<   2011年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

458 italia

a0129711_1630125.jpg
458italia に乗る。
十分に暖気をすませ、首都高速にのり、アクセルを床いっぱいまで踏む。

ポジションはオートマティックモード。
タコメーターなど見ている余裕などドライバーには与えてくれないほどの加速だからだ。
1速、2速、3速とシフトアップしていく間中、ドライバーは強烈なGを感じながら、
620馬力のエンジンパワーによりフロントノーズがアクセルを戻さない限りずっとリフトしているのがわかる。
決してアクセルを踏む足の力は緩めない。
そうしないとこの車の価値はわからないからだ。

フロントエンジンの599はノーズが重いせいか、ダンパーが硬いのか、
フル加速時のノーズリフトは458ほどはしない。

458のサスペンションが柔らかいのには驚くが、そのソフトさはヘアピンなどの低速コーナーでは
ハードブレーキングでノーズダイブをしたままクリップをクリアすることができるので
大きなアドバンテージになる。
筑波の1ヘアピンや首都高速の目黒線などでは恐ろしいスピードで走れるはず。

3速全開からヘアピンに入る前にフルブレーキングをするが加速があまりに速いため
カーボンブレーキでさえ効きが普通のブレーキに思えてしまうほど。

ダウンシフトはオートマティックモードでも完璧なタイミングで行なわれ、
あたかもシューマッハが無線でコントロールしているのかと思われるほどだ。
アクセル開度とブレーキングによりその速度とタイミングは変化する。

2000回転ほどでシフトアップやダウンシフトする時のスピードとは全く異なり、
同じ車とは思えないほどレーシーになるのには驚きを禁じえない。

458にカーボンブレーキが標準なのは全開からの急制動をかければすぐに納得できるはずだ。

a0129711_16571098.jpg
アクセルを開けるポイントをクリッピングポイントの手前にしてしまうとトラクションコントロールが介入してくれるとはいえ、かなり危険なので注意しなければならない。
スピンモードにはいらないまでも強いアンダーステアがでるはずだ。

高速道路でコーナリング中に早めにアクセルをあければ、
ドライバーは高速外側の壁にぶつかることを覚悟した方がいいだろう。
ただしその限界は想像以上に高く、普通のドライバーはそこまで速いスピードで
コーナーに進入することはない。

a0129711_16594623.jpg
何人のオーナーが458を458らしく走らせているのだろう。

レース経験もなく、サーキットも走ったことのない人はアクセルを床まで踏みっぱなしで
3速までいれることさえ躊躇するはずだ。

それほどその加速はすさまじく、一般車のレベルを遥かにしのぐ。
そんな未体験ゾーンに自分のアクセルを踏む力だけで簡単に入っていける。

スポーツカーは速く、美しくなければいけないという定義は458や599は満たしている。
しかし今のフェラーリはコントロールする楽しさ、速く走らせる楽しさは
かなりの運転技術がないと難しい。
個人的にはもう少しパワステを改良して、ハンドルに
フロントタイヤのグリップ感を伝えて欲しい。

3200万円の価値は美しい外観の中に隠されたV8 エンジンの加速とコーナリング、
そしてブレーキングにある。

  by cavallino-cars | 2011-04-28 17:22 | Comments(0)

Roma からやっと港に到着

3月末に購入したダークブラウンメタリックのgt4がやっと船積みされる。

a0129711_23302369.jpg
イタリヤは車を輸出する時はナンバーを必ず返却しなくてはいけない。
そのため前のオーナーの手続きがおくれたのと、英国から車をとりに行く日程が
なかなか合わず、先週の月曜にROMAから引取り、やっと港まで運ぶことができた。

a0129711_23293032.jpg
a0129711_23295125.jpg
これからコンテナの中に入れて、しっかりと4輪のタイヤを固定して船にのせる。

a0129711_23313758.jpg
約束どうり、オーナーはオリジナルのハンドルもトランクに積んでくれていた。
5月末には東京の街を初ドライブできるはずだ。

  by cavallino-cars | 2011-04-28 15:20 | Comments(0)

parts

308gt4が発売されたのが1974年、308GTB は1976年。
すでに今年で37年と35年になります。

パーツも徐々に欠品しはじめてきている。
a0129711_13472275.jpg
gt4 の Bertone のエンブレムもオリジナルは欠品。
写真のものはリプロダクションだが、gt4 オーナーには大変貴重。
カウンタックにも同じものが使用されている。
ちなみに下の写真がオリジナル。
微妙な違いがわかりますか?

a0129711_1436437.jpg
塗装をしなおした車はついていないものが多く、装着されていても文字がかすんだり、
汚れてしまっているものがほとんど。
これを新しいものに交換しただけで車がシャキッとする。

a0129711_13474863.jpg
これはgt4のフロントバンパーにつくCARELLO製ウインカーライトレンズ。
汚れているものから新品に交換すればそれだけで美しさが際立つ。
万一割れてしまった場合のためにもストックしておきたい。
a0129711_13482075.jpg
オレンジとクリアの組み合わせのものとクリアのものを1セットずつ在庫してある。

a0129711_13485061.jpg
その他日本では見つからないしっかりした革のキーホルダーや

a0129711_13492445.jpg
ドアミラーにつくステッカー、
a0129711_13504350.jpg
ANSAマフラーに貼られているシール、
a0129711_13512277.jpg
308のオリジナルの電動ファンモーターなども貴重な在庫。

a0129711_13524987.jpg
これは中古の246Dino のスモールライトレンズ。

a0129711_1354791.jpg
クラシックフェラーリに使われていたオレンジ色のフィルターや
a0129711_13543226.jpg
初期型のシルバーの縁取りのホーンボタン、
a0129711_1355172.jpg
Vitaloni のドアミラーや
a0129711_13574426.jpg
赤く塗られたものなどもとっておきます。

下の写真はヒーター用のファンモーター。これもたまに片側が動かないものがあるので用意してあります。
a0129711_1425576.jpg

a0129711_13563886.jpg
これはCARELLO製の貴重なgt4用の純正ワイパーブレード。

これから日本に入国してくる308のために細かいパーツを出来るだけ取り揃えて、
世界でもっとも美しい308を販売することをめざします。

  by cavallino-cars | 2011-04-26 14:21 | Comments(0)

308 gt4 series1

a0129711_18285615.jpg

ヘッドライトをポップアップしたシリーズ1。
この頃はフェラーリのエンブレムはつかず、Dino308gt4と呼ばれていた。

星型のホイールは後期型からのもの。
メッキのドアミラーもノンオリジナル。
運転席の後ろにつくBERTONE のエンブレムは本来、反対側につく。

ワイパーブレードのステーも本来はシルバーのものが装着される。

フロントバンパー内のウインカーレンズは透明なものと
透明とオレンジ色のコンビの2種類があり、無色のものはスイス仕様のものらしい。


仕事柄細かいところばかりに目がいってしまうが、後期型のグリルの中に隠れてしまう
フォグライトより、写真のような初期型のボディに埋め込まれた顔のほうがよりすっきり見えてかっこいい。

問題は状態のいいシリーズ1は残念ながらほとんど残っていないことだ。

  by cavallino-cars | 2011-04-22 18:57 | Comments(0)

昔の写真

a0129711_13325964.jpg
昨年私がオランダから輸入した308gt4の過去の写真をネットでみつけた。

a0129711_133319100.jpg
ナンバーは購入した時についていたものと同じだし、色も同じなので
間違いない。

a0129711_13334145.jpg
ヨーロッパの街並みを走るこの車を見つけ、写真に撮り、
現地の方がブログにアップしたもの。

a0129711_13405783.jpg
なぜか出会う前の彼女の写真を見つけたようで
うれしくなってしまいます。

この頃はまさか日本に来るなんて想像もしていなかったでしょう。
この車は昨年末から新しいオーナーのガレージで新生活をはじめています。
オーナーのMさんにも是非見ていただきたくアップしました。

a0129711_1457040.jpg
これもクラシックフェラーリならではの楽しみ。
程度のよいものであれば何処で乗られていても関係ないかもしれませんが
ヨーロッパで走り続けた歴史のある車を引き継いで乗ってる感覚は特別です。
それだけで心が弾みます。
a0129711_1652439.jpg

  by cavallino-cars | 2011-04-22 13:57 | Comments(0)

黒の308gt4

a0129711_12513335.jpg
車を買う時に重要なのはエクステリアの色。自分の好きな色の車を選びたい。

赤や黄色、紺のgt4はよく見るが、黒は珍しい。
特にソリッドのブラックはクロームメッキとのバランスがきれいだ。

ステンレス製のマフラーとUK 最後の在庫の新品のリヤバンパーがつけられた1台。

  by cavallino-cars | 2011-04-21 12:51 | Comments(0)

マイブーム

室内の内装色はGTB や GTS は黒の革が定番だが、
gt4 に関しては黒以外の明るい色の方が似合う気がする。
そのせいか内装が黒のgt4は一台も輸入したことがない。
a0129711_12545987.jpg

a0129711_13593166.jpg

a0129711_18185690.jpg
さらに革だけのものより、アルカンタラと革のコンビネーションのものが
最近ではよりかっこよく思える。

a0129711_18224254.jpg
もともとアルカンタラや布製のシートは傷みが早い。
そんな材質をシートに使用した車でコンディションのよいものは
本当に貴重だ。

もしこれからgt4の新車をオーダー出来るなら革張りではない写真のような仕様にしたい。

a0129711_1821554.jpg
革とアルカンタラのコンビネーションの色あいと
アルカンタラのステッチの繊細な手作り感がいい。
当時はレザーインテリアはオプションで用意されていたが、レザーとアルカンタラの仕様も
オプションで用意されており、こちらの方がより洒落た雰囲気になる。
a0129711_18593181.jpg

今の458や599の内装と見くらべるとその違いは歴然で、
当時のFerrari の職人の優秀さがよくわかる。
電動リクライニングなどのパワーシートではないが
この心地よさと雰囲気はそれらの利便性を犠牲にしても味わい深い。
こんな車はもう絶対に出来ないだろう。

  by cavallino-cars | 2011-04-18 18:33 | Comments(0)

F106A

a0129711_1825659.jpg
先週末、モナコブルーのgt4が
オリジナルのマフラーに亀裂が入り、限界を迎えた。
前回、英国で購入したステンレスのマフラーに交換することにした。

a0129711_1415459.jpg
黒のつや消しからステンレスに変わり、派手な印象になってしまい
見た目はオリジナルの方が好ましい。

しかし運転するとその印象は一変する。
スムーズによどみなく回るエンジンとそのマフラーからでる乾いた排気音がたまらなく心地いい。
現代車のようにうるさ過ぎるようなことはなく、言葉で言い尽くせぬような音質。
それにキャブ独特なトルクフルな加速、ステアリングに伝わる路面の感覚、
ネオクラシックとよんでいいインテリヤと室内の独特な香りがドライバーを刺激し、
叫びたくなるような衝動にかられてしまう。
自然とアクセルの開度がます。

調子のよいこのF106Aというコードネームで呼ばれるV型8気筒のエンジンは
今乗っても十分刺激的だ。

  by cavallino-cars | 2011-04-18 18:07 | Comments(0)

Enzo の遺産

昨年末までミラノを疾走していた308で首都高を走る。

a0129711_21373542.jpg
5速、3000回転、時速100km。
こんな速度でも、キャブレターの308独特な高周波な音がコックピットを満たす。
Ferrari ならではのこのBGM を聞きながら、オーナーならば
この車を買って本当に良かったと一人微笑むにちがいない。

アクセルコントロールでスライドさせながらコーナーをクリアしていくスポーツ
ドライブがこの車の真骨頂ではあるが、ゆっくり走っていてもオーナーを虜にするほど
魅力的な車なのだ。

a0129711_22292898.jpg
前のオーナーはコモ湖のビラデステや、フィレンツェ、
a0129711_2230459.jpg
たまにはマルケージ(www.albereta.it/it/ristoranti-e-bar/ristorante-gualtiero-marchesi )のような郊外のレストランに行ったのだろうか、
a0129711_22311376.jpg
助手席には奥さんか、それとも美しい恋人が乗っていたのだろうかなどと思いながらステアリングを握る。

a0129711_223536.jpg
昨年末に美しいミラノの街でこの308に乗った日は肌をさすような寒い日だった。

とばした後にゆっくり走りながらそんなことを考える。
私の好きな時間だ。

エンツォの遺産ともいえる素晴らしいコンディションの308を日本に
輸入できたことを本当にうれしく思う。

  by cavallino-cars | 2011-04-15 21:48 | Comments(0)

Milano から来た308

a0129711_14122015.jpg
昨夜遅くまで愛宕のシュワラスタープラチナウォッシュのスタッフによりクリーニングがされた308が今朝、作業が終了。
上の写真は昨夜のショット。まだエンジンフードにはFERRARI の文字は取り付けられていない。

a0129711_1661130.jpg
磨きあがった308のフロントフェンダーはBBを彷彿とさせる。
早速いつもの撮影場所まで車を移動。

快晴の空の下、広告用の写真を撮り終え、ショールームまで自走で帰る。
コンテナから降ろし、何の整備も行なっていないにもかかわらず、この308の調子はすこぶる良く、
お店につく頃には少しくすぶりぎみだったエンジンもすっかりミラノで
試乗したときの調子を取り戻していた。

a0129711_14151458.jpg
まだ4月だが、今日ほど天気がよいと室内は汗ばむほど暑くなる。
しかし308のエアコンは優秀で、コックピットを快適な温度に保ってくれる。
涼しいイギリスやヨーロッパではエアコンはあまり必要ないかもしれないが
日本のような高温多湿な国には必需品だ。
この時期でもエアコンのないDinoやRSをサウナに入っているような状態で
運転するのは遠慮したい。

a0129711_14155929.jpg
それにしてもこの固体の素晴らしさは内外装だけではなく、
エンジンはもちろん、シフトフィールや足回りのしなやかさも新車のように
しっかりしていて31年前の車ということを忘れてしまうほどだ。

シュワラスターのスタッフもドアを開けた時に30年も経過している車は
たいがいドアが落ちているものだが、それがこの車にはみられないと
驚いていたほど。

こんな308とまた出会えることがあるのだろうか。
今まで見た中ではBEST Condition の車だ。

  by cavallino-cars | 2011-04-14 14:21 | Comments(4)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE