16123354.jpg
一番こだわったのが塗装だ。オリジナルより少しだけ濃い赤にした。サイドステップ下は本来は黒なのだが、肌もボディと同じつるっとしたものにし、ボディと同色に塗った。塗装だけで400万円くらいはした記憶がある。

a0129711_18575868.jpg
フロントウインドウは新品に交換、ウインドウのゴムももちろん新しいものに交換した。
a0129711_16134471.jpg
その他、テールレンズやレンズのクロームメッキリム、ドア周りのゴムなどすべて手に入る新品パーツをとりよせ交換した。
バンパーはすべて再メッキしなおした。リヤバンパー内側にあるナンバー灯の入った部分のメッキはなかなか引き受けてくれる工場がなく苦労した思い出がある。

塗装は1度塗ったが希望の色がでず、再度やり直している。
12年以上経った今でもその美しさは色あせていない。

a0129711_16164638.jpg
a0129711_1617137.jpg
シートベルトはKLIPPAN社製のオリジナルがつく。
a0129711_16172859.jpg
今のようなカチッとはまるキャッチではなく、飛行機のベルトと同じタイプのものが当時の純正だ。

ほとんどのDinoはワンタッチのものに代えられている。オリジナルを交換しなければならないほど荒れていたのだろうか?それを考えると交換している246を買うのはかなり勇気がいる決断だ。

a0129711_1621485.jpg
当時はドアを開けた時につく赤いライトや、
a0129711_1622136.jpg
フェンダーについた黄色のウインカーライトも新品が手に入ったので新しくした。

a0129711_16225580.jpg
ドアミラーもオリジナルがつく

a0129711_16185613.jpg
10月の第2週にホィールのレストアが終了した時点で10年ぶりに弊社に帰ってきた。
a0129711_16232172.jpg
ギヤの入りにくいものやボートのハンドルを操作しているようなふわふわしたハンドリングのものが多いなか、この車はそれらの246とは一線をきす。

a0129711_1618257.jpg
軽いボディ、クイックなステアリング、間髪をいれぬアクセルレスポンス、そして美しいボディ。

これこそがDinoと呼ぶにふさわしい1台だ。
高速を走るドライバーの耳に飛び込んでくるV6サウンドの何と美しい音か。
このDinoの鍵は乗れば乗るほど手渡したくなくなってしまう。

  by cavallino-cars | 2012-10-19 16:38 | Comments(0)

chassis #14476

a0129711_1341771.jpg
今年の7月ベルギーから譲り受けたシルバーのgt4が10月15日に無事大井埠頭で通関がきれた。
a0129711_134487.jpg
私が出張中のため、代わりに社員が引き取りに行き、今回はキャリアカーで工場まで回送する。

a0129711_1351369.jpg
この車も現地ベルギーで多くの問合せがあったが、いち早く駆けつけたおかげで日本に持ち帰ることが出来た。それほどよいgt4がマーケットにでることガ少なくなってきてしまった。

a0129711_1353159.jpg
ベルギーでついていたナンバーの穴埋めのため板金工場に入庫させる。
来週末には作業が終了し、マテックスにクリーニングのため入庫予定だ。

a0129711_1372029.jpg
すでに仮契約が結ばれているこの車はそのお客様に現車を確認していただき、正式に再契約をさせていただくことになる。

また1台、ヨーロッパを走り続けてきた美しいgt4が日本の道を走ることになると思うと実に嬉しい。

  by cavallino-cars | 2012-10-19 13:08 | Comments(0)

Torino のfiberglass

a0129711_1058343.jpg
10月13日土曜日、朝7:40BA0564便でMilano リナーテ空港に向かう。
定刻どうり10:35に到着。
a0129711_1163359.jpg
まずはいつものように空港内のBARでカフェをいただく。
a0129711_1182876.jpg
この美味しいエスプレッソをいただくとイタリアに来た実感がわきます。

Hertz で車を借りTorino へ向かう。前回来た時にブレーキの引きずりがあったので治してから港に運ぶ約束になっていたため、ついでに確認に行くことにした。

ミラノからトリノまで約2時間。
a0129711_11101967.jpg
途中高速を疾走するAlfa romeo SZ を見かけた。
a0129711_11103447.jpg
ドライバーは若いセニョリーナだ。トリノには午後の1時に到着した。

a0129711_11183483.jpg
早速試乗して確認することに。
a0129711_11252644.jpg
ブレーキの引きずりが完全になおっているのを確認して、終了。
a0129711_11244260.jpg
今週には英国で手配したトラックが引き取りに来る。今年の12月はGTBturbo, 2台のfiberglass,英国からの208gt4 と4台のV8 Ferrari が入港する。2012年の年末は忙しくなりそうです。

  by cavallino-cars | 2012-10-18 11:42 | Comments(0)

308gt4 in Derbyshire

Essex のパーツショップでヨークの中古のエアコンのコンプレッサーやカレロのワイパーブレード、レンズ類を購入した後、今回のもう1台のgt4をDerbyshire に見に行く。

ロンドンから南に2時間ほど上がったところだ。
現地に着いたのは午後の4時。まだ日が明るい。
a0129711_19142520.jpg
試乗前に早速写真をとりながら各部をチェックしていく。

a0129711_1915747.jpg
90年に560万円ほどかけてレストアを行ったという。
塗装はもちろん新しく塗りなおされ、内装もすべて張替え済みだ。
a0129711_1917729.jpg
何と言っても紺にインテリアのオフホワイトが美しい。

シートベルトのキャッチまで新型のものに交換されていた。フロアマットはオリジナルは踵にあたる部分には縦にステッチが入る革がはられるが、この固体は一枚革がはられている。

a0129711_19204391.jpg
エンジンルームのリヤシートよりの壁にはBBやDaytona にはられる断熱材がつけられている。

a0129711_19212566.jpg
マフラーは当時のオリジナルだ。リヤトランクの内張りの絨毯もオリジナルははがされ、フロアマットで使用された新しいものに張り替えられていた。

こんなに美しいgt4だが、オリジナルの部分がすくなすぎる。決定的なことはフロントのウインドウフレームの正面からみて右側の端に隙間があいてしまっていることだ。
a0129711_19252987.jpg
フロントウインドウのステッカーが貼ってある下のメッキのコーナーが離れているのがわかりますか?

おそらくレストアを担当したショップがウインドウを交換してモールを付け直した際、窓の下側をしっかり押さえなかったためにモールが浮いてしまい、本来ぴったりつくはずのものが数ミリ離れてしまったのだろう。

この手のレストアはかかった費用ではなく、その質が問題だ。
このカラーリングは非常に魅力的だが、一つこういうのが見つかると購入してからいくつもの問題点がみつかるのを経験的に知っている。

その後試乗をしてエンジンが調子いいことやミッションに何の問題がないことでかなり迷った。

結局迷ったあげく、今回は購入を見合わせることにした。
おそらく英国のgt4ファンの方が購入することになるだろう。
それほどこのカラーリングは魅力的だった。
このショップはかなり信頼できる。ここでレストアをしたなら何の問題もなかっただろう。
これから一月ほどかけて仕上げていく予定だという。
万一それまで買い手がつかなければ、もう一度訪ねてみたいと思う。

今夜はヒースロー空港のターミナル5にあるSOFITELホテルに泊まり、明日の7:30発のBA564便でミラノに向かう。

  by cavallino-cars | 2012-10-17 19:40 | Comments(0)

monaco からの208gt4

先週の木曜、11日に急遽ロンドンに向かうことに。
航空会社はいつものBritish airways。 
成田10:55発のBA6便にのり、ロンドンヒースローエアポートには定刻どうり15:10に到着した。
ロンドンの天候は雨。気温は14度。マフラーをしている人がいるほど寒い。

翌日の12日朝6時にホテルを出発し、170kmほど北にあるKent に向かう。
英国の日の出は遅く、朝の6時はまだ真っ暗だ。
約2時間のドライブ。昨日にくらべ雨はだいぶ小降りになった。

a0129711_19161327.jpg
今回の目的は75y Dino208gt4 。
モナコに10年以上あった車だが、オーナーが英国に帰国するため持ち帰ってきた。

a0129711_19171676.jpg
オリジナルのカラーはシルバーだが、モンテカルロで黄色に塗り替えたという。
その際にフロントグリルはスポットライトが左右につく308gt4のものに交換されている。
オリジナルにこだわりがある私だが、個人的にはこちらの方を好む。
フロントのエンブレムもその時にDinoから跳ね馬に付け替えられた。

a0129711_1918810.jpg
トランクルームの絨毯はブルー。シルバーに標準のカラーだ。
ちなみに黄色がオリジナルカラーの場合はベージュのカーペットになる。

a0129711_19185953.jpg
エンジンルームはホースやホースバンドも新しくされており、リザーブタンクも新しい。
a0129711_19194325.jpg
よくメンテナンスがされているのがひと目でわかる。

a0129711_19245962.jpg
朝の雨はすっかり上がり、テストドライブに出かける。
イタリアのマントバで購入した208gt4を日本で納車したばかりなのでそのドライブフィールは体が覚えている。マフラーもオリジナルのシングルパイプのため排気音は同じ乾いた音がする。

2速、3速と水温計をみながら回転をあげていく。それにしても英国の田舎道は美しい。
水温計が90度に上がったのを確認し、エンジンを6000回転まで回す。このサウンドはフェラーリならではだ。モナコのカジノコーナーやミラボーを走ったに違いないこのgt4は実に素晴らしいコンディションで、そのヒストリーがさらにその価値をあげている。

a0129711_19263634.jpg
このコックピットからみたモナコのGPコースはどのように見えたのだろう。

a0129711_1928054.jpg
トランクフードにもFerrari のエンブレムではなくDino208gt4 のものがつくのが好ましい。

ホイールのセンターキャップが跳ね馬のものに変えられているのが残念だったが、なんとオーナーがオリジナルは別に所有しており、そちらも譲っていただけることになった。
a0129711_1931513.jpg
今では手に入らない貴重なものだ。

前回の英国は車さえ見れなかったが、今回は対応してくれたMatt もとても紳士的で車も素晴らしい。

a0129711_19525926.jpg
それにしてもいつ乗っても調子のいいこのV8engine はなんと官能的なことか。
いつもながらずっと走り続けていきたい衝動にかられる。

試乗を終えた時には購入を決めていた。
a0129711_19385450.jpg
カムベルトの交換を含む基本整備はここ英国のKent の工場で行うことにした。工場内にはリフトに乗ったミウラや250などもある。
2週間ほどで整備は終了予定だ。東京への入港予定は12月初旬。

11時に208gt4の商談を終え、Essex のパーツショップにむかう。
a0129711_19451073.jpg
空はご覧のように快晴。昨日の雨が嘘のようです。
a0129711_19454754.jpg
車から見た英国郊外の風景はこんな様子。

  by cavallino-cars | 2012-10-16 19:53 | Comments(0)

308GTB on the road

a0129711_21344794.jpg
今日久しぶりに308GTBで首都高を走る。街中を走るだけではこの車の素晴らしさは半分もわからない。

やはりスポーツカーはアクセル全開で走れる道でこそ、その本来の性能を発揮する。
5000回転を超えたあたりからのエンジン音の素晴らしさ、シフトアップしてアクセルを床まで踏みつけるたびに蹴飛ばされるようなシャープな加速、回転をあわせてダウンシフトをする時のギヤレバーがシフトゲートに吸い込まれるように入った時の気持ちよさ、数え上げたらきりがない。

a0129711_21573499.jpg
アクセルを少し戻しコーナーに入って行くときのなんと楽しいことか。
コーナーリング中にアンダーステアが強くノーズが外へふくらんでいく時は、アクセルを踏む足を少しだけ緩めるだけでノーズは20cmほどインを向く。4速5000回転でのダンスはスポーツカーならではの醍醐味にあふれている。

公道でアクセルコントロールで車の方向を変える楽しさは458や599ではかなりのリスクと緊張を伴うが、308では簡単だ。

モダンカーに比べ、限界が低いだけじゃないの?と言われればそれまでだが、スポーツカーとは車をコントロールする楽しさ、運転して楽しい車の総称だ。その意味で308はまさにスポーツカーそのものだ。

a0129711_21581391.jpg
30年以上前に作られたこの美しいベルリネッタを滑らせながら運転する楽しさは体験したものでなければわからない。
毛穴が開き、うぶ毛が逆立つような感覚、叫びたくなるような衝動にかられる。
一度でもレーシングスピードで運転すれば私の言っていることが理解できるはずだ。


エレガントさとスポーツ性を併せ持つ素晴らしい車だ。

  by cavallino-cars | 2012-10-06 22:03 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE