<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

California

2週間ほど前にFerrariのNew modelのCaliforniaに試乗してきました。
コックピットに座った第一印象は紛れもなくFerrariです。

イグニッションを回し、スタートボタンを押してエンジンをかけ、
そのまま芝公園から目黒線に。

まず印象的なのはミッションのスムーズさ。
355のころのガッシャ、ガッシャとつながる感じはまったくない。

現行モデルのFerrariの中では間違いなく最良のミッションです。
同乗していた599のオーナーはこのミッションを
599に移設したいと言っていたほど。

430に比べ、その加速感はややおとなしめですが、
ハンドリングはスポーツカーと呼ぶにふさわしいもの。

ほんの30分ほどのランデブーなので詳しくはお伝えできませんが、
ミッションのすばらしさは間違いありません。

これなら奥さんと共有することも可能な1台。
総額2700万円也。

  by cavallino-cars | 2009-10-24 11:28 | Comments(0)

you're so beautiful!

いつものように英国からの船旅と今までの
31年間の汚れを落としてもらうため弊社で輸入したすべての車は
愛宕のシュアラスタープラチナカーウォッシュにまず入庫させる。

英国にはここまで丁寧にクリーニングや小傷をとってくれる所はない。
おそらく日本がこの分野では世界で1番ではないだろうか。

東京でも磨き屋さんは星の数ほどあるが、ここが1番安心。
作業をしてくれる千葉さん、橋本さんの二人はきれいにするポイントを心得ている。

a0129711_1022382.jpg
まずとることのできるエンブレムはすべてはずし、磨きこむ。
エンブレムもクリーニングし、最後に取り付ける。

a0129711_10235730.jpg

車をきれいにすることに労力をおしまない。
わずか数10分の作業だが、
仕上がりの印象がまったく違う。

作業の邪魔にならないよう308を見ながら
この頃のピニンファリーナのデザインには感銘を受ける。
それはボディラインのきれいさだけにはとどまらない。

a0129711_10375974.jpg
308の初期型はメーターの数字はすべて写真のような中抜きになっている。
後期からはすべて白のべた塗りに変更されている。

おそらく経費の問題で後期以降から変更されたのだろう。
個人的には前期の写真の数字の方が好きだ。
こんなところにもデザイナーのこだわりがみえる。

イタリヤ人のFerrariに対するこんな細かい所までのこだわりがあったからこそ
今見ても、その美しさは変らないのだろう。

  by cavallino-cars | 2009-10-24 11:04 | Comments(0)

308GTBがやって来た!

7月21日に英国で試乗した308を載せた船が
2週間遅れで今月11日に東京港に着いた。

先週の台風の影響で船の入港が大幅に遅れたのだ。
昨日通関の書類を申請し、今日許可がおりた。

約3ケ月振りの再会。
コンテナを開く時のどきどきした気持ちを抱きながら
大井埠頭の5番バースに行くと、
すでにコンテナから搬出されてトラックの隣に駐まっていた。

a0129711_2017138.jpg
英国で船積みされた日は雨だったのだろう。
フロントウインドウにはワイパーの拭き跡が残っている。

フロントフードを開け、スペアタイヤの下のバッテリーについた
キルスイッチをONにしてイグニッションを回すと
すぐに106AB型V8エンジンは目覚めた。

いつものように近くのGSでからからのガソリンタンクをいっぱいにする。

低速では308QVよりトルクのあるこの車には
キャブ独特の加速感がある。

東京タワーの近くのシュワラスタープラチナウォッシュで汚れをしっかり
落としてもらった後、今週末にはショールームに入る予定だ。

英国の以前のオーナーは大手スーパーマーケットのオーナーや
陸軍仕官、有名なギルビージンの一族など蒼々たる人たち。

まだ見ぬ日本のオーナーが決まればこの車の新しいページ
がまた開かれる。

  by cavallino-cars | 2009-10-14 20:40 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE