<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

1979y Ferrari 308GTB キャブモデル

a0129711_10505058.jpg
a0129711_1051211.jpg
濃紺にタンの内装の308。
赤が多い中、この組み合わせの車は本当に珍しい。
個人的にはかなり好きな色です。
a0129711_10522425.jpg
前オーナーは1994年から16年間所有。
ヨーロッパの人たちが長く1台の車をもち続けるのに感心します。

a0129711_10524714.jpg
10年前にオールペイントがされ、500km前に各ベルトの交換や整備がされている。
ホース類も新しいものに交換されており、きちんと整備されていることが
よくわかる。

a0129711_10515376.jpg
この車の特徴はなんといってもセンターだしのマフラーとそれように作られた
デフューザーだ。
ボルト止めされているだけなのでオリジナルに戻したければ
簡単に戻せるのもうれしい。

オーナーは素晴らしい音がするといっているが、実際に聞いてみたい。
a0129711_10545985.jpg
ハンドルはノンオリジナル。
ツールやキーはオリジナルのものが揃う1台。

予定販売価格は650万円。

  by cavallino-cars | 2010-11-26 10:57 | Comments(7)

Ferrari 308GTB Fiberglass

a0129711_13375134.jpg
今年の5月12日に大井埠頭で受け取った英国からの308GTBのファイバーボディの
日本での新しいオーナーが先週の土曜日に決まった。

今年6月末にショールーム移転の際スペシャルプライスをかかげて
今まで売れなかったのが不思議な1台。

a0129711_13383092.jpg
理由は明確でその価格の安さ。
程度はかなり良い部類にはいる。
4ヶ月ほど英国で売りにだされていた黄色のファイバーは走行距離もほぼ同じで
現地価格45000ポンド、日本円に換算すると600万円。
その車も既に売却済み。
現地に車を確認に行く渡航費、船賃、通関費用、予備検査費用などの諸経費をいれると
ざっと原価でも750万円はくだらない。それに車屋の利益がのせられて店頭表示価格と
なるわけだから今回の688万円は本当にお買い得価格。
もうこれからはこの価格では輸入販売ができなくなってしまいました。

a0129711_13474597.jpg
ちなみにファイバーボディの売り物はスイスに97000kmの1台75000スイスフラン(750万)、
イタリヤに50000kmの798万円、そして英国にある約10万キロの600万円のものの3台のみ。

今年の初めに英国人のオーナーのところに見に行った前日が雪だった。
道路の脇に雪が残る中、試乗したのが懐かしい。
上の写真はすべてその時の英国でのショット。
同じ時期に日本の新しいオーナーのガレージに納まるのも不思議な縁を感じます。

これから予備検査をとり、整備をすませ、納車は年末ぎりぎりか来年の1月の予定。

  by cavallino-cars | 2010-11-22 13:51 | Comments(0)

458italia

先週gt4に久しぶりに乗った後、昨日458Italia のステアリングを握った。
そのエンジンのスムーズさは圧倒的で、初めてそのアクセルを踏んだ人は
踏みっぱなしではいられないにちがいない。
とにかく速い!!

a0129711_14453142.jpg
ステアリングはスムーズでモデナのようにターンインの際、その軽さゆえ
舵角を与えすぎてきりすぎてしまうようなこともない。

フルスケールでこのエンジンを回してみたら一昔前のレーシングカーを公道で
走らせているような興奮が味わえるはずだ。
しかもトラクションコントロールなどの装備のおかげで
安全なマージンをもってそれが楽しめる。
3200万円は決して高くはないような気がする。

さらに驚くべきはクラッチの素晴らしさだ。
レーシングスピードでのつながりの速さは言うに及ばず、
車庫入れの際の数センチの微妙な移動にも対応できる。
何度も切り返しをしながら駐車してもクラッチの焼ける匂いもまったくしない。

技術の進歩には驚くばかりだ。
458が自宅のガレージにあったら、狂ったように全開で高速をとばしたく
なる衝動を抑えるのは無理だろう。

しかしその限界が高いがゆえ、コントロールを失ったら立て直すのは難しい。
車も身体もかなりのダメージはさけられない。

オーナーの方はコーンズで主催しているPILOTA FERRARI に是非参加されることを
おすすめします。100万円の受講料はドライビングスクールにしては高額ですが、
それを受けることによって事故を回避できれば安い出費かもしれません。
私は以前、イタリアのMUGELLO サーキットで行なわれている本国のPIROTA FERRARI
に2回ほど参加したが、そのプログラムは充実していてお勧めです。

なにより講習車が599 と458 ですから自分と同じ車の限界時の挙動が体験できる
のだからオーナーには願ってもないプログラムだ。

  by cavallino-cars | 2010-11-14 14:58 | Comments(0)

日本の借金時計

yahooで日本の借金時計なるものを検索してみると国債と借入金債務現在高の総額がみれる。
今日現在で908兆8663億円!!

国民一人当たり701万円を納めないとこの借金苦からぬけだせない。
3人家族なら2100万円だ。

こんな状況にもし民間企業が陥ったら、役員は当然給与カット。それも10パーセントどころではすまない。
そんな事態を招いた責任をとって90パーセントカットもやむをえないだろうし、
場合によっては辞任または解任だ。

そんな危機感は自民党の谷垣総裁にはまったくない。
自民党がトリガーをひいたこの国債乱発の責任を感じないのだろうか。
そんなことはおかまいなしに今回の尖閣諸島のビデオ流失の件で仙谷官房長官に辞任しろという始末。
もっと議論しなければならないことは山積している。
あげあしをとるようなことばかり言っている場合ではない。

彼らのような政治家が国会で私たちの税金と時間をこんなくだらないことに使っていること
に腹立たしく思うのは私だけだろうか。

民主党の仕分けも評価できるが、では廃止と決まった機関は即刻廃止ではなく
存続するなんて普通の企業では考えられないことを国費という税金で
賄っている。これこそ国民をばかにしている。

政治が国民の経済の実態とかけはなれているのはいかがなものだろう。

おととい群馬まで出張した。
関越道の月夜野から水上までの間数キロにわたって中央分離帯に数百のライトが
設置されているのに驚いた。
用賀から東名高速料金所までの間に設置されている
青いキャンドルのようなライトも見るたびに無駄使いだと思う。
世界中こんな意味のない照明は日本にしかないだろう。

目に見える小さなことから直していかなければ大きな改革などけっして出来るはずがない。

政治家の皆さんは党の壁を越えて協力しあい、
この危機的状況から日本を救うべく努力してほしいと心から願う。

菅首相は命を懸けて職務を全うするとおっっしゃたが、戦時中、日本を守るため、
家族を守るため、命を懸けて戦った若者達とくらべるとその言葉は薄っぺらいものに
しか聞こえない。その言葉どうりの政治を期待したい。

  by cavallino-cars | 2010-11-14 00:27 | Comments(0)

Dinogt4 registry

308gt4 のオーナーの皆様へ。

ご自分の愛車の車台番号を確認してから是非www.dino-gt4-registry に
アクセスして見て下さい。

1974年から80年までに生産された車が登録されています。
今お乗りの車の過去のオーナーや整備記録なども閲覧できる優れもの。
a0129711_1744119.jpg


あくまでオーナーの申告によるものなのですべての車が網羅されているわけでは
ありませんし、偽証をされていたらそれまでですが
かなりの確率で正しい情報がえられます。

もしご自分の車が掲載されていなければ登録することも可能です。
過去のご自分の車のヒストリーを調べてみるのも楽しいですよ。

  by cavallino-cars | 2010-11-01 17:39 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE