<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

モデナの職人技!!

a0129711_134462.jpg
5年ほど前にドイツへF40 を買いに行った時の帰りに見つけたgt4の写真が出てきた。
当時はまだユーロが高く、購入を諦めた車だ。

思い返せばあの頃からgt4に魅せられていた。
a0129711_1352826.jpg
モケットとレザーのコンビの内装、
a0129711_1383968.jpg
ウエッジシェープのコンパクトなボディ。
現代車にはないわくわくするコックピット。

去年の7月に板金塗装工場に赤のgt4を全塗装のため入庫させてから
もう9ケ月になる。やっと来月、完成予定だ。

a0129711_1372296.jpg
先日進行状況を確認に行った時、
工場長がもうこんな車はできないねと言っていた。
塗装をむくとパネルが溶接でつけられ、その上にはんだをもりラインをだしている。
あの角ばったラインは1台1台、はんだで職人が作っているのだ。
今の車のようにパテをべたべた塗ったものとは違い、
時間も手間もかかっている。
優秀な職人にしか出来ない作業だ。

フロントフェンダーだけ簡単に交換なんて出来ない。
430や599に比べると途方もない時間と労力がかけられた、ハンドメイドの車なのだ。

最近のFerrari やLamborghini に当時のようなオーラが消えてしまったのは
その違いが大きな要因のひとつだろう。

今の車はロボットがリベット打ちし、塗装もすべてコンピューター管理で作っている。
最近の車のボディワークやインテリアは、どのメーカーのものを見ても当時のものには
かなわない。

今同じ車を作れば、おそらく3000万くらいはかかるのではないだろうか。
ただし作れる職人がいればの話だ。

この頃のFerrari は特別だ。
美しさには理由がある。

  by cavallino-cars | 2010-04-28 13:31 | Comments(0)

親友

何年間も会わなくても、会った時には
何でも話せる友人が誰でも何人かはいると思う。

中学校の剣道部の仲間で、
東京都大会優勝、全国大会出場の団体戦のメンバーの一人も
そんな友人の一人だ。

特に彼とは小学校から同級だ。
3月20日に彼や当時の仲間と久しぶりに飲んだ。

楽しい夜だった。
帰りは2人で駅まで20分ほど歩いて帰った。
沖縄、北海道、仙台と転勤をかさね、今では次席検事になった自慢の友人だ。
4月1日からは広島に転勤になるという。

二人で歩きながら、今度遊びに来いよと言われ、
落ち着いたらな、と答えて別れた。

久しぶりに会っても、気楽に話せる友人は本当に大切な存在だ。
彼がいると思うだけで救われる時もある。
何度、話を聞いてもらったろう。
何度勇気づけられたろう。

そんな彼が21日突然亡くなったという訃報を友人から聞かされた。
信じられず彼の携帯に電話した。

いつもの おう、という声は聞けず、
呼び出し音が鳴り続けるだけだ。

1時間ほどして奥さんから連絡があり、亡くなったと告げられた。
脳出血だった。剣道の稽古の後、挨拶中に倒れ、
病院に運ばれたが、手の施しようがなかったそうだ。
ショックでかける言葉が見つからなかった。

昨夜、雨の中、しめやかに通夜がおこなわれた。
寺の門の脇にたてかけられた友人の名前の通夜の看板を見ても
悪い夢でもみているかのようだった。

棺の中の彼のおだやかな顔を見て、
たくさんの思い出がよみがえる。

人生は予想だにしないことが突然起こる。
こんな別れは誰も想像していなかった。
本人さえ思いもしなかったろう。

また一人、かけがえのない人を失ってしまった。

心から彼の冥福を祈りたい。

  by cavallino-cars | 2010-04-24 15:17 | Comments(0)

Dino308gt4  series1

a0129711_19161630.jpg
パリのフェラーリクラブのメンバーから初期型の gt4 のオファーがきた。
ボンネットにはDino のバッジがつく。ホィールも246に似た CROMODORA がついている。

初期型はフロントグリルはフェラーリのような大型のシルバーのグリルはつかず、
ひとまわり小さいラジエターグリルの外側にスポットライトがつく。

a0129711_1917386.jpg
ハンドルもセンターには跳ね馬ではなく Dino のマークのホーンボタンがつけられる。
a0129711_19174076.jpg
助手席側の小物入れは後期型がセンターにアルミのラインが入るのに対し、黒のレザー一色。

a0129711_19181053.jpg
エンジンルームは初期型はツインデスビ。
この車両は2年前に70万円ほどかけてビッグサービスを受けている。
走行距離は95000km。
ヨーロッパでは標準的な走行距離だ。

オプションは本革内装、サンルーフ、エアコン、着色ガラス、
パワーウインドウ、メタリックペイント。

日本での販売価格は約500万くらいになる予定。
入庫は未定。
ご興味のある方はご連絡下さい。

  by cavallino-cars | 2010-04-20 19:30 | Comments(2)

パリからの引取り

a0129711_10432424.jpg
先週の土曜日、先日パリで購入したGTBのトラックへの積み込み作業が完了。
a0129711_10443657.jpg


5月末までには東京港に入港し、そのまま工場で整備した後、
ショールームに入庫予定。

  by cavallino-cars | 2010-04-19 10:50 | Comments(0)

308GTS on the road

昨日、先月末に通関した308GTS に仮ナンバーをつけ、初めて首都高速の目黒線を走らせてみた。
もちろんルーフなんてつけない。

a0129711_19222440.jpg
この車にはオプションの16インチのホイールがつけられている。
タイヤはフロントが205/55/16 リヤは 225/50/16 だ。
純正が205/70/14 なのでその違いは大きい。

そのせいか3速でまわる中速コーナーで308gt4 ならグリップを失うような速度で進入してもロールははるかに少なくサスペンションがしなやかにストロークするだけで簡単にクリアしていく。

2割ほど速度を早め進入し、クリッピングポイントでアクセルを少しだけ戻すと
ノーズがスッと内側に向きを変える。
このミッドシップ独特の操作感は運転していて本当に楽しい。

それにしてもこのコーナリング性能の違いはタイヤのちがいだけなのだろうか。
GTB と gt4 との車両の違いもあるのかもしれない。

どちらにしてもインチアップしたために路面とリヤタイヤの接地面が2cmました
効果は絶大でコーナリングスピードが格段に速くなったのは間違いない。

a0129711_19234865.jpg
gt4 にもいつか16インチのホィールをつけてテストしてみよう。

  by cavallino-cars | 2010-04-18 19:39 | Comments(0)

French Blu のgt4

a0129711_19392526.jpg
今回久しぶりにコンディションのよい gt4 にアムステルダムで出会えた。
今の英国にある for sale の車はほとんどが期待を裏切るものばかりだった。

フォグライトにカレロがつき、ウインカーレバーがきっちり作動し、
ダッシュやシートが破れていないきれいな車に出会えると
昔、どこかに失くしてしまった大切な物を何年かぶりに
見つけた時のようなうれしさがある。

a0129711_19402856.jpg
今年になってgt4 は10台ほどみたが、すべてひどいものばかりだった。
それにしても程度のよい売り物が少なくなっている。
おそらく英国やヨーロッパの車好きの人達も
308の良さを再認識しはじめたのかもしれない。

今後数年のうちに308 は Dinoのように価格が高騰するから
今が買い時という雑誌の記事の影響も多少あるだろう。

gt4 はあの Dino246gt よりも ホイールベースで21cm、
全長ではわずか12cm しか長くない。

にもかかわらず、リヤシートと大きなトランクまで備えている。
このパッケージを作ったベルトーネの才能は本当に素晴らしい。

Dino の後継車としてデビューした時は世界中のフェラーリファンが
純粋なピュアスポーツカーを期待していただけに
この4人乗りのクーペを新鮮さにかけると一蹴してしまった。

モンディアルが発表された後、一躍ベルトーネの評価が上がったのは言うまでもない。
やっと今になって正当な評価がされつつあると感じる。

それにしても調子のよいF106 のエンジン音はいつ聞いても、
低回転から高回転まで官能的な音だ。
来週にはロッテルダム港に陸送され、船積みされる予定だ。
一日も早く東京でこのサウンドを聞いてみたい。

  by cavallino-cars | 2010-04-15 20:16 | Comments(0)

Ferrari testarossa

1984年パリサロンでデビューしたテスタロッサ。
その斬新なデザインは世界中のフェラリスタに歓迎された。

a0129711_15201755.jpg

おりしもバブル最盛期になりかけの日本では定価の2倍で取引されるほどのもてはやされぶり。
ジャーナリストも誰ひとりこの車を悪くいう者はいなかった。
というか言えなかったのか???

ただ一人ポールフレールがブレーキについてやんわりと苦言を呈している。
以下は雨のフィオラのでテストした彼の当時の文章を引用する。

ドライな路面のフィオラノでどの位ブレーキがもつか私は知らない。
ウエットな状態ではテスタロッサのブレーキはたいしたもので、
ペダルがスポンジーになっても2ラップの間なだめすかせば、
再び元の効きに回復した。


当時、私はターンパイクに328とテスタを持ち込み、数往復テストした。
何の問題もない328に対し、テスタロッサは
2往復目でブレーキペダルがストンと下まで落ち、戻ってこずに
スローダウンをせざるを得なかった。
日本仕様、欧州仕様、ドバイ仕様、スイス仕様どれも試したが結果は同じ。


車重に対し、ローターが余りに小さくブレーキ性能が低すぎるのだ。
512TRになってからだいぶ改善はされたものの基本的には変わりない。
形は文句なくかっこいいが、残念ながらスポーツカーではなかったのだ。

だからこそ現代ではその評価は低く、査定は驚くほど低い。
しかし1度壊れたらその請求額はあっという間に車両価格に手が届く。

それに比べ308は維持費はリーズナブルだし、故障も少ない。
運転すれば紛れもなくスポーツカーである。
しかも誰にでも手が届く価格帯にある。

車好きな方はFerrari なんて一生買えないと思わずに
1度は308 を所有してその素晴らしさを体験してもらいたい。
他の車では決して味わえない経験ができるはずです。
Dinoのように価格が高騰してしまってからでは遅すぎるのです。

人生は一度きり。所有せずに少し?の後悔をずっともち続けるか、
たとえ数年でも蜜月の日々を過ごすかはあなた次第です。

a0129711_15385971.jpg
a0129711_15393994.jpg
そんな記事が英国のOctane という雑誌に特集されていた。

ちなみに当時のUS仕様やディーラー車の308にはヨーロッパ仕様ほどの
感動はない。

  by cavallino-cars | 2010-04-15 15:28 | Comments(0)

弾丸トラベラー

先週土曜に急遽ヨーロッパの出張が決まり、月曜の13時20分発のKLMでまずオランダに入る。
飛行機はこの時期なのに満席。約12時間のフライト。同日夕方5時すぎにスキポール空港に着く。

翌朝、30kmほど離れた街にgt4を見に行く。
a0129711_17195587.jpg
275やDaytona, alfa GTAなどが入ったガレージから車をだし、試乗して購入。

a0129711_1735644.jpg
その日の午後エールフランスでパリへ。
真冬のモンテカルロヒストリックラリーで来て以来なので4年ぶりだ。
久しぶりのパリは華やかだが、英国に比べ、埃っぽい。
さすがに女性はお洒落な人が多いが歩きながらタバコを吸う娘を久しぶりに見た。

道路沿いに駐車している車もバンパーを前の車にぶつけて駐めている車がたくさんある。
ひどいのはトラックにぶつけられリヤバンパーが半分落ちているものもあった。
高級車はどこに駐車しているのだろう?
滞在中アストンやフェラーリは1台も見かけなかった。

a0129711_175138.jpg
ホテルのそばのきらびやかな美術館やオペラ座の建物のまわりにつくられた彫刻など
当時の権力者の富を誇示しているような立派な建造物がパリには溢れている。

公園も貴族の宮殿の庭のようなものが多い。

20年以上前に初めてパリに来た時は美術館めぐりや有名なカフェ、モンマルトル、
シャンゼリゼ、すべて新鮮で、14日ほど滞在した。
だけど今は権力者が富を誇示して建てたようなものが好きになれない。
排気ガスで汚れたそれらのものを見ているとなんとなく悲しくさえなる。

かのナポレオンは世界で一番美しい街としてパリをあげているが
それはもう昔の話かもしれない。

ホテルにチェックインしてすぐにパリ市内に308を2台見に行く。
オーナーはまったく英語が話せないのでコミニケーションはフランス語のみ。
ここで15000kmの308GTB を2時間ほど見る。
 
翌日オーナーと商談し、同日午後2時の便でロンドンへ。
a0129711_179977.jpg
レンガ建ての建物に白い窓枠、きれいな街並み、
犬の糞がない歩道。こじんまりした公園。
a0129711_1772513.jpg
やはりロンドンにくるとほっとする。この安心感はなんだろう。

女性は間違いなくパリが好きだけど、
今の僕にはロンドンのほうが魅力に溢れている。

今回はオランダ、フランス、英国の3ケ国の旅。
それぞれ滞在時間は24時間程度。
購入したのは2台。5月末には2台とも通関予定です。
車両の明細は次回レポートいたします。

  by cavallino-cars | 2010-04-13 17:31 | Comments(0)

GTSはバルケッタと思って乗るべし。

a0129711_1512161.jpg
ヨーロッパは夏が短い。だからこそ太陽をおもいっきり楽しむための車が好まれる。
308GTS はそうして生まれた。
この車はルーフは出来るだけつけない方がいい。

a0129711_16495743.jpg
バルケッタのように乗ってほしい。
シートの後ろにしまったルーフは雨のための臨時のものと思えば、
装着時のきしみ音なども気にならない。
本来そういう目的で作られた車なのだ。
GTSはFerrari の独特の音と太陽の陽射し、春のぬくもりを感じるための車。

オープントップで走る快感はそこらへんのオープンとは比べものにならない。
現代のいさましい排気音をはなつ430やモデナとも一線をきする。
車好きなら誰でも身も心も溶けてしまいそうになるほど魅了されるに違いない。

昨日仕事の合間に会社の回りをドライブした。
英国で運転した時よりビルの谷間で聞くエキゾーストノートは
よりドライバーを刺激する。

しかもこの車の足回りは30年も経過しているとは
信じられないほどしなやかなのだ。

デザインではGTBにはかなわないが
快楽主義者にはこれ以上ない1台だ。

  by cavallino-cars | 2010-04-04 15:22 | Comments(0)

US仕様の308との違い

a0129711_11233854.jpg
昨晩US仕様の308GTBにお乗りのお客様が来店された。
バンパーは欧州仕様に変更され、マフラーも交換されている。
一見ヨーロッパ仕様に見えるほどだ。
かなりの費用と手間をかけてレストアされたのが良くわかる。

オーナーのお許しをえて少しだけ運転させていただいた。
クラッチも軽く、ハンドルも軽い。ステアリングギヤボックスのがたもない。
US仕様にしては最高の調子だと思う。
エアポンプはもちろんエアコンのコンプレッサーも
はずされているので車重はヨーロッパ仕様に近い。
前オーナーが400万円かけてレストアしたというのも納得できる。

そんな程度のよい308でもヨーロッパ仕様との違いは歴然。
加速時のソリッドさが全く違う。
ノーマルのUS仕様だったら同じ車とは思えないほどだ。
アイドル時の排気音さえも異なる。

ヨーロッパ仕様には乗ったことがないその方と入国したてのGTSを試乗。
そのパワーと音の違いに驚かれていた。

a0129711_1118116.jpg
簡単な見分け方はエンジンフード。
ヨーロッパ仕様が黒い熱抜きのルーバーが左右に1列ずつあるのに対し、
US仕様はコの字型になっている。
それとヨーロッパ仕様のシングルデスビに対しUSはツインデスビとなる。

なかなか程度のよいヨーロッパ仕様とUS仕様(ディーラー車も同じ)を
乗り比べる機会は少ないと思うが購入する前に是非お乗りいただきたい。

これから308の購入をお考えの方は是非いらして下さい。

  by cavallino-cars | 2010-04-03 11:27 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE