カテゴリ:未分類( 1001 )

 

スポーツカーとしてのフェラーリの魅力



a0129711_13585738.jpg


もう20年以上も前になるがフェラーリの1メークレースが348 で行われ、それに参戦した。

a0129711_14345770.png


それまではフェラーリの速さ、美しさやサウンド、そして内装の圧倒的な美しさに魅かれた。



a0129711_18550415.jpg
レースを経験してからは車をコントロールする楽しさが加わり、今まで知らなかった速度域でコーナーに侵入し、アクセルでコントロールすることができるようになる。

そうなると今まで知らなかった世界が広がり、さらに車が好きになった。

鈴鹿の1コーナーをパスし、上りのエス字でアクセルをあけるタイミングを少し早めただけでスピンしたこと。

a0129711_14212796.jpg

モナコのクオリファイで1コーナーでブレーキをロックさせ、まっすぐエスケープゾーンまでつっこんだことや、ミラボーでスピンしたこと。ギリギリの状態で車をコントロールする楽しさと怖さを経験した。

レースをやっていた頃は中速コーナーで強い横Gを受けながらコーナーを走る。
外にふくらもとするマシンをハンドルを渾身の力でインに保持する。
当時は自分の腕がその重さに耐え切れず外の壁にぶつかる夢を何度もみた。

限界を超えた時の車の挙動をしることは非常に大切で、この経験が一般道でのドライビングを劇的に変えたのはいうまでもない。

もちろん公道でサーキットのような走りをするのは邪道だが、コーナーでテールをわずかにスライドさせるようなスピードで侵入し、アクセルで車のノーズをコントロールする楽しさは自分がこの車をコントロールしているという実感がある。
危険な速度でコーナーに侵入したり、コーナリング中にブレーキを踏んだり、アクセルを急に踏んだりすればスピンして事故に繋がる。
ステアリングを握る時のこの緊張感は、スポーツカーをドライブする醍醐味かもしれない。
しかし今のモダンカーはその限界が高すぎる上、様々なコンピューターによる制御装置によりドライバーは危険を察知することなくハイスピードでコーナーをクリアしていく。サーキット走行の経験のない免許取立ての学生でもスピードの怖さをしらずにレーシングドライバーのような速度でコーナーに入っていける。
それは非常に危険で、万一の時はおそろしく高い代償をはらうことになる。
その意味でもgt4 や308GTB(GTS) はコントロールしやすいのです。
ABSやトラクションコトロールなどのデバイスはついてはいない限界が低い分、その修正は容易だし、危険もすくない。
スポーツドライビング知識が少しでもある方ならこれほど楽しい車はない。

a0129711_14251327.jpg

同じ速度でコーナーに侵入してもブレーキング時にバンとブレーキペダルを踏んで、スパッとブレーキペダルから足を離せばフロント荷重になった車は足を離した瞬間に上を向き、アンダーステアがでて外の縁石にいっきに膨らむだろう。

しかしブレーキを踏んだ足をゆっくり離せば、ノーズダイブのまま車はインのラインをキープしてコーナーをクリアしていく。

コーナリング中もアクセルを完全に閉じることはない。
出口で若干アクセルを戻せば外にふくらみかけたノーズはスッとインにもどり、ベストなラインをトレースしていく。
これもレースから学んだひとつ。
アクセルで車の方向を微妙に調整するミッドシップの車ならではのドライビングスタイルが私は大好きだ。

a0129711_14264819.jpg

私にとってのスポーツカーとは美しく、速く、そしていかにイージーに車をコントロールできるかの3要素を持った車。
マクラーレンやウラカン、488などのモダンスポーツカーは速さという点では圧倒的に優位だが、美しさという点では私には魅力的には写らない。

488でレースに参戦すればまた見方も変わるかもしれないが、おそらく公道では素晴らしい加速やコーナリングは体験できても、スポーツカーらしく走らせるのは不可能だろう。

その速さゆえに万一の場合のダメージは致命的なものになりかねない。
348チャレンジでも不幸な事故はあったが、458チャレンジの事故に比べればドライバーのダメージは格段に軽かった。

a0129711_14204588.jpg

現代のフェラーリを走らせるには多くの安全なデヴァイスが装備されているとはいえ、70年代のフォーミュラー1と等しい性能を持ったマシンを走らせるのと同じようなもの。ドライバーにもそれなりの経験が必要な気がする。
特に若い人たちは過去の自分を思い出しても十分に注意が必要だろう。
今のモダンフェラーリやマクラーレンは免許とり立ての女子大生にでも運転することは可能だ。

アクセルで車をコントロールする楽しさを気軽に味わえるのは355くらいまでかもしれない。

a0129711_20162022.jpg

その意味でもクラシカルな308は非常に魅力的で今でも私のベストフェラーリといえる。
それにイタリアの美しい街にもつうじる美しさが加わるのだからたまらない。

a0129711_14143470.jpg

308を輸入するようになり何度もイタリアに行っているが、訪れるたびにこの国の素晴らしさに心を奪われる。

a0129711_14140499.jpg

a0129711_14171167.jpg

美しい街並み、2000年以上も前のローマ帝国の建造物、

a0129711_14415567.jpg

ローマに水を今でも送り続けているこのパオラの泉は109年に作られたものです。

a0129711_14291732.jpg

70年代のフェラーリにはイタリアの街並みにも似た美しさがあります。彼らの美しさに対するこだわりはこれらの遺跡にかこまれて育ったものだけがもつDNAなのかもしれません。

a0129711_14123815.jpg

私が何度も訪れているベルガモのBrusaporto にあるDa Vittorio というレストランには女性は平日でもドレスアップして8時半くらいから夜半までディナーを楽しんで帰ります。

a0129711_14121493.jpg

これが東京のような街ならまだしも回りはオリーブやブドウ畑でいっぱいの場所なのですから驚きます。
まさに文化の違いなのでしょう。

a0129711_14104040.jpg

ここはカプリ島のホテル。こんな素晴らしい世界がイタリアにはたくさんあります。

a0129711_14111192.jpg

イタリアの古い物に対する愛情とその美しさに対する尊厳は実にすばらしいものがあります。
それは費用をおしまず今ではけっして出来ない建造物を維持していく。
過去の偉人たちへの尊敬と同じ国に生まれた誇り、そして何よりも美しいものをこよなく愛する国民性からくるのでしょう。

a0129711_14105421.jpg

上の写真はローマのナボナ広場の近くにあるHotel Raphael 。
セントポール寺院を見ながらのテラスでの食事は言葉にできないほどの感動をもたらしてくれる。
古いものと暮らす生活がどれほど素晴らしく、人生を豊かにしてくれるかをこの国に来るたびに感じる。

a0129711_17314125.jpg

a0129711_18435709.jpg

クラシックな308やgt4にはそんなイタリアの素晴らしさがある。

a0129711_18444727.jpg

スポーツカーとしての機敏な走り、路面状況を正確に伝えるステアリング、素晴らしいエンジンと足回り、そして官能的なサウンド。

a0129711_18465797.jpg

今ではけっしてできない美しいボディラインや、

a0129711_18460692.jpg

手で縫製されたステアリングやシートなどの独特な美しい内装。

a0129711_18414356.jpg

他のメーカーにはないイタリアの素晴らしさがそこにはあります。
古いものと暮らす生活は実に楽しく、人生を豊かなものにしてくれる。

a0129711_18570913.jpg





  by cavallino-cars | 2017-08-11 18:53 | Comments(0)

GTBturbo arrivo!!

a0129711_16320810.jpg
今朝、9時半にイタリアからのGTBターボが無事、通関がきれました。
a0129711_16292910.jpg
これで弊社の輸入したターボは11台。
a0129711_16333111.jpg
赤以外のものは今回が初めてです。
総生産台数わずか308台のGTBターボ。
a0129711_16294899.jpg
これから塗装の補修と整備のため工場にむかいます。
昨日の雨もすっかりあがり、イタリアのような快晴ではありませんが、雨がやんでよかったです。
a0129711_16303531.jpg
また一台魅力的なフェラーリがイタリアから日本にやってきた。
ショールームに入庫するのは9月中旬の予定。

  by cavallino-cars | 2017-08-08 16:36 | Comments(0)

comming soon

a0129711_19182322.jpg
昨年、ローマから譲り受けたイエローのgt4がまもなく入庫する。
この車のファーストオーナーはイタリア人の有名な企業家。その後娘が結婚した際に娘婿に譲渡される。
a0129711_19192846.jpg
走行わずか18,000kmのイタリアの宝石のようなgt4が再びマーケットにでます。
オーナーはキャブレターの308にすっかり魅せられ、ファイバーボディを購入。
a0129711_19183378.jpg
その下取りとして再び、弊社にもどってくる。
入庫は今月末の予定。

  by cavallino-cars | 2017-08-01 08:10 | Comments(0)

sold!!

a0129711_18511454.jpg
2011年7月、私はイタリアのPavia の小さな街Mortaraのコレクターからこの美しいベルリネッタを譲り受けた。
a0129711_18530570.jpg
上の写真は大井埠頭でコンテナを開け、日本の道路に初めてタッチダウンした時の画像。

東京に上陸後、正規ディーラーにてクラシケを取得。新たな日本のオーナーのガレージに移り住む。

2017年5月にプライベートレースの資金捻出のために売却を決意され、弊社に戻って来た。

一度でもサーキットでバトルをした者なら愛車までも手放すほどレースには魅力がある。
a0129711_18514742.jpg
日本でのファーストオーナーとお話したところ、この5年間でファイバーの素晴らしさは十分楽しみましたとのこと。

私も過去に246Dinoを売却し、モナコヒストリックレースに参戦したことを思い出した。
a0129711_18505745.jpg
そんなレーシングドライバーのオーナーのもとで過ごしてきたこの308GTBのコンディションは素晴らしく、アクセルを踏めば、蹴飛ばされたような加速をする。

gt4はもとより、スチール製の308とも明らかに異なる。

ボディの軽さゆえのアクセルレスポンスのよさはまさにレーシングカーのようだ。
a0129711_19095248.jpg
マフラーはシングルパイプのオリジナルを装着。

メーターの数字もダブルレターでトリップメーターも細いタイプライターのような数字のものがつく。

そのファイバーグラスの新たなオーナーが昨日正式に決まりました。

昨年Dino308gt4 を購入いただいた方で、この車に試乗されてそのレスポンスのよさにすっかり魅せられてしまったという。

それぞれ違った魅力のある美しい車だが、スポーツカーとしてはファイバーグラスのほうがまさるのは間違いない。

当時でも2台を乗り比べる機会のある方は幸運なジャーナリストくらいだったにちがいない。

40年をすぎた2017年にそんなことの出来るオーナーを実に羨ましく思う。

a0129711_19101408.jpg

1976年から生産されたファイバーボディの総数は712台。そのうち英国にデリバリされた右ハンドルが154台、アメリカ向けが200台、
ヨーロッパ本国仕様のものはわずか358台にみたない。

その358台のうちこのようなコンディションのものは何台残っているのだろう。
その意味でも非常に貴重な1台なのです。

その358台のうち、新車からイタリアにあった1台が我が家にある喜びはそのポテンシャルと同じくらいの歓びをオーナーにもたらしてくれるにちがいない。


a0129711_19174910.jpg

35年間をイタリアの1ファミリーの元で過ごし、5年間を日本のファーストオーナーのガレージで大切にされてきた1台の新たな歴史がつくられていく。

これから整備に入るため納車は8月末の予定。

納車したら是非、gt4との違いなど細かいインプレッションをお聞きしてみたい。

  by cavallino-cars | 2017-07-12 19:10 | Comments(0)

Fiat 500C riva 



a0129711_12182161.jpg
弊社のお客様からFiat 500C rivaの話をお聞きして、調べてみました。リヴァはイタリアの有名なボートメイカー。


a0129711_11482841.jpg
リヴァとのコラボレーションで誕生したこのモデルはボートに使用されている美しいウッドをふんだんに取り入れた限定モデル。
a0129711_11514066.jpg
クーペとカブリオレの2種類でエンジンは5速マニュアル69馬力の1.2リッターと85馬力の0.9リッターツインエアターボ(5速マニュアルとAT)、0.9リッターの6速マニュアル、ツインエア、ターボの105馬力、そして1.3リッター16V ディーゼル95馬力の5速の4種類。

a0129711_11500903.jpg
a0129711_11492082.jpg

モーターボートのメーカーとのコラボモデルということならやはりオープンを選びたい。

a0129711_11505531.jpg
外装が紺のメタリックに内装がホワイトのレザー。ふんだんにマホガニーが使用されているのもいい。
a0129711_16110687.jpg
a0129711_16120481.jpg
a0129711_16113480.jpg
a0129711_16153443.jpg
上の4枚の写真は現地にある1台。日本での価格はこのところのユーロ高で400万円ほどに。
パークセンサーやウッドステアリングなどのオプションも装備。
a0129711_11493602.jpg
ウッドのステアリングは是非とも欲しい装備です。
残念ながら日本にあるほとんどの車にはウッドステアリングはついておらず、現地からのとりよせも難しいらしい。
ステップやリヤのトランクルームのカーペットにもウッドが使用されている。
a0129711_11511054.jpg
シートにはriva の刺繍もつく。
プラスティックにはない木ならではのあたたかさというか、手作り感はどこかクラシックフェラーリにもつうじるものがある。
フィアット500は私には小さすぎるが、アバルトのハイパワーバージョンよりも魅かれる1台だ。

  by cavallino-cars | 2017-07-10 21:22 | Comments(0)

reserved.

a0129711_15242477.jpg
英国から譲り受けたDino308gt4 が正式に契約となりました。日本での最初のオーナーのガレージにはマクラーレン、ランボルギーニウラカン、フェラーリカリフォルニアが納まる。そこに今月末にはgt4が移り住むことになります。
a0129711_15251061.jpg
予備検が今月きれるのでとりあえず昨日弊社名で登録した。
a0129711_15253283.jpg


さすがに昨日の暑さでは陸事までの40分ほどのドライブで水温は100度近くまで上昇。

a0129711_15255921.jpg
ちなみに油温は100度をキープ。ダッシュボードは日差しで熱くてさわれないほど。

a0129711_15263686.jpg
今日のお昼に横浜の二コルまで乗って行った。
クラッチは滑ってはいないがかなり重くなってきており、交換したほうが良いと判断し入庫した。
a0129711_15272269.jpg
高速がすいていた事もあり、水温は90度でそれ以上は上がる気配はない。
コレくらいの天気だとエアコンも効いてコックピットは快適だ。ダッシュボードをさわってもほんのり温かい程度。
今日くらいの天気がgt4には限界だろう。これ以上暑くなると、その時はよくてもエンジンにはかなりの負担になるはず。
a0129711_15350961.jpg
日本の夏はクラシックフェラーリにとってはきびしい季節。夏はもちろん、今日のような曇りでも駐車する時は日陰を選び、エンジンフードを開けて、クールダウンすることをおすすめします。
基本的に7月、8月、9月はガレージに休ませておいたほうがいいだろう。

  by cavallino-cars | 2017-07-04 15:42 | Comments(0)

1オーナーのランチアストラトス

a0129711_10304231.jpg
イタリアから走行27000kmの1オーナーのランチアストラトスのオファーがありました。
a0129711_10314900.jpg
以前1200万円ほどだったストラトスも今や6倍近い価格。
この固体はシートもすべてオリジナル。
a0129711_10310333.jpg
アクセルコントロールで車体の方向を変える容易さは、フェラーリの比ではない。
さすがラリーカーとドライバーをうならせるほど素晴らしく、コーナー手前でハンドルをきり、アクセルオンにしてテールを滑らせれば、アクセルコントロールだけで45度だろうが90度だろうが、180度だろうがコーナーをクリアしていける。
一度そのドライビングを覚えてしまえばこれほど楽しい車はない。

ご興味ある方はご連絡下さい。


  by cavallino-cars | 2017-07-03 10:38 | Comments(0)

GTBturbo 無事に英国に到着

a0129711_10571552.jpg
ミラノから譲り受けたGTBターボが先週末、無事に英国の保税倉庫に到着しました。
a0129711_10595450.jpg
あとは東京行きの船を決めて、コンテナに積めて、載せるだけです。
到着は来月末。

  by cavallino-cars | 2017-06-23 11:00 | Comments(0)

スチールボディとファイバーボディとの差

a0129711_17203727.jpg
今から8年前、2009年7月に英国で同じ日にファイバーボディとスチールボディの308GTBに試乗したことがあった。
a0129711_17210488.jpg
黄色がスチール、
a0129711_17224359.jpg
シルバーがファイバー。
a0129711_17230034.jpg
その時の印象は価格ほどその差は感じられなかった。
ファイバーは一人で、スチールは2人で乗ったにもかかわらず、ファイバーボディの軽さはあまり体感できなかったからだ。
今思うとファイバーのキャブの調整やプラグの状態などのコンディションが悪かったとしか思えない。

a0129711_17302100.jpg
昨日、ミラノから譲り受けたGTBとファイバーボディの308を乗り比べてみた。

a0129711_17310052.jpg
スチールボディの黒のGTBは今年オイル漏れの修理を含むビッグサービスを行ったばかりでキャブ調整もすませ、エンジンは好調そのもの。
さてその違いは予想を上まわるものだった。
a0129711_17244271.jpg
同じ状態でもアクセルを踏んだときのピックアップの良さが格段にファイバーの方が優れているのだ。
アクセルを踏んだとたんにノーズがリフトする力強さがファイバーの方が格段によいのがわかる。

a0129711_13253758.jpg
黒のGTBのオーナーにも乗っていただいたが、印象は私と同じで、これほどまで違うとは思わなかったとのこと。
今まであれほどレスポンスが良く思えた自分の車がアクセルを踏んでも少々もたつくように感じると言わしめたほどだ。

今回初めて同じコンディションのものを乗り比べて、100キロのボディの重量差は予想以上に大きな違いをもたらすことが明確にわかった。

誤解しないでいただきたいのであえて申し上げるが、けっしてスチールボディの308が遅いといっているのではなく、ファイバーモデルとの比較においてであり、当時のスポーツカーとして十分に速く、魅力的な車であることには間違いない。

a0129711_17355310.jpg
毎日スチールボディを運転しているオーナーは特にその違いを感じたようで、これほどまでとはと何度も言っていたのが実に印象的だった。
a0129711_13243667.jpg
それにしても今運転してもスポーツカーとしてこんなに素晴らしい車が41年前にマラネロで作られたことには驚くばかりだ。

古くて美しい車は他にも多くあるが、今でもとばしてここまで楽しく、美しい車を私は他に知らない。

フェラーリは今でも私を魅了し続けて、はなさない。




  by cavallino-cars | 2017-06-21 18:04 | Comments(0)

やっぱり速い!Vetroresina


a0129711_12582265.jpg

5月11日のブログでご紹介したファイバーグラスの76y308GTBの車検整備が完了。やっと弊社のショールームに戻って来た。
a0129711_12560143.jpg

5年前にイタリアのPaviaから譲り受けたこの1台は新車時からずっとイタリアの1ファミリーで所有されてきた。
a0129711_12271648.jpg
輸入時にフェラーリクラシケも取得済みの1台。

a0129711_12533455.jpg

今回は油脂類の交換を含む定期点検作業の他にアクセルを踏むと油圧が下がるという症状がでたため油圧計を交換。
さらにエアコンのコンプレッサーの不良もあったため、こちらも新しいものに交換した。

以前私が246を所有していた時はエアコンがないために5月から10月まではほとんどガレージからだすことはなかった。
今日のような天気でもエアコンのおかげでGTBのコックピットはその狭さゆえかgt4よりも快適だ。

a0129711_12511603.jpg

それにしてもやはりこの車のハイライトはピックアップの素晴らしいエンジンレスポンスだろう。
コレクターの多くはファイバーボディという希少性にのみ注目するが、私は違う。
オリジナリティーの高さとそのドライブフィールだ。どんなに走行距離が少なく、新車のような固体でもアクセルを踏んでレスポンスの悪いものではこの車を所有する意味がないと考える。
いっきに吹け上がるエンジンレスポンスこそこの車の真骨頂なのだ。
ノーマルボディよりも100キロ以上軽いボディはアクセルを踏むと蹴飛ばされたようにノーズアップして加速する。
しかしどのファイバーモデルもこのような加速をするとは限らない。
a0129711_12520518.jpg

きちんとキャブ調整をすませた調子のよいエンジンだけがこの車のもつ本来のポテンシャルをひきだしてくれる。


a0129711_13243667.jpg

シングルパイプマフラーはgt4より少しだけ静かな乾いたサウンドを奏でる。
ひとたびアクセルをオフにすればコックピットはあのキーンというクラシックフェラーリ独特の金属音でみたされるのだからたまらない。
246のように少しこもったような排気音とはことなり、乾いた独特の管楽器のような音色を奏でる。

a0129711_13010178.jpg

a0129711_13255490.jpg

細いステアリング、華奢なシフトレバー、優美なスイッチ類、どれを見てもモダンフェラーリにはない手作りのもつ優美さに溢れている。
a0129711_12530885.jpg

ターンインでステアリングをきり始めたとたんにリニアに反応する様はスポーツカーそのもの。
細いステアリングからは路面との接地感が的確にドライバーにつたわってくる。
ハイスピードでコーナーに侵入して、横Gを感じながらのコーナリング中にアクセルを少しだけもどせば、ハンドルをきることなく、ノーズはスッとインに入っていく。
アクセルだけで向きを変える挙動はレーシングカーのようだ。

a0129711_13022550.jpg

低い着座位置もあいまってgt4より、スポーティな印象をうける。事実アクセルレスポンスにも確実にボディの軽さを感じる。
1976年にこれほど官能的なスポーツカーは他になかった。

フェラーリの市販車で初のファイバーの採用にあたり、ニキラウダはフェラーリはF1で何年もその使用実績があるので問題ないと言っていたが、308のファイバーボディの強度は当時のF1とは比べられないほど強く、スチールボディと見比べてもドアを開けるまでわからないほどよくできている。

クラックひとつないこの固体をみてもそれは明らかで素晴らしいできばえだ。
総生産台数712台。そのうちの数百台は北米向けのウエットサンプで、欧州仕様は500台にもみたないのではないだろうか。

どのフェラーリもそうだが、乗ってみなければその良さはわからない。
ファイバーモデルだからすべていいということはない。

このchassis# 19389のファイバーボディの素晴らしさはステアリングを握り、アクセルを全開にすれば誰もが納得するだろう。

308Vetroresina はフェラーリの歴史の中で最初にグラスファイバーを使用したモデルとして注目されているが、美しさ、エレガントさ、速さ、音の素晴らしさ、手作りの内装の感触、すぐれたコントロール性、フェラーリの歴史の中でもっともスポーツカーらしい1台だと思う。

a0129711_13380916.jpg
かつてフィオラバンテ氏とお会いした時にスチールボディへの移行の理由をお聞きしたことがある。
a0129711_13382566.jpg
その理由はエンジンフードとルーフとの左右のラインがあっていないというアメリカとドイツからの多数のクレームによるものだったという。
a0129711_13384228.jpg
後方よりみて右はルーフからのラインはあっているが、左は右にずれているのがはっきりとわかる。
ファイバーボディのこのての修正は時間も経費もかかり、より安価で容易に修理ができるスチールボディに変更された。
カロッツェリアで1台1台作られていた308はこうしてマラネロの生産ラインで作られるようになった。
たったこれだけのラインにこだわったクレーマーのために短命に終わったファイバーボディが今ではスチールボディより高い価格で取引されているのも皮肉な話だ。

a0129711_19100424.jpg

当時のF1のボディは薄く、ペラペラで一人でも軽く持ち上げられるほどのものだった。それほどスポーツカーにとって軽さは重要で、それにより運動性能は格段にアップする。その意味でも712台のファイバーボディは貴重なのです。

a0129711_13013269.jpg

しかもうれしいことにこの固体は前オーナーが日本に到着後、クラシケを取得する際に、前後のAアーム、スタビライザーなどのブッシュをすべて交換している。
その結果、ハンドリングは大幅に向上し、まるでカートに乗っているようなソリッドなインプレッションを与えてくれる。

フェラーリにとって爆発的な販売台数を記録した308シリーズ。その後、インジェクションを採用した308GTBi、QV、328と進化して空前のロングヒットとなった。その中で今乗って最もエキサイティングなモデルは間違いなくこのファイバーモデルだろう。
a0129711_13253758.jpg

ガレージにオブジェのように飾るコレクターではなく、スキッド音を鳴らしながらコーナーをクリアしていくような方に是非乗っていただきたい。そうでなければこの車の本当のよさはわからないだろう。
何度もいうが実際にのってみなければその良さはわからないのです。



  by cavallino-cars | 2017-06-20 13:54 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE