<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

回送車両も選ばないと!安全第一

a0129711_12132949.jpgこのトラックで308をSouuthamptonという港まで運びました。リヤタイヤを見ていただくと分かると思いますが、タイヤをロープで固定している。もちろん前輪も同じように固定してある。

たまに都内で回送のトラックを見かけますが、ホイールにロープをかけて固定している車があります。
あれは万一の衝突や急ブレーキをかけた時に車が動き破損する可能性が非常に高い。

けっしてレーシングカーやF1カーはホイールにロープはかけません。

ロアアームにかけて引っ張って固定する方法もありますが、最近の車はアームがアルミ製
のため歪んでしまうこともあるのでNG。

写真のように固定するにはパレットに穴を開けるなど床に特殊な加工が必要。
当然トラック代も高くなる。

大切な車を運ぶならこのようにきちんと固定してくれる業者を選ばないと!
少しくらい安くても何かあったら大変です。

ちなみに上に載っているのはレーシングカーのSilkCut Jaguar。

  by cavallino-cars | 2009-08-21 12:51 | Comments(1)

運転免許更新  ため息ばかり?

先日自動車運転免許の更新に行ってきました。

今年から防犯上の理由から本籍が記載されなくなり
試験場の機械に暗証番号を入力すると
本籍が表示される。

そのために機械が8台ほどあった。
全国に何台あるのか。いくらするのだろう?
なんの意味があるのだろう。
誰が決めて、誰が費用を払ってるのか。

講習で配られた3冊のテキストも帰りの駅のゴミ箱に捨てて帰る人がほとんど。
この不景気で経費の削減にみんなが取り組んでいる中、
こんな無駄が平気で行なわれている。

エコ減税もよいけれど、
政治家の人たちは免許の更新にきているのかと疑いたくなる。
裏から講習など受けずに免許をもらっているのではと疑いたくもなりますよ。

ちなみの私はアメリカの運転免許証ももっていますが、
更新は視力の検査と写真撮影のみ。

有効期間は8年。
ちなみに日本は3年。
米国の免許はアメリカはもちろんヨーロッパでも、
日本でも有効でこの1枚でレンタカーもどこでも借りれる。

日本の免許は生年月日と有効期限が西暦表示でないのと
名前が漢字のため、英語圏の人にはわからないので
わざわざ試験場に行き、国際免許をとりに行かねばならない。

本籍なんかいらないので英語表示を加え、
誕生日と有効期限を西暦表示にすれば海外でも使えるようになるのに。
不公平感は否めません。 

誰か次の選挙の公約に免許の見直しをいれてくれたら絶対投票しますよ!

  by cavallino-cars | 2009-08-17 19:32 | Comments(1)

特選外車情報FROAD

a0129711_13204688.jpg
本日発売の特選外車情報FROADが弊社のFerrari308gt4の特集をくんでくれました。
166ページから4ページ!本屋さんで是非見て下さい。
a0129711_20141853.jpg

  by cavallino-cars | 2009-08-10 20:16 | Comments(0)

328チェックポイント2

a0129711_1503374.jpg
328はヘッドレストの部分に必ず跳ね馬の刻印がうってあります。
革を張り替えたものには当然ありません。

それに308から328になって変わったライトアップされたファンやヒーターの液晶は
必ずスモールをつけて裏から照らしてみましょう。

a0129711_1511213.jpg
スモールをつけると今まできれいに見えたエアコンの温度調整ノブのまわりの青や
風量調整の黄色の塗装がはげているのがはっきり見えてきます。
(写真の車は問題なし!)

購入後スモールをつけて初めて発見したのではショックですからね。

あとはヒーターの風量と温度を最大にしてすべての液晶がつくかも確認して下さい。
以外とこの縦4本のオレンジと赤のライトのいくつかの球がつかないものが多いんです。

ちなみに写真の車は助手席側の風量表示灯の一番上がきれてます。
修理をしてくれるところもあるようですが基本的にはアッセンブリー交換になります。

最初からわかって買うのと、後でわかるのとでは精神的ダメージが違います。

最後に87年までの328はフロントロアアームの付け根が
ぼっきり折れた車が何台かあり、Ferrari はメーカークレームとして
世界中の正規ディーラーで無償で対策品に交換しました。

市場のすべての328が対策済みとは限りません。
特に並行輸入車は注意です。

多少近所のサービス工場よりは割り高かもしれませんが
1度はコーンズ(正規ディーラーの工場)に入庫させて点検することをお勧めいたします。

古いものはもちろん、360や430も細かいリコールがたくさんでています。

数万円を節約したつもりでもロアアームが折れたりしたら何十万かかるのか、
もし事故でも起こしてしまったら取り返しがつきません。


どちらを選ぶかはお客様次第ですが、
私は1年点検は絶対ディーラーにだすことをお勧めいたします。

コーンズ芝サービスセンター03-5730-1614 
フロント 小松さん、志村さん、大貫さん、原さん

みなさん親切に対応して下さいます。
入庫する際は必ず事前に予約が必要ですのでご注意下さい。

なお違法改造車、窓にフィルムを貼ってある車、
社外マフラー装着車等は入庫できません。

  by cavallino-cars | 2009-08-06 15:44 | Comments(0)

328購入時の注意ポイントその1

a0129711_166685.jpg
Ferrari328はリヤウインドウを除くすべての窓に
車台番号の下5桁の数字が打刻されています。

フロントウインドウは正面から見て右下、他にも三角窓、ドア窓、
リヤクォーターウインドウのボディに近い場所すべてに入っています。

打刻がない窓は交換したと思って間違いありません。

新車時には数字の部分が抜いてあるプラスティックのプレートがついていて、
ガラス交換時にそれをはり、サンドブラスト(細かい砂を高圧で噴射させ、
数字の形に傷をつける)で打刻できるようになっています。

ただしガラス交換時にそんな面倒な作業は
ほとんどのボディショップはしていません。

そもそも幅3cm長さ7cmほどの大切なプレートを紛失している車がほとんど。

フロントウインドウだけなら飛び石で割れて交換なんてことも考えられますが、
他の窓に打刻がないような車は注意して
よーく見て買ったほうがよいですよ。

a0129711_166516.jpg

  by cavallino-cars | 2009-08-03 16:17 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE