<   2010年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

308 on the 第三京浜

a0129711_1920147.jpg
タイミングベルトの交換を終えたFranceから輸入した308をテストドライブした。
コースは第三京浜と首都高速。
a0129711_19402392.jpg
328と比べるとシートの位置はかなり低く路面のすぐ上に座っているような感覚。
レーシングカートに乗っているような感じだ。
加速感とコーナーリングのコントロールのしやすさは明らかに328にまさる。
右足の踏み方次第でノーズの向きがリニアに変わる308のコーナリングは
本当に楽しい。
スポーツカーを愛する者には至福の時だ。

308から328に乗り換えるとカートから乗用車の乗り換えたようだ。
着座位置も高く、乗りやすい。
パワーは15馬力アップし、
車重は308(スチールボディ)の1330kgに対し
328は1263kg。67kgも軽い。
だがアクセルのピックアップが遅いのが乗り比べるとはっきりわかる。

ギヤ比は308も328も変わらない。
バルブタイミングは吸排気で10度以上違う。
10度違うとハイカムを入れたほど加速に違いがでる。

308が328に比べ軽く感じられるのは
そのせいかもしれない。

a0129711_18312464.jpg
328は排ガスの規制のためにマイルドにせざるをえなかったのだろう。

255psの308と
約10年後に発表された270psの328とでは
328の方が速いと思うのが普通だ。

しかし運転するとその予想は簡単にくつがえる。
それほど308の加速はシャープなのだ。
なぜ日本で308の人気がでないのか
不思議になる。

おそらく日本仕様やアメリカ仕様の重い、遅いイメージしかないのだろう。
それとも程度のよいヨーロッパ仕様の308を乗るチャンスがないからか。
速さよりも乗りやすさが好まれるのか?

1度328のオーナーの方に乗り比べていただいて
意見を聞いてみたい。

  by cavallino-cars | 2010-07-30 18:37 | Comments(3)

308 & 328 on the road

a0129711_10255260.jpg
実際に328と308を乗り比べてみることにする。

308のアクセルレスポンスは328に比べるとかみそりのようにシャープだ。
欧州仕様の328のオーナーが308gt4に乗った時に
328より速いと言わしめたほど
その加速感は違う。

4つのツインチョークキャブレター、8個のバタフライの奏でる完璧なハーモニー
を右足のアクセルの踏みかげんで楽しめる。

その細いステアリングからは路面の状況がダイレクトに伝わってくる。
車内は246ほどではないが、タイトでスポーツカーそもものだ。

a0129711_1101741.jpg
328に乗り換えるとまずそのエンジン音の違いがよくわかる。
より静かでスムーズだ。
ボディもひとまわり大きく感じる。

スロットルレスポンスは308ほどシャープではないが
電気自動車のように下から上までなめらかに回り
ギアチェンジも今の車と変わらないほどスムーズだ。

クラッチもより軽くなり、操作系も分かりやすい。
アクセルレスポンスはかみそりのような308とは異なり、
ゆるやかだが、その分機械としての安心感がある。

この2台のFerrari は走らせると驚くほど違う。
ダイレクトなステアリングとタイトな308に対し、
328はよりスムーズで、リファインされた乗り心地、そして
リラックスして運転できる。

ロードレーサーのような308と洗練されたスポーツカーの328。
どちらをチョイスするかはオーナー次第だ。

  by cavallino-cars | 2010-07-29 11:10 | Comments(0)

308 と 328 Which do you prefer?

a0129711_1394341.jpg
久しぶりに328に乗る機会があった。
最近308のキャブレター車に心惹かれている私だが、
かつては328は所有していたほど好きな車だ。

なぜ今308にこんなに魅せられるのか検証してみたくなった。
動力性能的にはほとんど変わりない2台。

エンジンの始動性は328が格段に上。
子供でもキーを回せばビィーンという
音とともにV8エンジンは簡単に目覚める。
排気音よりも電気的な音のほうが大きい。

それに比べ308はアクセルを床まで1度踏み込み
フュエルポンプの音を確認しながらセルを回す。
エンジンに火が入ったところでアクセルを開け、エンジンを始動。
少々面倒だが
排気音は328よりかなり魅力的だ。

コックピットに座った雰囲気は一見同じようだが、
実は全くその世界は違う。
a0129711_1421259.jpg
328のモダンフェラーリにもつながる太い小径のステアリングに対し、
a0129711_144066.jpg
308は大き目の細いハンドル。
デイトナや275のように大きすぎずに飛ばしているとこの細さがクラシカルでいい感じなのだ。
しかも328より車庫入れなどの時は格段に軽い。
a0129711_145961.jpg
ドアの肘掛もダッシュボードからドライバーを包み込むようにコの字につけられ、
その流れるようなラインが美しい。

a0129711_1462142.jpg
328はドアを内側から閉めやすいように取っ手がつけられた。
そのためダッシュボードからつながる肘掛の流れるような優美なラインは失われている。

使いやすくなった反面デザインは普通になってしまう。
a0129711_1503870.jpg
シートはより角ばったモダンな形状に変更され、スイッチ類も液晶タイプに
変更されている。
外観だけでなく328に乗り換えると電気自動車に乗っているようで
その乗りやすさに驚かずにはいられない。



うまく表現できないが、308はそのレトロな感じがいい。
それでいて走るとそのイメージは豹変する。
まさにFerrari そのものなのだ。

a0129711_1483524.jpg
それはコックピットに座った時から感じられる。
デザイン重視のため隠されたドアオープナーや質感のよいウインカーレバー類。
カチリと動くスイッチ。
メッキで囲まれたメーター。
思いっきり押せば曲がってしまいそうな華奢なハンドル。
3本スポークの付け根の柔らかい革の感触。

そして気持ちよくまわるエンジンとキャブならではの吸気音。
エアコンのスイッチさえ独特な
雰囲気がある。


クラシックでありながら実用車として使える最低限の装備もつく。

a0129711_150688.jpg
308の椅子にいたっては座るとスゥと少し沈みこむ
288GTOの椅子に近いフィールがある。
gt4もそれは同じだ。

椅子の革とセンターのラインの艶が違うのもデザイナーのこだわり。
シートが艶消しの革に対し、ラインは艶があるものを使用している。
確かにこの方が美しい。
そしてシートとヘッドレストにもパイピングがきれいに施されている。
328のシートは縫い目が変わり、それがない。

決定的に違うのはそれら全体がかもし出す居心地のよさだろう。
私にとっては308はお気に入りのB&Bの家具に囲まれているような空間なのだ。

それにキャブ独特の吸気音と加速感が加わるのだからたまらない。
体感では明らかに328より速く感じる。

インテリアも見比べると308の方が細かいデティールが優れている。
328になってから少しではあるが、量産するために細かい仕様が変更されているのが
明らかにわかる。


生産台数はファイバーモデルが75年から77年の3年間で712台
スティールの308は77年から80年までの4年間で5404台
328は85年から89年の5年間でターボモデルも加えると実に8548台も作られている。

これらの違いを知れば知るほど308が魅力的にみえてくるのだ。
ただし私のいう308はキャブレター仕様のヨーロッパモデルのみ。
US仕様や日本仕様、そしてインジェクションモデルは明らかに動力性能が
劣るからだ。

308と328、乗りやすさは断然328だが、その美しさと楽しさは
308の方がワンランク上というのが個人的見解。

  by cavallino-cars | 2010-07-28 14:44 | Comments(0)

理想の1台

どんな車でも1台あげるから何が良いと聞かれたら何を選ぶかと
よく聞かれる。

時代とともにそれは変わってきた。
a0129711_1741181.jpg
1990年の頃は間違いなくF40だった。
あの乾いた排気音、市販車ではありえない危険な加速。デザイン。
よく効くブレーキと夏でも車内を寒いほど冷やすエアコン。
ソリッドなハンドリング。
一時期は所有したこともあった。

ディトナはデザインや排気音は申し分ない。
どこまでも加速していくようなパワーも魅力的だが、
ブレーキがあまりに効かなく、普段乗るには重いハンドルも手伝って少しつらい。
275も同じだ。
乗るときはどうしても構えてしまう。
当然場所も限られる。

a0129711_18154936.jpg
246は乗っては非常に楽しく、デザインも大好きだ。
サイドのエアダクトは328と見比べると比べ物にならないほど
ラインが繊細で美しい。
最初は246gts、2台目は246gtを所有した。
2台とも新車のようにきれいにレストアして数年間所有した。

見ているだけで美しく、ガレージにあるだけでも満足できる車だった。
しかしプールと一緒で乗れる季節が限られる。

モダンフェラーリは速くなりすぎて、車を自由に振り回す楽しみが
公道では失われている。

発表される新車がどんどん大きくなる中
サイズがちょうど良く、荷物も十分に積め、
手足のようにコントロールできる車。
簡単にドリフトが首都高速でも出来る車、
そして出来るだけ普段に乗れる車を
求めていた。

a0129711_17474216.jpg
そんな時にスコットランドで出会ったのが
gt4だった。自分の理想の車だった。

a0129711_1861159.jpg
328や355、360,430と乗り比べてもやはり
キャブのこの車が私の中の1番だ。

a0129711_17494532.jpg
キャブレター独特の加速感、レトロな車内のスイッチ類、
細いステアリング、ステアリングスポークの付け根の柔らかな
革の質感。すべてが今の車にはなく、魅了してやまない。
しかもエアコンがついているので真夏は無理としても
7月半ばから8月以外はやせ我慢せずに十分に乗ることができる。

a0129711_17503888.jpg
246もそうだが自分だけの1台になることは間違いない。
同じ車に遭遇することはまずないだろう。

この車ほど写真で見るより実車のほうがかっこいい車はないと思うし、
運転するとさらに楽しい車は少ない。

a0129711_187060.jpg
私はゴルフが趣味なのでバッグを出すのにエンジンフードを
毎回開けるのが無粋でGTBやGTSを選ばないが、
純粋にスポーツカーとして楽しむには魅力的だ。
a0129711_1843085.jpg


a0129711_1834289.jpg
ちなみに私の車暦はFiat X1-9から始まり、
乗ってきた車は
Alfaromeo 2000 spider
Lotus Esprit
Ferrari 308gt4
Ferrari 308GTS QV
Ferrari 328GTS
Ferrari 328GTB
Ferrari 308GTB QV
Ferrari 288GTO
Porsche 959
Ferrari testarossa
Dino246gts
Ferrari 250GTO
Ferrari Lusso
Lamborghini Countach 5000QV
Alfaromeo ES-30
Ferrari 348tb
Ferrari 348challenge
Ferrari F40
Ferrari F355
Ferrari 456GTM
Ferrari 512TR
Ferrari 550
Ferrari 575
Lamborghini LP640
Lamborghini Garaldo
Aston martin DB9
BMW Z8
Porsche RS 92y
Porsche GT3
Ferrari 360
Ferrari 430 spider
Ferrari 430 Scuderia
Ferrari 612
Dino246
Lotus mark9
などなど。

そしてまた初めてのFerrari のgt4に戻った。
自分でもまさかgt4を選ぶようになるとは思わなかったが
すべてが今の自分にはパーフェクトな1台なのだ。

キャブレターのFerrari は乗れば乗るほど好きになっていく。

  by cavallino-cars | 2010-07-24 18:18 | Comments(0)

本当にあった怖い話

a0129711_14153396.jpg
20年ほど前は考えられなかったが今やテレビで自動車保険の宣伝合戦がすごい。
そのほとんどが外資系または新しい保険会社だ。

各社ともその保険料の安さをうたっている。
本当に安くてよいものが提供されるのならこれほどうれしいことはないが、
事故にあってみなければわからないのが実情。

a0129711_14145690.jpg
驚いたのは某有名女優が宣伝するOOジャパン。
夜中の2時に運転中、右車線のトラックの荷台下のバーと右側面を接触。
トラックは大型だったためそのまま気ずかず走行。
追いかけようとしたが、まず傷を見たくて停止し、確認。
フロントフェンダーからリヤフェンダーまでこすり傷を確認。
運転者の過失だったため、そのまま帰宅。
翌日、警察に届けをだし、保険会社に連絡。

保険会社は翌朝警察に届けたのは不自然と判断。
飲酒の可能性があるとして支払い拒否。
支払い拒否の理由を書面で出してくださいとお願いしたら、
弁護士がでてくる始末。
結局お客さんは修理代をすべて自己負担してました。
もちろんそれからは保険会社を変えてます。

東京海上、三井住友、AIU、あいおい損保などの
大手保険会社は安心ですが、
安さを売りにしている保険に入る場合は
万一場合の対応をしっかり確認されてから
加入されることをおすすめいたします。


ちなみに弊社は三井住友と東京海上を扱っていますが、
トラブルはなし。

  by cavallino-cars | 2010-07-24 14:09 | Comments(0)

Beautiful Sunday! Beauty gt4!

a0129711_22584582.jpg
連日35度を超える猛暑の中、日曜日の朝、ペイントが完成したばかりの
gt4にキャディバッグを積み込み、成田ゴルフ倶楽部に向った。

a0129711_22564238.jpg
いつもなら自宅から40分ほどでつくはずが事故渋滞で20分ほど遅れて到着。
途中のストップアンドゴウの繰り返しでも水温は95度以上には上がらない。
a0129711_22571642.jpg
油音も100度を少し超えたあたりで安定している。

a0129711_23521858.jpg
エアコンはさすがにこの天気だとフロントウインドウの大きさも影響してモダンカーのようには
効かないが、汗をかくほどではない。
a0129711_1042516.jpg

ここはクラブハウスから出口へ向かう道。
緑と強い日差しでCalifornia のようです。

a0129711_2301962.jpg
308gt4のトランクは広く、キャディバッグはドライバーを抜かずに余裕で2セットは入る。
着替えを入れたバッグはリヤシートに置けるので2人でゴルフに行くには最高だ。
もちろん一人で行くには申し分ない。

東京に戻り、自宅から近くの丸の内中通りのカフェで一休み。
a0129711_2354437.jpg

丸の内は以前もブログで紹介させていただいたが、ヨーロッパの雰囲気があって
都内では一番のお気に入りの場所。

この通りにはバカラ、トッズ、バーバリー、
エルメス、セルジオロッシなどの有名店がならぶ。

カフェでお茶をしていると英国のスローンストリートにいるような気分になる。
街路樹があり、石畳の道もヨーロッパのようだ。

それにしても gt4 に乗っていると驚くほど人の見る目が優しい。
横断歩道では通リすがりの外国人に手を振られ、
道では老夫婦にフェラーリだねと声をかけられる。

お茶をしている間も何人もの人が写真を撮っていく。

1973年10月パリサロンでデビュー。
37年前の車とは思えないほどそのデザインは今見ても新鮮だ。
しかも普段の足として十分に使用できるキャパシティーも
備えている。

そこにはモダンフェラーリにはない美しさが確実にある。

  by cavallino-cars | 2010-07-19 23:37 | Comments(0)

エキゾーストノート

最近のFerrari の排気音はレーシングカーのように大きい。
車に興味のない人ならばひと昔前の暴走族の車と区別がつかないだろう。
個人的にはあまり好きになれないが、
性能を追求していく上では仕方ないのかもしれない。

a0129711_20555930.jpg
それに比べ70年代の12気筒はすんだよい音だった。
初めてDaytona のコックピットに座り、アクセルペダルに右足をのせ
ブリッピングした時のフォンという音に感動したのを思い出す。

a0129711_20564375.jpg
そのまま首都高にのり、3速、4速とシフトアップしていった時の高回転での
エンジン音はまさにフェラーリミュージックと呼ぶにふさわしいものだった。
8気筒ではF40に代表される乾いた音に心がはずんだ。

a0129711_20573228.jpg
360からはそれまでのFerrari の音作りとは全く異なるものとなった。
a0129711_2104494.jpg
はたしてEnzoが生きていても同じように変わってしまったのだろうか?

a0129711_20583691.jpg
430スクーデリアを運転するとまさにレースカーを公道で走らせているような感覚だ。
458はマイルドにはなってはいるだろうが、大きな変更はないだろう。

あの澄んだフォーンという独特な息の長い排気音が懐かしく、愛おしい。

  by cavallino-cars | 2010-07-06 21:05 | Comments(0)

Aston Martin Rapide

a0129711_18111544.jpg
今もっともクールなセダンは?と聞かれたら迷わず Rapide と答える。
デザイン、音、室内空間、どれをとっても他の車から抜きん出ている。
今回アストンマーティン赤坂(03-5411-2332)の好意で試乗の機会をいただいた。

Aston をみてしまうとパナメーラはなんともぼてっとしたイメージだ。
その動力性能は別にしても911を引き伸ばしたようなデザインは
お世辞にもかっこいいとはいいがたい。

それに比べ Rapide は何処から見ても魅力的な形をしている。
オーディオのスイッチを入れるとフロントピラーの下のダッシュボードから
バングアンドオルフセンのスピーカーがヌーと上がってくるのもオーナーの
気持ちを昂ぶらせる。
AUDI のS8も同じスピーカーを内臓しているが全体の
かもし出す雰囲気は格段に違う。

a0129711_17171122.jpg
Rapideのこだわりはそれだけではない。シルバーで縁どられた室内灯や
ピアノブラックのセンターコンソール。
シートヒーターとシートベンチュレーションを両方をコントロールできるスイッチ。

ピラーからルーフを覆う質のよいスエードの内張り。
特にナビを内臓したパネルはDB9の初期型は経年変化でゆがんでダッシュから浮き出したり、
隙間が広がったりしたが、今回は改良され、その心配もないとのこと。

a0129711_17215552.jpg
トランクスペースも仕切り板を倒すとかなりの荷物を収納できる。
a0129711_172221100.jpg

a0129711_1723160.jpg
さらにリヤシートも倒すことでワゴンなみに荷物もつめるのだ。

デザイナーのこだわりはトランクのヒンジにも見られる。
a0129711_1732997.jpg

普通はトランクのフックはカバーなど付かないが、
開けた時にフラットになるようパネルがつけられている。
Ferrari でさえこんな細かい演出は出来ない。
昔の良き時代のこだわりのある車作りをしているAston に感激です。

a0129711_17175125.jpg
リヤシートは乗り降りだけはマセラッティやベントレーなどと比べると無理な姿勢を強いられるが、
いったんそこに座ってしまうと飛行機のコックピットに座ったような感覚。
センターコンソールが高いせいか身体全体がサポートされているようで心地よい。
もちろんヘッドクリアランスも十分にある。

a0129711_17184076.jpg
デザイナーのこだわりは他にもみられる。
他の車にはフロントドアとリヤドアの間にセンターピラーがつくが
Rapide はそれをわざとウインドウの内側に入れクーペのように見せている。

シートに腰掛けるとセンターコンソールとドア内側の肘掛の高さがちょうど良い位置にある。
これも計算済みの高さなのだろう。
他の車は意外に低かったり、高すぎたりして、おちつかないのだ。
しかしこの車はスミズーラ(オーダーメード)のスーツを着たようにしっくりくる。

Aston Martin の12気筒はいかにもトルクフルな低いサウンドを奏でるが、
Ferrari のような大音量のものとはいい意味で違う。
マセラッティに近いが低回転ではボディの遮音性が優れているのか
むしろそのサウンドは静かに感じる。

Rapide の排気音はデイトナや275の吹奏楽器のような澄んだ音で耳に心地よい。
しかし4000回転を超えるとその澄んだ音色はレーシングカーのような野太いサウンドに
変化するのだ。
首都高の3速でまわるようなコーナーではDB9とほぼ同じ感覚だ。
サスペンションはしなやかではあるが、やわらかすぎる事はなくセダンであることを
忘れてしまうほどスポーティだ。
スーパースポーツのクーペと変わらないドライビングを楽しめる。

2268万円はマセラッティのクアトロポルテより700万円ほど高いがQPはスポーツカーではない。
他にもう1台スポーツカーを買うことを考えると、スポーツクーペのようなRapide を買うことは
かなりのバーゲンプライスになるのかもしれない。

久しぶりに感激した1台でした。
使い方にもよりますが、最高のセダンです。

唯一の欠点?はタッチパネルのナビの画面が運転席から遠すぎるため
操作が少しだけしずらいことぐらいです。

しかしナビの位置はデザイン的にはベストポジション。
多少の不便さはしかたありません。

興味のある方は私かAston Martin赤坂に
ご連絡下さい。資料をもってお伺いいたします。

ただし、年内納車の枠は完売で
今お申込いただいても2011年の2月以降の納車予定になります。

  by cavallino-cars | 2010-07-06 18:19 | Comments(0)

英国からのオファー

3台のgt4のオファーが英国からきた。
1台は個人オーナーからで、他の2台は何度か足を運んだことのあるディーラーからだ。

a0129711_18123781.jpg
シルバーのは走行距離25000マイルと低走行で、2オーナーの車だが、
以前に窓ガラスを割られ、盗難されそうになった車。
その際シートを傷つけられ、内装は新しく張り替えている。
塗装も再塗装された車だ。
a0129711_1813949.jpg
オリジナルを保っていそうだがステアリングがひどく傷んでいるのが気になる。

a0129711_1814230.jpg
もう一台は前回赤のgt4を見に行った時に
あまりの程度の悪さにひと目みて帰ってきたディーラーにある。
その印象が強いのと
a0129711_18142858.jpg
ステアリングとミラーがオリジナルではないのが気になる。

a0129711_1815650.jpg
最後の1台はロンドンから2時間ほどの田舎の倉庫街にあるディーラーにある。
ここにも何度か車を見に行ったが、その時は弊社の販売できるレベルではないものだった。
a0129711_1815393.jpg
しかし今回のgt4はよさそうだ。英国でも数台しかない2シーターモデル。
リヤシートは取り外され、ラゲージスペースとなっている。
a0129711_18161279.jpg


いずれも見にいかなければ怖くて買えないが
真剣に購入をお考えの方はご連絡下さい。
ご希望とあれば来週にでも英国に見に行ってきます。

  by cavallino-cars | 2010-07-03 18:46 | Comments(0)

moving!

a0129711_2052511.jpg
21日に浅草に移転して10日がすぎたが、
棚の搬入が遅れたりしたせいでダンボールが
まだいくつか残っている状態。

a0129711_20535692.jpg
今週末にはすべてのものが所定の位置おさまり、
お店として本格的に機能しはじめます。

a0129711_20532279.jpg
70年代にタイムスリップしたようなラインアップで
お客様のご来店をお待ちしております。

  by cavallino-cars | 2010-07-01 20:56 | Comments(1)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE