<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

Dino 246gt

私のファースト246はヨーロッパ仕様の246gtsだった。
バブル真っ盛りで価格は上昇中。
白の外装は浮きやひび割れ状態だったが、エンジン、ミッションは秀逸で、内装はオリジナルの美しさを保っていた。購入価格はなんと2000万円!!
当時はこの価格で買っても商売になったのだからすごい。
恐ろしきかなバブル時代。
オールペイントをして3000万以上で売れるはずだったが、塗装に2年以上もかかった。
その間にバブル崩壊でその予定も崩壊。
結局自分で乗ることに。
モールからレンズ、ウインドウ等当時手に入るすべてのパーツは新品に交換した。
その車は実に美しく仕上がった。
ボディは白から少しオレンジがかった黄色に塗り替えた。
黄色はフェンダーの曲線をもっとも強調してくれる色だ。
Dinoのそのとろけそうな塗装の美しさに誘われてひなたに停めておくと小さな虫がたくさんよってくるほどきれいに仕上がった。

セカンドDinoはgtb。
a0129711_1032218.jpg
こちらは456の下取りだった。
オーナーがイタリヤの仕事先から譲ってもらったが日本に輸入後、
レストア途中でギブアップしたもの。
たしか600万くらいだっただろうか。
これもオリジナルの非常によい車だった。
もともとの塗装はブルーメタリック。
2年ほどそのまま乗った。この車も文句なく素晴らしいコンディションだった。
当然内装はオリジナルのビニールシート。シートベルトは飛行機のベルトと同じタイプのKlippan 製ものがつく。自分で一生持とうと思い色を赤に塗り替えた。塗装だけで400万近くかかった。
内装も出来るだけオリジナルの雰囲気を残してレザーに張り替えた。
仕上がりは生涯もつにふさわしいものとなる。

a0129711_1035122.jpg
246は運転の楽しさとその美しさはたとえようもなく素晴らしい。
しかし年間路上にだす機会は20日ほどに。
エアコンのない車なので天気や気候の良い時しか乗る気がしないのだ。

その後、どうせそんなに乗らないのなら、2年に1回開催されるモナコヒストリックに出るためのクラシックを買おうということになり愛車246は Lotus mark9 になる。

私の2台の246を購入する時のポイントは
1.エンジンがパワフルで調子が良いもの
2.内装がオリジナルであること。ビニールレザーで、シートベルトも純正のもの
a0129711_12314257.jpg

3.ミッションがダウンシフトでもきちんと入ること
4.フレームが曲がってないもの
5.ラックアンドピニオンにがたがないもの
この5点をすべてクリアする246は意外と少ない。

それにしても今の246の価格の高騰ぶりは異常としか思えない。
ヨーロッパでも15万ユーロは下らないのだ。
バブル期の価格とほぼ同じ。
円高の今でさえこの価格なのだ。

日本に輸入しての価格は2000万円ほどになる。
ビニール製のシートの車が20000万円とは驚くばかり。
バブルの頃と変わりません。

それに比べれば246の後継車である308は712台しか生産されなかったファイバーモデルでさえ
1000万円前後で素晴らしいコンディションのものが手に入る。
スチールボディなら700万から850万で買えるのだ。

a0129711_1052598.jpg
ボディの美しさと可愛らしさは246にはかなわないが、
308のキャブレターモデルは運転の楽しさは変わらないばかりか、快適さではDinoを凌ぐ。
a0129711_1062639.jpg
しかも内外装の仕上がりは熟練の職人にしか出来ない秀逸なものだ。
乗れば乗るほど、見れば見るほど魅せられてしまう。
a0129711_1065585.jpg
決してこれからマラネロを出荷されるモデルには期待出来ないものがたくさん詰まっている。

近い将来、308の価格がDinoのように跳ね上がっても不思議ではないのであります。

  by cavallino-cars | 2011-10-25 10:20 | Comments(2)

エアフィルターナット

a0129711_1652416.jpg
308のエアクリーナーのカバーを固定するオリジナルのナットは写真のような円形のものがつく。
ゴムのパッキンが一枚入り、その上から回してしめるだけの簡単なもの。

ただしこれがなかなか曲者で、手でまし締めしただけではドライブした後でエンジンの振動でゆるんでとれてしまうことがある。
a0129711_15345044.jpg
以前、エンジン調整に工場に入庫し、引き上げて会社についたら紛失していたことがあった。

それ以降は出かける前と帰宅後には必ず緩んでないかチェックをしている。
a0129711_15364443.jpg
羽つきのネジ型タイプや締めやすい6画のナットもあるが、どうもしっくりこない。

a0129711_15434584.jpg
やはりこのオリジナルの円盤型のナットが一番美しい。
a0129711_166893.jpg
こんなナット1本にまでこの当時のFerrari にはこだわりを感じてしまうのです。

  by cavallino-cars | 2011-10-21 16:00 | Comments(1)

Fioravanti 氏の308

a0129711_15553971.jpg
8月29日にエンジン調整とフロントのブレーキの引きずりの修理のため入庫したFioravanti 氏から譲り受けた308が10月の初旬に完成して引き上げた。ポイントも新しいものに交換し、プラグも交換。エンジンは気持ちよく回る。
入庫時にはフロントのブレーキが引きずりぎみだったのでキャリパーのオーバーホールとローターも前後とも研磨してもらった。

しかし他の308と比べるとブレーキの初期のタッチがペダルが中にすっと入る感じで気持ち悪い。
さらにフルブレーキングをするとハンドルが若干右にとられる。
そのため再びコーンズへ入庫させることになった。
特別な車なのでコーンズのメカもそこまでおもいっきりブレーキは踏まなかったのだろう。
しかし200kmからのフルブレーキングもありえるわけで不安を残したままではどうも怖い。

メカの話によるとハンドルが右にとられるのはブレーキラインが左右にクロスしており、
ローターを研磨したためブレーキのあたりがついていなかったことが原因。
再度エア抜きをし、何度がテストしているうちに治ったとのことだった。

しかしながらブレーキペダルのシュッと奥に入るのは改善されない。
おそらくブレーキマスターではないかという結論に至り、本国よりパーツを取り寄せ現在交換中。

エンジン調整を終えたこの308は本来の速さを取り戻し、小気味よく走る。
ブレーキさえ心配なければ首都高にのり、フルスケールでエンジンを回したいところだったが
それはどうやら来週になりそうだ。

  by cavallino-cars | 2011-10-20 16:05 | Comments(2)

hard to find the good carb 308 

328を捜して欲しいというお客さんが最近二人ほど来店され、
ヨーロッパにあるものを捜してみた。
前のブログで紹介したものの他、1オーナーの13000kmの328もある。
a0129711_0234879.jpg
a0129711_0241253.jpg
この固体はイタリヤで23年間一人のオーナーの下で大切にされてきた328だ。
本国ではABS はオプション。
88yのこのモデルはABS はつかないが、リヤウイングは装着される。
新車のようなコンディションの328を捜している人にはまたとない一台。
ヨーロッパ仕様のGTB。価格は880万円。


それに比べ308のキャブレター車の程度のよいものは市場にでることは極端に少ない。
Octaneという英国の雑誌に328と308との比較試乗の記事がでていた。
以下はその記事の引用。

2台を乗り比べてまず気がつくのがスロットルレスポンスだ。
328は308ほど剃刀のようなシャープさはない。
しかしシフトはスムーズでエンジンもリファインされた感じがする。
この2台は驚くほど違うことが路上にでるとわかる。
308はレーシングカーのような低いシートをもち、そのステアリングからは路面状況をミリ単位で把握できる。
ドライバーの意思に即座に反応する車なのだ。
それに対し328はよりスムーズなエンジンになり、ドライバーはリラックスして運転できるようになる。
しかもシートは肉厚になったことによりさらに快適になり、エンジン音も静かになった。

ロードレーサーのような308を選ぶか、快適になった328を選ぶかは貴方次第だ。

この記事からもわかるように308のアクセルレスポンスは328はもちろん、
348や355さえも上回るほどシャープだ。
シートも薄く、路面の数センチ上に座っているカートにのっているようだ。
それに対し328はすべてがマイルドになり、乗り比べるとスポーツカーというよりは快適なGTのように思えてしまう。

実際に私の知っている方でも348や355から308に乗り換える方は多い。
そのすべての方たちは今でも308を所有されている。

乗ってみなければわからない良さが308には確実にある。

  by cavallino-cars | 2011-10-19 01:15 | Comments(0)

1988y Ferrari 328GTB

a0129711_1234177.jpg
以前に紹介させていただいた328の細かい写真がイタリヤから送られてきた。

a0129711_1214979.jpg
ABS付の最終モデルに近い1台だ。
a0129711_124860.jpg
赤に黒のレザー。オプションのリヤスポイラーはこの328にはつかない。
個人的にはスポイラーがない方がラインが美しく思える。

a0129711_1222770.jpg
工具などもすべて揃う。

a0129711_125429.jpg
しかもパワーのあるヨーロッパ仕様だ。ご希望の方はお早めに。

  by cavallino-cars | 2011-10-14 01:30 | Comments(0)

308GTB from Ancona Italy

a0129711_2129104.jpg
先週の金曜日にシルバーの308GTBが無事トラックに積み込まれ、港に運ばれた。
これはオーナーが送ってくれた写真。
いつもこのようなボックスタイプのトラックに積み込むのでオーナーは感激して、
写真を送ってくれる。
a0129711_21361258.jpg
奥にはF40が載っているのでなおさらだろう。

今週末に日本向けの船に載せられる。
毎回、毎回、買い付けたFerrari が入港するのが待ち遠しい。
大井埠頭でコンテナの扉のロックを壊して再会するまで1ヶ月と少し。

いいコンディションの308がまた1台日本にやってくる。

  by cavallino-cars | 2011-10-11 21:33 | Comments(0)

Cost Downとボディデザインの関係

458や599、California はその性能面では実に素晴らしい進化をとげ、スポーツカーとして完成されている。しかしなぜかクラシックフェラーリと比べえると魅力に欠けるのはなぜだろう。

製産台数を増やすためのメーカーとしてのコストダウンによる
デザインの変化が原因しているのは間違いない。

ぱっとみでは308より355や430、458がよく見えてしまう人は多い。
しかしコストダウンという視点から車を見ていくと、なぜデザインが変化したかがよくわかる。

a0129711_17204993.jpg
308のファイバーグラスがスチールに変えられた理由は英国とアメリカからエンジンフードの左をあわせると右に1cmばかりとびだして調整ができないという販売店からのクレームからだとフィオラバンティ氏は言っていた。
ファイバーはどうしても品質の管理が難しく、スチール製にするとボディとのちりあわせが簡単に行えるため変更されたのだ。
a0129711_17211758.jpg
さらにバンパー埋め込みのバックライトはなくなり、テールレンズに組み込まれるようになる。
a0129711_1731457.jpg

355になると丸いテールライトの根元の黒いふちはなくなり、左右の4つのライトは同じ形状のものがつけられるようになる。しかもバックパネルはフェンダーと繋がっていないはめ込み式に変更された。誰が見ても308との生産コストの差は歴然だ。
a0129711_18392820.jpg


a0129711_1841529.jpg
308のフロントフード下のスペアタイヤスペースも以前はファスナー付のカバーがついていたが、後期のものにはそれが廃止された。ちちなみに初期モデルのカバーの中はアルミパネルでビニールレザーできれいに覆われている。
a0129711_1844154.jpg


a0129711_17295532.jpg
328になってモダンなフェースに変わったがフロントスカートとバンパーは一体化され一つのパーツとなった。
横から見るとフロントボンネットのラインよりバンパー下のスカートのラインが飛び出し、あごが飛び出したような顔になった。

a0129711_17223733.jpg
355になるとそのコストダウンはよりわかりやすくなる。
フロントセクションは左右のフェンダーとボンネット、センターのバーとF.バンパーの4つに分けられる。
一体ものよりもコストはかなり削減できるはずだ。
フェラーリ伝統のフロントグリルはアルミ製からプラスティック製に変更された。
(これは348からでダミーのグリルになった。)

a0129711_17231744.jpg
しかも308のフェンダーと比べるとあきらかにその抑揚はなくなっているのがわかる。
フロントボンネットは308のフェンダー上部のラインから比べるとより平坦になる。

a0129711_17241821.jpg
a0129711_17245173.jpg
リヤのエンジンフードの熱抜きの形をみるとメーカーのコストダウンはより明らかにわかる。
まず328までのリヤゲートがリヤクォーターピラーごと開くタイプから348以降はエンジンフードのみが開くタイプに変更されている。これだけでもかなりのコストが削減できる。

さらにルーバーが廃止され、ネットだけになったことも単にデザインの変更ということでなく、ピニンファリーナにはメーカーから製造コストの削減という命題が課せられたにちがいない。
a0129711_1727828.jpg
308のリヤウインドウはシート側に湾曲しているが355のそれはほば直線になっている。
a0129711_17273350.jpg


かつての美しいリヤビューと比べると355でさえもっさりと見えてしまうのはやむをえない。
308のリヤは直線的ラインと曲線のラインが実に美しいが、ボディのオートメーション化が始まった
348以降のモデルと比べると明らかにそれらの方が見劣りしてしまう。
246や308には熟練した職人にしか出来ない美術品のような美しさがある。
誤解をされないように、あえて申し上げるが、348や355、そして458などの現代のモダンフェラーリはどれも運転していて楽しいし、エキサイティングだ。

ただ、デザイナーの本来作りたい車が生産コストの問題や法律の規制で出来なくなってしまったことが残念だということです。

よりレーシングカーに近く、すべてのパーツを交換しやすく、軽く、そぎ落としたという見方もあるが、
年々Ferrari 独自のアイデンティティーは薄れつつあるように思える。
かつてのフェラーリは他の車とは一線をきした特別に美しく、速い車であった。

246や308が何時間でも見ていても飽きないのはコスト今ほど考えずに生産できたよき時代の車だからだろう。
a0129711_17363499.jpg
308のフロントの開口部の真横からみた斜めに切ったようなラインやリヤバンパー上まで斜めにカットされそこから斜め後方に切り落としたようなラインは何時間見ていても飽きない。正面からみると、フロントフード側に内側にかすかに下がったライン、盛り上がったフロントフェンダーなど、手作りの車だけがもつ美しさに溢れている。

同様にgt4のメッキフレームとのコントラストも実に美しい。
a0129711_18334988.jpg
a0129711_18254851.jpg
gt4のテールライトは246DinoやDaytonaに使用されているものを組み込んである。
もともと308GTB のリヤバンパー埋め込みのリバースライトはベルトーネ作のgt4が最初なのだ。

決して今のフェラーリでは味わえない美しさが70年代のフェラーリにはある。

  by cavallino-cars | 2011-10-10 18:06 | Comments(2)

こうも違うものか??

a0129711_10591419.jpg
ミラノから持ってきた黒の308の日本での新しいオーナーは
実は78yのヨーロッパ仕様の308GTB からの乗り換えだった。

実際前の車を運転させてもらったが、アクセルを踏んだ瞬間にキャブ独特の蹴飛ばされたような
加速がなく、明らかに遅いのがわかる。
普段その308に乗っているオーナーの驚きは私の想像を超えるものだった。
車が200kgほど軽く感じたにちがいない。
またサスペンションも以前のものには社外のショックがついており乗り心地がかなり硬く、コーナーでもフロントに加重がしっかりかからないために低速コーナーでの旋回能力がひどく落ちていた。
最初は柔らかく感じたサスもこのオリジナルの方が運転しやすいという。

a0129711_1112984.jpg
同じヨーロッパ仕様の308でもこうも違うと同じ車とはとうてい思えない。
はたして日本にある308はどの程度整備されているのだろうか。
本来のキャブの308の体感の加速感は328はおろか、348や355さえ上回る。
この車の最大の魅力はここにある。
シャープなハンドリングと想像を超える加速感、クラシカルな美しいスタイリング、
そのギャップがこの車の真骨頂だ。

a0129711_114768.jpg
以前私は246gt と246gts を所有していた。
2台とも素晴らしい車だったが、エアコンがないため乗れるのはほんの数ヶ月。
年間20日も乗らなくなってしまい、手放した。

a0129711_1163176.jpg
それに比べこの308にはエアコンが装備されており、その気になればほとんど毎日でも乗れる。
そんな気軽さがいい。
人生はあっという間に過ぎていく。
Life is too short. 
人生を楽しく過ごすパートナーとしては308はこれ以上ないほど
エレガントで素晴らしい。

  by cavallino-cars | 2011-10-07 11:17 | Comments(2)

Paviaからの308ファイバーグラス

イタリアのMortara の石油会社の役員から譲っていただいたファイバーの308を載せた船が
先週、入港し、本日無事通関できた。
ファイバーグラスの308の通関は今回で3台目になる。
1台目は英国から、2台目はマラネロ本社より、そして今回のMortora からの3台だ。

a0129711_1852139.jpg
最近車がコンテナの中央にラッシングされているため、ドアが十分に開かない。
いつものように開けられている窓からドライバーシートに入る。

a0129711_18522764.jpg
2回のクランキングの後、勢いよくエンジンがかかった。
a0129711_1853319.jpg
そのままバックでコンテナからゆっくりだす。右のミラーがないので慎重にならざるをえない。
車から離れ、貨物受け取り書にサインをしている間も1000rpmで
安定してアイドリングをする。

a0129711_1923573.jpg
警告灯のついたフュエルゲージを確認し、近くのガソリンスタンドで給油。
燃料が充分入ったら高速で予備検査の工場まで向かう。

a0129711_18552631.jpg
キーンという独特な音とアクセルに即座に反応するエンジンはこの車の大きな魅力だ。
快晴のイタリアとはうってかわっての雨の中だが、そのレスポンスは変わらない。
何台乗っても叫びたくなるような衝動にかられてしまう。
調子のいいキャブの308ほど素敵な車は他に見つからない。

とりあえず回転を抑えて工場へ。
この後、ナンバーをつけ、その後はCORNES にFerrari Classiche 取得のため入庫予定だ。

  by cavallino-cars | 2011-10-05 19:09 | Comments(2)

1988y Ferrari328GTB

a0129711_10381615.jpg
イタリヤにあるヨーロッパ仕様の走行35000kmの328GTB を660万円でいかがですか?
登録までしても680万円ほどです。
外装は赤、中は黒のレザーです。
リヤスポイラーのないタイプ。
ヨーロッパではエンジンフード上のスポイラーはオプションでした。
ABS 装備。ASIのゴールドプレートも取得してます。

個人的には絶対308のキャブをchoice するが、
やはり乗り易さやデザインで328がお好きな方がいらっしゃるのも事実。

よろしければ次回の出張時に買ってきますのでご連絡お待ちしております。
ちなみに程度は弊社のショールームに展示してある車と変わりません。

良い車との出会いは本当に一期一会。
売りに出ているときに買わないと手に入りません。
個人オーナーから直接の話ですのでお早めにどうぞ。

  by cavallino-cars | 2011-10-05 10:41 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE