<   2011年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

男の車?

a0129711_1185598.jpg
昨日コーンズ芝ショールームに行った。

娘さんとそのお母さんらしき方がみえられ、営業の方と商談をしている。

どうやら458 にしようかCalifornia にするか迷っている様子。30歳前後と思われるお嬢さんが
しきりに2台を撮影した後、試乗にでられた。

以前はFerrari は男の車だった。
女子のオーナーもいたが、マニュアルということもあり、
なかなかその重いステアリングを実際に握る女性は少なかった。

それが今のフェラーリは免許をとったばかりの女子でも運転できてしまう。
それだけ技術が進歩したことは喜ぶべきことなのだろうが、ある意味残念な気もする。

美しいものに囲まれて暮らす生活はすばらしい。
最近のフェラーリの真価はその動力性能にあると考える。
その性能を十分に楽しめなくとも3000万前後の買い物をする意味はどこにあるのだろう。
フェラーリならではの魔力のような魅力なのか。
いろいろと考えさせられた日だった。

  by cavallino-cars | 2011-07-29 11:24 | Comments(7)

乗ってみなければわからない!

a0129711_15541282.jpg
今日20年ほどお付き合いただいているお客さんが来店された。
モンディアルカブリオレ、テスタロッサ、512TR, 328GTB等を乗り継がれ、
今は512BB を所有する。

a0129711_15551330.jpg
以前、よく面倒をみてもらっていた修理工場で何度か308を乗せてもらったが
あまり印象に残ることはなく、私のブログも実際は3割増しくらいだろうと思っていたそうだ。

試乗していただいた後、加速、足回り、エアコンの効き具合など
自分が思っていた水準をどれも上回っているばかりか、BBさえも凌ぐという。

スタイリングではBBにはかなわないが、スポーツカーという点では308の方が
間違いなくFUN to Drive だ。

a0129711_15555163.jpg
Lusso や275 は美術品のように美しいが
308のような軽やかさはなく、スポーツカーとしての魅力に欠ける。

a0129711_15575187.jpg
アクセルにリニアに反応するエンジンやスポーツカーならではのハンドリング、
停まっている時にみせる優美なデザイン。
日本の気候には不可欠のエアコンまで備える。

ステアリングを握ってみなければわからない魅力がこの車にはあふれている。

  by cavallino-cars | 2011-07-26 16:18 | Comments(0)

chassis# 20275

イタリヤのマラネロのFerrari Classiche で試乗してから2ヶ月。

a0129711_126334.jpg
あのFioravanti 氏の特別な308の通関が昨日きれ、大井埠頭まで引き取りに行った。
コンテナの扉を開けると木材でしっかりと固定されたシルバーの308が姿をみせる。

a0129711_1215568.jpg

フロントウインドウにBattery disconnected と書かれたメモがはさまえていたのでフロントフードを開け、スペアタイヤをはずしバッテリーのはずれたコードをつなぐ。
a0129711_1223071.jpg

せまいコンテナの中、ドアを開け、体をななめにしなんとかコックピットにもぐりこむ。

キーを回し、コックピットのジェネレーターライトが点灯するのを確認し、
2回ほどアクセルを踏み込みキーをさらに回すと、すぐにF106エンジンは目を覚ました。
1000回転ほどで安定したアイドリングをする。

通常はプラグがかぶっていたりしてかけ始めはぐずつくのだが
この車はそれがないばかりか安定した回転でアイドリングをする。

軽く回るエンジンを背後に感じながら2,3度ブリッピングをすると
あの乾いた独特な排気音がドライバーの聴覚を刺激する。
このまま首都高速に乗りたい衝動をおさえるのが難しいほどだ。

今回はフューエルホースなどが劣化していることなども考慮し、
キャリアカーで工場まで回送することにした。
a0129711_1231156.jpg

35年間をイタリアで過ごしてきたこの特別な308が無事に東京に到着したことをまず感謝したい。
a0129711_1241872.jpg
これから予備検査、塗装の補修やクリーニング、カムベルト交換などのメカニカルサービスを行う。

a0129711_1235166.jpg
東京での試乗レポートは8月の中頃にはお届けできると思う。

  by cavallino-cars | 2011-07-23 12:40 | Comments(5)

308gt4 from Derbyshire

a0129711_15484512.jpg
先週の木曜日、私がイタリヤに出張中、英国で購入したgt4が無事トラックに積み込まれ、
港まで回送されたというメールがきていた。

今月末にはシルバーのGTBが入港。
a0129711_15492096.jpg
8月末から9月にはこのgt4と今回購入したファイバーグラスのGTBも日本にやってくる。

すべて、最高のコンディションの車ばかりだ。
今から今秋が楽しみでしかたない。

  by cavallino-cars | 2011-07-18 15:51 | Comments(0)

コモ湖

今回20年ちかく会っていなかったイタリヤ人の従兄弟と再会した。
わざわざローマから来てくれたのだ。
せっかくイタリアまで来たのだからとコモ湖まで行こうということに。

コモに来るのは10年ぶりくらいだろうか。
a0129711_202488.jpg
ジョージクルーニーの別荘はこの写真の建物らしい。

ヴィラデステにも立ち寄った。
a0129711_2031376.jpg
ここのスロープからホテルの正面玄関に車をよせる。
a0129711_205758.jpg
a0129711_2054424.jpg
a0129711_206454.jpg
a0129711_2073853.jpg
10年もたっているのに以前とまったく変わっていないのもこのホテルの素晴らしいところだ。

a0129711_208591.jpg
公共の公園か施設かと思ったこの家のゲートにはPRIVATO の看板とブザーがついていた。
なんと個人の邸宅でした。
想像を超える貴族のようなお金持ちの方がここには大勢いる。
イタリヤはすごい!!

  by cavallino-cars | 2011-07-16 20:16 | Comments(0)

TORINO

PAVIA からさらに西へ1時間ほど行き、
イタリアの工業都市のTORINOへ向かう。
a0129711_1924395.jpg


以前このブログでも紹介した走行19000キロのGTBを見に行くためだ。
イタリヤではランチの時間が長いことは知っていたが、そのショップは11時半から
2時半まで3時間も休むのだからあきれてしまう。
 
ショールームには360、430Scuderia, Range Rover, Cayenne が並ぶ。
a0129711_1926573.jpg
308は店の地下のガレージにあった。

a0129711_19273921.jpg
a0129711_19265316.jpg
走行距離は19000kmだが、塗装は再塗装してあり、フロントの角はぶつかった形跡がある。
しかもフロントスポイラーは塗装の仕上げが悪く、触るとざらざらしている。

a0129711_1929491.jpg
内装はさすがにきれいだ。
a0129711_19292513.jpg
残念なのは時計の調整ノブの先がとれていたことくらいで後は申し分ない。
Pavia で見た308は19000kmしか走っていないと言われたら信じてしまうほどきれいだった。
その車より150万円以上も高かったため10分ほどでここは終了。
往復3時間のドライブが無駄になった。

a0129711_1931927.jpg
せっかく来たので市内を少しドライブすることに。
a0129711_19313832.jpg
ROMAほどの華やかさはないがTorinoも美しい街だ。
a0129711_19324347.jpg
a0129711_19332836.jpg
a0129711_19401234.jpg

1536年から1562年までフランスに占領されていたせいかパリのような建物が多いように
感じる。

  by cavallino-cars | 2011-07-16 19:35 | Comments(0)

PAVIA

オーナーはMilano から車で約1時間半のMortara という場所にある石油会社の重役。
a0129711_15543674.jpg

まわりはほとんどが畑でこんな所にほんとにフェラーリがあるのかにわかに信じられない。
a0129711_15423544.jpg
もちらん観光客など一人もいないところだ。

会社の前から連絡するとオーナーのStefano さんが現われ、
会社の敷地内のガソリンのトレーラーの並ぶ奥の倉庫に案内された。

a0129711_1544986.jpg
扉を開けると、フルレストアされた911の2.2L やtestarossa など9台の車が整然と並ぶ。
目的の308は3列に並べられた左の列の中央にあった。

a0129711_15574358.jpg
フロントのスペアタイヤはもちろんオリジナルで、ジッパー付のカバーの生地も当時のもの。
スペアタイヤを固定する革のベルトまで揃う。
a0129711_15581311.jpg
8年前に100万円ほどかけてベルト類の交換を含めたフル整備をした車だ。

前オーナーは今の所有者のおじにあたる方で一族みな車好きらしい。
a0129711_15482330.jpg

マフラーも当然オリジナルの1本だしのものがつき、その状態も驚くほど良い。
久しぶりにきれいなファイバーをみて送金や引取りの件を話しあったが、
Stefano さんは英語がまったく話せない。
今回ほどイタリア人のいとこに感謝したことはない。

a0129711_15584979.jpg
期待を裏切られることのない良い状態の308はイタリヤでも貴重だ。

これで今回の出張は無駄に終わることがなくなった。
a0129711_1675320.jpg
また1台イタリヤの美術品のような308が日本にやってくる。
a0129711_190256.jpg

またひとつ楽しみが増えた。

  by cavallino-cars | 2011-07-16 16:08 | Comments(0)

珠玉の1台を求めて

今、成田空港第2ターミナルのNTTのBroadband cafeから投稿しています。
これからミラノとトリノの間の都市PAVIに行ってきます。

今回の出張の目的は2オーナーの76y Ferrari 308GTB Fiberglass。
個人オーナーの車両です。
ローマに住むいとこが片道6時間もかけて見に行って撮ってきた写真を見る限り
かなり期待できそうです。

帰国は土曜の朝9時。
前回のFioravanti氏の車のような華やかなレポートにはなりませんが、
帰国後にみなさんに出張報告をいたしますのでお楽しみに。

  by cavallino-cars | 2011-07-12 10:07 | Comments(0)

ピレリフォーミュラークラシックレース

a0129711_1562275.jpg
英国では毎年ピレリーがスポンサーのクラシックV8フェラーリのレースが行われている。
今年も4月30日のシルバーストーンをかわきりに、ドニントン、スパフランコルシャンなどで
9月までに13レースが行われる。

参加車両はFerrari の328までのV8モデルのみ。
308GTB,308gt4, mondial,328GTBなど。

日本でも是非開催してほしい。
その参加車両が英国で1台 販売されている。

a0129711_1565881.jpg
Engine は基本的にはすべてノーマル。
装備は下記のものがつく。
 Sparco製 のレーシングシート
 FIA公認の消火器、キルスイッチ
 ロールゲージ
 レーシングブレーキホース、レースブレーキパット、レース用ブレーキオイル
 スポーツエキゾースト
 軽量ラジエター
 バックスキンレース用ステアリングホイール
それにスプリングは硬いものがつき、スペシャルホイールにピレリのPzero のセミスリックがついてくる。カムベルト類もすべて交換ずみだ。

a0129711_1572532.jpg
かなりの軽量化がされ、ロールゲージによりボディ剛性も上がっているので、ノーマルとは比べられないほどの運動性能に仕上がっている。

気になる日本での販売価格は600万。
ナンバー取得となると650万前後。

a0129711_1575598.jpg
私がもし328を買うならこの車以外は考えられない。
この車で筑波や富士が何秒くらいで走れるか楽しみだ。
サーキット用にいかがだろうか。

  by cavallino-cars | 2011-07-07 15:14 | Comments(0)

308gt4 from Roma

a0129711_150163.jpg
a0129711_1533856.jpg
ローマから来たgt4の板金作業に予定外の作業が追加され、
昨日やっとシュワラスターに入庫した。

a0129711_1503371.jpg
写真の黒いステッカーを剥がしたらその下に5cmの髪の毛ほどのひびが入っていたからだ。
現地で車を購入する時は前面のステッカーは剥がすか、
裏からよく見ないとだめという教訓になった。

この状態では車検がとれない。
急遽、本国より新品のフロントウインドウを取り寄せて交換。
30万円の授業料だ。

a0129711_1511190.jpg
それにしてもこの外装色と内装のコンビネーションはエレガントだ。
a0129711_1514378.jpg
シートのセンターがモケットなので全体の雰囲気をソフトにしている。
イタリヤ車ならではの演出だ。

a0129711_1531188.jpg
週末にはクリーニングも終わり、来週にはショールームに展示予定。

  by cavallino-cars | 2011-07-06 15:12 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE