<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

308 Fibreglass

a0129711_18331212.jpg
ファイバーグラスの308 で首都高を走った。
細いステアリング、すわり心地の良いシート、
すっきりしたメーター、そして独特のエンジン音。
今の車にはないものばかりだ。

最新の458や599も素晴らしいがここにはまた別の世界がある。


日本の夏は英国の夏とは比べようもなく暑い。
今の時期英国では夕方はセーターを着ないと寒いくらいだ。

そんな国から来たこの308のエアコンは優秀で今日のような暑さでも
風量をミニマムにしてもよく効く。


やせ我慢しながら汗をふきながら運転するなんてことはない。
こんな日でも横に彼女をのせても彼女のファンデーションが
崩れる心配は全くない。

a0129711_18344129.jpg
ちなみにダッシュボードのエアコンの吹き出し口をウインドウに向けると
こんなに水滴がつくほど冷えるのだ。

a0129711_18341555.jpg
1976年にマラネロからデリバリーされたこの車は多くの英国人が
ステアリングを握り、感動し、愛され、大事にされて、今東京の道を走っている。

712台生産されたファイバーグラスの308で現存するのは半分くらいだろうか。
しかも右ハンドルの生産台数はわずか154台。

この車を運転していると古いものを大切にする英国人やヨーロッパの人の気持ちが理解できる。
フェラーリの歴史の一部を共有しているような高揚感がある。

出来ることならこのまま会社のガレージにしまっておきたい。

  by cavallino-cars | 2010-08-31 18:49 | Comments(0)

New タイヤ

昨年輸入した2台目のgt4はハンドルが輸入1号車に比べかなり重かった。

原因は古いタイヤ。新品のタイヤに交換したところそれまでが嘘のように
軽くなった。

a0129711_20313196.jpg
この車についていたのは2008年第8週に製造されたもの。
それほど古いものではないが、
ハンドルがばたつく感じがするので新品タイヤに交換して
ホイールバランスもとりなおしてみた。

停止時のすえ切りでもう違いがわかるほど軽くなった。

a0129711_2039250.jpg
高速での突き上げ感もなくなり、快調そのもの。
18万円の出費。
 
よりフェラーリらしくなった。

  by cavallino-cars | 2010-08-25 20:32 | Comments(0)

8月25日外気温36度

a0129711_20413522.jpg
本日撮影のためモナコブルーのgt4で
いつもの撮影場所まで出かけた。

外気温は36度。
毎日のことだが今日も暑い。

a0129711_2042565.jpg
しかし308のクーラーは吹き出し口がキーシリンダー右下の2ケ所と
ダッシュボード上の3ケ所しかないのに優秀で
こんな猛暑でも車内は快適だ。

エアコンなしの246ではこうはいかない。
308は日常の足として真夏でも使えてしまう
daily Ferrari なのです。

  by cavallino-cars | 2010-08-25 18:12 | Comments(0)

円高差益還元値下げ

今日の£は130.1円、ユーロは106.7円と月曜からそれぞれ2円も円高に推移している。

この様子では£が最安値の117円を更新するかもしれない。
それを願って?今回大幅な値下げを実施いたしました。

もともと上質なフェラーリを買いやすい価格で市場に紹介し、
一人でも多くの方にこの車のよさをわかっていただくことを
目標に輸入してきました。

いよいよ好機到来!

この機会に是非、購入をご検討下さい。

  by cavallino-cars | 2010-08-25 12:17 | Comments(0)

ベルト切れ?

a0129711_18541140.jpg
本日コーンズより
作業終了との連絡があり、
gt4を引き取りに行ってきた。

先日横浜からの帰りのベルト切れ?の原因はベルトの張りが十分でなかったために
プーりーからはずれてしまっただけ。

横浜の工場でダイナモを動かしてテンションをしっかりかけた
つもりだったのだが、何かが原因でゆるんだようだ。

大事にならずに何より。
コーンズからの帰り道、首都高にのった。
何度乗っても、良いなぁ と思える1台です。

  by cavallino-cars | 2010-08-18 19:03 | Comments(0)

警告灯点灯!

先週の木曜の晩、モナコブルーのgt4を夕方、横浜の工場まで乗って行った。

行きは快調。エアコンも効き、エンジンもすこぶる調子いい。
用事を済ませ、帰る途中、キュルキュルとプーりーとベルトがこすれる
ような音が聞こえてきた。

すぐに工場に引き返すが、嫌な予感は的中。
5分もしないうちにジェネレーターの赤いライトが点灯。
水温もみるみる上がっていく。

オルタネーターのベルトが切れたのだ。
ウォーターポンプのプーりーも同じベルトで動かしているため
水温も当然上がる。

なんとか工場までたどり着き、工具の中からベルトを探し、交換。
フェラーリの工具には必ず予備のベルトがはいっているが、
使用するのは今回が初めて。

交換後は警告灯も消え、高速で一路、会社へ。
第三京浜から首都高にはいり、子安を過ぎた時また警告灯が
点灯。

また切れた!

暖まるとプーりーがスタックしてしまうのかもしれない。
こんな経験は初めてです。

そのまま出口で下りて、一般道でJAFを呼ぶことに。
すでに時間は午後の9時をまわっている。

トラックがついたのは約1時間後の10時。
とりあえず会社に運んでもらい、翌日コーンズに予約をいれる。

クラシックカーのオーナーにはこんなにトラブルがあったとか、
工場に入っている時間のほうが長いとか苦労話がつきないが、
出来るだけトラブルはない方がいい。

予期せぬこととはいえ、原因をしっかり確認し、納車前には
必ず予防措置をしなければと思う。

原因はコーンズからの報告があり次第、お知らせいたします。

万一、警告灯がついたら水温、油音などは必ずチェックしてください。
そのまま走ってしまうとオーバーヒートして、最悪の場合はエンジンが
壊れることもありますのでご注意を。

  by cavallino-cars | 2010-08-11 15:43 | Comments(0)

浅草

はやいもので神谷町から浅草に引越してもうじき2ケ月になろうとしている。
おととい久しぶりに仕事帰りに浅草寺の境内に行ってみた。

a0129711_21534825.jpg
夜の境内はライトアップされ、5重の塔と浅草寺が
美しく、感動的です。

まわりにはフランス人やアメリカ人、中国人などの観光客が
写真を撮っている。
京都のようです。
会社の近くにこんな場所があり心が癒されます。

神谷町にいた頃も近くの愛宕神社によく行ってましたが、
規模がちがうので圧巻です。

おみくじコーナーがあったのでひいてみることに。
ここは完全な自主申告制。

100円を入れ、筒をふり、出てきた棒にかかれた番号の
引き出しを開けてお札をとる。

誰もいないのでお金を入れなくても
引き出しは開けられますが、そこは下町。
そんなことは誰もしません。

海外では考えられないシステムです。

こんなところにも日本のよさが感じられます。
ちなみに私は今年初の大吉。
今年はいいことがあると信じ、あと4ケ月頑張ります。

  by cavallino-cars | 2010-08-09 22:00 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE