<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

Ferrari に求めるものは?

仕事がら最新のフェラーリに乗る機会も多い。
クラシックフェラーリから458やカリフォリニア、599などに乗り換えるとその技術進歩の素晴らしさ、速さ、快適性には驚きをかくせない。中でもニューモデルがでるたびにF1マチックの進歩の素晴らしさには日進月歩のテクノロジーのすごさを感じてしまう。458と355のF1を乗り比べればその差は歴然で355が自動車部の学生が作ったもののように思えるほどだ。

快適性とスピードを求める方には間違いなくモダンフェラーリをおすすめする。オートマ免許さえあれば女性でも異次元のスピードを体感できる。

a0129711_1450058.jpg
エレガントさと自分だけの1台を求める方にはクラシックをすすめする。最近モンテゼモロ氏が発表されたテーラーメードプラグラムなどを使わずにオンリー1の1台になる。そもそもロードカーをF1と同じカラーリングにしたり、無意味な革のエンジンフードストラップなどをつけること自体がエレガントさとは程遠い。Enzo が生きていたらあんなプログラムはあえて作らなかったにちがいない。

ボディにセンターストライプをいれた308はみたことがない。いれずとも十分美しく、いれてしまうとオーナー自体の品格をも疑われるからだろう。オリジナルが一番美しいのだ。

a0129711_14515398.jpg
70年代の車はF1も含めて実に美しい。
快適性からいえばモダンフェラーリにはかなわないが、エレガントさは一歩もひけをとらないばかりか、勝る。
最近のフェラーリはアイドリングでも排気音は大きすぎで、デートナのようなミュージックと呼べるようなものはなくなってしまった。レーシングカーに近いサウンドだ。

かといって、汗まみれでクラシックを運転するのはエレガントとは言いがたく、その意味でもエアコンは必需品。
フェラーリを雨の日も、風の日も、毎日、乗られる方はいないだろう。
天気の良い休日にドライブに行くていどだ。
毎日が休日のような恵まれた方もいらっしゃるだろうが、普通の方は月に8日ほど。
異次元の加速とブレーキングを楽しめるモダンフェラーリか、マニュアルのクラシックを選ぶか、どちらのキーを持ってガレージに行きたいだろうか。

a0129711_14585861.jpg
私のもう一度欲しい車はF40 だが、最近、休日はゴルフ場に行くことがほとんど。しかもたまに隣にゲストを乗せることもあるので、現実的な理想のフェラーリはgt4なのであります。
ラゲージスペースの大きなディトナも候補にあったが、夏はエアコンをつけても、ハンドルポストからエンジンルームの熱気が直接ドライバーを襲い、その熱波にはとても耐えられない。ブレーキの効かなさも普段乗るにはかなり抵抗がある。

412もスタイリングが好きで、毎日の足として使用していたこともあった。基本的にヘビー級なのでその運動性能はスポーツカーとはほどとおく、維持費もかかる。シルバーと白の2台をのったが、もう買うことはないだろう。

a0129711_14581738.jpg
私のフェラーに求めるものはコックピットに座った時の高揚感につきる。
アクセルのオン、オフによる挙動変化、自分がこの車をコントロールしているという実感、ハンドルを握った時の質感、丸いシフトノブのグリップ感と切られたゲートに沿ったシフトフィール。
独特な匂いと美しいエクステリアにインテリア。
それに気持ちよく回るエンジンだ。
その意味でもgt4はすべてを満足させてくれる。

モダンフェラーリに座るとその限界の高さに挑戦するようなレースモードに入ってしまう。
極端かもしれないがゆっくり走っている時はレース前のサーキットでのウォームアップの感覚に似ている。低速ではフェラーリならではのアイデンティティーは感じられない。
レーストラックのように高速を駆け抜ける時の快感はまさにフェラーリならではの素晴らしさで、自分がアロンソかマッサになったような気分なのだ。それは一種の麻薬のようなもので、アクセルを踏まずにはいられなくなってしまう。

a0129711_1453134.jpg
クラシックはエンジンをかける時からモダンフェラーリとは全く異なる。
セルを回し、エンジンに火が入ったところでアクセルを踏みガソリンをキャブに送り込みいっきにかける。水温、油温が上がるにつれ、スムーズなアイドリングになっていく。
高速でもキーンというギヤ音を聞きながら、エンジンに異常がないかを確認し、初めてレブリミットまでエンジンを回すのだ。30年以上前の美術品のような車を全開で走らせると当時にタイムスリップしたようだ。手が汗ばむほど飛ばしても、3000回転ほどでゆっくり走りながら金属的なフェラーリサウンドを聞きながら巡航してもニヤついてしまうほど素晴らしい。
この楽しさは実際にステアリングを握ってみないとわからない。

a0129711_1455442.jpg
ABS やトラクションコントロールなどのつかないクラシックはドライバーの技量によりその限界は大幅に異なる。その美しさに秘められた危うさも魅力なのだ。
F40 はまさにその典型であれほど運転して楽しい車にいまだに出会っていない。

モダンフェラーリのシートにジーンズの生地を使用したり、カラーリングをレーシングカーのようにして自分だけの1台を作るのも楽しいかもしれないが、古く、美しいクラシックフェラーリは同じコンディションのものはなく、それだけで自分だけの1台になる。クラシックは特別な魅力に溢れている。

  by cavallino-cars | 2012-01-21 15:00 | Comments(0)

gt4 がやってくる

a0129711_17444755.jpg
今月25日に予定どうり、デンマークからのgt4を載せた船が東京湾に入港する。
接岸は27日。通関は2月1日になる予定だ。

フェラーリというと赤が定番だが、gt4のシャープなラインが強調される紺にもかなり惹かれてしまう。
a0129711_1746839.jpg
まだユーロが140円くらいの頃ドイツまで見に行ったこの紺のgt4が再び売られることになった。上の写真は当時のもの。
a0129711_19341856.jpg

a0129711_17475185.jpg
6年以上前に見た車そのものだ。走行46000km。1976年モデル。

a0129711_17463696.jpg
この外装と内装の組み合わせが好きだったが、当時は今ほどgt4に魅せられてはいなかったのと、日本に輸入しても800万ほどになるため買うのをやめた。今回は手頃な価格になったのでご興味ある方はご連絡下さい。
a0129711_1936466.jpg


a0129711_1747216.jpg
こうしてみてみると革のシートとは違ったよさがある。
a0129711_19335518.jpg
a0129711_17493190.jpg

一期一会。良いものに出会っても買わない人がいる。手に入れようか迷っているうちに他に売れてしまうこともある。クラシックカーに限らず、中古車は本当に一期一会だ。そこがこの手の車の面白いところかもしれない。
a0129711_19363188.jpg

  by cavallino-cars | 2012-01-20 17:52 | Comments(2)

Ferrari Classiche

a0129711_1448264.jpg
昨年Pavia から輸入したファイバーグラスの308 が Ferrari Classiche を取得するためCORNES に入庫中だ。
審査はかなりきびしく、足回りの写真を撮って送る際、ブッシュ類も交換しないと認められない。
a0129711_1502811.jpg
今回はショックはもちろん、フロントやリヤのAアームの付け根のブッシュも交換することにした。

a0129711_1457915.jpg
a0129711_14564430.jpg
36年前の車だけにブッシュの痛みは写真のとうり。
a0129711_14582572.jpg
a0129711_145856.jpg
フロントのブッシュ交換は終わり、あとはリヤを待つのみ。
左リヤのハブベアリングからゴロゴロと嫌な音がでていたので左右とも交換。
a0129711_14531071.jpg
エアコンコンプレッサー回りは写真のようにとても36年前の車とは思えぬほどのきれいさだ。

a0129711_14533979.jpg
スタビライザーのブッシュももちろん交換済み。
a0129711_14544095.jpg
新品のブッシュを組み込んだ308を乗るのは初めてなのでどれほどハンドリングが変わるか今から楽しみでしかたない。今月中には組み付けが終わり、アライメントを取り直し、試乗ができるようになる。

はたしてどれほど変わるのか、写真の傷んだブッシュを見る限り、かなりソリッドな感じになるにちがいない。

  by cavallino-cars | 2012-01-19 15:02 | Comments(0)

308 オリジナルカタログ とじこみ

昨日ご紹介させていただいた308の豪華なカタログの中に1枚だけGTB のカタログがとじこんである。
a0129711_17924100.jpg
フロントウインドウピラーの上部に切れ込みがるのはファイバーグラスのしるし。メインのカタログの写真もGTB はすべてファイバーボディだ。
a0129711_1795889.jpg
裏面のシャーシの明細には車重1090kgと記載されている。

ご覧いただいたようにGTS は赤、GTB はシルバーがカタログに使用されている。
メインカタログのGTB は今回、フランスはアルザス地方から譲り受けたGTBと全く同じシルバーにタンの内装の組み合わせ。来月末に上陸予定の308がますます待ち遠しくなってきた。

  by cavallino-cars | 2012-01-13 17:22 | Comments(0)

308GTB/GTS オリジナルカタログ

今日ヨーロッパの友人から308の当時のオリジナルカタログが届いた。
ご覧になった方も少ないと思いますので全ページご紹介させていただきます。
a0129711_13361937.jpg
a0129711_13363878.jpg
a0129711_13365827.jpg
a0129711_13372386.jpg
a0129711_13374283.jpg
a0129711_1338060.jpg
a0129711_1338225.jpg
a0129711_1339781.jpg
a0129711_13392474.jpg
a0129711_13394517.jpg
a0129711_1340883.jpg
a0129711_13402813.jpg
a0129711_13454311.jpg
a0129711_1346655.jpg
a0129711_13463380.jpg
a0129711_13465329.jpg
a0129711_1347165.jpg
a0129711_13475795.jpg
a0129711_13481939.jpg
a0129711_13484216.jpg
a0129711_1349493.jpg
a0129711_13492390.jpg

湖の写真はコモ湖だろうか。
エンジンとシャーシーの項目に日本語での説明があるのが興味深い。

  by cavallino-cars | 2012-01-12 14:01 | Comments(1)

gt4 on the winter road

a0129711_13164953.jpg
先週末久しぶりにgt4ででかけた。
a0129711_13241430.jpg
早いもので今年の2月でスコットランドで衝動買いしたこのgt4は初めての車検の時期となる。約1年間は内外装のレストアのため工場に入庫していたので実質2年間になる。エンジンは絶好調で英国で乗った時と同じ感動を毎回与えてくれる。

a0129711_13172166.jpg
油温計はドライサンプのGTB に対しウエットサンプのため外気温6度ほどでも水温と同じ70度くらいまでは上昇する。
a0129711_13182061.jpg
GTB にくらべ圧倒的に広い室内は若干着座位置が高くスポーツカーらしさには欠けるが圧迫感がない。特にリヤシートはこの時期、脱いだコートやジャケットを置くのに非常に便利で、助手席にゲストを乗せた時もスポーツカー的なタイト感はあるが、不便さは感じない。

a0129711_13211999.jpg
GTB は一人で乗るのには最高だが、助手席に誰かが座るとなるとラゲージスペースは室内にはないに等しい。
a0129711_13201955.jpg
リヤにトランクはあるが、いちいちトランクにコート類をいれるためにエンジンフードをあけるのも無粋なので助手席の方にかかえてもらうことになってしまう。
ピュアスポーツカーとして楽しむにはGTB はこれ以上ない車だが、日常の足としてはgt4がはるかに使いがってはよい。そこがgt4の大きな魅力のひとつだ。

  by cavallino-cars | 2012-01-12 13:29 | Comments(0)

日本??

a0129711_21201434.jpg
昨年末、ローマから輸入したgt4の日本での新しいオーナーが決まり納車させていただいた。

実は以前フランスから譲リ受けたGTB をご購入いただいたお客さんからご紹介いただいた方。
趣味は時計と靴。お二人ともロロピアーナをさりげなく着こなすイタリヤラバー。

今日、年末の走り納めの写真をメールでいただいた。
私が輸入した308の初のランデブーピクチャーにうれしくなり、ブログにアップさせていただきました。

上の写真だけを見ているとロンドンで撮影したようにも見える。
パーキングメーターがなければ日本とは思えない。

a0129711_21205552.jpg
ローマとパリで走っていた gt4 と GTB がツーショットで写っている写真を見ると不思議な感じがする。
出会うはずのない2台がヨーロッパから遠く離れた東京で並んでとまっている。
それにしてもこの写真を見ていると時代がタイムスリップしたようだ。

a0129711_21212780.jpg
458 と California の2ショットではこのエレガントさはでないだろう。
何人もの通行人を魅了したにちがいない。

このブラウンのgt4のオーナーは歴代のポルシェを乗り継ぎ、GT2も所有していたことがある。
そんな方が255馬力しかない?、キャブのgt4 をいたく気に入っており、出来ることなら70年代に戻って、新車を買いたいとおっしゃていると友人のGTBオーナーからお聞きした。

同じ価値観を持っている方にお乗りいただき、これほど嬉しいことはありません。
明日は私もgt4をガレージからだしてみようと思う。

Grazie!!

  by cavallino-cars | 2012-01-08 21:35 | Comments(3)

新年のお墓参り

毎年、新年は青山にある父の墓参りに行く。
去年の出来事と今年の抱負を報告する。

父が他界して早いもので今年で14年にもなる。
高校の時アメフトでアキレス腱を切った時、1ケ月ほど毎朝、東京から高校のある志木までBMWで送ってくれた。
片道1時間半はかかったと思う。いくら車好きな父とはいえ大変だったに違いない。
頑固なところもあったが、優しい父だった。

クラウンを何台か乗り継いだ後、トライアンフ、BMW、マセラッティ、BENZともっぱらセダンのみを乗り続けた。フェラーリにはあまり興味がなさそうだったが、F40だけは別格で、ガレージに入った日、乗せろと言われ、出かけた。飛ばせというのでアクセルを全開にしたら、そんな危険な運転をするやつがあるかと怒って降りて、タクシーで帰ってしまった。

子供の頃、どこかの駐車場で父の膝の上に座り、ハンドルを操作させてもらったこともあった。
頑固だったが、強く、頼れる父だった。
決して褒めることをしない父だった。
怖い父だったが、楽しい父でもあった。

そんな父が癌になり、入院している病棟で私のことを自慢していたとう話を亡くなってから聞いた。
嬉しくて涙がこぼれた。

1月21日は父の誕生日だ。
病床で迎えた72回目の誕生日には久兵衛の鉄火巻きをリクエストされ持って行ったが、一口しか食べれなかった。その日が誕生日とは知らぬふりをして、帰った。

何も言わずに、こっそり誕生ケーキを用意し、婦長さんに頼み込み、私が帰ったあとで父のお気に入りの看護婦さん数人で、キャンドルを灯し、お祝いしてもらった。

母には当日の夜、楽しそうにあいつにやられたよ、と話していたらしい。
私には当然一言もなし。
父らしい。
だけど母への電話だけで十分だった。
それが最後の誕生日になってしまった。

人生は思っているより短い。

だからこそ楽しまなければいけないと思う。

父の墓前にたつと父との数え切れないほどの楽しい思い出が溢れてくる。

  by cavallino-cars | 2012-01-07 17:12 | Comments(1)

走りぞめ

新年あけましておめでとうございます。

a0129711_1849252.jpg
2012年の走り初めは308GTBでした。
a0129711_1850093.jpg
さすがに外気温が5度くらいだと30分くらい走っても水温は70度、
a0129711_18503284.jpg
油温にいたっては壊れていると思うほど
いっこうに上がる気配がない。

a0129711_18511826.jpg
それにしてもVitaloni のミラーに写るボディラインのなんと美しいことか。
3000回転で巡航している時のジェット機のような金属音と
アクセルに連動して咆哮するエキゾーストノートのコンビネーションは製造されてから30年以上もたつ今でもドライバーを虜にしてしまう。
モダンフェラーリでは決して味わえない楽しさがある。


イタリヤで1976年に発表された308は35年以上の時を超えて、
ここ日本でも多くの自動車好きを魅了し続けるだろう。

a0129711_18561627.jpg
今年もヨーロッパから素晴らしいコンディションの308をお届けします。

賀正

(上の写真は東京丸の内 中通りのイルミネーション)

  by cavallino-cars | 2012-01-05 19:01 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE