<   2011年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

キャブレター308に魅せられて

a0129711_2319864.jpg
昨日、ファイバーボディの308のオーナーの方が来店された。

モダンカーにはあきて、古いキャブレターの車に最近は魅せられているという。
2年前に355を売却されて308を購入。

キャブ独特の加速感、美しいスタイリング、まず街では同じ車には遭遇しない
自分だけの1台ということにも惹かれている。
まさに同感。
355のマニュアルを売って、308を購入しての感想は355にはない
キャブ独特の剃刀のような加速とトルクの立ち上がり感の素晴らしさ、
きわめつけは内外装のデザインの秀逸性だという。

355はF1のような排気音とその操縦性の良さで定評がある車だ。
そんな355から308に乗り換えて本当に満足している話を聞くと
同じ価値観を共有した人と出会えたようで本当にうれしくなる。

時間を忘れ、数時間も話込んでしまった。
a0129711_23214529.jpg
ファイバーの308のエンジンは絶好調で、首都高速でもアクセルの開度により、
ノーズの向きを変えられるほど足回りもしっかりしている。
599や458ではこんな運転は限界が高すぎて楽しめない。
こんなところも308の魅力的なところだ。

タイヤだけは12年も前のものがついていたのでさすがにバイブレーションがステアリングに
伝わってきたが、それはタイヤを交換するだけで解決する。
多少クラッチも重くなっていたが、新しいクラッチディスクとプレッシャープレートを
組み込めば格段に軽くなるだろう。
それ以外はミッションの入りもよくパーフェクトな固体だった。

a0129711_23232791.jpg
その後、308gt4を試乗。
a0129711_23251810.jpg
エンジンがGTBより後ろにあるため排気音が適度な音となり
コックピットに入り込み、あのキーンというFerrari 独特なサウンドが
室内を満たす。圧倒的なコーナリングスピードはGTBに劣るが、
視界のよさによる操縦性のよさとDino246を彷彿とさせるサウンドでは
gt4がまさる。
a0129711_23281462.jpg
a0129711_23305121.jpg
ピュアスポーツのGTBを選ぶか、コートやバッグの置き場のある使い勝手の
よいgt4にするか、そんな話をしていたらあっという間に時間が過ぎてしまった。

308は見ても美しく、運転すればさらに惹かれてしまう。
オーナーにしかわからない魅力に溢れている。

  by cavallino-cars | 2011-01-30 23:39 | Comments(3)

Ferrari 599 on the road

a0129711_1852489.jpg
時速90kmくらいで運転席左前からカタカタという異音がするのでコーンズに入庫して
点検してもらった。

原因はライトスイッチの取り付け不良で再度つけなおして音は止まったように思えたが、
今度は120km以上でカタカタという音がするようになった。

ダッシュ回りや、ライトスイッチなどをはずし、メカニックが考えられるところを手で押さえながら
4日間ほど走行テストを繰り返した結果、フロントタイヤのインナーフェンダーの合わせ目が
風圧で暴れて音がでていたことが判明した。こちらも再度つけなおし、音は止まった。
今までにない軽く、強度のある素材を使用しているためなのだろう。

360チャレンジストラダーレでもある速度以上になると足元から
ブーというタバコのビニールを吹いた時にでるような音がでたことがあった。
ノーマルより軽量化されたアンダーパネルの合わせ目がばたついたことによる音だった。

a0129711_18215449.jpg
それにしても599の圧倒的な速さには驚くばかりだ。
アクセルを床まで踏むとドラマは4000回転から始まる。

身体はシートに押し付けられ、バックツーザフューチャーのデローリアンがワープするような
加速がはじまるのだ。全身の血管に流れる血液が沸騰するような興奮。
ステアリングを握る手はわずかに汗ばむほどだ。

a0129711_1821286.jpg
599の圧倒的な加速はタコメーターがあっという間に跳ね上がり
目視するのが難しいためステアリングにLEDの赤いランプが5つ点灯することに
よりドライバーにおおよその回転数をしらせるオプションが用意される。

a0129711_18185364.jpg
ほとんどのオーナーはアクセルを全開にしてその赤いランプが点ききるのを確認する前に
ペダルから足を離してしまうに違いない。それほどその加速はすさまじい。
F40 は2速3速4速と高速でアクセルを踏みっぱなしで走れるが、
599はそれが出来ないほど速いのだ。
もちろんトラクションコントロールのスイッチはオンのままでの状態でだ。

a0129711_1820076.jpg
初めて599に乗り、首都高速を全開で攻めると誰もがブレーキポイントが50メートルほど早くなる。
それほどその加速がすさまじく、ぎりぎりまでアクセルを踏んでいられないからだ。
その加速は前方のエアポケットに吸い込まれるような感覚。
気をつけないと4速でもあっという間にスピードは200kmを越える
しかもオプションのカーボンブレーキの制動力は予想を上回るので
コーナーの手前で減速しすぎてしまうのだ。

富士のストレートを全開で走り抜け、150メートルの看板を過ぎてフルブレーキングする時の
ような緊張感が599に乗ると日常になってしまう。

a0129711_18162473.jpg
この12気筒のエンジンはフレキシブルで低速でもメルセデスのように快適に走れるのが
大きな魅力だ。しかもそのサウンドはモダンフェラーリの中ではかなり控えめで
コックピットでフロントインナーフェンダーからの異音を確認できるほどなのも好ましい。

ゆっくり走っても、とばしてもその剛性感はすばらしく、加速はひと昔前のF1のようだ。

a0129711_1816538.jpg
私は初めてフェラーリを乗る人には599は薦めない。
この車の価値はアクセルを踏んで初めてわかる。
もちろんゆっくり走ってもその姿は美しく他の車を圧倒するが、
全開にした時の血液が逆流するような興奮を楽しまなければ意味がない。
同じ12気筒でもグランツーリズモのようなBB や Testarossa とは明らかに違う。
599 はFerrari の racing spirit を体感できるピュアスポーツと呼ぶにふさわしい車だ。

  by cavallino-cars | 2011-01-28 18:40 | Comments(0)

Downpayment(申し込み金)

a0129711_223866.jpg
本日、イタリヤのミラノで譲っていただいた308の仮契約を
したいという連絡をいただきました。

車は今日、東京行きの船に積まれたばかり。
入港は3月13日です。

見ないで内金をいただくわけですから、入港して現車を確認していただき、
納得いただけない時は全額お返しするという条件付きです。

ご覧いただければ、100パーセント満足いただける308なので
自信をもって薦められます。

船に乗っている間にご契約いただいたのはこの308で4台目です。
30年以上もヨーロッパ大陸を走ってきた車が
日本に到着前に新しいオーナーに引き継がれていくのは
運命のようなものを感じます。

私のレポートを信じて、
ご契約いただいたすべてのお客様に
心から感謝したいと思います。

  by cavallino-cars | 2011-01-26 22:40 | Comments(2)

嬉しいGuest

先日お客さんが308に乗って来店された。

a0129711_20503417.jpg
なんとオリジナルのシングルのマフラーがつく。
海外でも見ることの少ないシングルパイプのマフラーが都内にあることに
驚くとともに、こんな固体が日本にあることが嬉しくなります。
a0129711_20512585.jpg
乾いた音のするその車の程度はかなりよく、
もう6年以上も所有されているという。

ちょうど修理で預かっていたフランスから輸入した308をご覧になって
ワイパーがキャレロの純正がついていてもう手に入りずらいことや
a0129711_215055.jpg
オリジナルのヴィタローニのカリフォルニアミラーは文字が烙印されていて
しかも黒地に黄色文字でCaliforniaと書かれたステッカーが貼ってあること
までご存知のかなりのマニア。

そんな方に来ていただき、楽しい時間を過ごすことができたばかりか
a0129711_2152475.jpg
カリフォルニアミラーのステッカーのリプロダクションもあることまで教えていただきました。


a0129711_2155046.jpg
やはりコンディションのよい308は長く、主(アルジ)のガレージに住みついて
オーナーは手放さないのですね。

  by cavallino-cars | 2011-01-25 20:32 | Comments(0)

Thank you letters

年が明けて今まで308を納車させていただいた方から
たくさんの年賀状やお礼のメールをいただいた。

初めてフェラーリに乗る方もいらっしゃれば、
Ferrari のインジェクションモデルから乗り換えた方もいる。

すべての方に共通していることはキャブレターのフェラーリにしかない
独特の雰囲気や操縦性、加速感に満足されているということだ。
それぞれに蜜月の日々を送られている。

その内容から,乗って、見て、本当に308のある生活を楽しんでいることが
よくわかります。

328や348、テスタロッサなどと乗り比べてもその加速感はひけをとらないばかりか
それらを上回るものがある。

その上、あの美しいデザインがついてくるのだからたまらない。
それぞれの過去のオーナーのヒストリーや仕様、
コンディションなど同じ車は1台もない。
30年以上もヨーロッパの街を走り続けてきた車たちばかりだ。
今まで輸入した中にはダイアナ妃と噂になった陸軍士官がオーナーだったものもあった。

まちがいなく自分だけの1台になる。
その1台をすこしずつ手をかけて楽しんで乗っていく。

ヨーロッパの人たちが10年以上も所有し続ける理由は
実際に乗って、所有してみないとわからないのかもしれません。

フェラーリ社の歴史を感じることの出来る
素晴らしい車です。

  by cavallino-cars | 2011-01-20 11:53 | Comments(0)

308gt4 series1 at CORNES factory

a0129711_190379.jpg
大井埠頭から引取り時にブレーキに不具合があったため、
シュワラスターでクリーニングを済ませた後
無理をお願いしてそのままコーンズに入庫させてもらった。

ブレーキはエア抜きをしただけで問題は解決した。
a0129711_1924536.jpg
この車両はブレーキホースはメッシュのものに交換されている。
a0129711_1931416.jpg
ホース類も6年前にエンジンをオーバーホールした時に交換されているため
傷みはない。
ついでにカムベルトやエアコンのベルトも交換し、
定期点検整備も行なってもらうことに。

来週には作業は終了する予定だ。
それにしてもCORNES の工場内は清潔で
気持ちがいい。
愛車を安心してまかせられる工場です。

  by cavallino-cars | 2011-01-19 19:06 | Comments(0)

船積み

a0129711_20282493.jpg
今回ミラノで購入したGTBの船の手配が済んだというメールがDavid から来た。
1月26日出航、東京には3月13日に入港予定の船だ。
最近は毎回4日ほど遅れるので実際の入港は17日前後になるだろう。

極東の島国の日本に到着まで約60日。
コンテナの扉を開ける日が今から待ち遠しい。

  by cavallino-cars | 2011-01-18 20:34 | Comments(0)

Ferrari 308GTB QV for sale

a0129711_11262697.jpg
84y のこのQVは走行わずか17800km。

a0129711_1128012.jpg
厳しい排気ガス規制をクリアしつつ、81yのインジェクションモデルで大幅にドロップした
パワーを240馬力までにあげることに成功した。

a0129711_11273431.jpg
トップエンドでのパワーはキャブレターモデルにはかなわないが、
低速での加速のよさはキャブモデルを上回る。
エアークリーナーの表面にプリントされたFerrari の文字も鮮やかに残っている。

a0129711_1126534.jpg
フロントグリルにはスポットライトが左右に配置され、288GTO を彷彿とさせる。
308シリーズの中ではもっとも精悍なフェースをもつ。

a0129711_11282845.jpg
日本での販売予定価格は800万円。

現在For Sale の中では世界で一番きれいなQVだろう。
購入を希望される方はお早めにご連絡下さい。

  by cavallino-cars | 2011-01-17 11:36 | Comments(2)

F355GTS 6速マニュアル

a0129711_209872.jpg
1999年のBLUE POZZIに濃紺のレザーのF355GTS。

a0129711_2095656.jpg
赤いキャリパーがつく。

a0129711_2013794.jpg
F1ではなく、マニュアルシフトなのがいい。
走行距離は8000km。

a0129711_20105585.jpg
こんな車がイタリヤにいはまだ残っています。

興味がある方はご連絡下さい。

  by cavallino-cars | 2011-01-14 20:17 | Comments(4)

348tb と 348GTB との20馬力の差

90年から93年まで生産された348tbは
若干のモディファイを施され94年の348GTB を最終に生産を終了する。

GTB は外観ではスポイラー、サイドスカート、リヤバンパーの下の部分、エンジンフードが
黒からボディと同色に塗られるようになった。

エンジンパワーは300馬力から320馬力にパワーアップされる。

当時、日本で初めてフェラーリ社公認の1メークレースが開催された。
ロールバーや専用シート、マフラーなどのチャレンジキットをノーマルの348に組み込んで
参加できるレースだ。

私も2年間参戦したが、20馬力の差は富士のストレートでじわじわとゆっくり離される程度。

初期型の348で参加した私はレースではその差で悔しい思いをしたが、
公道で走るなら20馬力の差はまったく気にならない。

弊社にストックしている348はすべてノーマル仕様。
これにtubi のマフラーをつけただけでドライブフィールは
チャレンジカーのようになる。

a0129711_15185225.jpg
ちなみに私の筑波でのラップタイムは1分4秒。
チャレンジファイナルに参戦した時はイタリヤへも自分の348を持ち込んだ。

a0129711_1955758.jpg
フィオラノでのラップタイムは1分36秒だった記憶がある。
a0129711_1963254.jpg

初めて走ったコースだったので慣れれば34秒では走れるだろう。
ちなみにデーモンヒルの355でのタイムが1分30秒。

ジャーナリストは348をあまり良くいいませんが、
所詮乗っても数時間程度の人が言うことは
あまり気にしない方がいい。

348はレースの楽しさを私に教えてくれた想い出深いフェラーリだ。
車高を1cm調整しただけで筑波のラップタイムが3秒も速くなったり、
富士ではサスペンションのストロークを短くさせるパッカーをいれることにより
高速コーナーの安定感がますなど、車のセッティングもこの車でおぼえた。

355になってからはニュートラルステアになり、より安定した足回りになったが、
少しトリッキーな348を自由自在に操縦する楽しさは格別です。

348のコックピットに座るたび、鈴鹿や富士、岡山TIそして
イタリヤのムジェロサーキットやフィオラノなどのレースシーンを
回想してしまう想い出の車だ。

  by cavallino-cars | 2011-01-14 15:12 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE