Cuneo からのDino208gt4完成検査

a0129711_19195864.jpg
昨年Cuneo から譲り受けたDino208gt4 の納車前の整備がやっと完了。ロードテストを行った。
現地で油圧クラッチに改造されていたこの車は日本にきてからシリンダーからオイルが漏れるらしく何キロか走るとクラッチの調子が悪くなり、きれずらくなる。メカと相談の結果、オリジナルにもどすことにした。
a0129711_1919266.jpg
この車もカムプーリーのリムが欠損しており、ご覧のようにまったく残っていない状態だった。もちろん交換済み。エンジンは絶好調で気持ちいいことこの上ない。思わず叫んでしまいたいほど素晴らしい。
咳き込まない程度に急加速をするとカラカラとワッシャーが遊ぶような音がするのが気になり、工場にもどり点検。
遮熱板のワッシャーなどを締めなおしてみても症状はかわらない。助手席側のBピラーをたたくと音がでた。原因は後ろのシートの調整金具。シートをまいてボックスにいれ、布でくるんだら見事に消えた。今回は問題なかったが、機関系やベルト回りからの音がでていたら、大きなトラブルに発展する可能性があるので気をつかいます。
音防止のためにリフトしたらマフラーが左によって遮熱用の網にあたりそうだったなのでこちらも調整してもらった。
もうひとつ運転して気になったのはダッシュボード付近からでるウインカーのようなカチ、カチという音。これはウインカーリレーからしていることが判明。新しいリレーを現在取り寄せ中。
a0129711_19253724.jpg
試乗してみないとわからないトラブルがある。40年も経過している車なのでトラブルは仕方ない。納車後のトラブルはオーナーの責任で負担していただくのが基本です。
しかし必ず1台、1台テストドライブをして、問題は解決してから納車するようにしています。

  # by cavallino-cars | 2017-02-22 19:44 | Comments(0)

1年点検

a0129711_1844524.jpg
2015年7月に日本で登録したGTSの1年点検作業を実施中。
1年でオイル漏れが発生。ラジエターからの冷却水の漏れもあり、今回、ホース類の交換とガスケット類の交換を実施。カムベルトは3年前に現地で交換済みだが、オイルが飛び散っていたため今回交換することにした。
a0129711_18453442.jpg
ヘッドのガスケット交換のためにカムベルトのプーりーをはずしてみると1つだけリムがかけていた。
このプーリーのリムの欠落は以前にもDino308gt4 で同様のトラブルがあり、納車前はもちろん、点検時にはいつも気をつけてみているもの。このまま走行していて万一ベルトがはずれたりしたら、バルブクラッシュをおこし、エンジンをオーバーホールすることになる。
a0129711_1846407.jpg
こちらははずしたラジエターコア。下から冷却水が漏れたあとがあるためラジエター屋さんに外注で修理を依頼。
a0129711_18472264.jpg
ボディ側のアルミのパイプにも水が漏れた形跡が残っている。
a0129711_18475738.jpg
ホースの中はこんな状態。来年には交換必須の状態です。ウォーターポンプも回ってはいるが、手で回すとひっかかりがでてきており、こちらも交換することに。このトラブルは実際にベルトをはずして回してみないとわからない。
a0129711_18482530.jpg
昨年末にお預かりしたが、二コルでこの手の車をさわれるメカニックは2人のみ。
1月はフェラーリの研修でほとんど手がつけられなかったのと、国内にパーツがなかったため本国オーダー分が遅れ、今ままでかかってしまった。オーナーのM様お待たせしてすいません。
もう少しお待ち下さい。
春の暖かい日差しが感じられる来月には修理完了の予定。

  # by cavallino-cars | 2017-02-22 18:57 | Comments(0)

gt4のガソリン漏れ

a0129711_2123031.jpg
Dino308gt4 のガソリンタンク上につくタンクゲージユニット上部のプラスティック部分から満タンにした時にだけじわっとガソリンが溢れ出てくることを確認。光のあたっている丸いクボミにガソリンが染みでてくる。プラスティック部分の下の溶接部分からじわりと漏れてきている。新しいゲージユニットとゴムのガスケットを交換してテストして問題なけれれば終了。オーナーは臭いにも敏感であるべきという教訓です。満タンにした時にのみ症状がでる。
a0129711_1038402.jpg
何年か前に元F1 driver のエリックコマス氏とラリーに出場した時、右リアの空気圧が低いと言われ、メカに確認してもらったら2キロのものが1.8キロになっていて驚いたことがあった。
F1ドライバーでない私たちはそこまで車の変化に気がつくことは不可能でも、臭いや音、メーター類には常に気を配りながら運転することが必要。クラシックカーやスポーツカーはオーナーが車の状態を常に把握することもその楽しみのうちと思った方がいい。

  # by cavallino-cars | 2017-02-20 10:38 | Comments(0)

GTBturbo の排気漏れ

a0129711_18415837.jpg
GTBターボのオーナーからヘッドライトを明るくして欲しいのとリクエストがあった。
a0129711_18425989.jpg
工場まで自走している途中排気漏れに気がついた。
a0129711_18444045.jpg
リフトアップするとウエストゲートからマフラーにつながるマニホールドの蛇腹部分が切れてそこから排気漏れがしていたことが判明。ウエストゲートの作動時のショックを吸収するためターボにはこの蛇腹がつく。ちなみに328にはこの部分はストレートのまま。
a0129711_18451754.jpg
今回はオリジナルパーツが入手困難なため、この部分を切断し、伸縮性のチューブを溶接することにした。
a0129711_18471922.jpg
マニホールドをつなぐボルトもやせてご覧のような状態。
a0129711_18583346.jpg
すぐにどうこということはないかもしれないが、将来ぽっきり折れてしまう可能性もあるのでこちらも交換。
a0129711_1845503.jpg
Coのサンプリングのチューブにも小さな穴があいていたため、とりはずし、
a0129711_18463872.jpg
付け根の穴はボルトで塞ぎます。これで排気漏れの修理は完了。
ヘッドライトもキセノンに交換し、
a0129711_18504362.jpg
a0129711_1851841.jpg
a0129711_18513723.jpg
メーター回りのライトも明るいバルブに交換。
最終確認をしていたら助手席側のロックが効かないことが判明。
a0129711_18521461.jpg
とりあえず内張りをはずしてみる。
a0129711_18533244.jpg
すると鍵穴からでるプラスティックのバーが本来、上のネジ部分につかなければいけないはずのものが脱落していた。こちらももとの位置に取り付けて無事作動することを確認。
a0129711_18561142.jpg
製造されて30年も経過しているのでこのようなトラブルは仕方ないこと。きちんと直せばまだまだ現役のスポーツカーには負けない魅力を発揮します。
オーナーから次回はアキュムレーターを交換したいとのリクエストがありました。
生産台数わずか308台。288GTOの半分ほどしかマラネロから出荷されていないGTBturbo。
その意味でも大変貴重なフェラーリだ。しかもその加速はF40 を彷彿とさせるほど凄まじい。その意味でもベストコンディションで楽しんでいただきたい。
そのために点検整備には是非入庫していただくことをお勧めします。

  # by cavallino-cars | 2017-02-13 19:16 | Comments(0)

納車前点検整備

a0129711_10233564.jpg
Pietrasantaから譲り受けたDino208gt4 は現在、ディーラーで納車前の点検整備中。
タイミングベルトの交換、油脂類の交換などの他に今回はフユーエルホース、ステアリングギヤボックス、ブレーキホースなどの交換とヘッドからのオイル漏れがあるため、ガスケット類の交換をすることに。
a0129711_10214181.jpg
予備検査が今月の14日にきれるので取り合えず弊社名義で火曜日に登録しました。
a0129711_10251046.jpg
交換パーツは60点ほど。すべて今週中にはヨーロッパより到着予定。
ご契約いただいたY様。もうしばらくお待ち下さい。

  # by cavallino-cars | 2017-02-09 10:31 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE