<   2012年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

ブッシュ交換

a0129711_11432826.jpg
フェラーリクラシケの申請をすませたファイバーグラスの308GTBがやっとディーラーのコーンズから帰ってきた。
a0129711_12242447.jpg
申請のための整備とマラネロからたびかさねて要求される、細かい写真を撮っておくるのに半年近くかかった。
a0129711_1227076.jpg
後はマラネロからの返事待ち。

a0129711_11425824.jpg
納車前にロードテストをかねて最終の点検をする。
クラシケの申請にはエンジンはもちろん、足回りの写真も何十枚も添付する。
a0129711_1275459.jpg
そのためブッシュも傷んだものは新しくする必要があり、交換したのだ。
a0129711_1261246.jpg
ブッシュを交換した効果は一般道では少ししゃきっとしたかなくらいの感じだったが、高速に入ると一変する。
コーナーリング中の車の挙動がよりステアリングに伝わってくるのがわかる。
a0129711_1265617.jpg
a0129711_1271438.jpg
何よりもブッシュの遊びがなくなった分だけロールが抑えられ、レーシングカーに近い、カートのような乗り味に変わる。前後のスタビライザーのブッシュを交換したことも大きく影響しているにちがいない。

a0129711_12232399.jpg
今回は通関した時に左リヤハブからゴンゴンという異音がでていたため、ハブベアリングも交換。念のため左右とも新しいものをつけた。
コーンズから戻ってきた後はその音も消え、キーンという心地よいエンジン音だけでコックピットは満たされる。
36年前のこの車であることを忘れてしまいそうだ。

但しブッシュを新しくしたことによりショックのやれが際立ってしまったようだ。
新品のショックに交換すれば更にしなやかな走りができるようになるにちがいない。


a0129711_12355764.jpg
少しずつ直しながら違いを体感できるのもクラシックの楽しいところ。

週末には日本での新しいオーナーのガレージに向かう。
イタリヤの道を走り続けた308は来週からは東京を元気に走ることになる。

a0129711_12342154.jpg
驚くなかれこの固体は左リヤフェンダー以外は当時のラッカーペイントのまま。素晴らしいコンディション。
a0129711_12521429.jpg
そのことはイタリヤ発行のASI にも記載される。

宝石のような1台だ。

下はイタリヤのオーナーのガレージ内でのショットと故郷、Pavia の風景。
a0129711_1240369.jpg
a0129711_12411573.jpg
a0129711_12433360.jpg

  by cavallino-cars | 2012-03-29 12:30 | Comments(0)

original へのこだわり

Denmark から譲っていただいたgt4 のオーナーから2ケ月ほど前にもう一台初期型をもっているので購入しないかとのオファーをいただいた。

2年ほど前に再塗装をして私が輸入したものより、良い状態とのこと。
すぐに写真を送っていただくようお願いした。

結論からいうといくつか気になるところがあり、丁寧にお断りした。
最近、現地で売却されたようだ。
買主の方がこのブログを読まれることはないと思うのでその理由を公表します。

a0129711_1447484.jpg
まずはトランクの内装が張り替えてあること。
a0129711_14585533.jpg
オリジナルは上の写真のような麻のような生地でトランクフードの裏にも同じものが貼られる。よほどのことがない限り、まず張り替えることは考えられないので弊社では基本的にはオリジナル以外の生地が使われているものは購入しない。

a0129711_1521839.jpg
シートベルトの巻き込みリールはリヤシート左右のポケットに入っているのがオリジナル。
a0129711_14483579.jpg
この車のようにリールが外にでているものは基本的にはない。

a0129711_14552356.jpg
ウインドウウォッシャータンクは当時はビニール製のバッグ。上の写真の左下の青いものがそうだ。ちなみに初期型のgt4はキャップはアルミ製のものがつく。
a0129711_145602.jpg
オファーのあったgt4についていたのは写真のようなプラスティック製のタンク。

車台番号はエンジンルームの後ろから見て右側のフレームに打刻される。
a0129711_14504391.jpg
写真は弊社が輸入したもの。はっきりと文字が読み取れる。

a0129711_14485312.jpg
それに対しこの75yのgt4はなぜかフレームが削られ、再打刻されたように見える。
本来はDINO F106AL の後に車台番号が打刻される。
なぜここだけを削る必要があったかは不明だ。

ひとつおかしなところがあるると手元に来た時にはいくつもの首をかしげる箇所を発見するのがこの手の車の怖いところ。経験上、間違いなくこの手の車を買うと後悔する。

私にとっては何十台のうちの1台ですが、購入された方にとっては大切な1台となる車。
納得できないものは購入しない。

つまらないこだわりかもしれないが、今まで自分が乗りたくなるような308だけを輸入してきた。
そのポリシーは今後も変わらない。

  by cavallino-cars | 2012-03-27 15:15 | Comments(2)

sold out

a0129711_11114463.jpg
a0129711_10495856.jpg
在庫の308gt4 が今月すべて売約になってしまった。
a0129711_10503860.jpg
デンマークからのブルーのものと英国からの2台の計3台。
この車のよさを理解される方が増えたことは実に喜ばしいことだ。

a0129711_10513696.jpg
特にスコットランドのSantoni 氏から譲っていただいたgt4 はこの車のよさを再認識させてくれた思い出深い車だ。雨のスコットランドをSantoni 氏が4輪ドリフトさせながらコーナリングしたことを昨日のことのように想いだす。

a0129711_10521251.jpg
東京に入港してから、この車への強い思い入れは変わることなく、ボディの塗装、内装のレストア、油圧クラッチ、キセノンヘッドライト、リモコンロック、i-pod コネクター等、普段出来るだけ気軽に乗れるような装備をつけ、今年の2月で3年間をともに過ごした。

登録前のgt4の商談のために何人もの方に助手席にお乗りいただき、私が英国で乗った時と同じ感動を与えてきたこの車は来月からは新たなオーナーの元に行くことになる。

大切にこのgt4を受け継いでくれる方ができたことは喜ばしいことだが、この先もずっと所有し続けようと思い始めた時期だっただけに、手元からなくなることへの寂しさもある。

今さらながらに自分のgt4 に対する想いの強さに驚くほどだ。

a0129711_1053899.jpg
最後に残ったデンマークからの1台を会社から買取、自分で乗ろうとも考えたが、こちらもその翌週、成約となった。30年以上前に作られたこれらの車は過去のオーナーがそれぞれ異なるように、外装も内装も1台、1台違う。それがまたクラシックの楽しいところかもしれない。

世界中を探しても同じものはない、自分だけの1台。
そんな車に少しずつ手を入れて長くともに過ごす生活は素晴らしい。
イタリヤの工芸品のようなClassic Ferrari のある生活はモダンカーでは得られない楽しさに溢れている。

a0129711_1113629.jpg
30年以上の時をへて、新たにオーナーになる方はステアリングの細さや、グリップの柔らかさ、アクセルレスポンスの鋭さやキャブ独特な音などに魅せられるに違いない。
現代の車にはない繊細なボディデザインやインテリアも使えば使うほど良さがわかるはず。
ウインドウ回りのメッキのコントラストのなんと美しいことか。
こんな車はもう決して作れない。
趣味の車として gt4 は実にエレガントな1台だ。

今月ヨーロッパに出かけた時も本気で欲しくなるgt4 は1台もなかった。
程度のよいものは3年前に比べ、極端に少なくなっている。

あせらず良いものとの出会いを待つことは大切。
きっとまた素晴らしい出会いがある。

  by cavallino-cars | 2012-03-24 11:07 | Comments(0)

chassis# 13498

a0129711_15295651.jpg
デンマークからやってきたgt4の広告用の写真を撮るため乗りだした。

暖まるまでは少しぐずついていたエンジンは水温が80度になるころにはすっかり機嫌がよくなり、トップエンドまで淀みなく回る。

a0129711_15321550.jpg
gt4 のコックピットはGTB より広く、シートは座面は高いが、沈み込むタイプでドライバーを包み込んでくれる。個人的見解だが、そのポジションはGTB にまさる。

a0129711_1532416.jpg
2000回転からストレスなくトップエンドまで回るF106 というコードネームで呼ばれるこのV8エンジンはトルクフルでその気になれば3速2000回転からも信じられない加速をする。細身のステアリングを握り、このエンジンを奏でるだけでモダンフェラーリにはない素晴らしい世界を体感できる。

1977年モデルのこのgt4 は35年も経過しているとはとても思えないほどのコンディション。

このキャブレター独特のフィーリングは乗ってみなければわからない。

a0129711_15303557.jpg
ボディの先端はドライバーからは見えない。

a0129711_15312440.jpg
しかしヘッドライトをポップアップすればおおよその車幅と先端はわかる。

a0129711_15442494.jpg
このころのFerrari はスタイリング、音、臭い、インテリアなど実に官能的だ。

  by cavallino-cars | 2012-03-20 15:44 | Comments(0)

BA first

今回の出張で、自分で欲しくなってしまった308 がある。

まだブログにはアップしていないが、ファイバーモデルの308だ。
オーナーから正式に売っていただけるかまだわからない。
現在交渉中だ。

ローマのフミチーノ空港からロンドンのヒースロー空港まで行き、成田行きのBAに乗り換えての帰国。
まぁこんなこともあると自分を納得させながらも経費だけを無駄に使ったようで気分はあまりさえません。

もっとも中途半端なものを買ってくるよりははるかにましだ。
仕事もプライベートも、気分をいかに切り替えるかが、人生を楽しくすごすポイント。

ターミナル5から電車でCゲートに行き、Boading pass を渡すとファーストにアップグレードさせていただきますがよろしいですかとのこと。

よろしくないわけがない。

初めてのBA First class なのでご報告を。

席は01K。最前列の右端です。
a0129711_19343436.jpg


a0129711_1936589.jpg
ジャケットはハンガースタンドが収納されたボックスがコンパートメントにあるのでそこにかけます。
a0129711_19363039.jpg


右前には窓が2個。手前のコントローラーでブランドを下げることも出来ます。
a0129711_19382118.jpg


白ワインはシャルドネ。こちらも美味。
ナッツもあたたかい。
横にあるブルーのものは食事のメニューです。後ろのブラインドを下げたのがわかりますか?
a0129711_19404241.jpg


こちらは前菜のパテ。
a0129711_19413771.jpg

バターもクルクルしているホテルのフレンチレストラン風。
パンも何種類も用意してあり、好きなものを選べます。

和風の前菜をChoice。
a0129711_19441776.jpg


サラダはビネガードレッシングで。赤はボルドーのシャトーカノンをいただきました。
ブルゴーニュはボルネイだった気がします。
a0129711_19452440.jpg


メインはステーキを選びました。サイドのソースのかかっているのはオマール海老です。
他には魚料理と和食もチョイスできます。

a0129711_19473499.jpg


ドルチェ(デザート)に、
a0129711_19482080.jpg


ミルクティー。紅茶はなんとポットでサーブされます。
さすがファーストクラス!
それにしてもトレイが大きい。気がつきましたか?エコノミーの3倍くらいはあります。
お水の右下の茶色のものはチョコレート。
箱に入ったものから好きなもをいただけます。

a0129711_19502876.jpg


こちらはSleep suit。キャビンアテンダントさんに何ですか?とお聞きしたらパジャマでした。
a0129711_1952646.jpg


こちらに着替えて就寝すればスーツで搭乗してもパンツやワイシャツの皺を気にすることもありません。

圧巻だったのは食後の就寝タイム。
フルフラットにしたシートにまずマットレスを敷いて、掛け布団をかけ、枕もリネンのカバーのついたものを用意してくれます。もちろんベッド?メークはキャビンアテンダントさんがしてくれました。
a0129711_19553722.jpg
足元になぜシートベルトがあるのかを聞いてみたらゲストが座ってもいいようにですとのこと。
a0129711_19561139.jpg
a0129711_19563329.jpg


快適この上ないです。
ちなみに東京ーロンドン往復のファーストクラスのお値段は103万円。
今年の運をすべて使ってしまったようで少し不安。

  by cavallino-cars | 2012-03-16 20:20 | Comments(2)

運転免許証

私はアメリカの免許証と日本の免許証を持っています。
以前は海外でレンタカーを借りるために必ず鮫洲の試験場で毎年、国際免許を申請して、持って行きました。

米国の免許を取得してからは国際免許がなくても、米国免許でどこでも車が借りられます。
海外では日本の免許の漢字が読めないので本人確認ができません。
だから国際免許が必要になるわけです。

ちなみにアメリカの免許には生年月日、身長、体重、目の色、髪の毛の色、性別、免許の有効期限が記載されています。もちろん顔写真もついてます。
しかも有効期限は7年間と長い。

日本の免許も英語記載になれば、世界中どこでも使用できます。
しかも国際免許の申請窓口もなくなり、人員もカットでき経費も削減できる。
なんといっても利用する私たちの時間と経費の削減になります。

日本はいいところもたくさんありますが、不便なところも多いのが現実。
その不便なところを少しずつなくして、より暮らしやすい国にするにはどうすればいいのでしょうか。

本籍表示などなくして英語表示にしてくれれば、日本の免許も世界中で使えるようになります。
誰か一人くらい本気で免許を英語表示にしてくれる政治家はいないものでしょうかね。

役員給与カットなど中小企業では数日で出来ることが何年かかっても出来ない政府には無理かもしれない。

  by cavallino-cars | 2012-03-15 20:56 | Comments(2)

Hertz #1 Club Gold

今回、レンタカーはすべて Hertz を利用。
アメリカやヨーロッパの出張ではいつも利用するのでクラブゴールドに入会しています。

東京で予約した時点ではミラノもローマもマニュアルしかなかった。
出発の前日に予約しているのだから仕方ないと諦めていました。
ところが、ローマフミチーノ空港に用意されていたのはVolvo のV60 のAuto matic のステーションワゴン。なんとアップグレードしてくれておりました。

見た車4台のうちすべて買って帰る気になれないものばり。
気分が沈んでいる私には唯一のGood News です。

a0129711_20405874.jpg


Club Gold は本当に海外では便利です。
おすすめです。

a0129711_19381951.jpg


しかもディーゼルなので経済的。アウトストラーダを走ってもポルシェにひけをとらないほどこれがまた速い。

a0129711_19392227.jpg


こちらではディーゼルターボが主流なのが理解できます。
上はTeramo の castel nuovo から Roma までの帰り道の Autostrada の長いトンネルです。

a0129711_19384085.jpg


シートも長時間の運転でも疲れません。デザインもかっこいい。
座面のデザインが少しAudi ににていませんか。

唯一、気に入らないのはステアリングの太さだ。

男の私でさえグリップできないほどなので女性にはしっかり握るのはかなりの負担になるはずだ。

いくら操作が軽くなったとはいえ運転しずらいにちがいない。

そういえば出張前に乗ったZ4 Mクーペのステアリングも太かった。
これが時流なのかもしれないが、どうも私にはしっくりこない。

今回の出張でただ1台欲しい308がありましたが、帰国後の今も商談中。
正式に契約がすみ、買うことができましたらご報告いたします。

それにしてもコンディションのよい308はこちらでも少なくなってきています。
特にgt4 は今回はオファーさえありませんでした。
すべてタイミングです。

きっとそのうち、ヨーロッパのどこかに大切にされている1台に出会う日がまたくるでしょう。
明日か、1ケ月後か、半年後になるかもしれませんが、出来るだけ素晴らしいコンディションのフェラーリを日本に持って来たいと思います。

  by cavallino-cars | 2012-03-15 20:03 | Comments(0)

もう1台のファイバーグラス

a0129711_12192612.jpg


ブルーの308を見た後、赤のファイバーグラスを見る。
ガレージからエンジンをかけ、外にだす。
エンジンは調子がよさそうだ。

a0129711_1258107.jpg


こちらは本当にがっかりしてしまった。
これからはファイバーグラスの購入時の注意点を伝授いたします。

a0129711_12232559.jpg


まずはシングルカットマフラーかどうかの確認。
シングルパイプのものがオリジナル。
4パイプのものに交換してあるものがほとんどだが、個人的にはやはりオリジナルがほしいところです。
バンパーにリバースライトが埋め込まれているどうかも確認します。

a0129711_12244122.jpg


次にフロントウインドウがオリジナルかどうか。
フロントウインドウにステッカーがついているものはオリジナル。但しこの固体のように文字が消えて読めなくなっているものは初めてみた。

下が綺麗な状態のもの。フロントウインドウは飛び石などで交換されているものもある。
このステッカーはオリジナルウインドウの証。あった方がより好ましい。

a0129711_1528473.jpg


それ以外は飛び石の確認。ひびが入っていたりすると交換しないと日本国内で登録できない場合があるので注意。フロントガラスの交換は40万近い出費となる。

a0129711_12275232.jpg


テールレンズはクラックがあるかどうかも確認。
ファイバーの黄色のレンズは貴重だ。

今ならまだ新しいものが手に入るかもしれない。

a0129711_1229141.jpg


レンズとボディの間の黒い枠も割れたり、傷がないかを確認する。
ファイバーの黒い枠はスチールの308のものとはステーの位置が違う。
このパーツは世界的に欠品中。

a0129711_12532121.jpg


写真を良く見ると割れた所に透明なシーリングがしてあるのがわかります。
ステーに何らかの負荷がかかって折れてしまったのかもしれません。
たとえ割れていてもきちんと固定されていればよいのですが、ははまっているだけのものもあるので必ずまわしてみてしっかり固定されているかを確認します。

a0129711_12513134.jpg


通常ルーフの内張りは一枚の革で貼られている。このように切れらているものはない。
下がオリジナル。

a0129711_1531712.jpg


この段階でテンションがいっきに下がってしまいました。

a0129711_12333557.jpg
コーナーにも細かい穴は開いていない。

a0129711_12341346.jpg


エンジンフードのファイバーの状態も確認。このようにファイバー繊維がぼろぼろになっているものは問題です。

a0129711_12352898.jpg


これは助手席のサイドステップの後部。シーリングがされていない。クラックが入っており、フレームが錆びる原因になりかねない。こんな処理をしている工場に出していること自体問題です。
ステップに座ってみたら隙間から水がでてきてズボンが濡れてしまいました。

通常は写真のようにきちんとシーリング処理がされ、水の浸入を防げるようになっている。

a0129711_1532427.jpg


他にも駆動系を含めたくさんありますが、ここでは省略。
オーナーにとっては自慢の1台かもしれませんが知らないということは怖ろしい。
知っていて騙そうとしているのならもっと怖い。
しかも価格も高い。
まぁどんなに安くてもこの手の車は買う気にはなれません。
目をつぶれるところとつぶれないところがあります。

直せばいいかもしれませんが、やはりオリジナルのものが信用できます。
というわけで期待してきたこのファイバーもうちで売れる車の基準に達せず。

a0129711_12552658.jpg


ぱっと見はいいんですけどね。

  by cavallino-cars | 2012-03-14 13:02 | Comments(0)

italia のガソリン代

a0129711_19564690.jpg
日本で会社の近くのスタンドではハイオクは 1L 154 円。ここイタリアでは 1.795 ユーロ。1ユーロを 108 円として計算すると1Lなんと193 円もしました。

どこの国も財政危機になると国民に細かく税金という名目で負担をしてくるのですね。
それにしても高いと思いませんか?イタリヤでもプリウスを良く見かけるわけがわかりました。

こちらのスタンドでは車をとめ、ノズルを上げて給油後、自分の機械の番号を店内のキャッシャーに申告して支払う。アメリカのように最初にキャッシャーに給油機の番号をいい、満タンにしたいのだけれどと言ってデポジットを多めに渡して、後で清算するタイプではありません。
それだけ治安もいいともいえます。

但し市内や空港近くのスタンドは8時過ぎはキャッシャーの窓口はしまってしまい無人になってしまうのでクレジットカードは使用できません。給油マシンの脇にクレジットカードを受け付ける機械もありますが、こちらも8時過ぎは使用できません。

キャッシュオンリー!。

しかも使用できるのは20ユーロまで。20ユーロいれて10ユーロ分しか給油できなくてもおつりはでません。ご注意下さい。

現金で入れる場合は5ユーロ、10ユーロ、20ユーロ札を持って行った方がよいでしょう。満タンにするには車にもよりますが、100ユーロはないと不安です。

市内のスタンドはノズルにガソリンがべたべたついていて汚いものが多い。
出来るだけアウトストラーダのスタンドで入れるのが懸命です。

  by cavallino-cars | 2012-03-13 20:17 | Comments(0)

Teramo の308

ローマからアウトストラーダで約2時間のテラモのCastelnuovo Vomano という小さな街にスチールとファイバーの2台の308を見に行く。

a0129711_18243164.jpg
雪の残る高速道路をとうり、指定された番地に着くとGramenzi Motors という工場だった。中には驚いたことにフェラーリのツールドフランスや250Caloifornia, Lusso などが整備の順番を待っている。オーナーのEnrico氏はメカニックでイタリア語しか話せない。息子のAntonio が英語が堪能なので通訳をお願いしてさっそくモナコブルーの308を見せてもらう。
a0129711_18284.jpg
この車の魅力はなんといってもこのカラーリングだ。 
a0129711_1823968.jpg


a0129711_1842639.jpg
シートはオリジナル。予想していたよりコンディションはいい。
a0129711_18355724.jpg
当時の最初のオーナーの名前が記載された保証書もそろう。
a0129711_1845434.jpg
助手席のドアパネルの物入れには新車の時についていたカバーがまだつけられている。
a0129711_1917215.jpg
タイヤは220 55VR390 のTRX がつく。あのFioravanti 氏の308と同じものだ。
Enrico さんにテストドライブをしないかと言われkey を受け取る。
ショックが古く突き上げが激しい。左のパワーウインドウが作動しない。エアコンは正常に作動。ハザードはつくが、ウインカーがつかない。これらはすべて修理は問題なく出来るだろう。
5000回転以上エンジンをまわすと少し咳き込むがこれもキャブ調整でなおる範囲だ。
a0129711_18124038.jpg

フロントウインドウにはTreviso で見たGTS に貼ってあったものと同じステッカーがつく。フロントウインドウもオリジナルだ。
a0129711_18163758.jpg
フロントスポイラーはオリジナルはボディと同じつるっとした肌なのにこの車はアンダーコートがしてあるようなブツブツの肌になっている。これも塗装をしなおせばいい。このままでもいいくらいだ。

a0129711_18261410.jpg
最大の問題はトリップメーターが動かないことだ。試乗前と試乗後の数字が変わっていない。308のメーターは電気式で小さなチップがだめになっているケースがほとんど。新しいメーターはもちろん、古いメーターでさえ手に入れることは難しい。Enrico 氏に捜してもらい、手配ができたらもう一度検討することにした。
a0129711_183094.jpg
仕事で308の販売をしていなければ、買っていたかもしれない。
a0129711_1839352.jpg
それほどこのモナコブルーの色は魅力的なのだ。

  by cavallino-cars | 2012-03-13 18:39 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE