gt4 3号車入国

a0129711_1147178.jpg
帰国した翌週にチェルシーのオーナーから譲っていただいたgt4の通関がきれて
引取りに行ってきました。
このコンテナを開ける瞬間はいつも少しだけどきどきします。

コンテナに積まれる際に傷をつけられていないか、
コンテナの中で車が動いてヒットしていないかなどの心配と、
久しぶりに恋人に会う時のような愛しさがいりまじった感情、わかりますかね。

今回は2号車の時とは違い、車が動かないように4輪の前後左右に木の棒を打ち込み、
さらにホイールにロープをかけて固定してきていたので一安心。

コンテナの床が木製なのは貨物を固定するために太い釘が打ち込めるためなのでしょうね。
作業の人達にそれらをはずしてもらい、いつものように押して車を外にだします。
今回はバッテリーのターミナルをつないだだけで、あっけなくエンジン始動。

近くのスタンドでガソリンを入れ、会社に向かいます。
自走での回送は現地で確認し、試乗してきているので出来るのです。

点検をしてない車や新車は必ずトラックで回送します。
早速近くのシュアラスタープラチナウォッシュにクリーニングのために入庫。

塗装の状態が非常に良い状態なので仕上がりが楽しみです。
8月の4日にはショールームにはいります。

  by cavallino-cars | 2009-07-31 12:20 | Comments(1)

Commented at 2009-08-01 08:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 328購入時の注意ポイントその1 GRAN CAFE >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE