<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

Denmark へ

11月18日の金曜、午前11時発のBA006便に乗り、英国経由でデンマークに入った。
a0129711_18543027.jpg
目的はブルーメタリックの308gt4。

デンマークに着いたのは同日の午後の9時半。
翌日の土曜の朝の9時に約束どうり宿泊先のホテルのロビーに先方が迎えに来てくれた。
東京より気温は7度ほど低く、吐く息は白い。

a0129711_18553360.jpg
空港から30分ほど車を走らせたガレージにgt4は待っていた。
さっそくエンジンをかけ外で暖気をする。

1stオーナーはフェラーリクラブDenmark の会長で今はF50 などを所有。その方が28年間所有していた。2ndオーナーはドクターだ。4年間の走行距離はわずか1400km。
a0129711_18565184.jpg
オドメーターは66,397kmを刻む。
雨の日は一度も乗っていないというだけのことはあり、ドアの下やフェンダー下にみられる錆びの進行を示す気泡もみられない。
オリジナルペイントとのことだが、これは日本に来てナンバープレートの穴の補修のために剥いてみるまでわからないだろう。
しかしうっすらと艶のひけた感じはもしかしたらオリジナルのラッカーペイントかもしれない。
オリジナルのラッカー塗装は磨けば信じられないほどの艶がでる。

a0129711_185719100.jpg
ホイールも後期の星型と初期モデルのホイールキャップのつくタイプの間のもの。
a0129711_19524370.jpg
クロモドラ製で状態はすこぶるよい。何回も塗ったものはCROMODORAの文字がこれほどくっきりは出ないのだ。
a0129711_1858549.jpg
マフラーはgt4のためにだけ作られた太鼓が斜めにカットされたオリジナルがつく。

a0129711_2052016.jpg
フロントウインドウには新車時につけられたタイヤプレッシャーを表示したステッカーも貼られている。

a0129711_18583334.jpg
室内灯も後期の丸くなったタイプとは異なり、シリーズ1 のDinoタイプのフラットのもの。
a0129711_1859119.jpg
内装もすべてオリジナルだ。ドアの内張りの前方下につくビニールは新車の時からつく。足でドアを蹴りこんだ時に傷がつくのを防ぐためにもの。英国から初めて輸入したgt4にもついていた。
a0129711_191661.jpg
リヤのトランクの内張りはこのうような麻のようなタイプがオリジナル。オリジナルでないものがつく車はどんなにきれいでも買わないのが弊社のポリシー。
a0129711_19174452.jpg
ベルトーネのエンブレムもdisegno の文字が若干大きいオリジナルのものがつく。リプロダクションのものはオリジナルと比べると少しだけ文字が細い。塗装をやり直した車にはこのエンブレムがなかったり、リプロダクションのものが付けられているものが多い。これももしかしたらオリジナルペイントかと思わせる理由のひとつだ。

暖気を充分行った後、曇り空のコペンハーゲン市外をドライブする。
シフトはアップもダウンも問題なく気持ちよく入る。
エンジンもトップエンドまで淀みなく回る。エキゾーストノートが寒い空気を切り裂くようで心地いい。

30分ほどのドライブは仕事とはいえ、実に楽しい時間だった。
但しそれは調子のいい、美しい車に限られる。
ぐずついたキャブのエンジンほどストレスフルな車はないのだ。
a0129711_194763.jpg
F106Aのコードネームで呼ばれるこのV8エンジンはフェラーリサウンドと呼ぶにふさわしい音楽を奏でてくれる。それにこの独特のインテリヤと美しいボディが加わるのだからたまらない。当時はレザーシートはオプションだったが、ブルーのモケットとアイボリーのビニールレザーのコンビの内装はボディカラーにマッチして実にエレガントだ。

a0129711_19123314.jpg
年明けにはこのフェラーリも日本にやってくる。
このデンマーク育ちの箱入り娘は入念な整備とクリーニングをすれば、見違えるように美しくなるだろう。今からその日が楽しみだ。

  by cavallino-cars | 2011-11-29 19:39 | Comments(0)

Anconaからの308GTB

イタリヤで譲り受けた308を載せた船が21日に東京港に入港し、
今日無事通関がきれて引き取りに行った。
英国、オランダ、イタリヤ、ドイツなどから輸入した308は今回で17台目となる。

a0129711_2321187.jpg
コンテナを開ける時はいつもどきどきする。
a0129711_23221088.jpg
30年以上、ヨーロッパを走り続けてきたフェラーリのエンジンに初めて日本で火を入れる。
a0129711_23242885.jpg
特にこの車は1人のイタリヤ人のオーナーのガレージで31年間過ごしてきた。
走行わずか21,000km。

a0129711_23234515.jpg
エンジンをかけ、コンテナから出しても、アイドリングは安定しており、排気管からは蒸気がのぼる。
ボディはうっすらと埃をかぶっていても、ミケランジェロの作品のように美しい。

a0129711_23441677.jpg
9月のイタリヤを走ったことを昨日のように想いおこす。今日はあの日のような快晴だ。

a0129711_23245990.jpg
上の写真は故郷イタリヤのアンコナへ通じる高速道路。
この美しい国からやってきたセニョリータはこれから多くの日本人を魅了することになるだろう。

a0129711_23302296.jpg
いつものようにスタンドによって給油をし、予備検をとるため工場にむかう。
a0129711_2331830.jpg
中央高速に乗る頃には日が沈み、すっかり暗くなってしまった。

素晴らしいコンディションの308をまた1台、この国に持って来れたことを心から嬉しく思う。

  by cavallino-cars | 2011-11-25 23:46 | Comments(2)

246 or 308 ?

a0129711_16563562.jpg
かつて246を所有していたことがあった。
メッキのドアノブは美しく、このレバーを手前に引くとドアが開く。

しかしロックをしたまま引いてしまうとレバーのワイヤーが伸びてレバーが戻らなくなってしまう。
これはディトナも同じでロックしたのを忘れて引いてしまったり、助手席に乗る方が無理やり開けてしまうと、本来ドアと並行なこのノブは45度の角度で引かれたままの状態になってしまう。
そのたびに板金工場に出向き、ドアパネルを取り外し調整してもらった記憶がある。

a0129711_16572951.jpg
そんなトラブルもDinoの美しさの代償としてはほんの些細なことなのだ。
低いドライバーシートにもぐりこみ、ゆりかごのように動くシートを調整してイグニッションを回すとフェラーリ初のV6エンジンは実に軽やかに目覚める。
アクセルを踏むとノーズは軽く上を向き、一気に加速していくのだ。
ステアリングは軽く、路面状況を的確にドライバーに伝えてくる。

a0129711_1713188.jpg
それに対し308はファイバーでさえ、車重の違いは感じるが、トルクフルなV8エンジンは素晴らしく、Dinoほど頻繁なギヤチェンジの必要なく、コーナーをクリアしていけるのだ。ドアノブもDinoほど繊細ではなく、簡単には壊れない。
a0129711_17145171.jpg
ハンドリングも一歩も246にひけをとらないばかりか、その脱出加速においては上回るほどだ。
a0129711_17301137.jpg
Dinoのようなグラマラスなラインは持たないが、カロッツエリアにより作られた308のボディラインは今でも美しく、見るものを圧倒する。
同様にキャブ独特の加速や、吸気音などもこの車の大きな魅力だ。

a0129711_1730523.jpg
何と言ってもエアコンが装備されているのがうれしい。上は昨年の8月の写真。
冷たい風が吹きつけフロントウインドウの外側に水滴がつくほど冷える。
天気の良い日は11月でもエアコンをつけたくなる時がたまにある。ましてや5月や9月は必需品だ。
現代の車でエアコンの装備されない市販車はない。

250LMは誰が見ても間違いなく美しいが、首都高をちょっと飛ばして、帰りにカフェでもよろうという気にはなれない。極端な例だが275やdinoも同様で1年のうちやせ我慢なく乗れるのはほんの数ヶ月に過ぎない。

今やDinoは2000万円近い。それに比べ308の価格は3分の1から、2分の1弱。
308のある生活は実に人生を楽しくしてくれる。
美しいものと長く過ごせるということは本当に素晴らしい。
それぞれのライフスタイルにより何をガレージに納めるかは当然違ってくる。
限られた空間、限られた時間など、制約がある方には
年に数度の逢瀬より、愛するものと常に一緒に過ごすことをお勧めしたい。
数年後にはDinoのように手が届かない価格になってしまうかもしれない。

  by cavallino-cars | 2011-11-24 17:53 | Comments(3)

Denmark のgt4

イタリヤで譲っていただいたシルバーの308GTB 以来、自分で乗ってみたくなるようなコンディションの車がみつからない。

新しい328?なら何台ものオファーがあるがキャブの308となると、よいものが極端に少なくなる。だからこそいいものが出た時はすぐに現地に行くことにしている。

シルバーの308は今月21日に東京港に入港予定だ。
先週、弊社に来店されたお客さまがショールームの他の308のコンディションを見てから、キャブの308を試乗をされ、この車はすでに仮予約されている。
その方は欧州仕様の328GTB、ディーラー車の328GTS、355、モンディアルと歴代の8気筒を乗り継いでこられてきている。

私のブログを見ていただき本当にキャブの308が328はもとより355よりもレスポンスがよいとは信じられなかった様子。
実際に弊社のキャブ車を試乗され、その場でご予約いただいた。

私もそうだったようにまさか328よりも10年前、355よりも20年前に作られた308がそんなに速く、楽しいわけがないと思うのが普通だ。
しかし、308のキャブは本当に速く、運転して楽しく、見て麗しい。

そんな308も年々程度のよいものは少なくなってきている。
a0129711_10492766.jpg
a0129711_11112520.jpg
今回もルッカにある1オーナーのファイバーを見に行ったが、期待していたような車でなかったため輸入することはない。私にとっては何十台のうちの1台だが、日本の新しいオーナーにとっては大切な1台となる車だ。
そんな中で気なる車がデンマークにある。

a0129711_10505129.jpg
デンマークのフェラーリクラブ会長の所有車で走行距離は62000km、1977年製の308gt4だ。
a0129711_10511481.jpg
ドアの内張りのフロントよりについているビニールは新車の時に乗り降りの際の傷がつかないようにつけられていたもの。それがまだついている。
a0129711_1052155.jpg
マフラーはオリジナルが装着される。ホィールは星型になる前のものがつく。Dino からFerrari になる過渡期のモデルなのかもしれない。
内装はレザーとモケットのコンビネーションだ。

予定販売価格は620万円。
この車も是非、日本に持ってきたい1台。
明日にでもヨーロッパの愛好家に売れてしまうかもしれませんが、ご興味のある方からのご連絡お待ちしております。すぐに現地と連絡をとり、車を確認に行ってきますよ。

  by cavallino-cars | 2011-11-11 11:16 | Comments(0)

Lamborghini Jalpa

スーパーカーブームの頃、環状8号線沿いにオートロマンという外車屋があった。
当時、お店にはカウンタックやストラトス、308やBBなどが展示されていた。

a0129711_15174636.jpg
そんな中でひときわ私の心をつかんだのがランボルギーニシルエットだ。
その頃は同じデタッチャブルトップをもつFiat X1-9を乗っていたが、大きさもデザインも同じイタリヤ車と思えないほどの圧倒的存在感があり、憧れの車だった。

そのシルエットの後継車がこのJalpaだ。
第一印象は非常に乗りやすいの一言につきる。
カウンタックのような重いクラッチを想像しながらペダルに足をかけると拍子抜けするくらい軽いのだ。
ハンドルもパワーステアリングが装備されているのではと勘違いするほど軽い。

a0129711_15182698.jpg
この車の最大の魅力はそのデザインだ。
スポーツカーとしての性能は328には劣るがベルトーネの製作したこのタルガボディはプロトタイプのようだ。
さらに2+2のウラッコをベースとしているため、ルーフを収納してもなお充分なラッゲージスペースがシートの後ろに確保される。
シートの後ろにはコート1枚おけない328GTSと比べると格段に便利でコックピット自体もゆったりとしている。
公道を走っているジャルパは今だかつて見たことがない。
総生産台数はわずか416台と308のファイバーグラスの約半分。
おそらく日本でこれだけのコンディションの車はこの1台しかないと思われる。

a0129711_151916100.jpg
ホイールはシルエットにつくブラボーホイールが装着される。
標準の平らなホイールに比べブラボーホイールはこの車をより魅力的にみせる。
オープンカー好きには一度は乗ってみたい車だ。

  by cavallino-cars | 2011-11-10 15:23 | Comments(2)

Fioravanti 氏の308

a0129711_16272264.jpg
Enzo がFioravanti 氏に贈ったといわれるこの特別な308は
他のファイバーグラスのモデルとは異なる。
イタリヤで私が購入するほとんどの車にはファーストデリバリーが誰にされたかがわかる保証書がない。
マニュアルやマニュアルケースはあるがWARRANTY sheet だけがないのだ。
おそらく治安上の問題で個人情報の管理には非常に慎重にならざるを得ないのだろう。

a0129711_162850100.jpg
この車にはそれが備わり、通常販売店が記載されているところはブランクでマラネロで直接デリバリされている。

Enzo氏の計らいでエンジンには特別なカムシャフトが組み込まれ、コンプレッションも普通のエンジンよりも高いとフィオラバンテ氏本人からもお聞きした。

a0129711_16294154.jpg
外観ではタイヤは同じミシュランながらXWXではなくTRXが装着される。
それに伴いホィールも14インチのものよりインチアップされたものに変えられている。
フィオラバンティ氏はどうもオリジナルの浮き輪のようなふくらんだタイヤがあまり
お好きではないようだ。

a0129711_16301730.jpg
通常左側にしかつかないピニンファリーナのエンブレムは左右につく。

a0129711_16305068.jpg
ステアリングは径は同じだがグリップが一回り太いものがつき、よりスポーティになる。

a0129711_16334793.jpg
助手席後ろにはマニュアルケースがすっぽり入るふた付の物入れが備わっている。

a0129711_16312268.jpg
塗装はオリジナルのラッカー塗装からグラスリッドでフェラーリ社で再塗装されたようでエンジンフード裏にはArgentoと表示されたステッカーが貼られている。

a0129711_16322339.jpg
ダッシュボードはオリジナルの薄いビニールレザーから328で使用されていたレザーのものに交換されている。

a0129711_1774059.jpg
コックピット左下の油温計と時計は位置が逆につけられている。
左に時計があると、乗り降りの際、誤って時刻調整ノブをひざで破損させる危険があるからだろう。

a0129711_1635687.jpg
水温計はダブルレターのものから後期型のものに交換されている。
距離計も数字の細いタイプ文字のようなものではなく、後期型の数字の大きいものがつく。
故障して交換されたのかもしれない。

a0129711_1640135.jpg
通常のファイバーボディのウインドウウォッシャータンクはビニール製のものがつくがこの車には後期型のプラスティック製のものがスペアタイヤセクションにつく。

長期間マラネロで冬眠状態にあったこの貴重な308を東京で本来のコンディションに蘇らせたことが出来て本当にうれしく思う。

  by cavallino-cars | 2011-11-09 16:58 | Comments(0)

Best 308 in the world

a0129711_18572969.jpg
Fioravanti 氏の308を整備のためコーンズに入庫したのが8月29日。
エンジン調整、タイミングベルト交換、油脂類の交換、フュエルホースの交換などを行った。
フロントのブレーキが引きずっていたため、前後キャリパーのオーバーホール、ローターの研磨をすませ、10月6日に整備が完了。
しかしブレーキペダルの踏みはじめにシュッと音がしてペダルが奥に数センチ入ってから効きはじめる。
それに急ブレーキを踏むと車が右にとられるので再びコーンズに。

エア抜きを再度行って症状は改善されたがシュッという音はまだでているためブレーキマスターを交換することになった。
ブレーキマスターはサーボとアッセンブリーのためかなりの出費となったがしかたない。

交換後はブレーキのタッチは格段によくなったがまだ若干右にとられる症状は変わらない。
コーンズのメカに相談したところローターを研磨したのであたりがでれば治るはずとのこと。
高速で何度かブレーキングを繰り返したらその症状も治った。

整備に2ケ月以上かかったがやっとこの日がきた。
今日は日本にきて初めてこの特別な308を高速で本格的に乗ってみることが出来るのだ。
マラネロのファクトリーで走った時はキャブも本調子ではないばかりかクラシケのメカが同乗していたので本来の性能の一部しか楽しめなかった。
Fioravanti 氏によるとカムは特別なもので、コンプレッションもノーマルの308より高いエンジンが搭載されているということだった。
期待と不安に胸をおどらせながらイグニッションを回す。

a0129711_18582768.jpg
首都高に乗りペースを徐々にあげていく。
この車につくのは95年の18週に製造されたミシュランTRX。タイヤのグリップを考慮しながら最初は様子をみながらコーナーに侵入していく。エンツォがフィオラバンテ氏のために特別に作らせたエンジンはノーマルに比べ極端に速くはないが、中高速のトルクがノーマルよりあきらかに太く、パワフルだ。
a0129711_18593353.jpg
一回り太いステアリングはテールが滑った時の修正も楽でそのコーナリングはスポーツカー好きにはたまらない。まるでランチアストラトスを運転した時のような楽しさなのだ。
a0129711_1903260.jpg
氷の上をすべるように自由自在に308を操る喜びはストラトスのドライブフィールに実に似ている。
目黒線のような3速や4速で回るようなコーナーはこのトルクフルなエンジンによりアクセルで車の方向をコントロールしながらラリーカーのように走れるのだ。
進入速度を上げてTRXがグリップを失いかけてもその修正は容易でこれほど楽しい308は今だかつて運転したことがない。

a0129711_1911353.jpg
フェラーリのマラネロに眠っていたこの歴史的な車は予想していた以上の特別な308だった。
すべてを忘れて運転することを楽しめるという意味ではF40 に通じるものがある。

コーナリング中にアクセルを全閉にしたらスピンしてしまうような速度で一つ一つのコーナーをハーフスロットルでコントロールしながら抜けていく快感は599や458では味わえない。
しかもその姿は優雅でエレガントそのものなのだ。
ファイバーグラスの308に積まれたそのエンジン音は特別でキーンという高音な電気的とも機械的ともいえる独特な音を発する。
そのサウンドとエキゾーストノートに満たされたコックピットでのドライビングはフェラーリならではのものだ。
一度この感覚を味わってしまうと他のものは興味がなくなってしまうほどの素晴らしさなのだ。

かつてはカウンタックなどにも魅せられた私だが、何が今一番魅力的な車かと質問されたら迷うことなく308と答える。

a0129711_19592315.jpg
35年前にこの素晴らしい車をこの世に送りだしたFERRARI 社とそれをデザインした現代のミケランジェロのようなFioravanti 氏に心からの賛辞をお送りしたい。

  by cavallino-cars | 2011-11-05 19:50 | Comments(2)

夜明けの首都高

a0129711_20214472.jpg
先日、久しぶりに早起きし、首都高速をgt4で走った。

前方に見える右コーナーをアクセルを全開からコーナー手前でワンオフしてフロント荷重がかかったのを確認し、5速のまま進入する。ステアリングにフロントタイヤが路面をしっかり捉えているのが感じられる。
この細いハンドルは路面の凹凸までも正確にドライバーに伝えてくる。
こんな高速コーナーをクリアする楽しさはミッドシップのフェラーリならではだ。

30年以上前に新車で英国にデリバリーされたこのgt4が今こうして日本の道を
英国のフェラリスタがドライブしてきたように走っていることが特別なことに思えてくる。

しかも老馬をいたわるような運転ではなく、サラブレッドを乗るように楽しめることが
スポーツカー好きにはたまらない。
30年前の車にもかかわらず、レーシングカーのように扱え、その挙動はまさにスポーツカーそのものなのだ。

クラシックフェラーリは実に奥が深い。
運転する楽しさに加え、30年間、ヨーロッパ大陸を走破してきたこの車の歴史に想いをはせることも出来る。

英国の素晴らしい田舎道やシルバーストーンサーキット、古城のある風景などを想い浮かべながら、今自分がその車のステアリングを握り、日本の道を走っていることに喜びを感じてしまう。
自分だけの特別な1台を欲しい者にはこれ以上の車はない。

この感覚わかるかな。

  by cavallino-cars | 2011-11-01 20:36 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE